000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

科学はイタズラだっちゃ! 受験も科学!      科学実験教室&家庭教師  宮城県大崎市

子どもは責任を感じている!

 
 子どもは、親の気持ちを考えない、と嘆く声が多いですが、
 実は、親が思っている以上に、深く影響を受けているのだそうです。

 子供は周囲の人の感情について、責任を感じるというのです。
 
 例えば、お母さんが怒っている、お父さんが不機嫌であると感じたときに、
 その怒りや不機嫌が全くその子供に原因ではなくても、責任を感じてしまう
 傾向があるのです。

 そして、自分の責任と感じるので、なんとかその役割を果たそうと務めます。

 お母さんの怒りということであれば、できるだけお母さんを怒らせない様にしよう、
 お父さんの不機嫌であれば、顔色を伺って機嫌を損ねないように、いい子でいよう
 と いう選択になったりします。

 ですから、夫婦関係が良くないと、子どもは心の底で、必死に耐えているのです。自分を責めているのです。何ということでしょう。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.