1878955 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はてなのゆりさん

全71件 (71件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

原発のこと

2021年03月11日
XML
カテゴリ:原発のこと





45年前、当時の大阪大学の久米三四郎先生の
講演録を読んで、原発って怖いと思いました。

星 月 星

そのころは食品添加物のより少ない食べものや
無農薬の野菜などを共同購入したり、合成洗剤
などの化学物質はなるべく取り込まないように
しようと努力をしていましたが・・・ひとたび

原発で大事故が起こったら、そういう努力も
水の泡になってしまう。それなのに、原発の
危険性については知られていないと思って

見よう見まねでぽっ

『げんぱつなんか いらないぞ!』
『てんごくのおきゃくさま』
『原発いらない ニコニコかるた』

などのえほんを作りました。

ひよこ 熱帯魚 ひよこ

そのころにお世話になった方々の発行物の定期購読。

原発に反対する裁判や、下北半島に計画されている
核燃料施設に反対する裁判などの原告に参加・・・

そういう活動に直接参加していたわけではないのですが
せめてせめて購読料や、会費などだけは払い続けようと

そうして送っていただいた資料やニュースなどもほとんど
読まないで、資源ごみに出してきてしまっていたのですが

『はんげんぱつ新聞』 の 先月号に載っていた

堂々と再稼動反対! 

伏屋淑子(ふせやすみこ)さん
の記事が下矢印目にとまりました。





ピンクハート 青ハート 黄ハート


伏屋淑子(ふせやすみこ)さんは1936年
生まれで、私より10才年上のかたです。

東海第二原発から、わずか3キロのところで
老人ホームを運営しておられて、10年前の
東日本大震災では停電となり、エレベーターが
止まって、スプリンクラーが壊れて、棟内が水
浸しとなり、5階までいる150人の入所者を
職員が抱えて、丸1日かけて1階に下ろした
・・・とのことです。

さくら 四つ葉 さくら

わずか3キロのところにある東海第二原発で事故が
起きたら、とても避難なんてできません。命を預かって
いるんですから、命を守るには再稼動反対しかないと
声を上げたんです。

入居者の家族からは『退避しません』という同意書を
いただきました。事故になったら、私一人が入居者を
最後まで見届けるつもり。若い職員を犠牲にできません
から。入所者に水を飲ませて、おむつを交換し、お別れ
をして避難しなさいとマニュアルをつくっています。

そんなマニュアルが役に立つ前に、
原発をさっさと廃炉にしたい・・・

・・・東海村はいま『世界で最も危険な村』です。

原発だけじゃなくて、日本原子力研究開発機構を
はじめ、とんでもない数の原子力関連施設があっ
て、高レベル放射性廃棄物やら、核燃料やら
危険物が山ほどある。

原子力施設さえなければ、東海村は自然豊かで
しかも暮しに便利な、とてもいいところです。

・・・もう原子力の時代は終わりですよね。
あきらめろと言いたい。

東海村の中では私のように声を大にして
堂々と再稼動反対を言える人は少ない。

でも、私が声を上げるのを
じゃまする人もいません。

『がんばって』と言ってくれる沢山の人たちのためにも
何としても再稼動を止めようと声を出し続けます・・


・・・とのことです。

ひよこ 熱帯魚 ひよこ

福島の原発事故から10年・・・

原発を運転させれば必ず大量の放射性毒物ができます。

プルトニューム239の半減期(半分の量に減る時間)は
2万4000年です。  そのまた半分になるのは
4万8000年後・・・ そのまた半分になるのは
7万2000年後・・・ そのまた半分になるのは

・・・と、気が遠くなるような時間が過ぎても
消えることのない毒物、どんなにお金をかけて
も、消すことの出来ない毒物をつくり出すのは
もういいかげんにやめてほしい!と願います。





【原発のこと】

こちらでも、川内原発を止めてください!







最終更新日  2021年03月11日 19時44分28秒
コメント(2) | コメントを書く


2016年04月21日
カテゴリ:原発のこと



中央構造線 社会科の時間に習った言葉です。

中部地方を 縦に走っている地震の帯と思って
いましたが 九州にまで続いているんですね。

じゃく3さんの 川内原発を止めてください
見て、改めて 日本列島が火山帯に すっぽり
はまっているんだ と 思いました。

そして、その中央構造線の近いところに
伊方原発 や 川内原発があるとのこと。

家

同じく、じゃく3さんの ≪4月3日放送の
NHKスペシャルから、GPSデータによる
地殻の動きの評価 と 直下型地震≫では

今回、どのようなところで 地震が起きたか
 今後、起きる可能性などが示されています。


東京には、絶対につくらない原発!

原発の運転について 権限のある方々は
東京から ずっと離れたところでなら、
事故が起きても 仕方ないと思っている

な~んてことは、まさか
 ・・・ありませんよね。






【原発のこと】

川内原発を止めて欲しい!


 

 







最終更新日  2016年04月21日 19時02分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年04月17日
カテゴリ:原発のこと



テレビのない私より 皆さま方のほうが熊本・大分県での
地震の惨状を つぶさにご覧になっていることでしょう。

そして、

川内原発は、大丈夫だろうか? 
地震が起きる前に止めて欲しい


と思われている方は多いと思います。


川内原発の停止を訴えての動きがありました下矢印

星「異常があってからでは遅い…」
即時停止を 文化人6人要請


九州で相次ぐ地震を受け、フォトジャーナリストの
広河隆一さんら文化人六人が十六日、川内原発の
即時停止を求める要請文を、九電に送った。

要請したのは他に、作家の落合恵子さん、沢地久枝さん、
広瀬隆さん、ジャーナリストの鎌田慧さんと、若者の
グループSEALDs の 山田和花(のどか)さん。

要請文では「異常があってからでは遅いということは
東京電力 福島第一原発事故の 経験から、誰の目にも
明らか。人々は、次の大地震が川内原発を襲うのでは
ないかという恐怖にさいなまれている」と記した。

・・・とのことです。


川内原発は、

地震の想定が甘すぎるまま
星再稼働に踏み切られていた


・・・という記事もありますし、




日本列島は、世界地図で見る 火山帯の
中にどっぷりとはまっていますよね号泣


星地震と原発 やっぱり原点に戻ろう
断層のずれは、想定外の地震を起こす-。


さらには・・・

川内原発周辺 装置の半数
即避難線量を 測れず 
星監視不十分で 再稼働



な~んていう記事もあります。


原発の運転を止めても、直下型地震が起きれば
敷地内にある放射性物質が外に漏れ出す恐れは
たぶんにありますが・・・それでも、運転中の
原発よりは まだ 対応できるのでは・・・!?


先ほどのラジオのコメントでは、地震の動きが
徐々に南西に移動しつつあるとのことでした。

クール 南西・・・と 言えば、その方向に
川内原発があるではありませんか~号泣







【原発のこと】

子孫へのツケを 更に増やす! 川内原発の再稼動

 











最終更新日  2016年04月17日 15時25分44秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年08月10日
カテゴリ:原発のこと



明11日、鹿児島県の川内原発の再稼動失恋

ひんぱんに起きている地震は大丈夫なの?
しょんぼり津波は? 突然の火山の噴火はないの?
事故の時、どこにどうやって逃げるの?

事故にならなくても、原発が 稼動すれば
新たな放射性廃棄物がつくられるでしょ!
その処分方法もないというのに・・・号泣


こちら と こちら で ご覧になれますが、


10日、川内原発の正門前では、再稼働に反対する
市民ら約400人が座り込み、「再稼働を許さない」
「核とは共存できない」と集会を開いた。

4月まで東京電力福島第1原発で作業員をしていたという
男性(62才)は、再稼働のニュースを聞き、東京から
駆け付けた。「居ても立ってもいられなかった。福島で
働き、人が住まない、復興の進まない土地を見た。 
再稼働を絶対に許してはいけない」と訴えた。

薩摩川内市に住む男性(68才)は「避難計画も不十分。
頭にくる」と怒りをあらわにした。「事故が起きたら
みんな移住しないといけない。 それを市民にさせる
覚悟があって再稼働を許したのか」と不満を口にした。 
[時事通信社]

抗議集会の参加者は、「絶対許せない。福島第一原発
事故が何も解決していない中で動かすのは許せない」、

「子どもたちが健やかに育つ環境には原発はあっては
ならない。 日本政府、九電には怒りしかない」
・・・とのこと。


10日付の東京新聞朝刊によると、9日、全国各地から
集まった約2千人(主催者発表)が 薩摩川内市の海岸で
大規模集会を開催。

「避難計画を作っただけで、訓練もされていない」
「十分な説明もないまま、再稼働がまかり通っていいのか」
「原発が再稼働すれば、また核廃棄物が増えていく。
処分問題もまだ解決していない」などが訴えられた。
   

家

また、こちら によると、

川内原発の再稼働に反対して
九州電力本社前でも集会

「広島、長崎の被爆を体験した国民として、
原発に頼らない脱原発の世界を作りたい」

「私たちは、原発と人は共存できないことを
福島の原発事故から学んだ。声を上げ続けて
再稼働を止めたい」 などと訴えたとのこと。

家

東京では、明11日(火)夕方 川内原発 再稼働反対
九州電力東京支社への抗議行動があるそうです。






【原発のこと】

長谷川健一さん 『わが飯舘村を語り継ぐ』 その1

 








最終更新日  2015年08月10日 22時57分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年06月19日
カテゴリ:原発のこと



ある酪農家のご家族と牛さんたちの写真展

牛2色300.jpg

開催中の5月22日 早朝、NHKラジオ深夜便

『明日へのことば』 で、長谷川健一さんのお話 が

ありました。 それを たまたま聞いた Tさんが

テープに取り テープおこしも してくれました。

その ほぼ全文を 次に載せさせていただきます下矢印




わが飯舘村を語り継ぐ  

長谷川健一さんのお話


2015.5.22 NHKラジオ深夜便より

家



 福島県飯舘村の酪農家・長谷川健一さんのお話です。長谷川健一さんは61歳。
 現在、福島県伊達市の仮説住宅で避難生活を続けています。
 震災前は牛50頭を飼い、4世代8人の大家族で暮らしていました。
 しかし、原発事故で家族はばらばらとなり、今は妻の花子さんと両親の4人で暮らしています。

 長谷川さんは、事故の記憶を風化させたくないと
 全国をまわって、自らの体験を語り継ぐ活動を行っています。

 では「わが飯舘村を語り継ぐ」長谷川健一さんに
 ラジオ深夜便の佐治まきこデイレクターがお話をうかがいました。



四つ葉佐治 長谷川さん、5月の下旬というのは、酪農家の方にとってはどういう時期になるんですか?

花長谷川 そうですね、やっぱり梅雨の前、一番忙しい時期といいますか、
 牧草の刈り取りが始まる時期になります。
 1年分の餌、まあ一番質のいい栄養価の高い餌が取れる時期です。
 これが非常に忙しい時期になります。

四つ葉佐治 もう震災から4年以上がたちましたけれども、今 長谷川さん、どういう思いでいらっしゃいますか?

花長谷川 うーん、まず一番自分でも困るなあと思うのは、牛を忘れていく。
 自分は4年前まで酪農家をやっていたんだけど、
 絶対、自分では忘れないようにしようと思っていても、
 記憶から薄れていく、これが私は一番怖いなと。

 私も全国講演してますので、その中で北海道に行った時、
 主催者の方に酪農家を案内されて行った時に、匂い、ああ久しぶりに
 この匂い嗅いだなと、何かなつかしい思いがしたんです。

四つ葉佐治 飯舘村は全村避難を強いられましたけれども、ほんとに自然が豊かな、
 特に、これから初夏にかけては新緑がきれいなところですねえ。

花長谷川 そうですね、やっぱり山の恵みといいますか、そういうものにあふれていた村だったんだと。
 そして自然が美しい、それだけじゃなくていろいろなものを
 村人がみんなで作り上げてきた村と言えるんではないかと。

 もともと、冷害(?)とかそういうものに非常に遭いやすい村だった。
 それにも、どんどんみんなで頑張って負けずに作り上げてきた村ということで、
 やはり、ふるさとに対する思いというものが
 ことのほか強くなったんだろうなとそんな思いがします。

四つ葉佐治 作り上げたその人の中には長谷川さんもいらしたわけですね。

花長谷川 もちろんそうです。私の地区ではですね、ばんかり?というもの、
 自然の力で精米をするもの、早く言えば獅子おとしの大きい奴。
 獅子落としの先には大きな石臼を置いて、そしてその中に
 農家の人は玄米を朝入れて、そうすると夕方には白米になってる。
 そういうものが、地区には昔14ヶ所あった。まっ、今はありませんけどね。
 そういうものを、われわれがみんなで手作りで作り上げた。

 あとはですね、私の地区では蕨園というものをやった。
 農地が荒廃していくのを防ごうということで、
 蕨なんかもみんなで手入れをしながらやってきた。
 私の地区だけでもシーズンだけで千人くらいのお客が訪れています。

四つ葉佐治 あの震災の時ってどんな状態だったんですか?

花長谷川 そうですねえ、震災の時にはですね、まず、地震はものすごく大きかったですね。
 私も畑で農作業やってまして、畑が波のように地割れが起きて、
 もうびっくりして家に帰って、牛、どうしただろうかと
 最初に牛、家族のこと思ったんですけど。
 まあ、牛はすごい叫び声のような声あげてましたよね。
 それでも被害はなかった。
 ですから、飯舘村の場合は津波とか地震はそんなに被害はなかった。

 ただ、飯舘村にはあの当時、浜通りの人達、南相馬とか浪江町とかね、
 津波の被害の人達が、たくさん避難をしてきたんですね。
 そして、われわれ村人はその人達をみんなで炊き出しをやりながらケアをしていた。

四つ葉佐治 長谷川さんは地区の区長をしておられたんですね。

花長谷川 はい。私は当時、いのしし牧場をやっていました。
 それで、いのししの肉を出して、それから地区の婦人会の人達が
 野菜を持ってきてくれた。みな応援してくれた。
 たくさんのいのしし鍋をつくって、避難してきた人達に食べてもらった。
 当時、寒かったですから、あとは私も酪農家ですから牛乳を持って行って
 暖めて飲んでもらったり、みんなでケアをしていたんです。

四つ葉佐治 それが3月の11日とか?

花長谷川 そうですね11、12、13、それくらいですね。

四つ葉佐治 それで原発事故が伝えられたわけですね。

花長谷川 そうですね。ただその当時も飯舘は電気がなかった。
 3月11日から地震と同時に停電になって、
 そして、電気が通じたのが、13日の夕方だった。
 だから、そんなに情報もあんまり伝わらなかった。
 そんな中でも、少しずつでも情報は伝わりつつあったんですけれども、
 ただ飯舘では原発から一番近いところで直線で約30キロ、
 一番遠いところで約50キロ、離れているために
 飯舘は大丈夫だろうと、そういう思いでみんないた。

四つ葉佐治 それが大丈夫じゃないとわかったのはいつだったんですか?

花長谷川 3月14日ですね。
 私は区長ということもあり、常に役場の対策本部に出入りしていた。
 夜9時頃に役場に行った。
 役場の担当の人が、いやあ長谷川さん、今 飯舘がとんでもないことになってる、
 えらい線量が上がってる、ほかの人は誰も知らないと。
 あっ、これはこんなことではだめだなということで、すぐに私も家に帰ってですね、
 すぐに私の地区のお世話人と言いますか、班長さんがいるわけです。
 その人達にすぐ電話をかけて、3月15日放射能のことで
 緊急集会やるから全員地区の人を集めろと指示を出した。

 そして15日、皆が集まったんですね。
 ただ、残念なのはその時に雨が降っていた。
 そして、後に雪になった。
 あとでわかったことなんですが、その時に放射能がもっとも高かった。
 その時に、私は地区の人たちを集めてきた、誰もわからなかった。
 そういう後悔の念もありますけれども、そういう中で
 いろんな情報を入れた中で、防護対策と言いますか、地区の人に知らせました。

 外には出るなよ、特に子供は絶対外に出すな、あとは
 大人でもどうしても外に出なくちゃならない時は必ずマスクしなさいよ、
 肌を露出するなよ、そして外出から帰ったら玄関先で上着とか脱げよ、
 すぐに風呂にはいれよ、体をきれいに洗えよ、そして、
 外にある野菜とか食うなよ、そういういろいろな指示を出しました。

 私は3月16日の午前中に子供たち、孫たちを避難させました。
 その時すでにですね、放射能で我々飯舘村の酪農家はだめになるなと
 直感的に思いました。ですから、長男を避難させる時に
 ひょっとすると飯舘の酪農はだめになるぞと、長男には言った。

四つ葉佐治 長谷川さんのところはご長男とご次男が酪農を継いで?

花長谷川 長男は、元々調理師だった。
 子供たちには酪農を継げとか言ったことはなかった。
 酪農はおれと女房が始めたんだけど、
 今は酪農はどうしても上向きじゃないよと
 だからおれらだけで止めようなとそういう話はずっとしてた。

 長男は最初 調理師学校に行って、そして調理師になった。
 これでいいなということになったんだけれど、ある日突然もどってきた。
 そして、『おやじ、おれベコやる』と言い始めた。
 最初は信用しないっていうか、おれもびっくりしたんだけれども、
 じゃあ、ちょっとやらせてみようかとそんな考えでいたんですけども
 内心はうれしかったですよ。やらせておいたら一生懸命やって、
 そのうち息子も嫁さんもらって、子供もできた。
 じゃあそろそろ息子にまかせようとそんな思いでいた時だったんですね。

 次男はですね、会社員で、すぐ近くに会社があるんです。
 朝夕の仕事は手伝っていた。

四つ葉佐治 ちょうど震災が起きる前の年の12月に新しい子牛の牛舎も作られた・・・

花長谷川 そうです。

四つ葉佐治 完成したばっかりだったと・・・

花長谷川 いやあ、これ考えますとね、おれと女房で始めた酪農を
 これで止めようと思う時には規模拡大なんて考えないですよね。
 現状維持でいくわけですから。それが息子がといいますか、
 若い後継者がやりたいというと、なんかおれも勇気がわいてくるんですね。
 それで牛舎がほしい、よし、それじゃ作ろう、といいことで
 すぐに取り掛かったのが、地震の前の年の12月だった。
 ですから、牛はその牛舎に4ヶ月入って、そして、牛がいなくなった。






長谷川健一さん 『わが飯舘村を語り継ぐ』 

その2
  へ 続きます。









最終更新日  2015年06月20日 21時53分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年01月08日
カテゴリ:原発のこと



もう30年ほども前? まだ東村山に住んでいらした
さとうみえさんから 毎年、年末にお便りが届きます。

今では珍しくなった 味のある手書きの通信
『てんとう虫つうしん』 川崎版から
原発についてのところを転載
させていただきました。


星大飯3・4号機の原子炉を
   運転してはならない


これは上矢印 2014年5月21日、福島地裁で出された判決です。
判決もすばらしいのですが、判決文はもっとすばらしいです。

なぜ 運転してはならないのか。 関西電力の取締役は
ちゃんと読んだのか?  規制委員は?  首相は?
経済産業大臣は?  原発推進を まだ あきらめて
いない人たちに! ぜひぜひ 読んでもらいたい!!

ほんの一部ですが、そのままを抜書きしてみます下矢印

原発の運転停止によって、多額の貿易赤字が出ると
しても、これを国富の流出や 喪失というべきでは
なく、豊かな国土と、そこに 国民が根を下ろして
生活していることが国富であり、これを取り戻す
ことができなくなることが国富の喪失である。

福島原発事故は 我が国 始まって以来、最大の公害、
環境汚染であることに照らすと、環境問題(CO
の排出)を 原子力発電所の運転継続の根拠と
することは甚しい筋違いである。



星川内原発、再稼動への動き

全国の原発に先がけて、九州電力の川内原発の
審査が合格し、地元の鹿児島県、川内市も、
再稼動を認めてしまいました。

さそり座 田中俊一原子力規制委員長は、
『安全だということは 私は申しあげません』
と言っています。

でも、ひよこ 菅 官房長官は、
『原子力規制委員会によって、安全性が確保される
ことが 確認された』 と 発言しています。

熱帯魚 宮沢洋一経済産業大臣は、川内原発をせんだいと読めず
「かわうち」 と 間違って発言し、その上で、
『安全性が確認された。 原発の再稼動を進める
のが 政府の方針』 と 言っています。

で、それを受けた 失恋 鹿児島県知事は、
『再稼動はやむをえない』 として
同意をしたのです。


星火山は 大丈夫?!

誰も 安全と 言っていないのに、いつのまにか
安全が保証されたことになり、政府が再稼動を
進めるというなら、地元は 『やむをえない』
ことになってしまったのです。

現実は、とてもとても安全などから ほど遠いのです。

たとえば 火山。  8月25日、規制委員会で
火山学者を集めての 検討チームの第一回会合が
行われ、有識者からは 川内原発の火山のリスク
について、懸念の声が 相次いだのです。

とくに一万年に一度くらいの確立でおこるという
大噴火について、九州電力は、いろいろ 調べて
いるから 事前に わかると 言っているのです。

しかし、火山学会の先生たちは、
『予知はできない』
はっきり言っています。

そのあと、御嶽山の噴火もおきました。

各地の 火山でも 動きがあり、
警戒レベルが上がっています。

予知ができないことは、はっきりしています。

しかも、原子炉で燃やしていた核燃料は
止めたあとも 高熱を 出しつづけます。

発熱量は 3年たって ようやく 容器に
入れられるかなというレベルなのです。


星核燃料はどうするの?!

あの福島第一原発4号機、使用済燃料のプールに
入っていた 核燃料を ようやく搬出できました。

これも、すでに冷えているものはキャスクに入れて
数百メートル離れた 仮保管のところへ運んだりし、

なんとか、あのプールから出した
・・・というのに すぎません。

火山が大噴火となったら、そんなレベルではすみません。

六ヶ所村の再処理工場は、すでに ほぼ満杯ですし、
何しろ、急に原発を止めても、今まで燃やしていた
燃料は 簡単には 動かせないのです。


星火山学会、見直しを提言

11月2日、火山学会は巨大噴火のリスクについて
原発の 審査基準の 見直しを 提言しました。

すると 田中俊一規制委員長は、11月5日の
定例記者会見で、この提言について、
『何をいまさら』 と 言ったのです。

今までも ずっと 火山学者が警告していたのに!

そして、もっと問題な発言は、使用済核燃料について、

『3か月前に巨大噴火がわかれば遠くへ運べる』と
 
発言したことです。 これが原子力規制の
責任者の発言とは とても思えないです!!


星防災計画は?!

この他にも、各地の防災計画がおざなりで、本当に
原発で大事故があった時、どこへどう避難するのか
問題山積です。

かえって、危ないような場所が避難場所になっていたり。

規制委員会は 『放射能の雲が通りすぎるのを室内で待て』
と 言ったり・・・

再稼動は、とても認められるものではありません。

安全など 誰も 保証していません。
 そして 号泣
事故が起きたら、逃げられません!!



クラブ

以上、『てんとう虫つうしん』 22号より
転載させていただきました。




【 追 記 】 原子力規制委員会のHP

高浜発電所3・4号炉 審査状況 に よると

平成25年7月16日の第1回会合から、昨年11月18日
まで 実に162回もの会合が開かれているんですね。

議事録や 何時間もの会議映像等も 見られますが、
見てみる気力が わいてきません。どなたか ご覧に
なって、国民の健康や 生命について 真剣な討議が
されているのか教えていただけますなら幸いです。

パブリックコメント:意見募集中案件詳細

せっかくですから、何か書いて送ってみましょうか~
さとうみえさん、お知らせ ありがとうございました。






【原発のこと】

2014年夏の電力需給は どうだったのでしょう?

 








最終更新日  2015年01月08日 18時18分18秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年11月28日
カテゴリ:原発のこと



『原発いらないニコニコかるた』 の 解説を
書いて下さった 西尾 漠 さんがクール

『はんげんぱつ新聞』 第440号に

星2014年夏の電力需給 について書いておられます。
その記事の一部を省略して載せさせていただきました。

★ブログ掲載に当たって、赤字、行変え等をさせていただきました。



原発ゼロの夏が過ぎて、電力の不足による
停電は、今年も起きなかった

とりわけ需給が厳しいとされたのが関西電力と九州電力だったが、
両電力の最大電力(ピーク時需要)が最も大きく前年実績を下回った。
前年より増えたのは、北海道と東北の2電力のみだった。

7月後半の梅雨明けと共に気温が急上昇したが、
それも8月初旬までで、各電力の最大電力も以降は更新されなかった

ただ、ここで詳述はできないが、以前に比べて気温と
電力需要の関係が確然としなくなってきているのかもしれない。

ともあれ今夏の最大電力は、送電線がつながっている
北海道から九州までの9電力の合成値で、
7月25日、1億5128万キロワットと
2010年実績より 2505万キロワットの減少となった
2010年の最大電力時に原発が供給していたのは
3323万キロワットだったから、その75パーセント強を
≪消費減≫でカバーしたことになる。

「リーマンショック後、民主党政権下で景気が落ち込んでいた
2010年度と比べれば、今夏はプラスの要因が多く、
一定程度 需要を押し上げたとみられる」と
10月22日付の電気新聞は言う。
それでも最大電力は伸びなかった。
関西・九州の両電力は、周波数変換を要する東京電力からの
融通まで見込んでいたところ、実施せずに済んだ。


九州電力の最大電力は、午後4時から5時の時間帯だった。
他の各社は、ほとんどが2時から3時の時間帯だ。
昨年も、同様である。 九州電力では
これをピークシフト対策の成果と分析している。
そうだとすれば、他社にも工夫の余地があるだろう。

   ・・・略・・・

節電の中身を見ると、労働環境や居住環境を
悪化させるような取り組みは少なくなり、
結果として、7割前後の企業が
『特に生産・販売量等に影響はなく
マイナスの影響はなかった』 と答えていた。

最大電力は、1990年代半ば以降、大きな伸びが無くなり、
2001年の記録が14年間、更新されていない
・・・
東日本大震災の前から減少傾向に転じていたことが
節電の定着に大きな意味を持ったと考えられる。
その上でなお、関西でも九州でも、まだまだ
無理なく減らせるのに、十分な呼びかけや
情報提供があったようには見えなかった。

これからは、さらに合理的に消費を
減らす方向に舵を切るべきだろう。

中小企業では、短期に回収できる投資しかできないのは確かだ。
未だに旧式のモーターの更新も進んでいない。
しかし、技術はすでにあり、なおかつ進展もしている。
多くの企業が採用できる経済的な仕組みをつくれば、
需要半減も、さほど難しくなさそうだ



晴れ


原発なしでも電力不足になっていないのに、
なぜ、川内原発の再稼動を急ぐのでしょう?

原発が動けば、必ず 大量の死の灰ができます。

もう、これ以上の放射能を増やしてほしくないと
願わない人はいないと思うのに、なぜでしょう?




星こまったな どこにも トイレが ないんだよ

4 こ.gif






【原発のこと】

チェルノブイリ 28年目の子どもたち、 映像をご覧下さ~い

 








最終更新日  2014年11月28日 23時07分16秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年06月12日
カテゴリ:原発のこと






最終更新日  2014年06月12日 20時14分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年06月05日
カテゴリ:原発のこと




たんぽぽ舎のメールマガジン 【No2189】 に
広瀬 隆 さんが 次の呼びかけをしています下矢印



OurPlanetTV 白石さんらが 取材した映像、
星「チェルノブイリ.28年目の子どもたち」を
今、インターネットで無料配信しています。

政府は、原発を早期に再稼働したいために、
福島の住民を帰還させ、マスメディアを使って
「健康被害は起きないキャンペーン」に躍起です。

「チェルノブイリ.28年目の子どもたち」は、
・・・静かな内容で、政府が 一番 知られたく
ない現状を記録してきました。

よろしければ、広げていただけると幸いです。

以下、拡散をお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

映像報告 チェルノブイリ・28年目の子どもたち

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年3月で、福島第一原発事故から3年を迎えた。

しかし現在も、年間20ミリシーベルトを避難基準に
設定したまま、住民の早期帰還策が 進められている。

OurPlanetTVでは、チェルノブイリ事故後、
28年経つウクライナへ足を運び、子どもたちの
健康状態 や 学校生活などを 取材した。

汚染地域の子どもや住民の罹患率が今も上昇する中、
医師、教師たちの懸命な努力が続けられている。

チェルノブイリ・28年目の子どもたち (YouTube版)


DVD 購入ページ

1枚2000円で自由に上映会を開催
できます。共同購入もお得です。


月 星 星


・・・とのことです。 

45分にも及ぶ貴重な映像です。

ぜひ、ご覧になって、周りの方にも広めて

いただけますよう、お願いいたしま~すダブルハート





【原発のこと】

福島の苦悩を見て、一票を投じよう!

 








最終更新日  2014年06月05日 18時30分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年07月19日
カテゴリ:原発のこと



いよいよ、あさって・・・

若い人たちの暮らしと生命に、

大きな影響を与える選挙です。


7月15日の朝日新聞≪声≫欄に

つぎのような投稿がありました。


プレゼント


星続く福島の苦悩、熟慮の一票を

 原発事故で、嫁いだ福島県楢葉町を追われ、

会津の地で避難生活をして3年目。 

原発により近い富岡町の実家の前には

帰還困難区域のバリケードが張られ、

家は ネズミの巣と化した。 

田畑は 一面 草だらけだ。

生まれ育ち、子どもを産み育てた大切な

土地の風景は、すっかり変わり果てた。

星

両親は、先の戦争で辛酸をなめた世代だ。

80歳を過ぎて、なぜ安住の地を

追われなければならないのか。

国は戦争で 国民の命を傷つけ、

経済のために 原発を推進し、その

結果が この福島の惨状である。

星

政府は経済を立て直しているというが、

私たち避難生活者の基本的な人権を

尊重しようともせず、上っ面な復興の

言葉だけが並べられている。


原発事故後の処理は先が見えない。

福島第一原発4号機に残る核燃料棒が、

いまだに、いつ、どうなるかわからない恐怖。


被曝を恐れながら働かざるをえない労働者たち。

除染が行き届かず、放射能が高い土地で いや応なく

子育てをせざるをえない親たちの苦悩。

星

原発の再稼動に向けて動き出している今、

福島の現実は、将来、日本全土で起こる

可能性があることだ。 

今回の参院選では熟慮を重ねて、重い

一票を投じて下さることを切に願う。


(以上、≪声≫欄より)


プレゼント


福島のつぎに、どこで原発の大事故が起きるか?!

再稼動をすれば、事故の危険性をさらに高め、

放射能のごみをさらに増やしてしまう。


ウィンクそうならないよう、

原発をとめてくれる議員さんが、一人でも多く

誕生することを願って、私たちの貴重な一票を!!




み.gif

みんなの力で とめよう! 原発




え.gif

えらぼうよ 原発とめる 議員さん



1988年12月 発行

原発いらない ニコニコ かるた より






【原発のこと】

原発の輸出も、再稼動も、経産省があと押し!

 








最終更新日  2013年07月19日 22時53分50秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全71件 (71件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


© Rakuten Group, Inc.