660826 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Easy Going~気楽に行こう~

2019/02/06
XML
テーマ:児童虐待(189)
カテゴリ:事件・事故・災害
Twitterを見ていたら、どうもまた虐待死亡事件が起きてしまったよう。
各種SNSやテレビなどの報道は一切見ないようにしよう。

こういう時、ここぞとばかりにしたり顔での有識者?のツイート連投も、マスコミ報道も、どうして当事者の私が見るに堪えないのだろうと、素朴に不思議。
本来なら、当事者こそ発言すべきかもしれない。その当事者が締め出されるというか、自衛のために撤収しなきゃいけない現状だなあ。


良くこれまで頑張ったね。
もう全部終わったよ。
もう怖くないよ。もう苦しまなくていいよ。安心して、行くべき所へ向かってね。


お子さんが亡くなられたことは痛ましい限りなのだけれど、不謹慎を承知で正直言えば、死ねたお子さんがうらやましい。そう言いながら、そう思ってしまうことに強い後ろめたさや罪悪感がある。

親御さんも、それぞれ何らかの問題を抱えていたのだろう。
親御さん方が、お子さんを殺した現実を真正面から受け止めて、茨の道を歩んで立ち直られる日が来るよう、心底から強く祈る。


「虐待してますね」「共依存ですね」と言われて、「はい、そうです」と認められるのなら、そもそも虐待にも共依存にもなってはいない。
報道や知識人達については、共依存のあのドロドロ底なし沼のような恐怖を知らないことすら分かっていないことへ、薄気味の悪さや違和感があるのかもしれない。

死ねてうらやましい。私も死ねた方が良かった。私は殺され損ないの自殺し損ないだ。虐待死亡事故が起きるたび、そんな気持ちになる。
とは言え、虐待トラウマなどによる精神障害者で常に体調不良を抱えてはいるものの、この今すぐに死に直面する訳ではない。
かたや、今この時に死を間近に見据えて闘病される方もいる。その方からすれば、私に腹立たしいかもしれない。
苦しみは人それぞれ。
今、たまたませっかく生きている。もう本当に悲しみ苦しみはこりごり。どうせ生きるのなら、いかに明るく楽しく過ごせるかの工夫を凝らそう。

末文ながら、亡くなったお子さんの冥福を心から祈ります。


【追記】
この時は、まだ、このようにしか書けませんでした。
後日、この事件に自分なりに向き合ってコラムを書きました。
よろしかったらご高覧下さい。⇒​「野田市虐待死亡事件に思う」






最終更新日  2019/03/11 06:43:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
[事件・事故・災害] カテゴリの最新記事


PR

X

カレンダー

お気に入りブログ

「目でみることば」… New! KUMA0504さん

やっと避妊手術でき… -ふくちゃん-さん

風景をおもいだして luumamaさん

Y_S_CM5Aの脳内電波… Y_S_CM5Aさん
サロン・ド・トーヘ… 武蔵野唐変木さん

コメント新着

 匿名希望@ Re:この記事がひどい Re:Oisixの価格がひどい(10/30) 炎上記事から来ましたさんへ 何でも営業…
 はざや@ Re[1]:現代アートな大根(11/30) 幸達さん >うーん確かに今年の明葉さんち…
 幸達@ Re:現代アートな大根(11/30) うーん確かに今年の明葉さんちの大根、良…
 はざや@ Re[1]:初雪(11/24) 幸達さん おかげさまで無事です。ありがと…
 幸達@ Re:初雪(11/24) それは、大変でしたね、まあ、大事に至ら…

フリーページ


© Rakuten Group, Inc.