699139 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ハイネのママへの道のり

腹腔鏡下子宮筋腫核出術とは

腹腔鏡下筋腫核出術

おへそのすぐ下に1センチ前後の穴を空けて、そこから腹腔鏡という内視鏡を入れ、お腹の中をモニタ-に映して操作かん子で手術します。

(筋腫をくりぬくというものです。大きな筋腫は、そのまま取り出せないので、中で細かく切ってから取り出します。ただし、10cm前後の大きな筋腫や内膜面の深い部分にある筋腫をくり抜くのは困難です。)

操作かん子はカメラとは別の部位から入れるので、そのために0.5~1.5cm程度の傷が2~3個下腹部にも付きます。

お腹はそのままではぺちゃんこですから、中を見ることは出来ません。

そこで、気腹といって、お腹に炭酸ガスを入れたり、腹壁を特殊な器具で吊り上げます。

手術時間は状態によっても違いますが、通常1~3時間ほどかかります。

腹腔鏡で処置が不可能な場合は、引き続いて開腹手術が行われることがあります。

また切除した筋腫を取り出す為に腹壁の切開を広げたり、場合によっては膣の奥の一部を切開して、そこから取り出す事もあります。

腹式手術のようにお腹を大きく切らないため、傷口が小さく、手術後の回復が早く、腹式よりも癒着を起こす確率が低いという利点があります。

しかし、この手術は一部の漿膜下筋腫や筋層内筋腫にしか行えません。

また、高度な技術を要するので、まだ行っている病院が少ないというのが現状です。

この治療法を望むなら、担当医とよく相談の上、腹腔鏡下手術が出来る医師を紹介してもらうと良いでしょう。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.