6319783 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

─ 灼熱 ─

PR

2005年12月02日
XML
テーマ:ニュース(76446)
カテゴリ:カテゴリ未分類


山口組の司六代目の懲役6年が確定したもよう。司氏が収監されることで六代目山口組は組長不在となる。代行は誰でしょう。
こちらは更新するかも
(更新終了)



指定暴力団山口組6代目、篠田建市組長近く収監 最高裁上告棄却で懲役6年の実刑確定へ


指定暴力団山口組の6代目組長、司忍こと篠田建市被告(63)が近く収監される。
篠田被告は8年前、ボディーガードの組員にピストルを所持させていたとして銃刀法違反の罪に問われ、最高裁が1日までに上告を棄却する決定をしたため、懲役6年の実刑判決が確定する。

[2日0時28分更新]

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/



山口組組長の実刑確定へ 最高裁、上告を棄却
【17:05】 最高裁は1日までに、銃刀法違反の罪に問われた指定暴力団山口組6代目組長篠田建市(通称司忍)被告(63)の上告を棄却する決定をした。懲役6年の実刑判決が確定し、被告は近く収監される。



山口組組長の実刑確定へ 銃共同所持で最高裁
12月01日 17時37分

最高裁第1小法廷は1日までに、銃刀法違反(共同所持)の罪に問われた指定暴力団山口組6代目組長篠田建市(通称司忍)被告(63)の上告を棄却する決定をした。

懲役6年の大阪高裁判決が確定する。保釈中の篠田被告は近く収監される。決定は11月29日。

ボディーガード役の拳銃所持で、組長の共謀が問えるかどうかが争点となったが、島田仁郎裁判長は決定理由で「大まかであっても、警護役の所持を確かに知り、容認していれば、実質的な指示と考えられる」とした2審の判断を支持した。

2審判決によると篠田被告は弘道会(名古屋市)会長だった1997年9月20日、組員ら2人と共謀し大阪市内で拳銃2丁と実弾11発を所持した。組員らは現行犯逮捕され、篠田被告は共犯として翌年逮捕、起訴された。

http://www.topics.or.jp/Gnews/news.php?id=CN2005120101002054&gid=G06



山口組組長の実刑確定へ・最高裁、銃刀法違反で上告棄却

ボディーガードの組員に拳銃と実弾を所持させたとして、銃刀法違反(共同所持)の罪に問われた指定暴力団山口組組長、篠田建市(通称・司忍)被告(63)の上告審で、最高裁第1小法廷(島田仁郎裁判長)は1日までに、被告側の上告を棄却する決定をした。一審の無罪判決を破棄し、懲役6年とした二審・大阪高裁判決が確定する。保釈中の同被告は近く収監されるとみられる。

公判では組員との共謀の有無が最大の争点となった。被告側は「組員らに拳銃を持たせたことはない」などとして、二審判決の破棄を求めた。

これに対し、同小法廷は「配下の組員の一部が被告を警護するために拳銃を携帯所持していることを、概括的とはいえ確定的に認識し、認容していた」と指摘し、篠田被告と組員らとの共謀共同正犯の成立を認定した。決定は5裁判官の全員一致。

二審判決によると、篠田被告は1997年9月、大阪市北区のホテルの出入り口やロビーで、警護役の組員2人=実刑確定=に実弾入りの拳銃2丁を所持させた。 (19:00)

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20051201AT1G0102301122005.html



山口組6代目組長、銃刀法違反の実刑確定で収監へ

ボディーガード役の配下組員2人に拳銃などを所持させたとして、銃刀法違反(共同所持)の罪に問われた指定暴力団山口組6代目組長の篠田建市被告(63)に対し、最高裁第1小法廷(島田仁郎裁判長)は、上告を棄却する決定をした。

決定は11月29日付。懲役6年の実刑とした2審・大阪高裁判決が確定する。全国最大の山口組トップが現役のまま収監されることになる。

島田裁判長は、「同行した配下の組員が警護のため拳銃などを携帯していることを、概括的とはいえ確実に認識し、容認していたから、共犯になるとした2審判決は正当」と述べた。

2審判決によると、篠田被告は1997年9月20日、山口組の定例幹部会に出席するため宿泊していた大阪市北区のホテル内で、一緒にいた組員2人に拳銃2丁と実弾計11発を所持させた。篠田組長は当時、山口組最高幹部の一人で、弘道会(名古屋市)の組長でもあった。

2001年3月の1審・大阪地裁判決は、「暴力団の行動原理だからという理由で、被告と警護の組員の間に拳銃所持についての意思疎通があったとするのは論理の飛躍」として、無罪を言い渡した。これに対し、04年2月の2審判決は、「被告と組員の間に黙示的な意思疎通があった」と指摘、逆転有罪とした。

(2005年12月1日21時24分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051201i214.htm?from=main2






※ 以下に参考までに、大阪地裁で無罪判決(2001年3月)、大阪高裁で逆転有罪(2004年2月)となった記事を載せておきます。記事はリンク切れなのでURLは記載しません。



組員けん銃所持:山口組最高幹部に無罪判決 大阪地裁(2001年3月14日)

配下の暴力団組員にけん銃を持たせていたとして、銃刀法違反(共同所持)の罪に問われた山口組最高幹部の弘道会会長、篠田建市被告(59)の判決が14日、大阪地裁であり、上垣猛裁判長は無罪判決(求刑懲役10年)を言い渡した。
篠田被告は1997年9月20日、大阪市北区のホテルで、ボディーガード役の組員2人に実弾を込めたけん銃を持たせて護衛させたとして指名手配され、98年6月、大阪府警曽根崎署に出頭して逮捕された。組員2人は懲役5年の判決が確定している。

当時、山口組最高幹部だった宅見勝・宅見組組長の射殺事件が原因の暴力団抗争が起きており、司忍の別名で知られる篠田被告は、山口組本部(神戸市)であった会合に出席。府警は篠田被告の宿泊先のホテル前で組員らの一斉職務質問と身体検査を実施し、けん銃を持っていたボディーガードを逮捕したが、篠田被告は現場から姿を消した。

篠田被告が組員にけん銃を持たせていたことを証明する直接的な証拠はなかったが、公判で検察側は、当時、暴力団抗争が起きていた状況証拠などから、「被告は組員のけん銃所持を暗黙のうちに認識し、容認していた」と主張。篠田被告側は「けん銃を持ち護衛するよう指示したことはない。けん銃を持っていたことも知らず、共謀はしていない」と無罪を主張していた。

東京都内で乗車中、後ろに続いていた車のトランクにけん銃5丁を隠していたとして、銃刀法違反罪に問われた山口組最高幹部の桑田兼吉被告に対し、東京地裁は昨年3月、「具体的な指示がなくても、けん銃の携帯を認識し容認していたと認められる」として、懲役7年(求刑懲役10年)の実刑判決を言い渡している。【森野 茂生】

絹川信博・大阪地検次席検事は「予想外の判決であり、驚いている。控訴するかどうかは判決内容を十分に検討し、上級庁とも協議して決定する」とコメントした。






<銃刀法違反>山口組最高幹部、逆転有罪 大阪高裁が実刑判決

配下の組員2人に拳銃を持たせたとして、銃刀法違反(共同所持)の罪に問われ、1審・大阪地裁で無罪判決(求刑・懲役10年)を受けた山口組最高幹部で弘道会会長、篠田建市被告(62)に対し、大阪高裁は24日、1審判決を破棄し、懲役6年の実刑判決を言い渡した。白井万久裁判長は「被告は組員の拳銃所持を確定的に認識し、黙示的な意思の連絡があった」と組員との共謀を認めた。篠田被告側は上告する。

高裁判決によると、篠田被告は97年9月20日、大阪市北区のホテルで組員2人に実弾を込めた拳銃を持たせたとして指名手配され、98年6月、府警曽根崎署に出頭し、逮捕された。組員2人は懲役5年の実刑が確定している。

1、2審とも実際に拳銃を持っていない暴力団幹部との共謀の有無が争点となった。白井裁判長は、▽弘道会では組員が幹部を警護する組織をつくり、拳銃を発砲すると功労者として扱われていた▽暴力団抗争を背景に被告は身の危険を認識していた――などの間接的な事実を例示した上で、「組員に直接指示をしていなくても、共謀があったことを認めざるをえない」と述べた。

01年3月の1審判決は「組員が拳銃を所持して警護していたことを認識していたとするには合理的な疑いが残る」と指摘し、無罪を言い渡した。

銃刀法違反事件の約1カ月前には、山口組最高幹部だった宅見勝・宅見組組長(当時)が射殺される事件があり、暴力団抗争が起きていた。

同種事件では東京地裁が00年3月、別の山口組最高幹部に懲役7年を言い渡し、最高裁でこの刑が確定している。

【木村哲人】(毎日新聞)
[2月24日13時58分更新]




【山口組国粋会】国粋会が山口組の傘下に(2005年09月08日)
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200509080000/

【山口組】司六代目「新執行部」の全貌(2005年09月03日)
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200509030000/

中野会が解散(2005年08月08日)
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200508080000/

六代目山口組(2005年07月28日)
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200507280000/

【五代目山口組】新若頭補佐のプロフィール(2005年06月30日)
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200506300000/

山口組若頭とは何か(2005年06月06日)
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200506060000/

五代目山口組の若頭が決定した(2005年05月11日)
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200505110000/

どうなる五代目山口組若頭(2005年02月01日)
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200502010000/




五代目山口組の若頭が決定したときの記事にあった写真
上記2005年05月11日のリンク








最終更新日  2005年12月02日 01時34分47秒
コメント(7) | コメントを書く

カレンダー

コメント新着

かめさん7699@ Re:天皇家の資産や収入について(08/23) 1つ意見と1つお願いです。天皇は自分が…
たつまき2998@ Re[1]:坂本龍馬はフリーメーソンに操られていた(11/07) ブラックホールから出たガス雲で 2014年中…
DAGA8307@ ブログ足跡つけます。 こんばんわ、HEAT1836さん、楽しい記事あ…
meilyohh@ 島田紳助 芸能界引退…暴力団との親密交際発覚 原因動画 島田紳助 芸能界引退…暴力団との親密交際…

お気に入りブログ

記事 「マンホール… New! alex99さん

週末メモ アズレインボウさん

現代版攘夷論 アンレッドさん
ガードマンのつづる… 杉山巡さん
アメリカ奮闘記 System of a Downさん
銀河鉄道の夜へ hirotsubasaさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.