240149 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dr.須藤明治の健康ひとくちメモ

全228件 (228件中 91-100件目)

< 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 23 >

日々雑感

2007.01.26
XML
カテゴリ:日々雑感
4泊5日のスキー実習も無事に終了しました。
朝は6時30分起床、6時45分外で点呼、点呼後ランニング、体操、訓話、7時45分朝食、9時~11時30分、2時~4時30分スキー実習、6時夕食、8時~9時授業講義、9時30分点呼、10時30分消灯。という一日を5日間行っていました。
しんどかったですが、うまく滑られなかった学生達が、めきめきとうまくなる姿は圧巻でした。私の体は、ボロボロです。全身筋肉痛といった感じです。

帰ってきても、もう一つビックニュースがありました。春の選抜に室戸高校野球部がえらばれました。おめでとう。バーデハウス室戸で、インナーマッスルのトレーニングや体のケアーに使ってもらいたいです。






Last updated  2007.01.29 01:59:56


2007.01.21
カテゴリ:日々雑感
明日から、専門体育方法学・実習の「スキー実習」のため菅平高原にいきます。
そう、授業なんです。総勢250名、26日までです。

久しぶりなので、スキー靴を履いてみると、ふくらはぎが入りません。仕方なく、新しい物を購入、私が持っていた靴は、当時のヨーロッパ仕様でふくらはぎのところが細いタイプでした。サイズも同じ物で、簡単に現在のものは入りました。よかったです。すると、やっぱりスキーの板のビンディングも穴を開け直して調節しなければなりませんでした。とにかく、用意が大変でした。
スタッドレスタイヤに交換するのも大変でした。

なんとか、無事に帰ってこれればいいかな。将来、体育の先生になる彼らにスキーのおもしろさを伝えられればいいかなと思います。私も3歳からスキーをしていましたが、こんな形で役に立つとは思いませんでした。当然、ホームグランドは裏太郎でした。白樺荘のロシアンティーがのみたいですね。






Last updated  2007.01.22 01:53:09
2007.01.15
カテゴリ:日々雑感
室戸食遊館808とは、室戸市の滞在型観光を盛り上げてゆこうという室戸市の宿泊業者有志の集まりです。室戸市にバーテハウス室戸ができ、この施設を使ってもらい、長期滞在型の健康増進観光を盛り上げてゆこうという活動です。

都会の喧噪から離れ、自然豊かな海を眺めながら、ゆっくりとバーデで体をいやしてもらいたいです。緑の山と海からパワーは自然治癒力を高め、健康な体を整える手助けをします。そして、バーデを利用してもらうことで、膝や腰、肩のこりをほぐし、血行を促進させます。なにもないのが、実は一番贅沢で、自分自身をリセットできる居場所なのです。

これからも室戸食遊館808の皆様を応援してゆきたいと思います。






Last updated  2007.01.16 02:30:10
2007.01.12
カテゴリ:日々雑感
今年は、メダボリックシンドロームに注目されていますが、もう少しターゲットの年齢を上げると「食がほそりがちな高齢者」の存在も注目されています。特別老人ホームなどても、食事の管理だけでだいぶ体調が良くなっているお年寄りが多いということを聞いたことがあります。

その栄養不足の指標として、今、注目をしているのが「アルブミン」です。アルブミンは、血液中のたんぱく質の60%を占める蛋白質で、脂肪が燃焼するたきに脂肪酸と取り巻き、血管を脂肪酸の酸から守る役割を果たしています。このアルブミンが少ないと、脂肪酸が血管壁を傷つけたり、血液をサラサラにする作用をもつプラスミンの作用を阻害してしまうことになり、結果的に突然死や心臓血管障害を招くともいわれています。そして、近年、65歳以上の方1500名を対象にした調査でアルブミン値の高い人ほど長生きする傾向にあることが報告されています。アルブミン値が、血液1デシリットルあたり4グラム以下は危険信号です。






Last updated  2007.01.13 01:34:50
2007.01.08
カテゴリ:日々雑感
私立大学というところは、定年が70歳というところが多いので、会議などで「若い人にやってもらおう」などという話しになるとたいてい55歳位の人をさすことが多いので注意が必要です。

さて、私が注目するキーワードの2つ目は、「2007年問題」です。これは、2007年の今年だけの問題ではなく、これからの問題なのです。第1次ビベープームだった団塊の世代の人達が今年60歳となり、通常の会社であれば定年退職となる年にあたるわけです。つまり、税金を納めていた側から、支援を受ける側に変わるということを意味しています。そして、医療や介護などの社会保障費は一気に跳ね上がることになります。つまり、国そのものの転換点なのです。

国の財政的には、給料からの税金が見込めなくなれば、当然財源を探すことになり、結局、将来的には、ヨーロッパ諸国なみの15%程度に消費税を上げるという方向になるのだと思います。私が温浴施設などの研究のためによく訪れるドイツでも今年から消費税が16%から19%に引き上げられます。特に、日本でも段階的にあげていくのだろうと思いますが、日常的に費やす食品などには消費税の負担を軽減してもらいたいものです。そして、医療費や介護費などを抑制する健康増進産業の育成と安定のためにかつて道路や橋などを造ったように、社会保障費を抑制するためのインフラの整備も行ってもらいたいものです。






Last updated  2007.01.09 02:29:58
2007.01.03
カテゴリ:日々雑感
今年、私が注目するキーワードは、「トランス脂肪酸」です。

このトランス脂肪酸が含まれている食品を多く取ると、アレルギーや心臓病の危険因子が増加することが報告されています。

トランス脂肪酸を簡単に説明すると、まず、構造が異なります。上の図にあるように二重結合としている炭素に水素が互い違いに横切っています。このような直線構造をしたトランス脂肪酸が細胞膜に取り込まれると、細胞膜は正常な働きができなくなります。

血管内皮、気道粘膜、消化管粘膜、皮膚などの細胞も含め体内の細胞機能が障害されて、生物反応が正常に行えなくなり、病気を起こす可能性があります。また、この脂肪酸は、体内では代謝されないため、アレルギー症状・神経系の症状を悪化させ、心臓病や糖尿病などの発生を高めると言われています。

実は、私もファーストフードのポテトを食べると関節が痛くなる症状がでます。海外では、すでに外食産業での使用を禁止しています。日本でも今年はいろいろと具体的に規制させると思います。

人工的な操作によって発生したトランス脂肪酸が多く含まれている食品
植物性油脂(不飽和脂肪酸)に人工的に水素を添加して液状の油脂を固化させた硬化油脂(マーガリン、ショートニング)、ヘキサンなどの溶媒を使って高温で精製された植物性油脂(市販大豆油、コーン油、米油、ナタネ油、綿実油など)、高温の植物性油脂を使って調理した食品(揚げ物、フライ、天ぷら)、植物性油脂を含み高温で調理され食品(スナック、冷凍食品など)






Last updated  2007.01.04 03:40:08
2007.01.02
カテゴリ:日々雑感
バーデハウス室戸からの2007年初日の出です。元旦から営業です。スタッフの皆さんご苦労様です。バーデハウス室戸のバーデプールは、不感温度に設定させているので、冬でもさむくありませんし、ゆっくり長く入ることが出来ます。お酒を飲み過ぎたら、バーデにきてください。ゆっくり、汗をかいて尿酸値も減少します。

この不感温度に加え、立って入ることができるので、硬くなったももの裏側や背中の裏側の筋肉をリラックスさせることができます。アクアマッサージには、血流を促進させ、筋肉の酸素をより多く末端に運ぶことができます。

昨年データをまとめ、学会で発表したものを今、この正月休みに論文にまとめています。4月くらいには印刷できると思います。特に解ったことは、アクアマッサージは、皮膚温も上がりますので、血行促進と皮膚温の上昇です。血流がよくなると「かゆく」なるのもそのためです。特に、肩胛骨の間にあててもらうと肩こり・偏頭痛にも効果的です。

今年も、多くの人々にバーデハウス室戸を御利用して頂きたいです。







Last updated  2007.01.03 15:21:01
2007.01.01
カテゴリ:日々雑感
新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しく御願いいたします。

今日は、近所の柴又帝釈天までウォーキングを兼ねてお参りをして来ました。帰りは、参道を抜け、そのにぎわいを楽しみました。私は、よくここに来れるので何を買うわけでもなくふらふらとしていました。こ1時間も歩くと家に戻ることができます。

年越し蕎麦をたべて年を越した人は多いと思いますが、私は最近になって「蕎麦」もアレルギーとなってしまい、あの好きだったソバも食べられなくなってしまいました。
無理して食べると、食道の肥厚が起こり、咽になにも入らないようになり、息もすることが出来なくなるようです。とても怖いのです。

今年は、とにかく飛躍の年にしたいです。






Last updated  2007.01.02 14:44:07
2006.12.23
カテゴリ:日々雑感
あっという間に今年も終わりますね。

昨日は、国士舘大学の主催で「舞の海秀平」さんを招き、基調講演をしてもらいました。
学生にあきらめないことのすばらしさを説いてもらいました。とても話しが上手でびっくりしました。あのシリコン事件の時の話しはおもしろかったというよりは、相撲にかけるすばらしい執念がとった行動だったこともわかりました。

そして、今日は、第3回スポーツボランティア学会大会を行いました。演題は全部で11題でスポーツボランティアの現状分析の発表でした。私たちのグループは、視覚障がい者ランナーの伴走時の酸素摂取量について報告しました。伴走をした場合、同じ運動負荷で走った時に1kmで約15秒遅くなることがわかりました。およそ4%のタイムロスがあるということです。ですから、自分のベストタイムより4%程度おとしたタイムが、伴走する視覚障がい者ランナー速度であればなんとかこなすことができるという事になります。反対にそれぐらいの余裕がないと伴走はできないということにもなります。これで、少し荷が解けました。後は、論文執筆と原稿に集中できます。






Last updated  2006.12.23 23:30:27
2006.12.15
カテゴリ:日々雑感
ノロウイルス(Norovirus)が流行っています。嘔吐などを滅多にしない人が急激な吐き気をもようしたら要注意です。

ノロマなウイルスではなく、1968年米国オハイオ州ノーウォークにて発見されたことからこの名がついています。ウイルス感染なので、感染したヒトの糞便や嘔吐物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を介して経口感染すると言われています。

「乾燥したもの」というところがキーワードかもしれません。

激しい嘔吐の後に、激しい下痢になります。卵の腐ったような臭いです。下痢止めや吐き気止めをのんでしまうと、ウイルスが体内に残ってしまうのでなるべく出した方が良いようです。感染すると1日から2日で発病し、激しい嘔吐が、一日中何度も続きます。また、トイレから出られないほどの下痢が、2・3日続き、それから締め付けられるような腹痛と、37℃台の微熱が出ます。症状は2・3日で収まります。 とにかく、脱水症状を起こさないように水分補給をこまめにすることが大切です。

予防は、石鹸で手を洗うことで、ウイルスを洗い流すことです。食器類は、85℃以上で1分間以上の加熱消毒か、塩素系の消毒薬を使えば、ウイルスの活動をとめることができます。

非常に強いウイルスなのでもちろんお風呂を共有することも危険です。

プールも塩素殺菌していますが、必ずプールに入る前にはシャワーを浴びてきれいな体でプールを使用するように御願いします。






Last updated  2006.12.16 15:50:12

全228件 (228件中 91-100件目)

< 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 23 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.