000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

林雪絵(Qちゃん)のブログ

PR

お気に入りブログ

☆スペイン南から北へ… ツルっ子さん

ぱいなっぷるろーど Pineちゃんさん
☆Miss Pooh のGirl’s… MissPoohさん
日記♪ lilywhite。さん
Sexy in the City Newquayさん

カレンダー

2004年09月25日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
皆さん、こんにちは(^o^)丿
ただいま、
英国はロンドンに滞在中の、Qちゃんでーす。

日記を、ぜーんぜん更新しないので、
お知り合いの皆様がたには、
何かと、
ご心配をおかけしたようですが、
誠にどうもすみませんでした。
私は、それなりに、元気にやっております。

先日、ロンドンで、
私が昔、とっても好きだった、
ジャニス・イアンという歌手のコンサートに、
行ってきました。

ジャニス・イアンは、
現在53才になる、アメリカ人女性で、
たぶん、白人と黒人のミックス……
そして、その昔、

「Love is Blind」

という、胸にがっつーんとくるような名曲を、
日本でも大ヒットさせた、
存在感のある、すばらしい歌手です。

私は昔、
この、「Love is Blind」という曲が、
大好きだった。

ピアノソロで、ゆったりと始まる、
印象的なイントロを聞くだけで、
おもわず鳥肌が立ってしまうほど、
この歌は、私の心に、じんわりと染みてくる。

私自身、へたれな歌手なのだが……

世の中には、歌のうまい人は大勢いるけれど、
その人の歌声を聞いているだけで、
バイオリズムのあんばいによっては、
泣けて泣けて仕方がない――などという歌手は、
それほど多くはないと思う。

ジャニス・イアンは、
私にとって、
そんな、数少ない「泣ける」歌手の一人なのだ。

ロンドンのコンサートで、
たぶん、十数年ぶりくらいに姿を見かけた、
ジャニス・イアンは、
その昔は、エキゾチックな、
ものすごい美女だったけれど、
現在は、自然のままに年を重ねた、
ふくよかな、
だけど毅然とした雰囲気の、
小柄な年配女性という感じになっていた。

アメリカのショー・ビジネスからは、
完全に足を洗って、
セクシーに見せようとか、
いい女でいようとか、
そういうルックス方面などは、
もう、気にかけなくなったのかな、
と思っていたら……

ご本人が、MCで話していたところによると、
じつは、同性愛者なのだとか。
なるほど、それで、男前な雰囲気なのか。

一見、男っぽい、
普通のおばさんになっていた彼女。

ところが――

ぼろん、とギターをかきならし、
ただ一声、歌い始めただけで、
その場の空気を、一瞬にして、変えてしまった。

その、すばらしい響きを聞いた瞬間、
いきなり、
だーーーーーっ、
と、涙があふれてきて、
コンサートの間中、
ほとんど、止まらないでやんの。

私は、すべての出会いは、
意味のある必然、
そして、神様のくれた奇跡なのだと、
常々、考えているけれど……

私と一緒に行った友達が、
舞台に、ジャニスが現れた瞬間、

「あっ、Qちゃんの、お母さんに似てるっ!」

と、なぜか、いきなり言った。

はっきりいって、私は、
それほど似ていないと思ったんだけど(~_~;)
その友達は、
写真だけでしか、顔を知らないのに、
なぜか、私の亡くなった母に、
とってもよく似ている、と言うのだ。

そんな前ふりがあって、
そして、
コンサート中盤――

とある、私の知らない、
美しいバラードを歌い始めた、ジャニス。

英語の歌詞を聞いているうちに、
がくんと、力がぬけてしまった。
そして、
激しい胸の動悸が、おさまらなくなった。
いったん、勢いを弱めていた涙なのに、
また、いっきに、押し寄せてきてしまった。

なにせ、ジャニスが、こんな歌を歌うのだ。


私は今も、亡くなった母さんの声を、
よく憶えているの……

だから私は、いつも、
こうして歌を歌うたびに、
心で、母さんの声を聞いているのよ

私が、歌を歌うたびに、
私は、母さんの声を聞いているの


ちなみに私は、
へたれながらも、歌手をしている。
そして、
私の歌声を、とても愛してくれていた母を、
昨年の夏、亡くしたばかりだ。
私も、歌を歌うときは、
いつも、母のことを考えている。

そうか、私は歌を歌うとき、
母さんの声を聞いているのか……
私の声は、
母さんの声なのか……
私の歌声のなかに、母は、ずっと生きているのか……

そんな想いが、胸にあふれて、
ジャニスの歌を聴いている間中、
私は、涙が止められなかった……

高いお金を出して、
コンサートを見に行って、
ずっと号泣しっぱなしの私って、どうなのよ(-_-;)

だけど、
人気の最盛期を過ぎてもなお、
人を慄然とさせる、すばらしい歌声……
毅然としたその姿、
そして、
豊かに年輪を重ねた人の、
迫力に満ちた、歌い手魂……

すばらしいステージだった。
深い感動に包まれた、
ロンドンの夜だった。










最終更新日  2004年09月26日 01時31分02秒

フリーページ

プロフィール


QちゃんUKi


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.