1454029 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

科学はイタズラだっちゃ! 受験も科学!      科学実験教室&家庭教師  宮城県大崎市

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

授業技術

2010.05.29
XML
カテゴリ:授業技術

パソコンなど、ひとつのことに没頭すると

私は、時間をすぐに忘れてしまいます。

昨日も、ある打ち合わせを、危なくすっぽかすところでした。

これって、ある意味、ひとつのボケじゃないだろうかって、

思う時があります。

 

逆に、時間に追われ、

実験の準備などで、ドタバタ家中を走り回っているとき

意外に素敵なアイデアが浮かんできて、

画期的な進歩を遂げることがあります。

 

もしかして、体を動かすことと脳ミソとは、

とっても関係が深いんじゃないか、と思ってましたら、

ありました。

「ランニングで頭がよくなる」

京大名誉教授 久保田競著

 

内容は、いかに、気持ちの良いリズミカルな運動が

脳をはじめ、全身の若返りに良いかという

科学的な解説です。

 

健康に良いことは、わかりきっているのですが、

脳ミソにまで効き目がバツグンだということは、

意外に知られていないのではないでしょうか?

 

子どもたちは、学校で体育をしていますんで、

ある程度大丈夫でしょう。

問題は大人です。

 

ダイエットのためばかりでなく、

ボケ防止のためにも、体を動かすぞ。

今、足踏みをしながら、パソコンを打っています。

 

ところで、PTA行事ってのは、

見事に同じ日を狙うもんですね。

予定の入ってない日もいっぱいあるのですが、

希望日がぶつかって、残念、ということが続いています。

科学実験教室を検討されているPTA・子ども会さんは、

月日だけでも、早めにツバをつけておいてください。

キャンセルもOKですから、まずは、スケジュールです。







Last updated  2010.05.29 15:04:41
コメント(2) | コメントを書く
2009.08.24
カテゴリ:授業技術

「私は、子どもに考え方を押しつけていない」、という先生でも、

意外な盲点があることに気づかされます。

実験結果の予想を討論していると、

中には、立派な意見を言う子がいます。

正に、科学的に完璧なのです。

「私が言いたかったのも、このことなんだ」、

と思わず手をたたいてしまうくらい。

 

ところが、他の子どもたちは、意外に影響を受けないのです。

 

それよりも、杜撰でいい加減な意見の方に

みんなフラフラと流れてしまうのです。

 

これを子どもの知恵の足りなさだ、と笑っているだけでいいのでしょうか?

だから教育が必要だと見るだけでなく、

 

もし、、もし、あの立派な意見を

担任の先生が同じようにしゃべったなら、

子どもたちは、どう思ったかを想像してみたいのです。

きっと、先生の言うことだから、そうなんだ、

それを覚えておかなくちゃ、試験で点数がもらえない、と

有無を言わさず覚えたと思います。

 

ここに怖さがあると思うのです。

 

子どもたちの本心には、間違った意見に惹きつけられる素地があるのです。

そこに、触れないで、大人の正論だけで説明されてしまっていたわけです。

 

これを押しつけと言わずに、何と言いましょう?

 

大人が完璧な説明だ、と思って満足していても、

それは、子どもにとって、おそろしい押しつけであることが、しばしばなのです。

 

子どもの心の奥にある、別の論理を引き出す努力をして、

それに目を向けてやらなければ、

本当の意味の「わかった」や「感動」は生まれません。

どっちみち、実験すれば、正しいことはわかるのです。

 

十分にあらゆる間違いをさせるのが、教育的な配慮ではないでしょうか?

 

当地では、今日から始業式

おいしい給食をいただいてきましたが、

風邪をひいたみたい。

インフルエンザ????!の文字がチラホラ

明日、様子みて、診察してもらってきます。







Last updated  2009.08.24 15:57:14
コメント(2) | コメントを書く
2009.08.23
カテゴリ:授業技術

実験をする前に、必ず結果の予想を立てさせて、

できるだけ討論が起きるように、私は努力しています。

 

しかし、これまた、極力、答えを誘導しないように、注意をしています。

 

なぜでしょう?

自分で考える力を育てたいから、が主な理由ですが、

討論すると、実は、半数以上の確率で、

間違った方向に全体が流れていきます。

 

先日も、体重計に乗ったときの重さの問題で、

体重計の上で、踏ん張った時の方が重くなる、という予想に

多くの子がどんどん引きずられていきました。

 

また、虫眼鏡の実験でも、外の景色を集めて、映し出すことができるか?

という問題に、木や建物は光を出していない、という意見に

どんどん影響されていきます。

 

その間、私は、議論を活発にすることには、努力しますが、

間違った考え方や、幼稚な意見を、指摘することも、誘導することもありません。

 

ですから、一見、講師としての仕事を放棄しているように

見えるかもしれません。

 

確かに、実験内容そのものが複雑だったり、

問題構造が難しかったりすれば、

誤解が無いように、説明する必要はあります。

 

でも、そうでない限り、

いや、そういう、どうにでも解釈できる実験自体、

良い科学実験ではありませんから、出しちゃいけないんで、

答え一発、実験結果が、何を言わんとしているのか、はっきりしているもので

あるべきで、そうである限り、

予想で、なんぼ間違っても、かえって効果的と言えると思います。

 

実は、なぜ、多くの場合、間違った方向に議論が流れるかというと、

自分の考えに自信がないからです。

根拠の無いまま、それまでの授業の流れから言うと

こっちの方かなあ、と空気を読んで、手をあげる子が多いんですね。

(それ自体も、悪いことでもありませんが)

 

そこに、強烈な論理をもった意見が飛び出してくると、

足元がぐらつきだして、予想をもっていかれちゃうのです。

 

だから、間違った考え方を吹き込まれるというよりも、

自分自身の本当の考え方をあぶりだされるのだと思います。

 

ここで、もし、ですが、

私は極力していないわけですが、

自由な討論をさせないで、

先生が解説をしながら、

「みなさん、どっちでしょう?」

と聞いたら、ほとんどの子が、正しい予想に手をあげることでしょう。

そして、それを見て、授業成果が上がったと

先生および、教育関係者は喜ぶっでしょう。

 

しかし、それでは、子どもたちに潜む、

「でも、本当はこういうことは、ありえないんじゃないか」

「常識的にこうだよ」 「ほんとうかなあ」

という心の奥の声は、押しつぶされていっちゃうんですね。

 

これは、表立っては、誰もが気付かないうちに行われる圧殺です。

子どもたちさえ、気づかないことが多いと思います。

が、心の奥では、こういう押しつけに反発が生まれ、

それが積み重なって、理科嫌い、勉強嫌いになっていくのだと

私は思います。

 

議論は、どんなに間違ってもいいのです。

かえって、大勢の子が間違えば間違うほど、

感動的な実験になります。

(いつまでも、間違ってばかりいるのは、問題ですが)

 

じゃあ、講師の役割って、なんだろう?

 

それは、面白い問題、考えるだけで、ワクワクする問題を

もってくることです。

そして、それを一目瞭然に判明させる実験を用意することです。

 

実は、それさえできれば、80%は、もう勝利したようなもんなんです。

しかし、これが、なかなか教師一人で、用意できるもんじゃありません。

多くの方々との連携や、仮説実験授業の授業書を使わなければ

思いつきで、成果を上げることは、と~っても困難です。

 

 

もちろん、世にある、マジックショー的な演出効果の高い

科学実験は、それはそれで面白いでしょう。

しかし、それが、自分の 認識を変革してくれる

深い感動を与えてくれるでしょうか?

 

 

良い問題とは、必ず、哲学と結びついています。

常識的なものの見方をゆさぶって、

原理原則にもとづく、論理と激しくぶつかるところから、

自分のこの世界を見る眼鏡の変更を迫られるプレッシャーを

感じるものです。 

 

だから、講師の仕事は、自分で問題や実験をつくるということは、

半分以上あきらめて、 (いや、ほとんどあきらめて)

世の良い問題をあつめることに、注力すべきだと思います。

 

そして、もっと現場の講師にとって大切なことは、

生徒の様子を良く見ることです。

一人、ひとり、今日の様子は違うわけです。

家庭でお父さんお母さんが、夫婦喧嘩したかもしれませんし、

友達同士、気まずい関係になってるかもしれません。

体調が良くないかもしれませんし、

反対に絶好調かもしれません。

 

そこのところを読み取るのは、現場の担任の先生にしかできません。

それらを考慮しながら、予想の討論をすすめていくのです。

 

だから、一発講師で、ぽっと来た私が、その微妙な関係をつかむのは

困難です。

しかし、それでも、この子は、影響力ありそうだ、とか、

こういう目立たない子が発言したら、面白いだろうなあ。とか

いつも、授業に参加しないあの子は、実は、どういう考えしてるだろうか、とか

そんなことを、あれこれ、あれこれ考えています。

 

あとは、勝手に、感動してくれます。

決して「感動しろよ!」と言って感動させるもんじゃありませんから。

(あったりまえですね)

 

夏休み終了直前

いやあ、忙しいです。

私の黄金の時の、このパソコンに向かっている時間も、

ここ数日、とれませんでした。

特に、雑用で時間が奪われるのが、苦痛です。

 

でも、その間、私のアタマは、別の空想でぼ~っとしてますから

それなりに楽しめますが。

 

みなさん、インフルエンザに気をつけましょうね。

 

 

 







Last updated  2009.08.23 08:00:38
コメント(2) | コメントを書く
2009.08.19
カテゴリ:授業技術

私の授業では、いつも、生徒に授業評価をしてもらっています。

(もちろん、主催者の了承を得た場合ですが)

それは、「楽しかったか」で5段階評価

それと、「わかったか」で5段階評価

これだけです。

だから、とっても簡単。

ものの15秒で書けてしまいます。

あと、感想を書きたい人だけ、なんぼでも書いてもらいます。

 

こんなんで、ちゃんと評価ができるのだろうか?

とお思いになる方も多いと思います。

「授業評価」が、焦点になってきています。

が、「評価」となると、アレルギーがある場合が多いと思います。

 

確かに、評価は、管理・コントロールと裏表に使われます。

さらに、「生徒による授業評価」に疑問があるでしょう。

「生徒に授業を評価する力があるのか」という問題です。

 

でも、「評価」と言わずに、「アンケート」と考えたらどうでしょう。

例えば、消費財メーカーは自社で開発した製品について、

高いコストを払って、消費者にモニターになってもらい、

使い勝手についてアンケートを採ります。

実際の効果はどうか、買いやすかったか、

わかりづらいところはなかったか、、意見を吸い上げ、

それを製品の改善、改良に利用します。

授業もこれと同じじゃないでしょうか?

ユーザーである生徒に

メーカーである先生や文科省が開発・製品化した「授業」というサービスについて

アンケートをとると考えれば、

「生徒に授業を評価する力があるのか」という意見は

まったく的外れですよね、。

しかも、消費者はその商品が良くなければ購入しなければ済みますが、

生徒は授業が分かりにくいから受けないという訳にはいきません。

 

たしかに、 「学習効果」について

生徒が客観的に判断が下せるものか、という疑問はあります。

これは、結局、生徒の主観的印象にもとづく数値であり、

ご想像通り、授業に対する満足度(教員に対する好感度も含む)が高ければ

実際の効果とは全く無関係に高くもなれば低くもなりえます。

だから、「学習効果」の測定は教師の側の責任ではないだろうか?

という命題はあります。

その道のプロとして自らの教育効果の判定を棚上げして、

その評価判断まで生徒に委ねていいのだろうか、と。

相対的に自分のレベルを判断できない生徒にとって「効果」というのは

非常に主観的な判断になることになります。

下手をすると、単なる教師への人気投票に近いものになる危険があります。

たとえ、真面目で優秀な生徒でも、

全体的なカリキュラム構成を見渡せる知識を持ち合わせていない以上、

授業そのものの「効果」判定に、ゆらぎが生じるのは当然です。

また、個人の学習効果をもって、

授業の評価に代えて良いのでしょうか?

 

このように、疑問がいっぱいありますが、

それでも、生徒のアンケート結果は、重要だということは、

これまでの実績が、物語っています。

生徒は、教師の裏側まで、よく見抜いているものです。

 

そして、現時点での授業のうまさだけでなく、

教師の改善努力もしっかり評価しています。

つまり、教師の成長も、じっくりと見つめているのです。

 

ただ、これは、生徒の主観的な評価であって、

それを問う意義があるというものです。

客観的な学校や文科省が求める「学力」については、

学校側が測定しなければならないことは、明白です。

 

じゃ、主観的なアンケートの本当の重要性はどこにあるのでしょうか?

目的とすべきは、何なのでしょうか?

科学寅の授業で配られるアンケートは、何のためになされているのでしょうか?

 

これは、生徒の創造性をいかに伸ばしたかを、測る目安にするためです。

昨日の記事に、森の声さんが、

科学寅の科学授業は、

アートの表現教育と同じだ、というコメントをいただきましたが、

まさに、それに通じるものだと思っています。

 

おっと、これについては、また明日。

ここ数日、モーレツに忙しいです。

物理的にも精神的にも。

車をぶっ飛ばして、走り回っています。

でも、全然、苦ではありません。

1日飯も文字通り食べない日もありますが、

こんなにありがたいことはないと思っています。

子どもとの接触機会は、お宝です。

無条件にうれしいものです。

仕事をください! 







Last updated  2009.08.19 07:36:11
コメント(2) | コメントを書く
2009.08.17
カテゴリ:授業技術

多くの高校や、大学の、オープンスクールが目白押しでしたね。

塾やイベント興行主も、

いろんな学習を体験させてくれています。

もちろん、生徒募集のPRであるのですが

いっぱい比較検討する機会があることは、ありがたいことです。

 

こういう体験会は、生徒や親御さんの

好意を得ようとガンバルわけですから、

押しつけや圧力的な「指導」は、ほとんど無いでしょう。

あれば、楽しくないですから。何と言っても。

 

ところが、通常の学校で行われる「体験学習」というものには、

「ここで、こういうことを学んでもらいたい」

「こういう教訓を得て、こういう人間に変化してもらいたい」

という、押し付け的な意図が、随所にほどこされています。

そして、なぜか、そういう体験学習は、面白いものではありません。

 

おや、科学寅さんは、先日来、

問題意識や、アプローチの切り口を事前に指導することが

一番大事だ、って声を張り上げていたんじゃないか?

って疑問に思う方もいるかもしれませんね。

 

でも、違うんです。

私が言うのは、面白い切り口、すなわち問題の発見の仕方は、

先に提示しますが、

それに基づいての、仮説の立て方や、発見の方法、

主義主張は、全くの自由に任せるべきだと考えているのです。

もちろん、その意見発表や表現の方法も。

 

そんなんで、生徒は変わらないじゃないのか?

もっと周到に、生徒が変わるように、仕組まなくてはいけないんじゃないか

って、思われる方、

その方は、私と根本的に発想が違います。

 

お陰さまで、意図したことではないのですが、

私の実験授業を体験した生徒や先生は

それ以来、科学への見かたが変わったと言ってくださる人が多いのです。

私の授業を生徒と一緒に体験された先生は、

うちのあの生徒があんな意見を言うなんて!、と驚くのです。

そして、「生徒に対するものの見方が変わった」

とおっしゃる人が、本当に多いのです。

 

でも、これは、私が意図したことではありません。

参加者が、自由に発想でき、自由に発言できた結果

参加者が「自ら」、勝手にいろんな気づきを得てくれたのです。

 

いやいや、それもこれも、大きな意図に基づいているんだろう、と

おっしゃるかもしれません。

そして、それは、否定できないことです。

どっちが先かはわかりません。卵が先かニワトリが先か?

 

しかし、あえて、言わなければなりません。

表面的には、どう見えようと、

本質的なバックボーンとしては、

人を変えようなどとは、意図すべきではないし、

だからこそ、心から楽しめるのだと。

だからこそ、人はそれを機会にどんどん変われるのだと。

 

意図しているのは、「楽しい科学」

それは、自由な発想と発言に支えられたもの。

そして、それこそ、本来の科学。

 

ところが、世の総合学習は、

周到に、最初から、教訓として獲得すべき

道徳っぽい立派なことが、いっぱい計画書に書かれてきます。

 

そして、最初に面白い問題設定も、

好奇心を湧かせる切り口も示されません。

「まず体験せよ。」

なのです。

その上で、気づいたことを書かせ、

生徒自身に概念化をさせ、

(生徒の乏しい概念の枠組みからもって来させるのです。)

(本当は、有効な概念は、最初に教えてやらなければいけないのに)

結局、先生の意図した道徳訓に誘導するのです。

 

その概念化を称する道徳訓は、

これまた、大概、先生や指導者の自分の過去の

「学習体験」から得られた先入観である場合がほとんどです。

 

科学的に検討された概念では、ほとんどの場合ありません。

だから、同じ現象に遭遇しても、

ある先生は、Aと指導し、

別の先生はBと結論づけます。

 

これでは、総合学習とは名ばかりで、

教科書学習よりひどい、「押しつけ学習」です。

こんな名ばかりの総合学習を繰り返していたら、

時間が無駄だと、削除されるのが当然です。

 

でもね、でもね、実は、これでも良い方なんですよね。

な~んにも意図さえしない、

ただ、自然を味あわせればいい、

地域の人と触れ合わせれば良い、

街を歩かせればよい、

という、ノー天気な総合も、結構あってビックリですよね。

 

そして、これを先生の力量不足にしてしまうのも、

誠に気の毒なんです。

だって、先生への指導がなってないんですから。

あると言ったって、文科省のその方法論自体がおかしいのですから。

 

私の考え方の基本は、

「人は変えられない」ということです。

いや、「変えようとしてはいけない」ということです。

 

これは、対先生についても言えます。

いかに、今の先生に問題があるからと言って、

「先生を変えてやろう」というのは、結局弊害が大きいと思います。

 

人間はどんどん変わるものですが、

それは、自分で変える場合のみです。

自分で変わるためには、自分で自由にいろんなことを考えなくては

チャンスがないのです。

だから、生徒を変えようとしてはいけないと同様に、

先生や校長を変えようとしてもいけないと

私は思って、学校とおつきあいしています。

ただ、面白い問題提起だけは、し続けてやろうと思っています。 

 







Last updated  2009.08.18 01:51:26
コメント(1) | コメントを書く
2009.08.16
カテゴリ:授業技術

これは、科学寅の偏った考えですから、

あまり目くじら立てずに、面白がって聞いていただければ幸いです。

 

私は、現状の小中学校の夏休みの宿題は、多すぎるし、

その出し方も、改善の余地がいっぱいあると思っています。

 

もちろん、宿題を出さなければ、

子どもたちは、学習しないだろう、という予測があります。

たしかに、ほとんどの子は、遊んで机に向かわないでしょう。

 

かろうじて、宿題をするためだけに、机でペンを持つ子が

圧倒的に多いと思われます。

 

しかし、ですよ、子どもに学習動機を持たせることが、

教育の第一の本分だと考えれば、

何の意義も動機も、持たせずに、

仕方なく、課題になっているからする宿題の数々。

これは、子どもの学習に対する嫌悪感を増すだけじゃないでしょうか?

 

それに、一人、一人、学習上の課題は違うのです。

それを、一律に、アップアップするくらい出すことは、

特に、基礎力がついていない子どもにとって、

本当は、前年の復讐を徹底的にすべきところを

宿題のために、良く理解もできないのに、

無理やり、表面的な格好をつける作業に時間の大半を取られるのです。

私は、授業についていけていない子の家庭教師をして、

つくづく宿題が恨めしいのです。

 

だから、宿題は、ほとんど、科学寅さんが、書いてやってる場合もあります。

 

君はこの大切な夏休みに、君が本当に必要な力をつけることに

全力を傾けてくれればいいよ、と言っています。

 

でも、こういう反論もあるでしょう。

宿題は、ドリルやワークだけじゃない。

調査研究や、レポート、弁論文、読書感想文、

絵画やポスター、工作など。

いろんな体験をいっぱいさせるために、宿題をいっぱい出しているんだ、と。

 

私は、ある意味、常識となっている

「子どもにいっぱい体験をさせることは、良いことだ。」

という命題にも、あえて疑問をもっています。

 

どうしても、科学の発展の歴史から観た疑問ですが、

いっぱい体験し、いっぱい基礎データを持った人が、

科学的な法則を発見しているでしょうか?

 

答えは、あきらかに、否です。

よくデータがいっぱい集まると、良い科学ができる

良い報告ができる、と誤解している人がいますが、

実際は、データが多すぎると、法則を発見しずらくなるものです。

 

法則の発見は、データ数がポイントでは無しに、

いかに鋭い仮説を立てられるか、にかかっています。

人間は、目的意識的に見なければ、認識ができないのです。

 

データを漫然と集めてしまうと、問題意識をもつことが困難になります。

いろんな種類の事実に出会ってしまうと、

有効な「くくり」がしづらくなり、概念化もできなくなるのです。

欧米では、牛が身近にいっぱいありすぎるために、

「牛」という単語がありません。

ox と cow です。「牛」ではないのです。

それぞれ、違うじゃないか、ってなるのです。

 

古代ギリシャやそれを引き継いだ、欧米で科学が発達しましたが、

中国はじめ、他の地域でも、観察やデータ収集は、いっぱいなされました。

しかし、科学として発展しませんでした。

これは、やっぱり、仮説力、そして、その検証をすすめる風土によるのです。

実際に検証し、それを確かめる気風です。

 

最初は、的外れでも、とにかく仮説を立ててから、

物事を見なければならないのです。

それでこそ、間違いに気づけるのです。

 

夏休みの宿題には、「あれもした」 「これもした」

と羅列させるものばかりです。

 

もし、目的意識的に、課題に取り組ませることが成功したなら、

そのやり方は、自由にしても、成果はかえって高くなります。

 

つまり、夏休みの成果は、休みに入る前の

動機づけに、ほとんどかかっていると言えます。

 

しかし、主体的な目的をもって夏休みに臨んでいる子は

一体、何パーセントでしょうか?

それも、単に成績を良くしたいというものでしょう。

 

私は、子どもにやる気を湧かせずに、

ただ、これをやってきなさいと言わざるを得ない先生は、

(私も含めてですが)

教師として、敗北に打ちひしがれて当然だと思うのです。  

 

ところが、そういう先生ばかりではないようです。

得意になって、生徒をふるいにかける材料にしている

情けない教師もいるようです。

 

繰り返しますが、目的意識や動機っていうのこそ、

自然発生的に生徒の中に生まれるものではありません。

もし、そうなら、データ収集量が圧倒的に多い

中国でこそ、近代科学が花開いたはずです。

 

欧米でも、ルネッサンスの前には、その芽が出ませんでした。

ギリシャ文化に接して、はじめて、一気に盛り上がったのです。

 

ここに、教育の意義や必要性があると思います。

問題設定、設問の仕方を教えられる必要があるのです。

子どもが「素直に」自然を観察すれば、

ひとりでにファーブル博士になるのではありません。

指導者が必要です。

ここに、知識が必要です。

 

つまり、面白くてタメになる切り口は

教えられなければならないんです。

 

ところが、そこを、「自由に」研究しなさい、と

突き放してしまっています。

逆だと思うのです。

 

以上、科学寅の限られた、窓からの見かたでした。







Last updated  2009.08.17 00:19:21
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:授業技術

夏の疲れが出てきます。

やる気が出ないですねえ。

勉強のやる気を出す方法、

特効薬はあるでしょうか? 

 

最近の脳科学の本では、

「やる気」は脳のほぼ真ん中にある側坐核(そくざかく)という部分が働き

脳内物質が分泌することで「やる気」がでてくること

しかし、この側坐核はやっかいで、

本人がやる気を出そうと思っても、

なかなか活発に動き出さないことが書いてあります。

 

では、どうすればこの側坐核が活発に働き、やる気が出て勉強できるのか?

答えは、全く矛盾ですが、「行動すること」です。

 

脳の側坐核は作業すると、興奮し活発に動き出し、

やる気に繋がるんだそうです。

これを作業興奮と言うのだそうです。

 

だから、身の回りの小さな片づけでも、何でも、

とにかく動く。

ちょっとした英単語を練習してみる。

 

そして一度、側坐核が働き出すと、どんどん「やる気」は出てきます。

つまり、子どもは、動きの中で勉強する方がいいのじゃないでしょうか?

 

机にすわってじっとしていれば、

夢の世界に入っていくのは、自然である意味健康です。

授業では、体を使ったゲームなどから、入るようにしています。

 

どうしても、体が動けない場合なら、

目玉を動かすワークだけでも、効果があるようですよ。

 

ただ、メンタル面を考えると、

勉強そのものの楽しさを見据えなければなりません。

また、それに関連しては、

やる気を支える社会的な側面がとっても重要です。

 

つまり、その学習を評価し、喜んでくれる人の存在です。

この意味は、学習したことをほめる、という意味だけでなく、

それ以上に、学習した内容そのものが、

周囲の人にとって、驚きだったり、発見だったりすることです。

 

どんな学習でも、家庭の会話材料にできないものはありません。

お父さん・お母さんへのおみやげ話になるように、

アレンジしてあげる心遣いが、教師には必要だと思います。

 

大切な人の喜ぶ姿が、チラっとアタマをよぎると、

やる気は出てくるものです。

 







Last updated  2009.08.16 08:35:30
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.15
カテゴリ:授業技術

株や経済が暴落してから、

「実は、私はわかっていた。前からこういう兆候が出ていた。

こういう原因でこうなったんですよ。」

と、もっともらしく解説する評論家がいますね。

 

結果が出てから、その理由を後から見つけることは

簡単なことです。

まるで子どもの「後出しジャンケン」みたいなものです。

 

本当に実力を試されるのは、

結果が出る前、結論が出る前の、

いろんな可能性がある時点で、どう判断するか、

ここにあるわけです。

 

ケースメソッドが効果的に力を養ってくれるのは、

間違う可能性のあるリスクの中で、判断力を磨くからであって、

結果をもっともらしく解説するためではありません。

 

ところが、ふりかえって、理科の教科書を見ると、

すべて、結果の解説になっています。

 

単純な一つの法則にも、

様々な試行錯誤が隠されています。

今からみると、笑い話でも、

当時の科学者にとっては、真剣な判断の連続だったのです。

 

たとえば、「重さ」と軽く言いますが、

人間の常識から言えば、「軽さ」というものも

物理の世界にあっても良さそうですよね。

事実、二百数十年前の近代科学でも

熱素という負の重さを持つものがあると考えられていました。

 

これはこれで、巧妙な論理でできており、

ちょっとやそっとで、反駁できないものです。

こういう時代に生きていたら

あなたは、どう迷い、どう判断したでしょうか?

この試行錯誤、失敗の歴史こそ、人類の遺産です。

 

結果から見るんじゃなくて、

スタート地点に立って、

あらゆる可能性を検討する授業こそ

求められているように思います。

 







Last updated  2009.08.15 15:18:59
コメント(2) | コメントを書く
2009.08.13
カテゴリ:授業技術

フィンランドと日本の子どもの科学リテラシー力の比較で、

特に違うのは、疑問に思う能力だという報告があります。

科学的証拠をもとに、論理を組み立てる力や、

問題文を読む力は、日本の子どもの十分にあるのです。

 

しかし、その設問自体を疑ってみたり、

何も無いところから、登場人物の立場に立って、

自分で問題設定をする力に差が出ているのです。

 

最近引き継いだ家庭教師先の子どもは、

正解と回答方法だけを教えられてきたために、

私から、「考えてごらん」、

「どうしてだろうね」

という言葉自体が、

教えてくれないイジメに感じてしまうようです。

 

そして、間違うことを極端に恐れ、忌み嫌います。

 

この子には、私のとっておきの楽しい問題で、

間違う楽しさをじっくり味あわせてやろうと思っています。

 

全く、可哀そうなことです。







Last updated  2009.08.13 17:31:53
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.12
カテゴリ:授業技術

指導のテクニックとして、

「最後にご褒美がまってるから、まず、ガンバロウ」

というのがあります。

 

本来、これも効果的なはずですが、

最近の子ども達は、こらえ性がなくなってきています。

そして、気分転換が下手です。

 

ですから、授業の最初の最初の気分が

とっても大事になってきていると思います。

 

だから、後から、ごちそうを出すんじゃなく

ある程度、最初から、本日の目玉料理を味あわせなければ

後半戦もクソもないような気がします。

 

しかも、集中力が無いようでいて、

執着力は強いものがあります。

ですから、最初に気に障るようなことがあると

それに執着してしまって、気分転換が効きません。

 

もちろん、こだわりや執着を捨てる人生の知恵を身につけさせることは大切です。

でも、それとは別に、今、この授業を成り立たせるためには、

生徒の執着のコントロールも、十分考慮してやらなければ

前に進まないのです。

 

生徒の気質によっても、ずいぶん違いますから、

一概に言えることではありませんが、

最近増えてきている自閉タイプの子の場合

最初に提示するものが、すべてを決定することがあります。

 

その日、その日の最初の出会いが勝負どころです。

 

ただ、どんなに準備していこうが、

相手があることです。

どうしようもない状態というのもあります。

そういう時、教師は、決して自分を責めるべきではないと思います。

 

少なくとも、本来の自分とは関係ないことだと、

割り切らないと、教師の良い気分を維持できません。

教師の良い気分こそが、生命線です。

それでこそ、生徒の暴言にも、冷静に対応できます。

一緒に切れては、おしまいですもんね。

 

 







Last updated  2009.08.12 11:21:56
コメント(3) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Freepage List

PTA行事と科学実験教室


悩ましいPTA行事


PTA行事の強みと弱み


PTA行事と科学実験の相性は?


ここに注意すれば、誰でも楽しめる


化学の学習関連


オール・イン・ワンの科学実験教室


平成19年度~直近の活動記録


18年度 出前講座記録


頒布します。「特別支援教育の基礎基本」


エコネシアカレッジ「和吉塾」


ドライアイスで魔法学校 テキスト頒布


私の「動機」と、子どもと接する心構え


まず感情を育てましょう


最高のプレゼント


やる気を出させる方法


起点を固定するな


子どもに旅をさせるのか、移動なのか


いろんな人がいていい。


「ねばならない」からの脱出


良かった探し


すべての学習は、遊びの中にある


学習の生理的メカニズム


愛の衣を着せて子どもを見る


愛は最高の姿を想像する


優秀さをほめることの危険性


子どもは責任を感じている!


子どもが最も傷つくこと、最も強くすること


「上手だね」は止めよう


予想したとおりの子どもになる


笑いの効用


<テレビ>2歳までは控えめにと提言 小児


障害児と接して教えられる宝物


ただ、喜び踊りましょう。


「こうあって欲しい」は、親子を縛る


恵み受信機


問題児の行動も生かして返す


教師や親は、まず自分自身になりきること


先生に意欲をもってもらうには


教えることについて(ジブラーンの詩)


科学寅さんのちょっとマジメなプロフィール


授業研究


癌になりやすさと心理タイプ


私メッセージの決意


読字障害の実例


子どものやる気を引き出す仕掛け大作戦


《受験勉強の裏技》脳ミソにだまされないよ


うまくいったらどうしよう


積極性を育てるには


イメージ訓練の威力


ライトスコープは不思議世界への特別入場券


自分で作った問題を絵馬にして奉納する


子どもに現金をもたせて、買い物をさせよう


渦巻き学習法・仕事術


みんなの輪(リンク集)


様々な教育メソッド


科学分野


社会分野


語学分野


数学分野


アート表現分野


スポーツ分野


医学から見た教育


精神・心理学から見た教育


家庭における教育


文部科学省・教育委員会関係


行政・法律関係


学校


幼稚園・保育所


公民館・コミュニティセンター


実験メモ


魔法学校


スライム


児童館の先生方の感想


「はてな?ランド」のメニューの一部


人気テーマ(フーテンの科学寅さんによる)


サイエンス・ショーの講師依頼はこちら


気になる講師料の話


楽しみとしての学校ボランティア 原メモ集


先生の側からのボランティアの見方


ボランティアという不思議な関係


学校という建物がなければ


すべてを包み込む


進路選び


Profile


科学寅

Favorite Blog

初めての棄権 New! lekuchanさん

園バス新しく。 New! 只野四郎さん

窓を開ける New! かめおか ゆみこさん

「子どもの失敗から… New! 森の声さん

■薬は容量用法を守っ… レオン117さん

モモタ、もうすぐ5歳 アビィ55さん

『やーちゃんばーち… ひいちゃんファミリーさん

子育ての次は親(実… 英玲さん

・・・・・・・・半… 塩見直紀(半農半X研究所)さん
子供と共に育つ "共… モアイ2463さん

Recent Posts

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

Category

Comments

科学寅@ Re[1]:軽く考えよう。(02/14) 伊藤走さん コメントありがとうございます…
伊藤走@ Re:軽く考えよう。(02/14) 相澤さんいつもお世話になっております。…
ゆうSAIEN@ 英語が嫌いになるパターン(01/26) こんにちは(*^_^*) でもね、もしこれで、…
すがきょん@ Re[2]:人工知能に奪われない職業(10/11) >科学寅さん ありがとうございます。近い…
科学寅@ Re[1]:人工知能に奪われない職業(10/11) すがきょんさん コメントありがとうござい…
すがきょん@ Re:人工知能に奪われない職業(10/11) 先日、先生の科学実験に小学校の親子行事…
科学寅@ Re[1]:ダイエットの秘訣(09/29) ありがとうございます。 そうですねえ。 …
かめわざ快心塾@ Re:ダイエットの秘訣(09/29) 言わずもがなですが、 達成したときの、姿…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.