250012 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

てらてら 平田寺

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Freepage List

2012.01.17
XML
カテゴリ:黒池龍神について

【黒池龍神縁起】

寛永3年(1626年)、今から400年ほど前の夏、

尾張地方は、大干ばつに見舞われました。

この日照りに困り果てた九之坪村の村人たちは、

平田寺二代・快巌儀雲大和尚に、雨乞いを求めました。

快巌和尚は龍神が棲むという

隣村・高田寺の黒池(大山川堤防西)に出向き

祈祷をし、池に経文やお血脈を投げ入れ雨を祈り、

老翁の姿をかりて現れた龍神に、禅の法を解きました。

この法に真の悟りを開き、慈悲の心をもった龍神は、

黒雲と稲妻とともに雨をもたらせ、その雨は、三日三晩降り続き、

大地草木は潤い、村人たちは蘇生の思いで歓声湧くがごとくであったそうです。

快巌和尚は、この龍神を鎮守として後世に渡り奉ることを約束し、

平田寺境内に池を穿ち、小洲に祠を築き、勧請しました。

(快巌和尚直筆「黒池龍神謡曲」より)

 

【黒龍さま(黒池龍神)

平田寺の龍神池に祀られている龍神は、

昔から地域の人々に「黒龍さま」として親しまれてきました。

大いなる力を持ち、天界と地上界を結ぶといわれる龍は、

昔から信仰の対象とされています。

龍には、黒龍、白龍、青龍、紅龍の4種があり、

中でも最も位の高く、力があるといわれるのが「黒龍」です。

 

縁起にもあるように佛の教えにより悟りを得て以来

400年にわたり我々を守りつづけてくださっている

黒池龍神(黒龍さま)は、慈しみの心とご縁を引き寄せる力をお持ちです。

 

 

※快巌和尚直筆の「黒池龍神謡曲」は、北名古屋市指定文化財です。

 

※平成17年に開催された愛知万博において、

東尾張の日に旧西春町の出し物として「黒池龍神が」取り上げられました。

 

※ 文化勤労会館東の「文化の森にしはる物語の広場」にあるトンネル内には、

雨乞いをする快巌和尚と龍神、天女と村人たちを表した

夢童由里子さんのコンクリートレリーフ「黒池龍神」が彫られています。







Last updated  2012.01.17 15:38:00
コメント(0) | コメントを書く
[黒池龍神について] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.