008622 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Calm Dawn

PR

Category

Favorite Blog

りりんち。 りりちんsmileさん
   夜のうたかた つきしろ*さん
天使のキラリ、香り… ちゃぴ☆リナミカさん

Comments

どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
ボーボー侍@ 脇コキって言うねんな(爆笑) 前に言うてた奥さんな、オレのズボン脱が…
開放感@ 最近の大学生は凄いんですね。。 竿も玉もア○ルも全部隅々まで見られてガ…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…
通な俺@ 愛 液ごちそうたまでしたw http://hiru.kamerock.net/vpx3jsk/ フ○…

Freepage List

全2件 (2件中 1-2件目)

1

*スサノオ

2008年04月17日
XML
カテゴリ:*スサノオ
宗教などでは、よく言われるのであろう。

天変地異が訪れた地上に

ハルマゲドンが起こった地上に

黙示録の途中に

メシアが表れ、人々を救うと

そのようなことが、書いてあるであろう。

よく言われるであろう。

ただ、よいか

天変地異は、別に"起きなくてもよい"のだ。

"善と悪"の話にしてもそうだ。

例えば、アーリマンが最後の最後で

アフラ・マスダによって倒され

永遠なる平安が訪れると

そのようなことが、あるであろう。

ただ、よいか

我々天上界の者達、特に戦闘系と呼ばれる者達は

今この瞬間、地獄を無くすことを考えている。

今この瞬間、4次元の魍魎を消すことを考えている。

全力をあげている。行動している。

最後の最後で無くなる、のような

そのような時間の余裕は、無い。

それでは、間に合わないのだ。

神近き我々が

罪深き者達に、負けることは許されぬ。

そなた達

一体どこへ向かうつもりでいるのか。

そなた達一体どこへ向かっているのかを

自覚しているのか?

目の前にあるものが、視えているか?

自覚せよ。

よく視よ。

元なる神を忘れ、霊を忘れ

そなた達は果たして、一体どこへ帰るつもりでいるのか。

皆整列して

一二ノ三で、"一なる破滅"に向かって行進する必要はない。

皆、行く場所は違う。はっきり言っておこう。

家族であっても違う。友人でも、違うかもしれぬ。

行く場所は、そなた達が自ら選び取る。

誰も決められぬ。

そなた達1人1人が選びとれ。






Last updated  2008年04月18日 01時34分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年04月08日
カテゴリ:*スサノオ
地獄に堕ちてしまった魂達が、非常に多い。

この天界の流れの中で元来、大天使ミカエルの大号令により

招集された、数多くの魂達、最先端の計画の執行部として

使命を帯び、地上に生まれ落ちた魂達でさえ

多々堕ちている。

今、地獄はまるで

魂達の博物館のようになっている。

次元の高い者

パワーのある者であればある程

地獄の、サタンの力となる。

濃厚でかつ精妙な

栄養、エネルギー、知恵をたんまりと与えることになる。

彼らはまるで、毒を食べさせられた状態である。

毒を纏ったまま、ネガティヴィティを湛えた

サタン達の兵器と化す。

そして、懐かしい光めがけて

仲間への懐かしさが原動力となり

まるで街灯に引き寄せられる羽虫のごとく

光の魂達に襲いかかる。

浅ましき。

そなた達、想像出来るであろうか。

仲間だった、部下だった、彼らに切り込みに行く

総大将ミカエル様の気持ち。

天界で非常に仲の良かった者達が

ミカエルを始め、エル・ランティやマヌ、エル・モリヤに対して

キバを、剣のホコ先を向けているのだ。

狂いし仲間達を、見る側の気持ち。

感じよ。察せよ。

地上に降り立ったエル・カンタラーを見よ。

誰のことかは、分かる者には分かるであろう。

彼には既に、語る力はない。

サタン達の幻想に惑わされ

自分のカルマ落としに必死である。

エル・カンタラーは、この地上に

カルマ落としのために、来たわけではない。

天降ったわけではない。

よいか、救世主界の者が魔の手の中に堕ちたということ。

エル・カンタラー本体は、それはそれは圧倒的な愛の持ち主であり

圧倒的に光を湛えた存在である。

私もよく、話をさせて頂いている。

彼は、約46億年前、地球が誕生した当初から

1番最初に、地球を託された存在である。

そして、宇宙のあらゆる場所から仲間を招集し

彼らのプロジェクト、彼らの学びは始まったのだ。

地上にいる自分の化身を見下ろしながら

彼エル・カンタラーはどのような気持ちでいらっしゃるのか

想像してみて欲しい。

エル・カンタラーの今世の生き様が

日本に隠れた悲劇を露呈したというか

垣間見せてもらった、とも言えよう。

ただ、よいか。

使命を忘れ、カルマに振り回されるということは

ただそれだけで、仲間を悲しませるということ。

ただそれだけで、周囲から信用を失うということなのだ。


精神世界ランキング






Last updated  2008年04月09日 01時10分52秒
コメント(2) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.