1363756 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

沖縄ヤンバルの里山

2021.11.29
XML
カテゴリ:熱帯花木 自然

令和3(2021)1129日 月曜日
きょうの旧暦 1025日 仏滅/長潮  那覇市 日の出 6:58  日の入17:37


熱帯花木 
ホウライカガミ(こと蓬莱鏡)
  草本 つる性常緑多年草 キョウチクトウ科
学名: Parsonsia laevigata
沖縄名:ビンカジラー


ホウライカガミ(こと蓬莱鏡
) 花 / 拡大
  草本 つる性常緑多年草 キョウチクトウ科



ホウライカガミ(こと蓬莱鏡) 葉 / 幹に着生
  草本 つる性常緑多年草 キョウチクトウ科



ホウライカガミ(こと蓬莱鏡) 花 / 拡大
  草本 つる性常緑多年草 キョウチクトウ科




ホウライカガミ(こと蓬莱鏡) 花 /
  草本 つる性常緑多年草 キョウチクトウ科




ホウライカガミ(こと蓬莱鏡) 葉 / 幹に着生
  草本 つる性常緑多年草 キョウチクトウ科



熱帯花木 
ホウライカガミ(こと蓬莱鏡)
  草本 つる性常緑多年草 キョウチクトウ科
学名: Parsonsia laevigata

沖縄名:ビンカジラー
 

分布地域:日本では喜界島以南の南西諸島、沖縄。
国外では台湾、マレーシア、インド。

茎は38m、四方の支持柱に絡み展張します。
 

葉は対生、楕円形~広楕円形、葉長510㎝、葉幅3~5㎝。全縁。
葉先は鈍頭、基部は鋭脚ないか円脚。表面は肉厚、革質、光沢があり、主脈が鮮明な褐紫色。
 

花は集散花序、頂生に薄緑~白色の星形花弁。
花径は12㎝。5裂片、雄蘂は5個、円錐状、長さ3~4㎜。
 

果実は円頭状の莢、長さ6~11㎝。種子は長さ1㎝前後。
 

日本最大の蝶-「オオゴマダラ」は白黒のツートンカラ-の羽をまとい大空を優雅に舞うベストドレッサー
その幼虫の食草です。
 

取 扱 注 意

山羊、牛、馬がホウライカガミを食むと有毒物質で致死に至ることがあります。
草を刈るときは他の草と混ざらないように注意することが肝要です。















最終更新日  2021.11.29 12:45:49
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.