1369139 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

沖縄ヤンバルの里山

全9件 (9件中 1-9件目)

1

ヘゴ

2013.07.14
XML
カテゴリ:ヘゴ

CIMG5096  ヘゴ 新芽.jpg

ヒカゲヘゴ 新芽

CIMG5095  幼いヘゴ 草姿 .jpg

ヒカゲヘゴ 幼木

 

平成25年7月14日 日曜日

きょうの旧暦 6月7日 赤口/中潮

 

ヒカゲヘゴ  (こと 日陰杪欏) 

常緑木性シダ ヘゴ科

学名:Sphaeropteris lepifera Tryon

英名:Flying Spider-monkey Tree Ferns

別名:モリヘゴ、アヤヘゴ    沖縄名:ヒグ

 日本での分布地は奄美大島、沖縄、小笠原。国外では台湾、中国南部、フィリピンなどに自生。

日本国内での最大のシダ植物。草高は15mにも達し、胴回りも大形のものは2m近くになります。幹に不規則な円形~楕円形な紋様が付きますがこれは葉柄が枯れ落ちた痕跡です。

葉長は2~3m。

新芽は1~4月にかけて幹の頂部より伸び、葉柄からゼンマイ様な大形の葉に成長する。これがやがて目のさめるような鮮やかな新緑が現出します。

新芽の径3~5cm、長さ50~100cm、在野の山野草ゼンマイの10倍近くあります。

カタツムリの角のような円形状の芽を2~3本勢い突き出した様な特異な形をした新芽です。熱帯樹林に生える巨大ゼンマイです。

新芽から若芽、成木へと成長するに従い熱帯の森の中に君臨する「シダの女王」になります。

 ジリジリ照りつける真夏の太陽が中天から差し込むようになる頃、孔雀の羽を広げたような緑のシェルタ-を作ります。さしずめヒカゲヘゴは約2億年前の古生代 大型シダ植物を髣髴させる現代版ジュラシックパークの光景を出現させます。

ヘゴの新芽は食材にもなります。アク抜き後三倍酢で食するとシャキシャキとした食感があります。通常では入手困難な山菜の珍味です。







最終更新日  2013.07.14 10:25:15
コメント(0) | コメントを書く


2007.10.20
カテゴリ:ヘゴ
ヒカゲヘゴ  鉢仕立
       高木常緑 シダ科 
  学名:Sphaeropteris lepifera Tryon
  別名:モリヘゴ アヤヘゴ
 沖縄名:ヒグ

5~10年を経たと思われる成木ヒカゲヘゴの鉢仕立です。
高さ2 m前後で幹周りは30~40cm。
樹姿を丹念に整えた絶品です。
某医療センタ-の玄関に展示されたものです。


       ヒカゲヘゴのメモ

沖縄では森林地帯の湿潤な斜面や谷間に産する。
樹姿はヤシのように放射状に枝葉を広げます。あたかも熱帯林の中で君臨する「シダの女王」と称されるにふさわしい堂々たる風格を呈する。胞子で繁殖し、群生する。茎は直立して10mにも達する。
気根は幹に巻きつき肥大化し太さ1mにも達するものもある。
葉痕の印紋はマルハ状にあらわれるのが特徴です。






最終更新日  2007.10.20 08:47:50
コメント(0) | コメントを書く
2006.04.23
カテゴリ:ヘゴ
ヒカゲヘゴ 群生  別名モリヘゴ アヤヘゴ 

       中木 常緑広葉樹 ヘゴ科
  学名:Sphaeropteris lepifera Tryon
  英名:Tree Ferns
 沖縄名:ヒグ
 
ヒカゲヘゴ群生の画像です。

これから夏に向かってヘゴの成長期に入りグングンと伸び新芽から若芽へと変化して亜熱帯の森の中で「シダの女王」として君臨します。
 
葉身が2~3mになるまでにはしばらく時間を要します。

ジリジリ照りつける真夏の太陽が中天から差し込むようになる頃には孔雀の羽を広げたような緑のシェルタ-を作ります。






最終更新日  2006.04.23 09:09:59
コメント(0) | コメントを書く
2006.04.22
カテゴリ:ヘゴ
ヒカゲヘゴ 新芽  別名モリヘゴ アヤヘゴ 

      中木 常緑広葉樹 ヘゴ科
  学名:Sphaeropteris lepifera Tryon
  英名:Tree Ferns
 沖縄名:ヒグ
 
新芽は1~4月ごろにでます。
この時期はヘゴの成長が活発で新芽をふき、やがて目のさめるようなビビッドグリ-ンの新緑が現出します。
 
新芽の径3~5cm、長さ50~100cm、山野草のゼンマイの10倍くらいになります。

カタツムリの角のような円形状の芽を3~6本勢いよく突き出した形をしています。特異な形をした新芽です。
熱帯樹林に生える巨大ゼンマイに遭遇出来ます。

 ヘゴの新芽は食用にもなります。アク抜きして三倍酢で食するとシャキシャキ感のあるスッキリした食感があります。
通常では中々手に入らない山菜の珍味です。






最終更新日  2006.04.22 10:05:23
コメント(0) | コメントを書く
2006.02.14
カテゴリ:ヘゴ
ヒカゲヘゴ 新芽  別名モリヘゴ アヤヘゴ 

        中木 常緑広葉樹 ヘゴ科
  学名:Cyathea lepifera Copel
  英名:
 
新芽は1~4月ごろに多く出します。この時期は成長が活発で新芽は鮮やかな新緑を呈します。
 
大型のゼンマイを連想させる。径3~5cm、長さ50~100cmに達し、ゼンマイの10倍くらいになり始めて見る人はビックリします。

 カタツムリの角のような円形状の芽を3~5本勢いよく突き出した形をしています。特異な形の新芽です。






最終更新日  2006.02.14 09:17:52
コメント(2) | コメントを書く
2005.06.18
カテゴリ:ヘゴ

 ヘゴの利用例  

この画像はヘゴ鉢に胡蝶蘭を着生させた事例です。

 ヒカゲヘゴを輪切りにして胡蝶蘭を植え込んだヘゴ鉢です。

ヘゴと蘭類は相性がよく、活着させると蘭の生長にも良い結果をもたらします。

ヘゴ鉢は素鉢やプラスチック鉢に比べると割高なのと入手が困難なのが難点です。






最終更新日  2005.08.28 17:10:03
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ヘゴ
 

 ヘゴの利用例 その2  

この画像はヘゴの鉢植えです。
 
 ヘゴは湿潤な気候を好みますので、日陰の風通しの良い場所で育てましょう。
直射日光に長時間当てると黄ばんできます。葉にツヤがなくなり茶褐色に変色します。 また、強い風のあたる場所では柔らかい新芽を欠くおそれがありますので注意して下さい。






最終更新日  2005.06.18 11:17:14
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ヘゴ
 
ヘゴの利用例 その3  

この画像はヘゴがオオタニワタリに着生したものです。
 
 日陰の風通しの良い湿潤な場所に生えたヒカゲヘコにオオタニワタリを着生させたものです。3~5年くらい経過したものでしょうか。
 ヘゴの直径は約20cm、樹高は約4m。オオタニワタリの放射状の葉長は約1.5m。
亜熱帯の森の中で涼しげに葉を揺らしている情景は見ているものの心休まる
一シ-ンです。






最終更新日  2005.06.18 11:14:58
コメント(0) | コメントを書く
2005.06.16
カテゴリ:ヘゴ
 ヘゴの枯葉  

  ヒカゲヘゴ  別名モリヘゴ アヤヘゴ 学名Sphaeropteris lepifera Tryon

 茎は直立して10mにも達し、葉長は3mくらいの放射状の羽状複葉をつける。






最終更新日  2005.06.16 17:01:32
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


© Rakuten Group, Inc.