1861569 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はてなのゆりさん

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

楽しい里歩き♪

2021年11月30日
XML
カテゴリ:楽しい里歩き♪




春の花、ホトケノザとオオイヌノフグリが咲いてました








【楽しい里歩き♪】

ベニバナボロギク、ハルノノゲシ、ツツジ







最終更新日  2021年12月01日 12時16分37秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年11月25日
カテゴリ:楽しい里歩き♪



星ベニバナボロギク 紅花ぼろ菊
キク科ベニバナボロギク属の一年草

花は、これ以上は開かず筒状のまま・・
アクもなく春菊に似た香りで食べられる
国によっては野菜として利用されている

山林が伐採されたり山火事の後などに
いっせいに増える(パイオニア植物)
アフリカが原産地で、日本には
1950年頃に入ってきた帰化植物

クールダンドボロギク、ノボロギクなど・・
タンポポのような綿毛になる草花が
たくさんあることを知り、この頃、
少し見分けがつくようになりました





星ノゲシ (ハルノノゲシ)野芥子
キク科ノゲシ属の一年草
花期は春から秋にかけて

秋に咲くアキノノゲシに対して
春咲き出すのでハルノノゲシ星

クールロゼットで越冬し、春から夏にかけて
茎を伸ばして花をつけるどきどきハートというので

ロゼットって何かな~?と思ったら・・・
地面から茎を伸ばして葉を放射状に広げる
または、茎を伸ばさないで葉だけを広げる
この状態で栄養分を摂りながら越冬をする

太陽光を効率よく吸収できるように
葉を放射状に広げる、とのことです





星ツツジ ツツジ科のツツジ属の総称

いつも通る遊歩道の一画で、今もまだ
白いツツジが・・やや弱々し気ですが
きれ~いに咲いています

昨年まではどうだったのか~~❓
今年がとくに温かいためなのか❓

来年のつぼみが減ってしまわないか~❓
・・・などと心配しながら眺めています





【楽しい里歩き♪】

晩秋に咲くハギ と ガマズミの実







最終更新日  2021年11月25日 18時07分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年11月23日
カテゴリ:楽しい里歩き♪



星ハギ・萩
マメ科ハギ属の総称で落葉半低木

日本には8種類のハギの仲間が分布するが
ハギという場合はヤマハギをいう
花期は長く、満開が分かり難い

ヤマハギは万葉集で141首が詠まれていて
万葉集で最も多く詠まれている花で
秋ハギと牡鹿のペアが多い
・・・とのことです







星ガマズミ 
レンプクソウ科ガマズミ属の落葉低木

この赤い実を、焼酎に漬けて果実酒にできる
・・ということは食べても OKなのでしょう
でも なかなか食べてみる勇気はありません

葉この堅い木の材を鎌の柄に使い
果実を染め物に用いたことから
ガマズミというようになった
・・・とか・・ですクール


ひよこ ひよこ ひよこ


どちらも、荒畑富士詣での
往き帰りで撮りました~どきどきハート





【楽しい里歩き♪】

ヒヨドリジョウゴの実 と ムラサキツユクサ







最終更新日  2021年11月23日 17時04分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年11月20日
カテゴリ:楽しい里歩き♪


星ヒヨドリジョウゴ 上矢印 鵯上戸
 ナス科ナス属の多年草

ひよこヒヨドリが良く食べるので名付けられたようですが
あまり好んで食べられるというわけでもなく
冬になっても残っていることが多い

さくら8月~9月ころ白い花が咲く
葉はアサガオに似ていて三烈したものから
卵状のものまで部位によって変形する・・
実は黄色くなるものもある・・・とのこと





梅雨時に咲くのかと思っていましたが
ずうっ~と咲いているんですね
どれもつい最近撮ったお花たちです

星ムラサキツユクサ 上矢印 紫露草
 ツユクサ科 ツユクサ属

朝咲いて、昼には萎れる
日々一花一花咲いていく

原産地は、カナダ南部からアルゼンチン北部
西インド諸島。17世紀にヨーロッパに伝わり
今では世界各地で野生化している

花環境中の変異物質に対する指標植物として
用いられることがあるとのこと・・・

放射線は微量でも危ない!!
     ムラサキツユクサの証言
という本がありました。遺伝学者の
市川定夫さんという方の本でした。

もう何十年も前に原子力発電所の近くに
住んでいる人たちがムラサキツユクサの
異変で放射線が環境中に漏れていないか
を調べているということを聞きました。

そのあとチェルノブイリ事故が起こり
福島原発の大惨事となって・・・・・
微量どころではない放射能・放射線が
大量に放出されてしまいました号泣怒ってる

紫に輝いて咲くこのムラサキツユクサを
見るとそんなことを考えてしまいます。





【楽しい里歩き♪】

ノハラアザミ と 秋色の木の葉いろいろ







最終更新日  2021年11月20日 17時08分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年11月17日
カテゴリ:楽しい里歩き♪



なつかしいアザミの花どきどきハートたぶんノハラアザミ

星ノアザミは、春から夏にかけて咲く
(稀には10月まで咲いている)
本州・四国・九州に分布

星ノハラアザミは、夏から秋にかけて
 茎の上部で枝分かれして上向きに咲く
花期にも根生葉が残っている右矢印右下
本州の中部以北に分布
星キク科 アザミ属

・・・とのことです
(9月から今月初めに撮りました)





荒畑富士詣での往き帰りに見つけた
秋色葉木の葉葉葉いろいろですぽっ

今年の秋は穏やかで・・
たっぷり楽しめますね音符





【楽しい里歩き♪】

コウヤボウキ と ムラサキシキブ







最終更新日  2021年11月17日 18時30分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年11月14日
カテゴリ:楽しい里歩き♪



星コウヤボウキ(高野箒) 
キク科・コウヤボウキ属の落葉小低木

八国山でも見られる小さくて目立たないお花です


『高野山で枝を束ねて箒にした
(花でなく茎を・・です)

正倉院にある宝物星子日目利箒(ねひめとほうき)は
このコウヤボウキを材料としている

さくら万葉集の大伴家持の歌
始春(はつはる)の今日の玉箒(たまはばき)
  手にとるからにゆらぐ玉の緒

に出てくる「玉箒」は、コウヤボウキ』
・・とのことです(ネットによるとぽっ





星ムラサキシキブ
シソ科ムラサキシキブ属の落葉低木

八国山の入口にあるムラサキシキブ
コムラサキかと思っていたら・・・

庭や公園などにある見栄えのする方が
園芸種で、コムラサキとのことです。

ムラサキシキブは古くから日本に自生していて
英名では Japanese beautyberry とか・・・

実がたっぷり付くコシキブの枝は、しな垂れますが
ムラサキシキブの枝は写真のように上に伸びます。

花は5月に撮ったもので、あまり目立ちません。
実も、色づいてから目につくようになりました。

葉 四つ葉 葉 

他にも 小さないろいろな実が見られます。
秋晴れの日が多く、里山も実りの秋です音符





【楽しい里歩き♪】

小菊いろいろ♪赤、白、黄色、ピンク、紫







最終更新日  2021年11月14日 17時46分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年11月07日
カテゴリ:楽しい里歩き♪




荒畑富士詣での途中に咲いていた小菊たちです。

つぼみを見ても何色のお花が咲くのかな~?と
分かりませんでしたが、見ごろになりました。





【楽しい里歩き♪】

秋晴れ♪クコ・エキナセアの花など♪







最終更新日  2021年11月07日 18時43分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年11月04日
カテゴリ:楽しい里歩き♪



道ばたで何回も刈られたクコに
かわい~い花が咲いてました。





ナス科のクコ族・・・・
ナスの花に似ています。





刈られていなければ今ごろは赤い実が
なっていたことでしょう。けれども、
刈らないでいたら大変!! トゲのある
クコの木が道をふさいでしまうほどの
勢いで増えてしまったことでしょう。





夏の初めから咲いていたこのお花





百日草かと思っていたら





エキナセア・・とのこと





ムラサキバレンギク(紫馬簾菊)とも言って





ハーブティーとして飲まれたり





炎症や傷の治療などにも
使われているとか・・?





種や株分けで増える





多年草とのことですので





植えっぱなしでも、毎年、咲いて
くれるのでしょうか? それなら





植えてみたくなりましたぽっ





まだツボミが出来てますので、もしかしたら
霜が降りる頃まで咲いているのかも・・・?





庭の寒椿が咲き始めたと思ったら、今朝
 荒幡富士塚麓の寒椿も咲き出してました。





上の方から紅葉が始まっていた錦木ですが
目の高さほども、赤く染まってきました。





10月にサツキやツツジがぽつぽつと咲いて
ましたが今朝は3輪も揃って咲いてました。





ススキも今が見ごろですね。





この秋晴れと、心地よい今の陽気が





ずうっ~と続いてくれますようにと願います音符





【楽しい里歩き♪】

ギンギツネ と ムラサキシキブ







最終更新日  2021年11月04日 17時34分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月17日
カテゴリ:楽しい里歩き♪



涼しくなってから週に2回ほど
荒幡富士詣でをしていますがぽっ





少し道をずらして歩くと





何かしら新しい草花や木の実が見つかります。





これも、その一つ





ギンギツネ というようです。
ぴったりの名前ですね~音符





朝日があたっている時は
違った色にみえました。





近くにあった小さな株・・・





こちらはまだ花が咲いたばかりのようです。


家 家 家




こちらもやはり荒畑富士詣での途中で





ムラサキシキブ・・・と思っていましたが





そうではなくクール コムラサキ または
コムラサキシキブ というようです。





コムラサキというのは
実がびっしりついて、





見栄えが良くて、庭に
 植えられることが多い。





木は伸びてくると垂れてしまう。





ムラサキシキブは実の付き方がまばらで
木が大きくなり(3mほど)山野に育ち
葉の周り中がギザギザとしている・・・





これがムラサキシキブのようです。

八国山の入口にあるのですが・・・
なかなか紫に色づいてくれません。





【楽しい里歩き♪】

テスト コスモス濃いピンク、淡いピンク







最終更新日  2021年10月17日 13時04分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月15日
カテゴリ:楽しい里歩き♪

春にスマホを変えてからインスタグラムにはまってました。

その画像をそのままこちらのブログに投稿したら
びっくり、こんな画像になりました~~ぽっ




これまではスマホの画像をの大きさで投稿していましたが、
今回はインスタグラムに投稿したのをで投稿してみました。

きっと元の画像のままに近いのが、ここでは小さく載って
元の画像をかなりトリミングして容量を小さくしたのが、
 ボワッ~と膨らんで巨大な画像になってしまったんですね。

(分かりません、私のあて水量です。その逆かも?)

やり直そうかと思いましたが、試行錯誤の途上ですので
 何かのご参考までにクールこのままにさせていただきます。




【楽しい里歩き♪】

クサギ・ゴンズイ・ハナミズキ、黒や赤の実







最終更新日  2021年10月16日 16時49分02秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.