1566872 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

  【幸せ見つかるペットショップ】ハバナデーの毎日

PR

プロフィール


ハバナデー

フリーページ

サイド自由欄

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  安全上質な
ドッグフード通販

  ハバナデー

    
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

愛犬の適正なごはん量計算いたします
愛犬のごはん全般のご相談承ります  
ネット通販会員になられますと「いつでも専属コンサルタント」として無料相談(しつけ方のこと、食餌のこと、愛犬との関係づくりのこと・・・など)を承ります
お客さまの声
   
P1320305.jpg
ペットの街角リーダーの当店が愛犬のごはん全般のご相談を承ります
【愛犬通信】twitter

仙台市太白区鹿野2-16-16 tel 022-246-8871
OPEN 9:00~19:00(水曜定休)駐車前面4台
地下鉄「長町南駅」西3出口より徒歩4分

           

カテゴリ

バックナンバー

カレンダー

2016年04月17日
XML

■熊本のペット関連の記事を拾いました

◇福岡県獣医師会では
会員動物病院の入院施設を一時保護施設として
利用できるようになり
受け入れ頭数が「犬63頭、猫62頭」に増えました
詳しくは福岡県獣医師会 tel:092ー751ー4749 まで


◇一般財団法人ペット災害対策協議会も
行政機関や獣医師会などと連絡をとり
ペットの救護活動支援の準備を進めている
2016.4.17-14.jpg
https://doubutsukyuen.org/main/archives/5863


◇ドッグレスキュー熊本
http://www.setup-jp.net/drk/
昨夜の熊本県で発生した地震で、家の崩壊等で一時的に
飼養出来なくなってしまった犬を当団体にてお預かりいたします
また、地震により迷子になっているような犬を保護された場合も
当団体でお預かりさせていただきます
なお事前に096-233-9119にお電話ください
受付時間も午前10時〜午後4時までとさせていただきます
場所は熊本県菊池郡菊陽町原水2861-1
DOG RUN CAFE ひなたぼっこ内です


◇熊本県の動物愛護などの関連施設
・熊本県獣医師会 事務局
熊本県熊本市東区桜木6-3-54
tel 096-369-7807

・熊本市獣医師会
熊本市内の動物病院のリスト
http://www.kumamoto-shijyu.jp/top.html

・熊本県動物管理センター
熊本市東区戸島町2591
tel 096-380-3310

・熊本市動物愛護センター
熊本市東区小山2丁目11-1
tel 096-380-2153
センターからお知らせ
地震に伴う緊急対応のため、4月15〜17日まで狂犬病集合注射を中止します。予定されていた方は、動物病院、動物愛護センター、他の会場で接種いただきますようお願いします。
今、動物愛護センターには迷子の犬猫の問い合わせが殺到してます。保護した犬猫の情報は随時センターホームページに掲載しますので、ご覧ください。もし心当たりがありましたら、動物愛護センターまでご連絡ください。
迷子にさせないためにも、必ずペットの首輪に名前と連絡先を明記いただくようお願いします

・福岡県獣医師会
会員動物病院の入院施設を一時保護施設として利用できるようにしました
4月15日17:00現在、犬66頭、猫68頭の受け入れが可能
詳しくは動物環境科学研究所:船津 info@animaliesa.com





附則
ペットと一緒に避難することは国から推奨されています
災害でペットと同行避難になった時飼い主が知っておくべきこと
        ・
        ・

■地震が起きたら…ペットと同行避難が合理的
環境省によると、東日本大震災など大規模災害の経験から、飼い主とペットが同行避難することは合理的だと考えられている。ペットの同行避難は、動物愛護の観点だけでなく、放浪動物による人への危害防止や生活環境の保全という視点においても必要とみなしている

環境省のガイドラインによれば、飼い主責任による同行避難が前提であるが、自治体などによる支援、救護体制を整備することも重要だとしている。行政のみで対応が困難な場合は、地方獣医師会、動物愛護推進員、ボランティア団体などとの連携も推奨している

■同行避難するために、普段からできること
慣れない同行避難のために普段から備えておくべきことがある。避難所で共同生活をする場合は、動物が苦手な人、アレルギーを持っている人等への特別の配慮が求められると同時に、ペットにとっても大きなストレスとなる。また東日本大震災時には、フィラリアなど伝染病の予防接種をしていないペットが問題になった。飼い主として、ペットの命にも責任を持とう。

【飼い主が行うべき対策例】
・ペットのしつけと健康管理(避難時に吠えないようにする、ケージに入れる訓練)
・ノミやダニの予防、伝染病の予防接種
・ペットが迷子にならないための対策(マイクロチップ等による所有者明示)
・ドッグフードやペット関連の衛生用品、避難用品、備蓄品の確保
・避難所や避難ルートの確認等の準備
・ペットとの同行避難
・避難所・仮設住宅におけるペットの飼育マナーの遵守と健康管理





このたびの地震により亡くなられた方々に
慎んでお悔やみ申し上げますとともに
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます
一刻も早い復興をお祈りし
迷子ペットが見つかりまた安寧でいることを
願っております
ハバナデー店主およびスタッフ一同
 
  
 






最終更新日  2016年04月21日 17時17分48秒
コメント(0) | コメントを書く
[ペットショップの仕事] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.