1433977 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はてなのゆりさん

全170件 (170件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 17 >

全て | 旅のスケッチ | 庭の四季 | 八国山の散歩道 | 北山公園の四季 | ギャラリー喫茶 四季の花 | 今月のメニュー | お楽しみ教室 | 健康食かんたんレシピ | お話、お話 | 『四季の花』 果樹園 | さ迷う日々 | 生きるって? | 猫と 小鳥 | 庭に来る小鳥♪ | ミミ猫 ピコ猫 | 小さな生き物たち | 堆肥づくり♪ | 自分の身体 | フォークダンス | 楽しくランチ♪ | わが家の太陽光発電 | 楽しい 物作り♪ | 楽しく歌おう♪ | 宇宙はてない社のえほん | 原発の絵本シリーズ | 原発のこと | 浜岡原発のこと | 伊方原発のこと | 脱原発をめざして | わたしの花言葉 | 60才から始めたこと | ゆーりっくさんのこと | カネミ油症 国の考え方 | カネミ油症のこと | 社会福祉士をめざして | 財政クイズ | 市の財政は? | 市民財政研究会 | わが市の緑 | 楽しいまちづくり♪ | 西口再開発 その後 | 世の中の動き | 東村山って すごいで~す♪ | 東村山 ここがヘン? | 憲法、ここが面白い♪ | ひとり山歩き | 花のスケッチ | 山でスケッチ | 武蔵野そぞろ歩き | 仲間と山歩き | 公民館の詩吟 | 百人一首を詠う会

生きるって?

2016年07月28日
XML
カテゴリ:生きるって?



5月19日の未明、心臓の発作で緊急入院をして、
もうダメかと思うこともたびたびでしたが、何とか
持ち直して、飲み込む力もついてきたようでした。

7月22日にリハビリ病棟に移って、一週間・・・

リハビリ病棟と言えば、リハビリに励んで、いずれ
社会復帰出来るというイメージですが、母の場合は
それには ほど遠く、三食にも介助が必要な流動食。

初めは、ここに2か月いられるので、その間に
長期療養型の病院に移るか、どうするかなどを
考えて下さい・・・とのことでしたが、その後
最大で3か月はいられると訂正がありました。

ひよこ

今は、点滴の中に心臓発作を抑える薬も混じって
いるそうです。また、退院するためには点滴から
胃ろうにしなければならないとのこと。それなら
栄養補給もでき、薬も入れられ、食事をすること
もできるとのこと。でも、母が元気なうちから胃
ろうにはしなくてもいいよねと話していました。

今の病棟に最大で3か月間いて、どれだけ元気に
なるか、せめて 朝昼晩三食の食事介助に行って、
元気になっていれば良いし、悪くなっていたとし
ても、それで点滴も外してもらって退院をしよう
 と考え、交代で食事介助に行っているところです。

熱帯魚

前の病棟では4人部屋で、ひんぱんにスタッフの
 方たちが出入りされ、そのたびに〇〇△△さ~んと
大きな声で 話しかけて下さり、そのたびに 母は
とびっきり よそ行きの笑顔で 答えていました。

今の病棟に移って2人部屋となり、昨日3人部屋と
なりましたが、そういう機会も少なくなったためか

それとも、母の機能が衰えてきているのか、
声がとっても 出にくくなってきています。

昨日も、何か一言 発したのに 聞き取れなくて
何回も聞き返しましたが、分りませんでした。

今朝は、おはようと言うと、かすかに聞き
とれる声で おはようと返してくれました。
声が出ていないのは 姉にも同じようです。

ひよこ

眠そうにしていることも多く、そういう時は
顔を近づけても、私の顔が見えているのか?
いないのか分らないようなこともあります。

今朝は わりと 意識がはっきりしていたようで、

『きのうは、川っぷちの草刈りと 草むしりをした
 んだよ。 お母さんも草むしりをよくやったよね。
リハビリも 頑張ってよくやったよね。 元気に
なって退院したら、またリハビリを やろうね』
などと話すと、よく分ってくれたようでした。
★昨日も この日 の 続きで草刈り等をしました。

『どこか 苦しいところない?』 と 聞いたら、
本当に にこにこと笑顔で首をふっていました。

飲み込む力も もう今以上にはつかないような気も
します。 ここで急に声が出にくくなったように、

今の流動食でも、飲み込む力が 急に
衰えてしまうことがあるのかも~!?


【 追 記 】

今の病棟は、前の病棟よりスタッフの方々に余裕
があるように思われ、食事介助に毎回行かなくて
もいいのかな~と思うこともあるのですが、人の
出入りも、刺激も少ない病室で、ぽつんと寝てい
るより、少しは 会話が 出来るように 行っていた
方が いいよねと 言い合いながら 行っています。 

そう言えば、しばらく前までは 『じゃあ帰るね』
とか、『また来るね』とか言うと、帰って欲しく
ないような言葉やそぶりもあったのですが、それ
も なくなったかな~と 今、ふっと 思いました。






【生きるって?】

入院中の母のこと・・・


 








最終更新日  2016年07月28日 17時08分13秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年07月06日
カテゴリ:生きるって?



2~3週間前までは、もうダメか と思うことも
たびたびでしたが・・・ ここのところ、そう
思うこともなく、食欲も増してきています。

とは 言え、流動食なのですが・・・

自由になる方の手で しっかりとカップを
持ってごくっと力強く飲み込めています。

ケーキ

今月の22日に リハビリ病棟に移り、それから
3か月後に 退院することになりました。 これ
からの3か月間でどれだけ良くなるか、それとも
 今よりぐっと悪くなっているかはわかりませんが、
  98才の誕生日は病院で迎えることになりそうです。

今も、朝昼夜 一日三回の食事介助に交代で行って
ますが、あと3か月間も 同じように 精一杯 食事
介助に 通って、それで良くなれば よいし、悪く
なっても・・・ 仕方がないことですね。 

母が 脳梗塞になってから18年もの長い間、
再発させることもなく、ずっと お世話して
きてくれた 姉の負担が少しでも 少なく
なってくれることを願っています。

今日は、夕方 姉と一緒に H病院のN先生から
今後の お話しを伺い、当面の 見通しがたって
まずは良かった音符と 思っているところです。







【生きるって?】

入院中の母が ようやく 回復のきざし・・・


 








最終更新日  2016年07月06日 22時35分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年06月07日
カテゴリ:生きるって?



5月19日 未明 2時前に 緊急入院した母ですが
一時は もうだめかと思いました。 本人もそれを
わかっているのか 『みんな 仲良くね』 などと、
しんみりというので胸にじんときたことも・・・

それが6月1日の夕方のこと。それで2日朝には
姉がひとりでつまらない、早く帰ってきてほしい
と言ってる・・・と 私としては励ましたつもり。

その昼に、わが娘Mが 行った時、母が、
『ずっと考えていたんだ』 と いうので
『何を?』 と 聞くと、
『ここに居ようか、帰ろうかと・・・』
とのこと。

手書きハート

3日朝には左手でコップを持ってお茶を飲みました。
私が手を添えてですが。そのあと くるりんブラシで
歯磨きしようとしたら、自分で持って やりました。
前日までは だらりとしていた左手だったのですが。
(右手は18年前に脳梗塞をして不自由のため)

4日夕方には 酸素の管が なくなっていました。
数値がよくなって必要なくなりましたとのこと。

昨6日午後には、リハビリでベッドサイドに5分ほど
座らせていただいたとのこと。そこに居合わせたMに

『どうして自分はこんなところにいるんだ。どこも
 悪くないんだから家に帰る!』 と言っていたとか。

それで 夕方 行ってみると すっかり 疲れた様子で
やっぱり、良くなるとしても 時間は かかりそう。

手書きハート

苦しがっていたことや、入院したときの経緯を
全く 覚えていないので、行ったときに、毎回、
そのことを 話すことにしようと思っています。
そうでないと、元気になった時、無理やり入院
させられてしまったと思ってしまいそうです。

というわけで、少~し 回復のきざしが見えて
きましたが、まだまだ 長くかかりそうです。






【生きるって?】

先日、97才の母が 深夜に 緊急入院・・・


 








最終更新日  2016年06月07日 09時48分51秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年05月27日
カテゴリ:生きるって?



この日、ちらし配りから帰って まもなくして
姉から呼び出しの電話があり、行ってみると
母がベッドの上で 苦しそうにしていました。

呼吸が荒く 身の置き所がないような感じ・・・

寝かせてくれと言ったり、また起こしてくれと
言ったり、でも、少し治まって寝るというので
帰ってきましたが すぐに 呼び出しの電話・・

かに座

起こしてくれ、寝かしてくれ、横向きに、反対の
向きに変えてくれ、足を上げてくれ、下げてくれ

居ても立ってもいられない苦しみの中で、もう
十分に生きたから病院に行かなくてよいとか。

夜10時過ぎ、いつものH病院に電話をしても
つながらず、どうしたものかと母の言うように
していました。12時頃、入院はさせない方が
良いと言っている親族に電話したけど留守電。

七転八倒の苦しみって、このことかと思ううち
脂汗が滲んできて、翌1時頃、H病院に電話。

夜警の人が出てくれて、N先生に何かあったら
いつでも電話をするように言われていますので
と伝えると、N先生が電話に出てくれました。

母の様子を伝えると、自分が迎えに行くことは
出来ないので、救急車で来て下さいとのこと。

119番にかけると、まもなくサイレンの響き。

母と姉と三人で病院に行くと、N先生、看護師
さんたちが待ってくれていて、すぐにベッドに

救急隊員に酸素マスクをしてもらっていましたが
それに加えて、お小水の量を測りたいので尿管を
入れますとのこと。 

朝3時頃、看護士さんに帰っても良いですよと
言われ、姉と一緒に帰ろうとすると、N先生に
どちらか一人残って付いていて下さいとのこと

それで、二人で残っていました。

朝6時に姉がいったん家に帰り、その後、私が
付き添っていると、姉の名前を呼んで、すごい
力で酸素マスクを外そうとしました。その腕を
押さえているのに筋肉痛がおこったほど・・・

家

でも、苦痛はだんだんに治まってきたようで
朝8時頃に 姉も戻り、N先生が 回診に来て
下さったころには穏やかになっていました。

N先生が言われるには、300ccしか 入って
いないのに1.6リットル出てますねとのこと。

ふくよかだった母の顔が、ほっそりして皺だらけ
元気でつややかだったのは浮腫んでいたため?!

心不全だけど心筋梗塞は起こしていないとのこと。

とりあえず、家に帰って 一眠り、姉が持って行った
入院用品のうち、足りないものを買い揃えて、午後
また 病院に持って行き、説明を聞いたりしました。

これが、写真展の前日でした~ぽっ

一時は、写真展も、姉のチャリティセールも
中止かと考えましたが、それでも何とか実施
でき、本当にやれやれと思っているところ。


入院した母は翌日には、ここは いい所だ、最高だ、
空ガ良く見えるし最高!と何回も言っていました。

三日目からゼリー食がでて、副食は完食。

でも、それも二日間位のことで、その後
喉の通りが悪くなり、副食が 数口だけ、
その分、点滴のお世話になっています。

朝食介助に私が行き、昼は行かれる時
わが娘Mが、夕方 姉が行っています。

でも、今朝は なかなか飲み込めないでいるのを
看護助手さんが上手に薬も飲ませてくれました。

やっぱり、病院のスタッフの方々は
お上手だと 改めて 感心しました。


ワイングラス

97才の母に、筋トレを始めました~♪

いくつになっても 『 らく』 を させない

とか思って、無理やり?筋トレを5か月ほど
やってきましたが、良かったのかどうか?


母は 精一杯 がんばっていたんだな~と思います。

今は、やすらかな顔をして、身も心も休めてか
心地良さそうにしてくれているのが救いです。






【生きるって?】

三日間、97才の母が居なくて 息抜き♪


 








最終更新日  2016年05月27日 11時30分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年04月07日
カテゴリ:生きるって?



年末から、ほぼ毎日 筋トレをして、
かろうじて歩けている97才の母が
三日間、親戚のお宅に伺ってます。

ダブルハート

慣れなくて、母も 親戚も さぞかし
大変な思いをしていると思いますが

『転んだから頼む』 という電話がかかって
 くる心配もなく、心穏やかな三日間でした。

母と同居してくれている姉にとっては、実に
実に、貴重な三日間だったろうと思います。

どきどきハート

一緒に過ごしてみないと判らない心身の衰え、
介護の大変さが少~し判ってもらえたかも?






【生きるって?】

白寿の旅立ちをした叔母の一周忌

 








最終更新日  2016年04月07日 21時09分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年03月17日
カテゴリ:生きるって?



昨年3月に 白寿の旅立ちをした叔母

一周忌の法事をしていただきました。




5410.JPG


お花と




5408.JPG


お供え物と 叔母の位牌等々を持って

お寺さんで お経をあげていただき、

お墓参りをしました。

星お供え物をのせていった籠はどちらも、母が
もっと元気だった頃、デイサービスで作った籠
でした。この写真を見ていて気がつきました。




5412.JPG


花屋さんのお花は叔母のお墓と、30年以上も

前に亡くなった叔父の親戚のお墓に・・・




5413.JPG


こちらはわが庭のお花・・・

叔母にとっては年齢も近く、いちばん親交の

あった姪(私にとっては従姉妹)が、叔母が

亡くなったあと体調を崩し、その二か月後に

後を追うように87歳で亡くなりました。

みんなでお蕎麦を食べたあと、その従姉妹の

お墓参りに行きました。庭の花を気に入って

くれていた従姉妹でした。


黄ハート


今日は温かな一日となり、庭のハクモクレンが

満開でしたが、写真を撮りそびれました~ぽっ






【生きるって?】

97才の母の筋トレの成果は?

 








最終更新日  2016年03月17日 19時17分06秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年02月20日
カテゴリ:生きるって?



97才の母に筋トレ、リハビリ を 始めて
ほぼ2か月が過ぎようとしています。

夕食前の40~50分ほど、ほぼ毎日
 (2か月で1~2日 出来ませんでした)

『トイレにひとりで行けるようになった』 と
同居している姉が 喜んでくれています。

母の意識も 以前より しっかり
してきたように思います。


ただ これから先、どれ位の 年月 やり
続けることになるのかな~と ちょっと
 気が重くなることもありますが~ぽっ






【生きるって?】

いくつになっても 『 らく』 を させない・・・

 








最終更新日  2016年02月20日 21時46分14秒
コメント(4) | コメントを書く
2016年01月08日
カテゴリ:生きるって?



97才の母の筋トレを始めて半月が過ぎました。

さくら

『今年は車イスになるのかな~と思っていたけど
 春になったら、また外が歩けるようになるかも』
と 同居してくれている 姉に喜ばれています。

数日前から 足踏みの機器を使ってやっています。

昨年3月に99才で亡くなった叔母が元気だった
頃、長姉のお香典返しのカタログの中から自分で
選んで送ってもらい、使っていた 健康機器です。

叔母は ひとりで黙々とやっていましたが、
母は 私に言われてやむなく・・・ でも、

何日か やっているうちに、機器にも乗り
やすくなり、自分で 数えたりもするよう
になりました。内心 もっと早くやってい
 れば良かったと後悔もしているようです。

家

父が87才で亡くなってから15年になります。

母が79才で 脳梗塞で倒れた、84才の頃から
そのショックでか、体力が無くなってきたので、

リハビリ療法士さんに 在宅でいらしていただき
 私も あれこれ体力づくりの特訓?をしました。

家族の者だけでなく、外から専門の方にも訪問して
いただけるのは父にとっても心強かったようです。

お医者さんにも往診していただき、極度の貧血なので
輸血を進められ、外来で 輸血をしていただき、付き
添っていると みるみる顔色が良くなってきました。

赤ハート

寝たきりになってしまいそうでしたが、その翌日位
から、『輸血をしてもらって、悪いところはないん
だから』とベッドから起きる練習を始め、だんだん
つかまって、歩けるようにもなっていきました。

『もう寝かせてくれ』 と言うのに、あと何周と、
 私と一緒に、無理に廊下を歩く練習をしました。

父は寝ていたいのを無理に起こして歩かせる・・・

これをお嫁さんがやったら虐待に思われるだろう
実の娘だからできることと自分でも思いました。

そのあと、父はまた外を歩けるようになったし、
入院して亡くなる直前まで歩けていましたので、
やって良かったかな~と思っています。 でも、

本人は、寝ていたいのを 無理やり
 起こして歩かせるんですから・・・
『鬼』 にならないとできないこと。

入院する前、2~3週間はわが家にいたのですが
穏やかにしている父を見て、もう特訓はしないで
いいかな~という気持にもなりました。 特訓を
 しなければと思うと 厳しくなってしまいますし。

花

母が まだ何年か生きていくとしたら、やっぱり
最後まで なるべく動けた方が、誰にとっても
いいよな~と思って、私も仕事のつもりで
筋トレに付き合おうかと思っています。

これはまた、自分の体や脳にも言えること

いくつになっても 『らく』 を させては
いけないよ~ということですよねぽっ






【生きるって?】

97才の母に、筋トレを始めました~♪

 








最終更新日  2016年01月08日 17時54分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年12月27日
カテゴリ:生きるって?



もう4~5年になるか、それとも、もっと前から
だったか 母の足のマッサージ を 続けています。

このところ、歩くのにも時間がかかるようになり、
出来たことも出来なくなったり、このまま寝たきり
になってしまうのかな~と思ったりしていました。

数週間前だったか、一緒に暮らしてくれている姉が
『家の中でも車イスの方がいいのかな?』 と・・・

それも姉が大変だよな~と思って、今からでも
母に筋力トレーニングをすることにしました。

足のマッサージの前に 椅子に座った姿勢で
足や腕や肩、首などを 挙げたり 下げたり。

手書きハート

始めて3日目位から、母の動きが少~し良く
なったようで、姉にも喜んでもらえました。

『立ち上がれるといいんだけどね』 と いうので、
立ち上がる練習もしているのですが、やれたと
思うと、翌日には 出来なかったり・・・

自分でやればいいのに・・・とか、こんなこと
いつまで やらなければならないんだろうとか
思ってしまうのですが、

母が にこにこと 喜んでくれるし、姉が 実に
よく お世話をしてくれているので、せめて
一日に一回位は マッサージと筋トレ?
でも~と 思っているところです。






【生きるって?】

97才になった母と、102才の叔母の面会に

 







最終更新日  2015年12月27日 23時50分07秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年10月23日
カテゴリ:生きるって?



100才のお誕生会を取りやめ てから
会いに行っていなかった叔母ですが、

母が会いたいというので、姉と
三人で 面会に行ってきました。

もともとスリムだった叔母がもっとスリム
になり、車イスに端然と座っていました。

自分で、何でも食べられるそうです。

昼食後のことで目を閉じて眠そうでした。
私たちをすっかり忘れているようでした。

声もかすれて小さく聞き取れませんでしたが
だんだんに 聞き取れるように なりました。

そのうちに 少し思い出してくれたのか
母の手を強く握ってくれたりしました。

『長いこと来られなくてごめんね』と言ったら

『そりゃあ 誰だって 忙しいからね』 とか、

『閑だったら ゆっくりしていけば 』 とか、

『また来るね』 と 言ったら、

『それだったら、ちょくちょくじゃないとね』

とか・・・ 二年前、面会に 行かなくなった頃には
待っていてくれたのかもしれないな~と思いました。

帰りの車の中で、

母に 『また 行ってみる?』 と聞いたら
行くとも行かないとも言いませんでした。

母も疲れたようで・・・私も疲れました。


二年間という歳月を感じた一日でした。






【生きるって?】

紅白のサルスベリを持って、お墓参りに・・・

 








最終更新日  2015年10月23日 18時02分27秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全170件 (170件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 17 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.