001195 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

綠野科技

2021.12.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


糖尿病になると、さまざまな工夫をして病気をコントロールしなければ、血糖値が基準値を超え続けて病気が悪化し、やがて合併症が起きてしまいます。 合併症は主に重要な臓器に影響を与え、高血糖に関連して心臓、腎臓、脳に障害を持つ人が多くいます。 積極的に治療に取り組み、良い習慣を維持しましょう。 食品の種類によっては、血糖値を上げる作用が強く、避けた方が良いものがあります。

甘いもの

血糖値の上昇は、食事と表裏一体です。 日頃からお菓子を食べている方も多いと思います。 甘いものの最大の特徴は、糖分を多く含み、短時間で血糖値が上昇することです。 取りすぎると、糖を消費するインスリンの分泌が足りなくなり、血糖値が高くなり、やがて病気を発症してしまうのです。 甘いものの代表はたくさんあり、ハチミツ、お菓子、ケーキ、ミルクティーなどは遠ざける必要があります。

でんぷんを多く含む食品

また、でんぷんを多く含む食品は、簡単に素早く血糖値を上昇させます。 甘くないのに、実はデンプンが多く含まれ、体内で消化されると糖が発生する食品もあります。 膵臓の機能が低下すると、血糖値が変動することがあります。 そのほとんどが主食であるイモ類、おかゆ、もち米などである低升糖米。 血糖値のコントロールを良くするためには、炭水化物の摂りすぎで太りやすいので、でんぷん質の多い食品は摂りすぎないようにしましょう。

揚げ物類

積極的に血糖値をコントロールし、分別ある食事をすることで、揚げ物の食べ過ぎを防ぎましょう。 また、高カロリーの揚げ物は、淡白な食品の風味を強くしてしまうこともあります。 油や香りをつけて食べるものは、栄養価が低下している可能性があり、過剰に摂取すると太りやすく、肥満は糖尿病の発症を早める可能性があります。 様々な揚げ物を好んで食べる人にとって、この行動は控えた方がよいでしょう。

高脂肪食品

高血糖の肉類は脂肪分が多いものが多いので、食べ過ぎないようにしましょう。 脂肪が多すぎると、消化器系の負担が増え、食欲に影響するだけでなく、体型も徐々に変化していきます。 発症時に太っていること、積極的に減量しないことは、内分泌学に影響を与えやすく、内分泌異常、インスリン分泌の低下、血糖値の変動しやすさなどがあります。 健康のためには、肉と野菜を正しくマッチングさせ、新鮮な野菜や果物をたっぷりと食べ、高脂肪の食品はできるだけ避ける必要があります。

ドリンク

飲み物も糖尿病患者にとっては経口摂取を避けなければならないものです。 喉が渇いたときに水分を補給するために飲み物を飲む人がいますが、飲み物はほとんどの色やエキス、様々な添加物が入っており、成分が複雑です。 中には甘くない、実は糖分が豊富な飲み物もあり、水の代わりに飲み物を使うことも多く、尿酸値が高くなりやすいのに加えて、血糖値に影響し、さらに体も太らせることもあるようです。 水を飲む場合は、飲料に頼りすぎず、ぬるま湯を選ぶとよいでしょう。


関連記事:


高糖質ダイエットはどのくらい有害なのか? この4つの悩みは、あなたのところにやってくるかもしれません。


高グリセミック指数食品とは? 危険性とは?


甘いものは糖尿病の元凶? 実は3つの食品も糖質を上げる名人なので、なるべく触らない方がいいのです。








最終更新日  2021.12.15 17:33:22
コメント(0) | コメントを書く


PR


© Rakuten Group, Inc.