1380054 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

食養研究家・ハトムギ博士 岡田幸子Blog

PR

X

Profile


幸子@専務

Favorite Blog

やっぱ、原語で。。 New! ベル玉さん

毎日がハッピー日記 トン平9306さん
*:....:* はとむぎ… co-natuさん
クリア道コツコツ日記 zero5568さん

Comments

maimi09@ Re:10年ぶりの再会!(11/08) ネットニュースに小腸内細菌増殖症=SIBOの…
幸子@専務@ Re:人類と納豆の食文化(09/13) maimi09さんへ コメント有難うございます…
maimi09@ 人類と納豆の食文化 8月末に新潮社より高野秀行の『幻のアフ…
坂東太郎9422@ 琉球料理伝承人 「宮国由紀江(薬膳でメンテ)  ~ 身近…

Freepage List

2019.11.24
XML
カテゴリ:インフルエンザ
今日も寒いので、ヒートテックを着て、ホッカイロを貼り、防寒対策はばっちり!

内側からも免疫力を高め、身体を温めてくれるものを食べて防寒対策しようと1時過ぎにミレットに行ったら、薬膳プレートも、養生食薬膳プレートも売り切れ!
まあ何を食べても健康的で美味しいミレットランチだから~と「お肉のランチ」を食べました。
蓮根ハンバーグが美味しかった! はとむぎのお味噌汁もね!

















昔から健康に良いと評価されている蓮根ですが、webには下記のような効能が書かれています。

れんこんの栄養と効能

主成分はデンプンで、食物繊維を多く含有しています。
ビタミンCが100g中55㎎とひじょうに豊富で、レモンと同等に含まれているほかに、ムチン、タンニンといった特殊成分も含まれているのが特徴です。
れんこんを切ると糸を引きますが、あの粘り気のもとがムチンです。

ムチンは、複合タンパク質で、納豆のネバネバ成分と同じです。
また、れんこんは空気にふれると酸化して黒ずんできますが、これはポリフェノール系の色素が含まれているためです。


れんこんは、根茎、葉、果実、花弁、雄ズイ、花托、幼芽と、すべてを薬用に利用できます。
ハスという植物には、これほどすぐれた薬効がある植物です。


れんこんのタンニンには、血管を収縮させる作用があり、これを利用して、生のれんこんをおろして、しぼった汁をさかずきに2~3杯服用するようにすると、鼻血、痔の出血、子宮からの不正出血などの止血に効果があるといわれます。


風邪や鼻炎による鼻づまりや鼻血の場合は汁を直接、鼻腔にさしても良いでしょう。
れんこんのしぼり汁にハチミツとお湯を注いだものをコップ半分ほど飲むと、風の特攻薬になると共に、これは腸炎による下痢にも効果を発揮します。


風邪のせき、たんを止めるには、れんこんの節の部分をさかずき1杯ほどおろして、おろし生姜を少々加え、熱湯を注いでハチミツを加えたものを飲むと良いでしょう。
二日酔いによる、のどの渇きにはれんこん100gと、なし1個をジューサーにかけ、ジュースを作って飲むと、渇きがいやされ、体内の熱をさましてくれます。


れんこんを常食すれば、ビタミンC効果により、メラニン色素の沈着を防ぎ、シミ、ソバカスから肌を守り、美しい肌を作るなど、若返りにも役立ちます。
また、血管を丈夫にし、血行をよくし、皮膚の新陳代謝を活性化してくれます。






Last updated  2019.11.24 15:56:11
コメント(1) | コメントを書く
[インフルエンザ] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


通達(みと・あかつかカンファレンス)*『ムチン騒乱;令和の改新』;安倍晋三内閣総理大臣指示【令和の改新】#令和の大号令   acsec さん
https://www.sankei.com/life/news/191118/lif1911180023-n1.html




学術秘書
池田です。


『ムチン騒乱』、2025年大河ドラマ化へ
http://kankan2025.jp/#statement

では。



この件に関するお問い合わせ先:
NOKYOKO NEWS NETWORK(NNN)
読売新聞東京本社
〒100-8055
東京都千代田区大手町1-7-1
電話:03-3242-1111
https://info.yomiuri.co.jp/contact/index.html
(2019.11.26 07:32:05)


© Rakuten Group, Inc.