1420977 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はてなのゆりさん

全7件 (7件中 1-7件目)

1

全て | 旅のスケッチ | 庭の四季 | 八国山の散歩道 | 北山公園の四季 | ギャラリー喫茶 四季の花 | 今月のメニュー | お楽しみ教室 | 健康食かんたんレシピ | お話、お話 | 『四季の花』 果樹園 | さ迷う日々 | 生きるって? | 猫と 小鳥 | 庭に来る小鳥♪ | ミミ猫 ピコ猫 | 小さな生き物たち | 堆肥づくり♪ | 自分の身体 | フォークダンス | 楽しくランチ♪ | わが家の太陽光発電 | 楽しい 物作り♪ | 楽しく歌おう♪ | 宇宙はてない社のえほん | 原発の絵本シリーズ | 原発のこと | 浜岡原発のこと | 伊方原発のこと | 脱原発をめざして | わたしの花言葉 | 60才から始めたこと | ゆーりっくさんのこと | カネミ油症 国の考え方 | カネミ油症のこと | 社会福祉士をめざして | 財政クイズ | 市の財政は? | 市民財政研究会 | わが市の緑 | 楽しいまちづくり♪ | 西口再開発 その後 | 世の中の動き | 東村山って すごいで~す♪ | 東村山 ここがヘン? | 憲法、ここが面白い♪ | ひとり山歩き | 花のスケッチ | 山でスケッチ | 武蔵野そぞろ歩き | 仲間と山歩き | 公民館の詩吟 | 百人一首を詠う会

山でスケッチ

2006年08月11日
XML
カテゴリ:山でスケッチ

これも8年前の 夏のこと…

埼玉県の奥武蔵、吾野と越生の間の山の中に
石灰岩の岩場があります。 知る人ぞ知るの 岩登り練習場…

雨上がりのあと、3人で行きました。
岩が濡れていて 登れないで 帰ってきたのですが
沢の水が 山道にまで あふれて、 沢ガ二が歩いていたので
ついつい 二匹を 連れて帰ってきてしまい
大きなドンブリの中に入れておきました。


kani30.jpg


次の日の朝、カニがいません。
かなり さがして、一匹はお風呂場で見つかり、無事でした。

何日かして、玄関の隅で 何かを踏んだと思ったら カニでした。
かわいそうに、私に踏まれて ハサミが 取れてしまいました。

その一週間後、丹沢のふもとの岩場に行き
近くの沢の流れに ニ匹のカニを放しました。

                 ☆

あのカニたちは 水の中に放されて、どんな風に感じたのかな?
奥武蔵の沢と、丹沢の沢とでは 住み心地は違ったのだろうか?
しばらくは 元気に生きられただろうか?
と、今でも 時々 思い出します。









最終更新日  2006年08月11日 18時13分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年08月10日
カテゴリ:山でスケッチ

沢登りって 知らなかった~~という声が多かったので、そのひとつ♪

山の会に入っていたころ、きのうの 花の絵を描いた年のことです。

多摩川は 上流になると 丹波川となります。
その途中から 川に入って、おいらん淵までの沢登りを、4人でしました。

梅雨の明けていない 7月10日ころ、かなりの雨が降った 翌日、
リーダーは、ベテランの N さん。

前日は 濁流が 岸を洗い流したようで、山ゆりのツボミが落ちていました。
ハンカチに包んで持ち帰り、さしておきましたが、いつまでも固いままなので
もう 咲かないのかと あきらめていたら、4日目の朝、咲いてくれました。



yamayuri.jpg



一夜のうちに 花開いたんです♪
心持ち、いじけた感じもありますが、
固いツボミの どこに 力が残っていたのでしょうか?

                   ☆

丹波川は、大きな滝はありませんでしたが、水量が多く、淵泳ぎの連続!
私は泳げませんが、仲間の K さんは 「わたし、泳ぐの得意」 と言ってました。

川幅が狭く、両側が岩壁…壁につかまって、急な流れに逆らって
進まなければなりません。 足はつきません。

リーダーが先に行って、若者の T 君が次に行って、K さんが行きました。
やむなく、私も行きました。 途中で 動けないでいると、
K さんが流されてきて、私にひっかかって 止まりました。

ふたりで 足のつかない流れの中で、壁につかまりまがら
「泳ぎが得意でも この沢じゃあ だめなんだ~~」と K さん。
「そうか~、泳げてもダメなんだ~~安心した~~」なんて 話していると
リーダーの N さんが ザイルを流してくれて、それにつかまって
無事に通過することが 出来ました。

寒い日で 水もまだ冷たくて
休むと 寒くて、がたがた震えて、歯も かみ合いません。

高い滝がありましたが、川原伝いに歩いて
滝の上で 向う岸に 渡ることになりました。

N さんが、ザイルをつけて 流れを斜めに泳ぎ、私が確保しました。
ふたりは 私より 川下にいます。

川の中ほどで N さんが流されて、たちまちのうちに、姿が滝に消えました。
川下にいたふたりはザイルに足をとられて転がりそうに…でも、立ち直り
慌てて3人でザイルを引っ張りました。

引っ張っても、引っ張っても びくともしません。
『そうだ、こういう時は 弛めるんじゃあないのか?』と気がついて
3人でザイルを少しずつ弛めました。

しばらくして、N さんが滝の下の川原を歩いているのが見えて
無事に 私たちのところまで 登ってきてくれました。

「引っ張っちゃったけど、弛めた方が 良かったんですね~」と言うと
「いつ、弛めてくれるんかな~と思っていたんよ~」と N さん。
気のやさしい N さんだから 怒られませんでしたけれど…

薄日も射してきて、少しのんびり歩けるようになり
タマガワホトトギスも 咲いていました。


hototogisu.jpg


 奥多摩から 青梅街道を 塩山にぬける途中にある
 柳沢峠の手前に『おいらん淵』というのがあります。 車で通ると
 立て札があるので、ご覧になった方もいらっしゃることでしょう。
 この『おいらん淵』には その昔の 胸をつかれる悲しい実話があります。

沢登りというか、この日の川歩きは おいらん淵で終り。
あとは、自動車道を ぬれねずみで歩いて スタート地点まで戻りました。







最終更新日  2006年08月10日 16時53分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年08月09日
カテゴリ:山でスケッチ

スケッチで 初めて 行った山が 大菩薩峠
8年前の この年は ひとり日帰りで 何回か行きました


yamaodamaki.jpg

歩き初めて まもなく咲いていた ヤマオダマキ




matumusisou.jpg

稜線で 真っ黒な雲がひろがり 雷雨になった時のマツムシソウ




kooniyuri.jpg

これは コオニユリ




noharaazami.jpg

ノハラアザミ … と思いますが
アザミは 種類が多くて 名前を特定するのが むずかしいですね

               ☆

もう8年前の夏、一輪一輪 緊張しながら描いています

朝早く 家を出て ひとりで描きにいった あの頃が
急になつかしくなって ひろげてみました











最終更新日  2006年08月09日 23時00分38秒
コメント(6) | コメントを書く
2006年06月20日
カテゴリ:山でスケッチ

白馬岳から5日目、 針の木峠で 絵を描くために 2泊しました

テントは張ったままにして 画材と少しの荷物を持って 蓮華岳に…




kibanasumire33.jpg


タカネスミレと チシマギキョウです

蓮華岳の まさに頂上 2798メートル で 描きました





komakusa33.jpg


頂上から少し下ったところに コマクサの群落、ここにも あそこにも…

一面 小石の原っぱ! 陽射しが強く 首や腕がじりじり焦げてきました

座って描くので 風は当たらなくなり ものすごく熱いのです

このコマクサを見ると、あの時の熱さが思いおこされてきます








最終更新日  2006年06月20日 11時42分08秒
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:山でスケッチ

初めて ひとりで 山の縦走をしたは 今から7年前
白馬岳から槍ヶ岳まで 初めてなのに
いきなり2週間、テント…でした

白馬岳のテント場では 雨のため停滞

小降りになった時、テントを花のそばに移して
描いたこの花は あとで ウルップソウ と知りました



uruppusou33.jpg



梅雨明け末期で かなりの大雨…

赤い花は ミヤマシオガマ
白い花は ハクサンイチゲ



miyamasiogama33.jpg



テントの中で暇なので 時間をかけて描きました

ひとり 山を縦走しながら描いた 初めての花の絵です












最終更新日  2006年06月20日 07時04分52秒
コメント(3) | コメントを書く
2006年05月26日
カテゴリ:山でスケッチ

北アルプス ひとり 花の山歩き

剣岳~槍ヶ岳


2000年の夏も 猛暑でした。

私はその年 6月から週四日 造園会社のアルバイトを始め
街路樹の草むしりや 刈りこみの手伝いなど
炎天下の路上で かなりハードな作業をして過ごしました。

7月の後半に 10日位 休んで山に行こう、休めなければ
アルバイトを辞めてでも行こうと思っていたのですが
他には 誰ひとり 遊びで休む人もなく
しかも週六日 みんな熱心に仕事をしているので
ついに休みを言い出せず、山が一番 混雑する
お盆休みになってしまいました。

幸い天候にも恵まれ、予定通りのコースを歩けました。
その年は、雪融けも遅く、8月半ばにしては
花もたくさん咲いていて ラッキーでした。




新宿発の夜行バスで室堂まで行き
雷鳥沢から剣岳を往復し、翌日から縦走…

百名山に指定されている山では 大賑わいでしたが
ルートによっては 人も少なく 全く静かな山もあり、
テント場で一緒になった人たちと
抜きつ抜かれつ 楽しく歩くことも出来ました。

前年夏の 白馬岳から槍ヶ岳までのコースより、何故か
温かい気持ちで歩けることが 多かったようにも思います。

ひとりテントで縦走しながら 絵を描くようになって二年目…

歩くのも目いっぱい、描けたのは ほんの少しでしたが
それを『はてなのもり』の「山でスケッチ」に まとめました。
http://tomomo.jpn.ph/hatena/yama_sketch/000811.html

どうぞ ご覧いただければ幸いです。







最終更新日  2008年02月22日 17時51分12秒
コメント(6) | コメントを書く
2006年04月29日
カテゴリ:山でスケッチ
いつも山に行っていればトレーニングも必要ないと思いますが
なかなか行かれないので、せめて家でトレーニングをしようと
思うのですが、やらないままに日は過ぎてしまいます。

冬が過ぎ、春になって、夏が近づいてきました。
パソコンの前にいると、どんどん体力は落ちるし
焦っていたのですが、ようやく始めました。

4月21日、八国山散策の時、
足首に1.5kgずつの重しを巻き、
リュックに6kgの荷物を入れ、軽く一時間ほど歩きました。

4月26日の八国山では、足首に1.5kgずつの重し
リュックに13kgの荷物を入れました。

前の晩に、八国山の山ツツジが描きたくなって
描いてみたのですが、思うように描けませんでした。
五島列島では二週間、毎日、描いていたので
腕があがったと喜んでいたのですが
ここ一ヶ月、ブログは何とかやれるようになったものの
絵筆を持たないままに過ぎてしまいました。
それに前日のように突然にヒョウかアラレが
降ってくるのではないかと落ち着かず、歩くことに…。

タンポポやヒエンソウやエンゴサクの写真を撮って
ふだん通らない道があったので行ってみると
鉄塔があって、行き止まり。
熊笹がいちめんに繁っていました。

この中を突っ切って行けばいつもの道に出るだろうと
熊笹の中に入って行きました。
横方向に歩こうとすると、重しをつけた足は笹に取られ
何かのツルにからまれ、落ち葉とほこりにまみれ
最後にはあきらめて下ることにし、
里道の石垣の上に出て、無事、下りることが出来ました。
洗いたてのズボンとタウンシューズは汚れ、
手首は笹の葉でキズだらけ!
八国山といえども熊笹の藪には入らない方が良いと思いましたので
みなさまも、どうぞ、お気をつけ下さい。

家に帰って、ラジオ体操で体をほぐし、
腹筋と背筋と膝の筋力トレーニングをしました。

  膝のトレーニングについては
  『はてなのもり』の「つれづれ日記」
  2005年9月11日 「山のトレーニング
http://tomomo.jpn.ph/hatena/tsuredure/0509.html
  をご覧下さい。

というわけで、今年 夏の
ひとり山歩きが快適なものになるかどうかは
トレーニングが続くかどうかにかかっているのですが、
さてさて、どうなりますやら…です!?

☆昨年と一昨年の『山でスケッチ』はこちらです。
http://tomomo.jpn.ph/hatena/yama_sketch/index.html






最終更新日  2006年04月29日 14時45分07秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.