6099819 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

蚤とダイエット

2012.01.07
XML
テーマ:糖尿病(1119)
カテゴリ:塩パワー
と、タイトルのことをりえぽんりえたんさんからコメントをいただきました。
なんの話題か? というと、塩のことです。続きを読んでみましょう。

良質な塩なら基本的にそれほど気にする必要性はないですよね?
個人的に支持する先生達などは、減塩っていう人は
ほとんどいないです。適塩です。
東北地方が塩辛いのは寒いから、身体を温めるためなのかも?
って最近気づきました。
牛乳が伝統的に飲まれていた地域も冬場に新鮮な野菜や果物が
手に入りづらかった地域だと最近気づき、もしかしたら
酵素補給のために生牛乳が必要だったのかも?と思いました。
今は流通が発達してるから、その必要性も薄れたかも知れませんがー。
それに今は殺菌しちゃってますしね。

以下の本では「1日25グラムの塩が、僕の命を救ってくれた!」
ということが書いてあります。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
重度の糖尿病のため、ついに医師から失明宣告されるに至ったカバゴン先生を、絶望の淵から救い上げたのは、生命の源とも言える“海”が与えてくれた“塩”だったー。自然の恵み“塩”と“水”の摂取で、身体の元気を蘇らせる画期的な健康法を、著者ならではのユーモラスな文体で綴った、糖尿病生還記。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 驚愕ーびっくり仰天、この世は闇だ(驚愕/糖尿病歴十七年のベテラン ほか)/第2章 六つの実行(いよいよはじまる新治療/水を飲め飲め、水を飲め。 ほか)/第3章 毎日が六つの戦争(実践編)(五月二十三日から九月三十日までの第一戦/十月八日からの第二戦)/第4章 あれから一四年経ちました(生還三題話+生命誕生/水を探せ、塩を探せ、そして食材も ほか)

勿論「塩」だけによる治療ではありませんから、誤解をなさらぬように。

人気blogランキングへ

(本日2つ目の記事でした。前のも読んでくださいね?)






Last updated  2012.01.08 00:00:47
コメント(2) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


為谷 邦男

Recent Posts

Category

Comments

Favorite Blog

臨時休校で給食なし… New! 安食育夫さん

今日も元気に「ばば… New! ごねあさん

2/28 イベント・集会… New! JIMEsanさん

着色料が残念! 立… New! 藻緯羅さん

RVインテルアラート New! n4316さん

「せんせい、どの子… New! Dragon netさん

心を落ち着けるには。 New! lovelovelove7240さん

個室で咳をしている… New! かきつばた3672さん

カナダで天丼(^▽^;)… New! Fugu-chanさん

日本列島 New! ヨーガ1950さん

Archives

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.