000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

駅乗下車と旅行貯金と簡易乗りバス記

PR

全1228件 (1228件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2020年09月28日
XML

25日の活動で成田線滑河まで来て、成田市が運行する運行する
コミュニティーバスの一つ「しもふさ循環」に乗った。
滑河駅を中心に基本的に3パターンの循環があり、逆回りとかもあり、非常に複雑で
ここで説明することは難しい。公式ページを見てほしい。
15時過ぎの滑河駅前発は1名乗車で寂しいものであったが、下総高校前で5名の乗車。
小御門神社前で下車をし、局で貯金。
バスは循環してきて、同じ便にまた乗るのは当初からの計画通りだが、小御門神社前停留所に
一つ駅寄りの下総高校生が多数待っている。時間があったので、もう一つ前の三ツ矢団地前まで
歩いたが、そこでも高校生が多数並んでいた。結局小型バスに超満員、乗り残し多数であった。
往路での下総高校で5名乗車も先回りでの乗車と思われる。
バス停で高校生に聞くと普段は歩きで、今日は雨だからとの事である。

収入の少ないこの種のバスで、こういった需要をきっちり拾うべきだと思う。
しもうさ循環は1台使用だが、これを増やすことができないことは理解できるが、バスのサイズを
大きくし、少しでも収入確保に努めることは必要ではないだろうか?運行が千葉交通だから
可能なはずである。車が大きくなれば燃料費が多くなるだろうが、収入が増えればペイする。
またダイヤ面でも下総高校折り返し便を下校時間帯に1-2便でも挟むとなお効果があると思う。
学校と駅は徒歩25分-30分と案内されていて微妙に距離があるから、喜ばれるのではないか?
また利用が増えるという前提で、高校向けに割安な回数券の販売面白いと思う。
以上はよそ者の自己満足な提案である。

小御門神社前での乗車のバス。
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村






最終更新日  2020年11月30日 12時48分29秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年09月27日

25日の活動で乗った表記のバスについて記す。
茨城県河内町は利根川北側に広がる町である。町内には鉄道はなく、通常の路線バスも
ない。隣の市である龍ヶ崎市の竜ケ崎駅・済生会病院までアクセスする
コミュニティーバスが唯一の公共交通機関である。
横長の町内を縦断する路線設定できめ細かく集落にも入り停留所も多い。
ただ、コミュニティーバスにありがちな迂回が大きい経路ではない。
3.5往復の運行は多いとは言えないが、最低限の利便性は確保している感じだ。
13時48分竜ケ崎駅発の乗車の便は2名の乗車であった。思っていた以上に少ない。

上金江津で下車。バスベイは上り方向にしかないが、その上りのバスベイで
降車させてくれた。これは助かった。下り方向は歩道はないし、路側帯も狭い。
自分が降車し乗客ゼロになって終点十三間戸に向かう乗車のバス。
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村






最終更新日  2020年11月28日 14時59分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年09月26日

昨日の活動で乗った表記のバスについて記す。
常磐線龍ヶ崎市駅からは各ニュータウンに向けて関東鉄道が路線バスを運行している。
ニュータウン長山はそのうちの一つで、きれいに整備された一戸建てが多く並び、
大きなショッピングセンターもある。
平日昼間時1時間3本をキープする(休日は1時間2本)が、平日朝は最大で1時間7本まで
増え、通勤・通学の利用が多いことが分かる。
昼前の乗車の便は下りは3名で、折り返しで乗った上りの便は6名の乗車を見た。
多くもないが、着実に利用者がいる様子であった。
龍ヶ崎市駅での乗車のバス。
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村






最終更新日  2020年11月26日 20時43分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年09月25日
カテゴリ:乗り鉄

今日は関東鉄道竜ケ崎線乗車と、コミュニティーバスを乗り継ぎ、
成田線滑河駅近辺まで進み、それぞれの地区旅行貯金活動をした。
竜ケ崎線に乗るのは​この時​以来である。

まず、常磐線佐貫改め龍ヶ崎市下車。関東鉄道バスで長山ニュータウンに向かい、
「龍ケ崎長山局」貯金。一戸建てのニュータウンであるが規模が大きく、
ショッピングセンターも大きいものがある。
関東鉄道竜ケ崎線佐貫乗車。こちらの駅は改称しなかったことを知る。ただ改称すると
龍ヶ崎市ー竜ヶ崎間の路線となってしまい、案内上好ましくない。
1閉塞での運行はシンプルなものだが、路線長が短いため、本数はそれなりに確保。
3両が配置せれているが、ラッシュ時は2連もあるようなので、3両は必要最小限である。

竜ヶ崎駅は小さいながらも終着駅とバスの総合ターミナルになっていて、
公共交通を使う人には優しい。待合所の他、昔の竜ケ崎線の展示物もあり
古くからい愛されている路線であることが分かる。
「龍ケ崎局」「龍ケ崎下町局」貯金。
古くからの市街地は規模は大きいが、活気が乏しいのは各地で見られる光景である。

河内町コミュニティーバスに乗車し「金江津局」貯金。成田線滑河駅の利根川の対岸である。
利根川沿いの古くからの集落であるが、商店の類はあまりない。

滑河駅からさらに成田市コミュニティーバスに乗り「小御門局」貯金。
立派な神社であるが時間が少なく参拝はしなかった。

滑河駅に戻り「下総局」貯金。滑河は大きめの待合所と駅員の配置で
地域の公共交通の顔として機能。丁寧なアナウンスも好感。
成田方面に抜け、活動を終えた。

今回はバスに3回乗ったが、いずれも印象深い路線であった。別ページでアップする。

今日の成果
新規乗下車駅1駅
成田線(滑河)
旅行貯金6局
茨城県4局(龍ヶ崎市3・河内町1)
千葉県2局(成田市2)
以上
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村






最終更新日  2020年11月26日 20時42分34秒
コメント(2) | コメントを書く
2020年09月16日
カテゴリ:旅行貯金

今日は残り3局となっていた埼玉県ふじみ野市の全局制覇を達成すべく出かけた。
東武東上線ふじみ野はもう何度も乗下車している。元々の街でないところに駅を
作ったので、ニュータウンの駅という印象だ。東武も非常に力を入れている駅で
優等列車も停車する。東急の電車が走るのもおなじみの光景になった(画像)

大きなマンション群を抜け上福岡方向に歩きだす。「上福岡駒林局」貯金。

次の局に向かう際に、ちょうどこのような川をかぶせた歩道があり歩きやすい。
「上福岡松山局」貯金。この辺りは駅から遠いがふじみ野駅開業よりずっと前からの
開発のようである。
「上福岡局」貯金。一般局だが集配部門と窓口部門は離れて存在。窓口部門は仮設のよう
だったので、将来的には統合されるのかもしれない。
周辺は市役所があり、イオン新規店が建設中であった。

上福岡駅前である。ふじみ野市の中心駅で周辺もお店は多いが、駅近くのビルで
複数のフロアでテナント募集とは厳しい状況である。駅前デッキを建設中で
再開発が行われるのだろうか?
隣接する市がふじみ野市と富士見市というのも紛らわしいが、ふじみ野駅が富士見市
というのはそれに拍車がかかる。

今日の成果
旅行貯金3局
すべて埼玉県(ふじみ野市3)

埼玉県ふじみ野市
神奈川県南足柄市・埼玉県長瀞町・滋賀県豊郷町・埼玉県和光市・
東京都練馬区・奈良県平群町・千葉県鎌ヶ谷市・栃木県野木町・東京都葛飾区・
長野県小布施町・千葉県習志野市・東京都江戸川区・東京都杉並区・東京都台東区・
長野県筑北村・長野県松川村・山梨県西桂町・東京都福生市・新潟県刈羽村・
東京都文京区・北海道秩父別町・北海道浦臼町・京都府笠置町・東京都狛江市・
東京都中野区・富山県舟橋村・埼玉県戸田市・埼玉県志木市・埼玉県新座市・
埼玉県宮代町・埼玉県杉戸町・埼玉県蕨市・東京都武蔵野市・東京都稲城市・
千葉県一宮町・東京都目黒区・大阪府田尻町・福島県浅川町・埼玉県横瀬町・
千葉県酒々井町・東京都足立区・山口県和木町・神奈川県寒川町・東京都国分寺市・
神奈川県川崎市中原区・東京都渋谷区・神奈川県川崎市多摩区・神奈川県開成町・
東京都新宿区・東京都調布市・東京都三鷹市・東京都東久留米市・東京都多摩市・
千葉県千葉市花見川区・神奈川県川崎市幸区・神奈川県葉山町・神奈川県逗子市・
千葉県千葉市稲毛区・千葉県四街道市・神奈川県川崎市高津区・
神奈川県川崎市宮前区・神奈川県横浜市瀬谷区・神奈川県川崎市麻生区・
東京都武蔵村山市・埼玉県三郷市・埼玉県八潮市・千葉県栄町・千葉県我孫子市・
京都府井出町・神奈川県海老名市・神奈川県横浜市旭区・神奈川県三浦市・
東京都瑞穂町・東京都羽村市・神奈川県横浜市金沢区・埼玉県北本市・
神奈川県横浜市泉区・神奈川県横浜市栄区・東京都世田谷区・埼玉県鳩山町・
東京都豊島区・東京都大田区・埼玉県三芳町・神奈川県綾瀬市・神奈川県愛川町・
神奈川県横浜市青葉区・千葉県神崎町・千葉県白井市・埼玉県松伏町・
三重県朝日町・埼玉県滑川町・埼玉県川島町・埼玉県鶴ヶ島市・茨城県五霞町・
神奈川県二宮町・千葉県白子町・福岡県糸田町・高知県芸西村・高知県田野町・
千葉県松戸市・埼玉県川口市・埼玉県狭山市・千葉県船橋市・神奈川県茅ケ崎市・
埼玉県さいたま市桜区・埼玉県さいたま市中央区・群馬県吉岡町・千葉県柏市・
千葉県九十九里町・長崎県川棚町・東京都板橋区・埼玉県さいたま市西区・
埼玉県さいたま市大宮区・千葉県市川市・千葉県八千代市・東京都小平市・
埼玉県伊奈町・埼玉県越谷市・埼玉県吉川市・東京都府中市・東京都昭島市・
神奈川県大和市・千葉県千葉市緑区・東京都町田市・埼玉県入間市・
神奈川県清川村に続く
128番目の全局制覇である。

埼玉県ふじみ野市10局全局制覇の軌跡
2010.04.02 1局
上福岡北口
2016.11.07 2局
大井東台・ふじみ野駅西口
2019.11.06 4局
大井緑ヶ丘・大井亀久保・福岡武蔵野
2020.09.16 3局
上福岡駒林・上福岡松山・上福岡
以上
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村






最終更新日  2020年11月20日 22時21分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年09月08日

4日の活動で伊勢原市の「比々多局」で貯金を終え、すぐそばにあった停留所から
伊勢原駅まで表記のバスに乗った。
246号線沿いで昼間時は1時間1本ペースになる時間帯もあるが、
利用が多い朝夕は2-3本に増える区間である。伊勢原駅と鶴巻温泉を結ぶ便がほとんどであるが、
善波という終点まで行く便が平日のみ3往復あり、乗車の便はたまたまその便であった。
今改めて検索すると、神戸停留所からその善波行きがちょっと後に通るようだったので、
1日乗車券を入れていただけにマニア活動として乗っておくべきだったかと少し後悔している。
乗車時は1名乗車でその後3名、さらに他の路線が合流する区間で11名の合計15名乗車であった。
画像は伊勢原駅北口に到着した乗車のバス。
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村






最終更新日  2020年11月19日 21時26分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年09月07日

4日に乗った3本目の神奈川中央交通のバスについて記す。
巻11系統は鶴巻温泉駅と伊勢原車庫を結ぶ路線だが、国道までは出ないでその南側の
道の広くない地区を結ぶ路線である。本数は少なく平日8.5往復、土休日4往復の零細路線だ。
15時代に乗った便も3名の乗車に留まっていた。鶴巻温泉駅と伊勢原車庫の入出庫を路線化したに
過ぎないような印象である。ただ、独自需要の区間は少ないながらも存在していた。

串川改善センターで乗車のバスを見送る。
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村






最終更新日  2020年11月17日 16時17分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年09月06日

4日の活動で乗った神奈川中央交通の2本目は半原線である。
神奈川中央交通の路線で終点まつかげ台近くの泉停留所から乗車した。半原線は国道をひた走るので、
国道上の停留所である。

本厚木ー半原線は末端の経由地によって厚01と厚02に分かれるが、合計で20分間隔をキープし、
今も主要路線の風格がある。深夜バスの設定もある。鳶尾団地やまつかげ台へは別便を確保し、
路線バスの運行は非常に充実している。
14時代の乗車の便は乗車時に2名、途中折り返し便が増える松蓮寺までの区間で5名、
その後5名の合計12名乗車を見た。

泉停留所の待合所。屈まないと入れないし、バス運転士からも見えづらく、ここで座って待機はしなかった。
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村






最終更新日  2020年11月15日 21時32分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年09月05日

4日の活動で乗った表記のバスについて記す。
本厚木駅からの路線バスは神奈川中央交通が独占で運行している。ただ運行系統は
非常に複雑でよそ者には簡単に把握できないものである。
愛川町の半原へ向かう路線を基軸に整理するといくらか分かりやすいと思う。
今回乗ったあつぎ郷土博物館行きは1時間1本ペースだが、
リコー前まで並走する神奈川工科大学前経由鳶尾団地行き(厚89系統)が
1時間1本ペース以上の追加があり、半原行きの本線から分岐する荻野新宿から先でも
1時間2本以上は確保する。また神奈川工科大学までの便も午前中に追加される。
(神奈川工科大学へは急行便も別にあり連接バスも運用に入る)

昼前の乗車の便は本厚木駅発車時点で16名、途中2名の合計18名乗車であった。
大学なので昼からの登校の学生もいて、約半数は神奈川工科大学前の下車であった。
画像は本厚木駅での乗車のバス。
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村






最終更新日  2020年11月13日 22時02分39秒
コメント(2) | コメントを書く
2020年09月04日
カテゴリ:旅行貯金

今日は表題の活動を行った。先週に続き本厚木駅で下車し、北部方面に
バスで向かう。
神奈川工科大学神奈川近くの「厚木北局」貯金。工場などやロードサイド店もあり
駅から遠い所だが、活気があるところである。
鳶尾団地に入り「厚木鳶尾局」貯金。よくある団地内局である。このまままつかげ台方面の
バスに乗りたいと思ったが、発車したばかりであった。
発車したばかりだったことが、いつもと違う行動に走らせた。鳶尾団地からハイキングコースが
あり、この地を後に訪れることはそうないだろうと思い、鳶尾山登頂(大袈裟か?)を決意。

入口はこのよう階段でスタート。

上ると結構つらい。自分は普段歩き慣れている方だと思うが、上りについては別のようだ。

鳶尾山山頂は別の所なのだが、この展望台からの眺望が一番良い。一番上の画像が
この上から撮ったものである。このハイキングコースではついに誰とも遭遇することはなく、
すべて独り占めであった。夜景はきれいだろうが、ここまで夜来るのは大変である。
降りたところは住宅地で

まつかげ台という住宅地の中でバスが待機。乗車したかったが、ここまで来て局を
スルーするわけにはいかない。街道沿いの「厚木上荻野局」貯金。
予定に入れていなかった軽登山をやったので、当初の予定より回れるところが少なくなった。
神奈中一日乗車券を入れていたので、バスで行く局を狙うこととし、本厚木までバスで出て、
小田急にいったん乗車し鶴巻温泉まで進み、さらにバスに乗り、伊勢原市内の「比々多局」貯金。
国道沿いの局である。再度バスに乗り伊勢原まで出て帰路についた。

今日の成果
旅行貯金4局
すべて神奈川県(厚木市3・伊勢原市1)
以上
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村






最終更新日  2020年11月10日 10時43分02秒
コメント(0) | コメントを書く

全1228件 (1228件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.