1435853 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はてなのゆりさん

全て | 旅のスケッチ | さ迷う日々 | ギャラリー喫茶 四季の花 | 庭の四季 | 八国山の散歩道 | 健康食かんたんレシピ | 山でスケッチ | 花のスケッチ | 生きるって? | 東村山って すごいで~す♪ | 自分の身体 | 60才から始めたこと | 東村山 ここがヘン? | 猫と 小鳥 | 世の中の動き | ひとり山歩き | わたしの花言葉 | 市の財政は? | 仲間と山歩き | 楽しいまちづくり♪ | フォークダンス | 小さな生き物たち | 財政クイズ | わが市の緑 | 西口再開発 その後 | 武蔵野そぞろ歩き | 楽しい 物作り♪ | 市民財政研究会 | 『四季の花』 果樹園 | 憲法、ここが面白い♪ | 宇宙はてない社のえほん | ミミ猫 ピコ猫 | 庭に来る小鳥♪ | 堆肥づくり♪ | 原発の絵本シリーズ | 原発のこと | 浜岡原発のこと | 社会福祉士をめざして | 北山公園の四季 | お話、お話 | 脱原発をめざして | 伊方原発のこと | お楽しみ教室 | わが家の太陽光発電 | 楽しく歌おう♪ | カネミ油症のこと | カネミ油症 国の考え方 | ゆーりっくさんのこと | 今月のメニュー | 公民館の詩吟 | 楽しくランチ♪ | 百人一首を詠う会
2019年08月22日
XML
カテゴリ:公民館の詩吟
星漢詩名右の年月日はお稽古日です。
 星この中で女性の漢詩は、続絶句編42
      杜秋娘の『金縷の衣』だけです。


   ≪絶句編≫ 

 1、駱 賓王 の 『 易水送別 』  2019・2・23
 2、王 勃 の 『 蜀中九日 』  2019・3・16
 3、沈 佺期 の 『 邙 山 』  2019・4・20
 4、張 九齢 の 『鏡に照らして白髪を見る』 2019・5・19
 5、王 翰 の 『 涼州詞 』  2019・1・19
 6、王 之渙 の 『鸛鵲楼に登る』  2019・6・22
 7、王 之渙 の 『 涼州詞 』   2019・7・27
 8、孟 浩然 の 『 春 暁 』  2019・8・17

33、元 槇 の 『白楽天の江州司馬に左降せらるるを聞く』  2014・3・7 入会
34、賈 島 の 『 桑乾を渡る 』  2014・3・14
35、許 渾 の 『 秋 思 』  2014・3・21
36、杜 牧 の 『 江南の春 』  2014・4・4
37、杜 牧 の 『 山 行 』  2014・4・11
38、杜 牧 の 『 独 柳 』  2014・4・18
49、杜 牧 の 『 烏江亭に題す 』  2014・4・25
40、杜 牧 の 『 秦淮に泊す 』  2014・5・2
41、杜 牧 の 『 金谷園 』  2014・5・9
42、杜秋娘 の 『金縷の衣』  2014・5・16
43、韋 荘 の 『 金陵の図 』  2014・5・23、2014・7・16
44、于 濆 の 『 事に感ず 』  2014・6・6、2014・8・6
45、王 安石 の 『鐘山即事』  2014・6・13、2014・8・20
46、真 山民 の 『 山間の秋夜 』  2014・6・20
47、蘇 軾 の 『 春 夜 』  2014・6・27、2014・9・17
48、蘇 軾 の 『望湖楼酔書』  2014・7・4
49、陸 遊 の 『剣門の道中にて微雨に遇う』  2014・7・11、2014・10・22
50、陸 遊 の 『 児に示す 』  2014・8・1
51、朱 熹 の 『 偶 成 』  2014・8・15、2014・11・19
52、高 啓 の 『胡隠君を尋ぬ』  2014・8・29
53、王 守仁 の 『 海に泛ぶ 』  2014・9・5、2014・12・17


   ≪続絶句編≫ 
 1、廬 僎 の 『 南楼の望 』  2016・12・16
 2、張 敬忠 の 『 辺 詞 』  2017・12・23
 3、賀 知章 の 『郷に回って偶書す』  2017・1・6
 4、崔 敏童 の 『城東の荘に宴す』  2017・1・13
 5、崔 恵童 の 『同前に和し奉る』  2017・1・20
 6、王 維 の 『九月九日山東の兄弟を憶う』  2017・1・27
 7、王 維 の 『 雑 詩 』  2017・2・3
 8、王 維 の 『 鹿 柴 』  2017・2・17
 9、王 昌齢 の 『西宮秋怨』  2017・2・24
10、王 昌齢 の 『 閨 怨 』  2017・3・3
11、李 華 の 『春行して興を寄す』  2017・3・10
12、李 白 の 『清平調詞 その一』  2017・3・24
13、李 白 の 『清平調詞 その二』  2017・3・31
14、李 白 の 『清平調詞 その三』  2017・4・7
15、李 白 の 『客中の作』  2017・4・14
16、李 白 の 『独り敬亭山に坐す』  2017・4・21
17、李 白 の 『 自ら遣る 』  2017・4・28
18、李 白 の 『 洞庭湖に遊ぶ 』  2017・5・12
19、李 白 の 『 天門山を望む 』  2017・5・19
20、李 白 の 『 越中覧古 』  2017・5・26
21、李 白 の 『 山中問答 』  2017・6・9
22、李 白 の 『廬山の瀑布を望む』  2017・6・17
23、高 適 の 『 董大に別る 』  2017・6・23
24、杜 甫 の 『 絶句(両箇の黄鸝) 』  2017・6・30
25、杜 甫 の 『江畔独歩花を尋ぬ』  2017・7・7
26、杜 甫 の 『八陣の図』  2017・7・14
27、岑 参 の 『京に入る使に逢う』  2017・7・21
28、岑 参 の 『 山房春事 』  2017・7・28
29、張 謂 の 『長安主人の壁に題す』  2017・8・4
30、韋 応物 の 『 雁を聞く 』  2017・8・11
31、張 継 の 『重ねて楓橋に宿す』  2018・8・18
32、張 籍 の 『 秋 思 』  2017・8・25
33、白 居易 の 『 春 風 』  2017・9・1
34、白 居易 の 『 村 夜 』  2017・9・8
35、柳 宗元 の 『 江 雪 』  2017・9・15
36、王 建 の 『中秋月を望む』  2017・10・6
37、李 紳 の 『 農を 憫む 』  2017・10・06
38、杜 牧 の 『 漢 江 』  2017・10・13
39、杜 牧 の 『 清 明 』  2017・10・20
40、宇 武陵 の 『 酒を勧む 』   2017・10・27
41、趙 嘏 の 『江楼にて感を書す』  2017・11・10
42、高 駢 の 『 山亭夏日 』  2017・11・17
43、汪 遵 の 『 長 城 』  2017・11・24
44、荊 叔 の 『慈恩塔に題す』  2017・12・1
45、曹 松 の 『 己亥の歳 』  2017・12・8
46、杜 筍鶴 の 『夏日悟空上人の院に題するの詩』 2017・12・15
47、戴 益 の 『 春を 探る 』  2017・12・22
48、王 安石 の 『 夜 直 』  2018・1・5
49、王 安石 の 『 梅 花 』  2018・1・12
50、王 安石 の 『 初夏即事 』   2018・1・19
51、蘇 軾 の 『 湖上に 飲す 』  2018・1・26
52、蘇 軾 の 『 中秋の月 』    2018・2・9
53、楊 万里 の 『夏夜 涼を追う』  2018・2・16
54、朱 熹 の 『書を観て感有り』  2018・2・23
55、朱 熹 の 『酔うて祝融峰を下る』  2018・3・2
56、方 岳 の 『 雪 梅 』  2018・3・9
57、袁 凱 の 『京師にて家書を得たり』  2018・3・16
58、高 啓 の 『 問 梅 閣 』  2018・3・23









最終更新日  2019年08月23日 12時31分34秒
コメント(0) | コメントを書く
[公民館の詩吟] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.