5719657 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

蚤とダイエット

全8件 (8件中 1-8件目)

1

朝食について

2015.03.23
XML
カテゴリ:朝食について

現代栄養学を信じきっている人の中には
こういうおかしな、へんな、間違った、
情報を流す人がいるのですね。
本人はそれが正しいと思っているから尚更始末が悪い。

必ず朝食を食べる。
ダイエット中だからと言って、
朝食も抜かないことです。
朝食べることで、消費カロリーが減らせますよ♪

朝食は1日のエネルギー源となる重要な食事であり、
太らない食生活を送るためにはとても重要なポイント

1日最低3食!正しい食生活が重要 ダイエット食事ガイド
3食の中で、朝食で一番多くカロリーをとっても
いいぐらいなんです。朝摂取したカロリーは1日の
活動の中で消費されやすいです。

【出典】
http://matome.naver.jp/odai/2142135721374432301

>必ず朝食を食べる

>3食の中で、朝食で一番多くカロリーをとっても
>いいぐらいなんです。

あちゃあ、これって、完全な間違い!
午前中は排泄の時間なのです。
試しに朝ごはんを食べない実験をしてみてください。

>朝食は1日のエネルギー源となる重要な食事であり、

これも間違い勘違い。
1日のエネルギー源は朝食ではなく、
前日まで食べてきた食事なのですよ。




Twitterボタン
Twitterブログパーツ






Last updated  2015.03.23 20:36:39
コメント(0) | コメントを書く
2015.02.03
カテゴリ:朝食について
朝食抜きの1日2食は当たり前なんですよ。
これが標準とならなければいけない。
さらに、その上を行く人がいる。
以下の動画をごらんください。

1日1食を実践している芸能人・有名人には大物が多い!売れっ子はやっぱり健康志向か? | 稲川淳二の怪談動画
http://youkaiwatch.red/watch/QQrxkhTM8ug/





はじめから1日1食はむずかしいだろうから、
1日2食から始めましょう。


クリックしてくださると嬉しゅうございます。
人気blogランキングへ

Twitterボタン
Twitterブログパーツ






Last updated  2015.02.03 18:26:28
コメント(2) | コメントを書く
2015.01.04
カテゴリ:朝食について

ダイエットツイートによくありますね。
なぜ食事を抜いていはいけないのでしょうか?

食事を抜けば、当然摂取カロリーは減りますので
痩せると思いますよね。
しかし人は1食でも抜くと、体が飢餓状態を感じて、
次に食事をする時はよりたくさんのエネルギーを
吸収しようとしてしまいます。
特に朝食を抜いて、夕食をたくさん食べてしまうのは
一番太りやすいのです。
朝に取ったカロリーは生活の中で消費されますので、
朝食も抜かないようにしましょう。

http://interesting-content.net/tankidietkiwotukeru-298

この方、ご自分では1日2食を体験したことなくて、
机上の論理述べていると思われます。

>特に朝食を抜いて、夕食をたくさん食べてしまうのは
>一番太りやすいのです。

普通は、朝食を抜いたら昼食にたくさん食べてしまうのではないか?
それがなぜに夕食なのか?

実際のところ、朝食を抜いたからといって、昼食に
たくさんは食べられないものです。
夕食も同様です。

実践してみればわかります。
しかし、何を食べるべきではないか、を知らないと、
ダイエット効果は薄いと思いますが・・・。




★本日2つめの記事でした。前のも読んでくださいね★

クリックしてくださると嬉しゅうございます。
人気blogランキングへ


Twitterボタン
Twitterブログパーツ






Last updated  2015.01.05 00:19:55
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.18
カテゴリ:朝食について

1日3食食べるのも食べすぎですよ。

【出典】
石原博士の健康漫談 3/6 (11分55秒より)
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=hKrZuFyj66E&NR=1

これからは1日1食が主流になるかもしれないね。



クリック↓してくださったら嬉しゅうございます。
人気blogランキングへ


Twitterボタン
Twitterブログパーツ






Last updated  2014.12.18 16:05:23
コメント(0) | コメントを書く
2013.10.14
カテゴリ:朝食について

まずは古い記事ですけど、2000.8.19日本経済新聞からです。

カロリー抑え体重管理 体調不良なら避けて

「朝食抜き」はダイエットの手軽さで古典的な手法だが、「元気が出ない」「かえって太る」などの“定説”が支配的でこれまで一般 的に敬遠されてきた。ところが「1日2食で十分」「体質改善には効果的」として朝食抜きの効用を唱える医師が出てきた。両者の争点を探ってみると。

「これだけ栄養の過剰摂取が問題になる時代では、朝食に執着するよりも、体重管理のほうがはるかに重要。デスクワークが中心の人なら、朝食を抜くことはむしろ合理的な選択だ」と言うのは、四谷メディカルサロン(東京・新宿)の風本真吾院長。

1日3食をきちんと取っても、肥満のままでは生活習慣病にかかりやすい。本来なら、食後の活動量 が最も少ない夕食の量を減らすのが理想だが、現実には夕食をおいしく食べることがストレス解消になっていたり、付き合いや接待で減らせない人が多い。「それなら朝食を抜いて1日400-500キロカロリー減らせばよい。これで1カ月に2、3キロ落とすことが可能」と風本院長。

「朝食抜きは体重管理だけでなく、実は人間の生理にもかなった行動である」とまで言うのは、「朝食有害説」(情報センター出版局)を著した渡辺医院(東京・中野)の渡辺正院長。

長年、朝食抜きの健康法を指導している渡辺院長によると、朝は排せつに適した時間帯という。前日摂取した食べ物のカスを午前中に掃除しておくことが健康につながる。排せつ前に食事を取ると消化活動が本格化し、排せつが中途半端に終わってしまう。「朝は水かお茶を飲むのにとどめるべき」という。

しかし、日本人の間では「1日の活動源である朝食はしっかり取るべき」という観念がかなり定着している。体重管理や排せつが大切と分かっていても、「力がでないのでは」という不安が残る。

朝食を重視する背景に、朝食を抜くと血糖値が低下して、脳にエネルギー源のぶどう糖が行き渡らなくなり思考能力や活動に影響が出るという考え方がある。

80年に自治医科大学の教授だった香川靖雄教授(現在は女子栄養大学副学長)らが「朝食抜きの学生ほど成績が悪かった」という論文を発表したのを受けて、“朝食信仰”が完全に定着した。

一方、浜松医科大学の甲田勝康医師は、朝食の有無が体に与える影響を検証するため、男女の学生8人を対象に生活条件を同一にして、朝食を抜いた時の血糖値などを比較した。

すると、全員が朝食抜きでも低血糖状態にならなかったばかりか、昼食直前の血糖値は朝食を食べた時とほとんど差がなかったという。血中のぶどう糖がなくなっても、体脂肪からの合成などで賄っていると考えられる。

これに対し、脳の研究者の間では、朝食を重視する考えが根強い。大阪大学の中川八郎名誉教授は「一定以上の血糖値を維持しないと脳がぶどう糖を摂取しにくい構造になっている」と指摘する。食後の血糖値が上がった時に、脳によるぶどう糖摂取が最も効率的になるという。

このように、専門家の間で大きく意見が分かれるのが、朝食抜きが血糖値の推移を通 じて脳などの活動にどう影響するかという点だ。現状ではどちらに分があるとの結論は見いだしにくい。

ダイエットに関しては、朝食を抜くことで1日の摂取カロリーを減らせば効果 がありそうだ。だが、昼食や夕食の量がかえって増えてしまう人には逆効果 。朝食をやめた当初、体が慣れないうちは疲労感を覚えることもある。風本院長は「一週間続けてなじまなかった人には向かない」という。

糖尿病や胃かいようの患者が自己流で朝食を抜くのは危険なので、自分の健康状態や生活習慣を考えながら、専門医と相談することが大切だろう。

(2000.8.19日本経済新聞)

「朝食抜き健康法」の信頼度
http://www.white-family.or.jp/healthy-island/htm/repoto/repo-to32.htm


いかにも新聞記事らしい内容ですね。主張がない。
それは仕方のないことでしょうけどね。

朝食論争は今も続いています。
自分で試してみたらいいだけの話なんだけどね?

多くの人は端から

「朝食は大切だ」

「朝飯を食べないと頭がぼーっとして勉強や仕事が満足にできないぞ」

「朝食を食べないと低血糖症になるんだぞ」

などなど、朝食神話から抜け出せないでいます。

もう一度言います、書きます、述べます。

自分で確かめてご覧なさい。

ただし、少しずつ朝ごはんを少なくしていって、
一週間で朝食をやめる。その後一ヶ月は続ける。

ただし条件がある。ほかの2食ではごはんをしっかり食べること。


それでは、ご本人は一日一食という医師の話を聞いてみましょう。

空腹力が人類を救う
http://www.youtube.com/watch?v=5oL2-bLp2LU


石原結實に注目しています。(【楽☆増】で作りました。
http://piq.cutegirl.jp/JgKXtH2Z8A/category0/list/0/

(エラーになった場合はすみません、コピペしてください)












Last updated  2013.10.14 23:16:24
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.06
カテゴリ:朝食について
日本にはいろんな食にまつわる神話がありますが、
「朝食は食べなきゃダメ」
「朝食は大切だよ」
という朝食神話も困った神話の一つですね。

カロリー抑え体重管理 体調不良なら避けて

「朝食抜き」はダイエットの手軽さで古典的な手法だが、「元気が出ない」「かえって太る」などの“定説”が支配的でこれまで一般 的に敬遠されてきた。ところが「1日2食で十分」「体質改善には効果的」として朝食抜きの効用を唱える医師が出てきた。両者の争点を探ってみると。

「これだけ栄養の過剰摂取が問題になる時代では、朝食に執着するよりも、体重管理のほうがはるかに重要。デスクワークが中心の人なら、朝食を抜くことはむしろ合理的な選択だ」と言うのは、四谷メディカルサロン(東京・新宿)の風本真吾院長。

1日3食をきちんと取っても、肥満のままでは生活習慣病にかかりやすい。本来なら、食後の活動量 が最も少ない夕食の量を減らすのが理想だが、現実には夕食をおいしく食べることがストレス解消になっていたり、付き合いや接待で減らせない人が多い。「それなら朝食を抜いて1日400-500キロカロリー減らせばよい。これで1カ月に2、3キロ落とすことが可能」と風本院長。

「朝食抜きは体重管理だけでなく、実は人間の生理にもかなった行動である」とまで言うのは、「朝食有害説」(情報センター出版局)を著した渡辺医院(東京・中野)の渡辺正院長。

長年、朝食抜きの健康法を指導している渡辺院長によると、朝は排せつに適した時間帯という。前日摂取した食べ物のカスを午前中に掃除しておくことが健康につながる。排せつ前に食事を取ると消化活動が本格化し、排せつが中途半端に終わってしまう。「朝は水かお茶を飲むのにとどめるべき」という。

しかし、日本人の間では「1日の活動源である朝食はしっかり取るべき」という観念がかなり定着している。体重管理や排せつが大切と分かっていても、「力がでないのでは」という不安が残る。

朝食を重視する背景に、朝食を抜くと血糖値が低下して、脳にエネルギー源のぶどう糖が行き渡らなくなり思考能力や活動に影響が出るという考え方がある。

80年に自治医科大学の教授だった香川靖雄教授(現在は女子栄養大学副学長)らが「朝食抜きの学生ほど成績が悪かった」という論文を発表したのを受けて、“朝食信仰”が完全に定着した。

一方、浜松医科大学の甲田勝康医師は、朝食の有無が体に与える影響を検証するため、男女の学生8人を対象に生活条件を同一にして、朝食を抜いた時の血糖値などを比較した。

すると、全員が朝食抜きでも低血糖状態にならなかったばかりか、昼食直前の血糖値は朝食を食べた時とほとんど差がなかったという。血中のぶどう糖がなくなっても、体脂肪からの合成などで賄っていると考えられる。

これに対し、脳の研究者の間では、朝食を重視する考えが根強い。大阪大学の中川八郎名誉教授は「一定以上の血糖値を維持しないと脳がぶどう糖を摂取しにくい構造になっている」と指摘する。食後の血糖値が上がった時に、脳によるぶどう糖摂取が最も効率的になるという。

このように、専門家の間で大きく意見が分かれるのが、朝食抜きが血糖値の推移を通 じて脳などの活動にどう影響するかという点だ。現状ではどちらに分があるとの結論は見いだしにくい。

ダイエットに関しては、朝食を抜くことで1日の摂取カロリーを減らせば効果 がありそうだ。だが、昼食や夕食の量がかえって増えてしまう人には逆効果 。朝食をやめた当初、体が慣れないうちは疲労感を覚えることもある。風本院長は「一週間続けてなじまなかった人には向かない」という。

糖尿病や胃かいようの患者が自己流で朝食を抜くのは危険なので、自分の健康状態や生活習慣を考えながら、専門医と相談することが大切だろう。(2000.8.19日本経済新聞)

http://www.white-family.or.jp/healthy-island/htm/repoto/repo-to32.htm


>朝食を抜いて1日400-500キロカロリー減らせばよい。これで1カ月に2、3キロ落とすことが可能

そもそも朝食抜きはダイエット法ではなかったのだ。

>「朝食抜きは体重管理だけでなく、実は人間の生理にもかなった行動である」
>とまで言うのは、「朝食有害説」(情報センター出版局)を著した
>渡辺医院(東京・中野)の渡辺正院長。

そうそう、そういうことなのです。

>「一週間続けてなじまなかった人には向かない」

1週間じゃ短すぎるでしょう。
渡辺正院長の仰っている、以下のことは今や常識です。

>朝は排せつに適した時間帯という。前日摂取した食べ物の
>カスを午前中に掃除しておくことが健康につながる。
>排せつ前に食事を取ると消化活動が本格化し、
>排せつが中途半端に終わってしまう。
>「朝は水かお茶を飲むのにとどめるべき」という。

【中古】 朝食有害説 「一日二食」で健康に生きる /渡辺正(著者) 【中古】afb 105円

★本日3つめの記事でした。前のも読んでください★

人気ブログランキングへ













Last updated  2013.08.06 20:32:36
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.05
カテゴリ:朝食について

「栄養医学研究所のフォルカー・シュスヅィアラー博士らの研究によると、
朝食をしっかりとる人は、少しだけ食べる人や全く食べない人に比べ、
カロリーを多くとることはあっても、決して少なくなることはないことがわかったのだ。」

というのだ。
まあ為谷にとってはあまり真剣に読む気はしないけど、
一応、記事を転載しておきますね。

「朝食を抜くと太るはウソ」研究で明らかに

「朝食をとらないと太る」という通説がある。これは、朝食を抜くと、昼や夜に食べ過ぎてしまうのが原因と言われているのだが、ドイツの研究者によれば、それは間違いであることが明らかになった。どうやら、朝食の量は一日のカロリー摂取に、なんら影響を与えていないようである。

ドイツのミュンヘン大学、栄養医学研究所のフォルカー・シュスヅィアラー博士らの研究によると、朝食をしっかりとる人は、少しだけ食べる人や全く食べない人に比べ、カロリーを多くとることはあっても、決して少なくなることはないことがわかったのだ。

研究者チームは380人を対象に調査を行った。対象のうち280人は太りすぎの人で、100人は標準体重。そして全員に10~14日間、食事日記を毎日つけるよう指示した。朝食を多くとるという人は、少なめの朝食をとる人に比べて、平均して400カロリーも摂取量が多かった。そして、1日の摂取カロリーは他の人に比べて同様に400カロリー多かったことが判明したのである。つまり、朝食をたくさん食べたにも関わらず、昼食と夕食は減ることがなく、他の人と同じだけ食べていたのだ。

また、米国立体重管理レジストリのデータによると、ダイエットに成功した78%の人は朝食をとっていたが、残りの22%は朝食抜きでもダイエットできたのだ。必ずしも、「朝食を抜くと太る」という通説が正しいとは言えないと指摘。さらに、「朝食のカロリー摂取量は、1日の総カロリーの増減と相関関係にあります。その関係は、太り過ぎの人と標準体重の人、それぞれに見られたのです」と、博士は説明している。もし仮に博士のいうように、「朝食を抜くと痩せる」とするならば、現在の体重に関係なく、効果があらわれるようなのである。

ダイエットをお考えの方は、朝食のカロリーをチェックしてみて欲しい。少し減らすだけで、1日のカロリー摂取量を抑えられることは間違いないようだ。

http://rocketnews24.com/?p=67746


朝食を取る、取らない、ということよりも、何を食べる、何を食べない、
ということのほうが大切なのです。
そこで為谷は蚤と蚤ルックダイエットを提唱しているわけです。

幕内秀夫さんは「朝食論争はアホらしい」と述べていますね。
同感です。

【送料無料】女性のからだを変える!99円弁当 [ 幕内秀夫 ]

【送料無料】子どもの「パン食」は今日からおやめなさい! [ 幕内秀夫 ]

【送料無料】乳がん患者の8割は朝、パンを食べている [ 幕内秀夫 ]

【送料無料】病気にならない女性は「カタカナ食」を食べない [ 幕内秀夫 ]

人気ブログランキングへ






Last updated  2013.06.05 19:38:59
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.31
カテゴリ:朝食について

ああ、「マクドナルドのハンバーガーは栄養バランスがいい」と仰る牧野直子さんね。
マユに唾をつけながら、さっそく読んでみましょう。

 忙しい朝は、朝食もトーストとコーヒーなどで済ませてしまう人が多いが、ダイエットのためには、炭水化物とたんぱく質をしっかり摂取するのが理想。

「ご飯やパンなどの炭水化物は脳のエネルギー源となるので、朝食には必須です。また、体温や代謝を上げるためには、時間がなくても手軽に摂れる卵やチーズなどのたんぱく質を一緒に摂取することが効果的です」(牧野さん)

 さらに、野菜や果物をプラスすれば栄養バランスはバッチリ。

「特に、果糖が含まれているフルーツはエネルギー源になるので朝食におすすめです」(牧野さん)

 朝食で食べたものは、日中の活動エネルギーとなって消費されるので、太る心配はなし。ダイエットのために朝食を抜くことは、体の機能を低下させるうえに、間食やドカ食いの原因になるので、食べても脂肪として蓄積されない朝食こそしっかり食べるべきといえそうだ。

※女性セブン2012年8月2日号

全文はこちら↓
http://getnews.jp/archives/234520


>朝食もトーストとコーヒーなどで済ませてしまう人が多いが

これは「朝食は取らなきゃだめ」という朝食神話の悪影響ですね。
トーストとコーヒーだけだったらむしろ朝食は取らないほうがいいですね。

>炭水化物とたんぱく質をしっかり摂取する

低炭水化物ダイエットを提唱している人が読んだら憤るでしょうね。
タンパク質は「しっかり摂取」はしない方がいいのです。

>体温や代謝を上げるためには、
>時間がなくても手軽に摂れる卵やチーズなどのたんぱく質を

え?タンパク質が体温や代謝を上げるの?それらが消化されて吸収されるまで
どのくらいの時間がかかるのでしょうか?

>ダイエットのために朝食を抜くことは、体の機能を低下させる

させません。

>間食やドカ食いの原因になる

なりません。
それとこれとは別のことです。

>果糖が含まれているフルーツはエネルギー源になるので朝食におすすめです

フルーツだけを食べるのならいいですね。













Last updated  2013.05.31 21:01:40
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


為谷 邦男

Recent Posts

Category

Comments

 為谷 邦男@ Re:頂上まで行ってきましたよ(05/23) 見晴山山頂です。 標高1458.0m。 山のふ…
 為谷 邦男@ Re:甌穴(おうけつ)なんて初めて見たよ。(05/23) この画像は、 > 四万の甌穴群(群馬県指…
 為谷 邦男@ Re:群馬県四万方面に行ってきました(05/23) オゴノリがあったことに感動したよ。
 為谷 邦男@ Re:春の交通安全週間なの?(05/23) はっきり言って、目障りです。
 為谷 邦男@ Re:ご質問(05/20) 先生の元教え子さんへ コメントありがと…

Favorite Blog

看護師の物言い New! Dragon netさん

リリーさんをご存知… New! lovelovelove7240さん

2019年6月16日7… New! 藻緯羅さん

天は人の生きる道を… New! ヨーガ1950さん

スイッチが入らない New! ごねあさん

6/15 孫1号の壮行会 New! JIMEsanさん

焦点:肉に挑む人工… New! 南茶手 美井雁さん

以下引用文 New! n4316さん

日本酒で失態を演じ… 安食育夫さん

下痢と便秘を繰り返… 野母伊 志穂輔さん

Archives

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.