2699244 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

サランヘ韓国

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

2011年5月全州

2011.10.23
XML
テーマ:韓国!(13421)
カテゴリ:2011年5月全州

遅ればせながら、5月に行った全州&ソウル旅のレポをまとめました。

ノート 2011年5月 全州・ソウル旅 ノート

ブログのトップページからもご覧いただけます。


突然空いたある週末のスケジュールに、

思い立ったように韓国行きを決めたのが出発の3週間前。

この際だから、ずっと行きたかった全州にも行ってしまえ!ぐーダッシュ

と、知り合いも居ない地でしたが、ふらりと一人で出かけました。

全州韓屋村
梧木台からみた全州韓屋村

地元の人との温かいコミュニケーションと癒しの風景、そして美味しいもの・・・

とても、いい旅ができましたハート(手書き)

養士斎15
宿泊した韓屋のお宿・養士斎

帰国後、「まだまだ全州に関心のある人は少ないのかも...」と思いながら

旅レポをブログにアップしておりましたが、

「全州に行ってみたくなりました」「泊まった宿について教えてください」等

思いがけないご意見や質問を、コメント欄やブログメールに何件も頂きました。

全州は、これから日本人観光客もさらに増えていく地方都市なのかもしれませんね。


旅の日記はひとまず終わりますが、

ブログの方は、またのんびり更新ですすめて行きたいと思います。

今後もよろしくお願いします。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
応援よろしくお願いします。











最終更新日  2011.10.23 08:42:42
コメント(20) | コメントを書く


2011.07.16
テーマ:韓国!(13421)
カテゴリ:2011年5月全州

5月末に行った1泊2日の全羅北道・全州の旅日記を書いてますノートえんぴつ

いよいよ全州をサヨナラする時が来ました号泣


行きは金浦空港からバスで全州入り しましたが

帰りは、どうしても鉄道の旅がしたくて

わざわざ全州駅まで行って、ムグンファ号でソウルへ向かいました。

土曜日だったので満席が心配で、日本からチケットを予約しておきました。

~韓国の鉄道チケットの予約・鉄道について過去日記の★こちら★に書いてます~

全州駅
* 全州駅の駅舎 *


韓屋村で出会い、滞在中お世話になったアジョッシが

全州駅まで車で送ってくださりました。


全州駅時刻表

ソウル方面にはだいたい1時間に1本の列車があります。

17時35分の龍山行き。 到着予定は21時。

ぐっすり眠って行けそうです眠い..

全州駅2

アジョッシがホームまでお見送りに来てくださり

まもなく、列車が全州駅に到着しました。

龍山行きムグンファ号

麗水(ヨス)発 龍山(ヨンサン)行き ムグンファ号

長い距離を走りますね 電車

全州駅1

まずはお決まりの・・・電車の「お顔」ショットカメラきらきら

お次は「ボディ」も撮ろう~カメラきらきらと思ったら・・・

ムグンファ号到着

ボディと一緒に記念撮影する人も写っちゃた・・・



アジョッシとは、ここでお別れです。

アジョッシのおかげで慣れない土地での一人旅も心強かったです。

本当にありがとうございましたハート(手書き)


そして、のんびり歩いた全州韓屋村。

韓屋村風景

今度は、全く違う季節に、もう一度ここを訪れてみたいです。





さて、所要時間約3時間半の列車は、ソウルへ向けて着々と走行中。

この時期は日が長くて、午後8時頃でようやくこんな下向き矢印空の色に・・

ムグンファの車窓

車窓からは、田んぼの風景がず~~っと続いていましたが

遠い山の隙間に陽が沈んで行き、

少しずつ暮れていく空の色の変化と、それが田んぼに写る様子が美しすぎてきらきら

ずっと、ぼんやり眺めていましたぽっ

普段、ここまでボ~ッとすることもないので

ある意味贅沢な旅だなぁ~(普通席だけど)と、しみじみ。

列車の旅、やはり、大好きです。



車窓からの風景に癒され、旅情に浸りながら龍山駅に到着。

龍山駅・予定時刻と到着時刻

予定より20分以上遅れての到着です。

龍山駅で会うはずのチングには、「電車が少し遅れてる」と途中で電話。

「待ってるよ~」という声に、久しぶりの再会がとても楽しみダブルハート


龍山駅 龍山駅到着

少しだけ長い時間の乗車でしたが、ひとつも苦になりませんでした。

韓国の鉄道の旅・・・今度はどこへ行こうかな。


次回からの旅日記は、ソウル編になりますノートえんぴつ


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。







最終更新日  2011.07.16 00:38:42
コメント(24) | コメントを書く
2011.07.15
カテゴリ:2011年5月全州

5月に旅した全州のレポもようやくクライマックスです雫

全州滞在中は、何かとお世話になった韓屋村に住むアジョッシ。

全州を発つ日、私がソウルへ戻る列車の時間が近づくと

「全州駅まで送るから、荷物を持って宿の前に居なさい」

と連絡をくれた。


少しだけ時間があったので、まだ見たい場所がいくつかあると言ったら

時間が許す限り、つきあって下さるとのこと。

まだ市場を見ていなかったので、

韓屋村からも比較的近い「南部市場」をのぞいてみることに。

南部市場1

土曜の午後。人はあまりいません。

南部市場2

それでも、このカラフルなパラソルと両脇に並ぶ食材たち。

市場って楽しい~音符

南部市場・洋品店
懐かしい雰囲気のかわいいエプロンが並ぶ洋品店。

碁盤の目状に、横道にも商店が並び、

生活用品や衣類、食堂エリアもありました。

南部市場・サンバイザー

ここにもありましたひらめき アジュンマのハデハデサンバイザー大笑い

サンバイザーについては、過去に記事を書いてました・・ノートえんぴつ
私にはムリ!韓国アジュンマのハデハデサンバイザー!

気になるサンバイザー

今年、気になっているのは、首の日焼けを防げる上向き矢印このタイプ。

実際に、畑仕事をしているアジュンマたちが

このサンバイザーをかぶっているのを見かけました。

涼しそうだし、UVカットもバッチリ。でもかぶる勇気がなく今回も断念失恋


南部市場・粉食屋

暑いのに大量のドーナツを油で揚げるアジュンマ。

ここは、マンドゥやドーナツ、肉まんなどの軽食を扱う店みたい。

う~ん、美味しそう・・・・・食事きらきら


好奇心の赴くままに、

写真を撮り撮り、市場内の路地を歩き進めていたら

いつのまにかアジョッシとはぐれていたショック

狭い市場だから、そのうち会えるだろうと思っていたら

アジョッシから「どこにいるんだムカッと電話が・・・

気がつけば、市場の外に出てしまい「豊南門」の横にいた。


豊南門&ヤクルトおばさん
お仕事中のヤクルトおばさん。車に気をつけて~~

「ごめんなさい雫いちばん最初の入口に戻りま~す」


南部市場1

市場の入口に戻り、ここでアジョッシと再び合流できました。


近くでおいしそうなチャメが売られていました。

南部市場・チャメ

お店のアジュンマがひとつ切ってくれて、味見もさせてもらいました。

この時は5月の終わりでしたが、ちょうど旬の果物ですよね。

買って帰りたいけど、日本に持って帰れないし・・・

チャメ

そこで、アジョッシに聞いてみました。

「アジョッシ、チャメは好きですか?」 

「あぁ、よく食べるよ。」

「アジュンマも、チャメが好き?」

「あぁ、大好きさ。」

それならひらめき・・・ということで、1皿お買い上げ~さいふ

「アジュンマと一緒に食べてね四つ葉

全州滞在中、お世話になったお礼に、チャメをプレゼントプレゼントしました。

ずいぶんと安上がりなお礼ですけどね・・・・・しょんぼり


まだ行きたい所はいくつかあったのですが、

列車の時間が近づいてきたので、このまま全州駅へ向かったのでした。



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。







最終更新日  2011.07.20 22:18:48
コメント(18) | コメントを書く
2011.07.13
テーマ:韓国!(13421)
カテゴリ:2011年5月全州


5月に行った全州の旅レポが、まだ少し残ってます。

今日は全州韓屋村を歩いていて見つけたドラマロケ地のお話です。


街角ポスター

全州がロケで使われたドラマで、

最近では、成均館スキャンダルなどがありますが

全州郷校~「成均館スキャンダル」ロケ地~
成均館スキャンダルロケ地めぐり日記

以前見た「あんぱん」というドラマの舞台になっていたのが全州だと知り、

ごく一部ですがドラマに出てきた場所に行ったのでご紹介します。

ドラマ・あんぱん

「あんぱん」2004年・韓国

小学校の同級生が、大人になって再会。

子供の頃のエピソードが毎回少しずつ明かされ、話が展開していきます。

かわいいラブコメディですハート(手書き)

ちなみに「あんぱん」は、小学校時代のあだ名です。


パンソリ傳授所1

* パンソリ伝授所 *


ここは、全州伝統酒博物館と同じ酒都家道(スルドカキル)沿いにあります。

ドラマの中では、ヒロインの女の子と友達が住む家として登場。


パンソリ傳授所2

* スルドカキル(酒都家道) *


あんぱん1

この一帯が「あんぱん」のロケ地として使われたようです。

あんぱん2

「あんぱん」は2004年頃に韓国で放送されたドラマで、

私は2005年にKNTVで放送されたのを見て、ハマりました。

視聴していた頃は、ロケ地が全州だとは知らなかったのですが

地方の素朴な風景がドラマの内容とマッチしていたのを覚えています。


全州へ行くにあたり、Gyaoで1話だけ再視聴しましたが、

全州駅の駅舎や豊南門も、ドラマに出てきました。

豊南門

他にもカルグクスで有名な「ベテランカルグクス」でククスを食べるシーン、

韓屋村のアジョッシと行ったコンナムルクッパの「サムペクチプ」

ロケに使われたようです。


川遊びのシーンなどもあったのですが、この川が使われたようです。

全州川

* 全州川 *


朝のお散歩でこの川の周りを歩きました。

全州川1 全州川沿い運動器具

ウォーキングをする人の姿もちらほら。

運動器具もあります。

南川橋

橋の上には、東屋のような休憩場所がありました。

韓屋村のあちこちに、こんな休憩場所をたくさん見かけました。

全州韓屋村7 月の光をくみ上げるロケ地 高台の東屋

散歩や観光の途中で座って休憩する人々、

夜は、屋外宴会する人たちの姿も見かけ、楽しそうでした。


いつものことですが、ドラマを細かく見て、

行った場所とすり合わせれば盛り上がるのでしょうけれど、

根気がなく今回も中途半端なロケ地めぐりで、すみません雫



~お・ま・け~

全州韓屋村を観光したこの日はとても暑くて

途中、ちょっと涼みに、すぐ近くの山をハイキング。

サムギョン寺 薬水

サムギョン寺。ここに薬水といわれる水が湧き出ると聞き

飲みに行ってみましたが・・・・・

普通の水道から出る水を、欠けたプラスチックのコップで飲みます。

でも、「薬水」という看板もあったしなぁ~。。

サムギョン寺・石の塔

石を積み重ねた塔のようなものがいくつもあったり・・・

少し歩くと、今度はクァンソンモという廟があり・・・

關聖廟1

山の中の不思議な空間でした。

たぶんパワースポットなのでしょう。

關聖廟2

涼しくて心地よい風が吹いていました。


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。








最終更新日  2011.07.13 16:48:05
コメント(12) | コメントを書く
2011.07.05
テーマ:韓国!(13421)
カテゴリ:2011年5月全州

5月末に行った全州の旅日記を書いていますノートえんぴつ



全州と言えば・・・


韓紙をはじめとした伝統工芸。

伝統韓紙院1
* 全州伝統韓紙院 *
ホームページ

伝統韓紙院3 伝統韓紙院2 韓紙

韓紙を作る工程を見学できます。



露店通り

工芸品を売る露店が並ぶ通り。


工芸品露店

ここの露店は、韓紙の工芸品を売っています。かわいいハート(手書き)


工芸品

手作りの作品たち。温かみがあっていいですね。 




そして、マッコリなどの伝統酒も有名です日本酒

全州伝統酒博物館1 全州伝統酒博物館2

* 全州伝統酒博物館 *

酒都家道(スルドカキル)沿いにある。

酒を作って卸しをするところを酒都家(スルドカ)と言うそうです。

伝統酒の手作り体験などのほか、

醸造する過程や道具の展示、

全国の伝統銘酒を展示、販売などもしています。 


母酒売店

伝統酒を売る売店。

ガイドブックには「伝統酒類百貨店」と書いてありました ひらめき

ここで全州の名物「母酒(モジュ)」を買いました。


韓屋村酒幕

マッコリが飲める酒幕も・・・日本酒

今回は行けませんでしたが、町のあちこちにマッコリ横丁があります。



慶基殿前1

慶基殿前では、伝統舞踊の公演がありました。

慶基殿前2

きれいですね~きらきら見入ってしまいました。



町の中を歩けば歩くほど、韓国の伝統に触れ合うことができます。

特に韓屋村の中は、狭い範囲に集中していますから

時間があまりなくても楽しめました。


ゆっくり時間があれば、観光客向けに

韓屋造りの施設でさまざまな伝統文化体験などのプログラムがあるので

さらに韓国の伝統文化の世界に浸ることができそうです。

伽耶琴(カヤグム)の体験などは、私も気になりますハート(手書き)


四つ葉~番外編~四つ葉

競売所3

たくさんの壺がズラ~ッと並ぶ、ここは何?

競売所1

人がたくさん群がっています。何、なに~?

「競売所」という文字が見えますね・・・ダッシュ

あまり関係なさそうな場所ですが、ちょっとだけ覗いてみよう~。


競売所2

おぉ~、まさに、オークションの最中。

オルマエヨ?
この上向き矢印商品をめぐって・・・

10000! 15000!!

20000!!

・・・なんて具合に、金額が飛び交っていました。

価値がわからないので何とも言えませんが、

見ているだけで楽しかったです大笑い


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。









最終更新日  2011.07.05 23:07:40
コメント(16) | コメントを書く
2011.07.04
カテゴリ:2011年5月全州

久しぶりの全州旅日記ですノートえんぴつ


全州韓屋村のほぼ真ん中に銀杏路(ウネンロ)という通りがあります。

銀杏路

通りの脇には細い人工の小川が流れています。

シルゲチョン

水のせせらぎの音が、歩く人を癒してくれます四つ葉

全州韓屋村12

夜になると、この小川がライトアップされてとてもきれいなんです。

カップルで歩いたら、ムード満点ですよダブルハート

水遊びの子供達

昼間は、子供たちが水遊びしています。

さて、どうして銀杏路なのかというと、この通りに

樹齢600年の銀杏の木があるんです。

600年銀杏の木

観光客がいっぱいで、木だけのショットが撮れなかったのですが・・・

600年銀杏の木ガイドさん

どこかのツアーの韓服を着たガイドさんが、一生懸命説明しています。

それにしても600年ってすごいです。

全州郷校の銀杏の木同様、「保護樹」となっていました。



この銀杏路を曲がり、細道を歩いていて偶然見つけた

韓国伝統茶のお店でお茶をしました。


茶花院1

茶花院 ~お茶とお花が楽しめるお店のようです。

伝統茶のお店に入ろうと思っていたので、素敵な店を見つけて嬉しくなり

迷わずここに入りました。

茶花院2

おちついた韓屋のたたずまい。大好きな雰囲気です。

茶花院4

アジュンマがカウンターで一人、お茶を作って出してくれます。

茶花院3

毎度毎度ですが、今回もアイスの五味子茶を注文。

茶花院5

この日の全州は暑くて、5月にしてはビックリの28度晴れ

渇いた喉に、甘酸っぱくて冷たい五味子茶がしみこんでいくようでした。

美味しかったです~きらきら


さて、全州旅日記もあと数回です。

もうちょっとだけおつきあいくださいませ。



これは下向き矢印ソウル三清洞の佳畫堂の五味子茶です。
このお店のお茶&雰囲気も好きでしたハート(手書き)
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。










最終更新日  2011.07.20 22:13:46
コメント(16) | コメントを書く
2011.06.28
テーマ:韓国!(13421)
カテゴリ:2011年5月全州

5月末に行った全羅北道・全州のことをの~んびり書き綴っておりますノートえんぴつ

今日は、全州へ行く前に泊まってみたいと思ってチェックしていた

宿泊施設などをご紹介~音符


ちなみに今回私が宿泊したのは、養士斎という宿泊施設です。

養士斎6

養士斎について書いた過去日記はこちら

養士斎ホームページ

ここに泊まって大正解きらきらでした。



同楽院3

最初に私が予約をしようとしたのはここ上向き矢印同楽院。

あいにく予約がいっぱいでとれなかったんです。

同楽院ホームページ

同楽院1

実際に横を通ったので中を覗いてみましたが、よさそうな雰囲気でした四つ葉

同楽院2

この日は土曜日だったので、伝統婚礼がここで行われるようでした。

こうして、宿泊施設としてだけではなく、

結婚式や伝統生活体験のプログラムを行う場としても使われているようです。


同楽院前の道

周辺の外壁や裏路地の雰囲気も素敵でした。



この裏路地の途中で偶然みつけた、かわいいエントランス。

バンGuestroom~

バン ~Guestroom~と書かれてます。

韓屋村の中で、こんな雰囲気のゲストハウスも新鮮です。



そして、さらに同じ裏路地を抜けて表通りへ出ると・・・

全州韓屋生活体験館

全州韓屋生活体験館

全州韓屋生活体験館ホームページ

全州韓屋生活体験館(サイトから拝借)
他サイト様から画像をお借りしています。

ココでも伝統婚礼の準備がされていました。

伝統結婚式2 伝統結婚式1

結婚式のようすは見ませんでしたが、こんなかんじ下向き矢印のようです。

伝統結婚式(サイトから拝借)
~全州韓屋生活体験館 伝統婚礼のブログより画像拝借~

この日の結婚式の様子はこちらにアップされてます。


もちろん、宿泊施設としても使われていて

宿泊するとレンタサイクルが利用できるんだそうです。

私も自転車で観光がしたくて観光案内所で聞いたら、

全州の中では、ここ(に宿泊した客)だけだと言われました。




そしてそして・・・~ここからは番外編~

全州から約40キロ(バスで1時間程度?)離れた町、鎮安にある本格スパ。

紅参スパ2
鎮安紅参スパホームページより画像拝借しました。

鎮安紅参スパ

鎮安紅参スパホームページ

ここ、すごく気になってました。

金浦空港から全州行きのバスに乗らず、鎮安へ行くバスに乗り
ココに一泊しようかと真剣に考えたくらい大笑い

紅参スパ1
鎮安紅参スパホームページより画像拝借しました。

露店風呂からは、馬耳山(マイサン)も眺められるなんて素敵きらきら

ついでに馬耳山も行こうかしら・・・とも考えたり。。。

でもこのスパ、ウソかホントか、韓国一高い(お値段が)スパだとも聞きました。

紅参スパ3
鎮安紅参スパホームページより画像拝借しました。

ちょっと贅沢をして、日頃疲れた体を思いきり癒したい~とも考えたけど

たった1泊2日の日程でこのスパへ行って、全州も観光というのはキツイので

断念したのでした。でもいつか行ってみたいです~温泉



出発前、全州へ行こうと決めてあれこれ調べたけど

まだまだ欲しいと思う情報が少ないのが現状でした。

たいして役には立たないかもしれないけど、

これから全州へ行く方の参考に・・・と思って全州レポを続けますハート



チャン・グンソクくん、来日しましたね音符
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。








最終更新日  2011.06.29 08:06:13
コメント(12) | コメントを書く
2011.06.26
カテゴリ:2011年5月全州

全州韓屋村を歩き回って疲れたら、

韓方文化センターの足湯がおすすめです。

韓方文化センター

観光客も多い表通り「銀杏路」沿いにあります。

韓方文化館

韓方の展示などもありますが
実際に体質診断を受けることができます。

韓方文化センター

パソコンで1000ウォンで質問に答えていくのですが・・・
本当にこれで体質がわかるのかな?

四象医学診断

結果は、四象医学で体質を太陽人、太陰人、小陽人、小陰人の
4つのいずれかに診断されます。(日本語対応可OK

~四象医学ってなんでしょう~

19世紀の医学者であり哲学者でもあるイ・ジェマが創設した
韓国固有の独創的な医学。

イ・ジェマと言えば、ドラマがありましたねひらめき

太陽人イ・ジェマ

イ・ジェマ先生は四象医学でいうと太陽人なんですね。
ドラマを見てないのでよくわかりません・・・


四象医学は、人間の体質を
「太陽人」「少陽人」「太陰人」「少陰人」の4つに分類し、
喜・怒・哀・楽の感情が、肺・脾・肝・腎などの臓器に影響することを悟り、
喜怒哀楽の偏りが、病をいっそう重くするという観点から
疾病による治療より、それぞれの体質に合った治療法と食物を提示するという。


四象医学

私は診断の結果、少陽人でした。

イラストにもあるように少陽人は
キツネ顔で上半身はガッチリめのスレンダーな人種が多いようなのですが・・

私はどっちかというとタヌキ顔で肩幅が無い下半身デブかも雫

全然当たってない・・・ダッシュ

パソコン診断により、おおまかな性格や気をつけたい疾病や食物など
こまかに書かれていますが、当たっているような当たっていないような・・・

まぁ、100円もしないので、韓方を楽しむゲームだと思えば面白いですスマイル

四象体質医学について詳しく知りたい方はこちら
あなたの四象体質がここでわかります猫

韓方センター足湯コーナー

また、診断結果を元に、体質に合った韓方入りの足湯を楽しむこともできます。
5000ウォンくらいだったかな。

韓方センター足湯

歩き疲れて痛かった足が生き返るようでした。

韓方茶も別途注文できたようですが、ここでは飲まず後程伝統茶のお店へ・・・


興味深いものをいろいろ販売してました。

韓方センター70000ウォン五味子酒
五味子酒 70000ウォン。

韓方センター100000ウォン五味子エキス
五味子エキス 100000ウォン。



他にも、このセンターでは
韓方石鹸の手作りなど体験プログラムもいろいろあるようです。


全州韓方文化センター
全羅北道 全州市 完山区 豊南洞3街57
営業時間 : 10:00~22:00 毎週月曜休


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。








最終更新日  2011.06.29 08:05:48
コメント(22) | コメントを書く
2011.06.23
カテゴリ:2011年5月全州

全州で昼食にコンナムルクッパを食べた時のお話です。


コンナムルクッパと言えば、全州の名物料理のひとつですね。

滞在期間が短いので、ランチに必ず食べよう~食事きらきらと決めてました。


サムペクチプ1

韓屋村で知り合ってお世話になったアジョッシが

昼食を一緒に食べようと言って下さったので

「コンナムルクッパが食べたい食事きらきらと言ったら、

「最近できた有名店と昔からある有名店、どっちがいい?」と聞かれた。

「昔からの店」を選んだら、この店に連れてきて下さったのでした~。

サムペクチプ2
サムペクチプ

コンナムルクッパといえば、酔い覚ましにもよいと言われ

お酒を飲んだ翌日のメニューとしても有名ですよね。

ソウル滞在時の朝食でも、以前食べたことがあります。


サムペクチプ3

アツアツの状態で運ばれてきました。

半熟の目玉焼きのお皿にクッパを入れて、

海苔もちぎって入れて食べるんだとアジョッシに勧められました。

猫舌の私には嬉しい食べ方です猫


サムペクチプ5

もやしがたっぷり入ってます。最初は何も入れずにそのままで・・・


サムペクチプ6

だんだんキムチやアミの塩辛を追加して、海苔も入れて・・・

お好みの辛さや味にしてみました。美味しかったです。

クッパと侮っていましたが、お腹一杯で完食するのもやっとでしたよ。。

1人前4000ウォンくらいで満足なお食事でした。




さて、昨日の日記に書いたカメラのバッテリー事件の続きですが・・・

結局、アジョッシが探しに探して、

日本のメーカーのカメラを取り扱う店が全州市内で見つかりましたひらめき

アジョッシに連れられて、その店へ行くと、なんとラッキーなことに、

私のカメラSONYのカメラや部品販売、修理を中心で行っている店でした。

バッテリーを忘れて使い物にならずに宿に置いてきたもう1つのカメラもSONYなので

これは何とかなるのでは・・・ひらめきと考え、

アジョッシと一旦解散してから、ひとりで再入店して

バッテリーと充電器を買い、全て問題解決となりましたオーケーOK


おかげで、ソウルへ戻った後も充電が無くなることなどを気にせずに、

バンバン写真を撮ってきましたよ~。

アジョッシ、本当に感謝、感謝です。



ちなみにお世話になったカメラ屋さんは日本語が少しだけできました。

全州でカメラにトラブルが生じたら(そんな人は滅多にいないはず雫

親切丁寧なこのお店、オススメです。

場所は、観光名所で有名な客舎(ケクサ)のちょうど裏のあたりでした。


客舎2

客舎(ケクサ)全州を訪れる官吏や使臣の宿所として利用された。

これが客舎。大通り沿いにありますが1歩中に入ると

色鮮やかな歴史ある建物と緑に囲まれ、ゆったりした空間です。

客舎3

縁側に座ってゆっくりしている人の姿も見かけました。

客舎1

全州は本当によい街です。気に入った~音符


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。








最終更新日  2011.06.29 08:05:00
コメント(10) | コメントを書く
2011.06.22
テーマ:韓国!(13421)
カテゴリ:2011年5月全州

5月末に3泊4日で行った韓国の旅日記を書いてますノートえんぴつ

ようやく2日目の朝まで書き進めました。スローペースでごめんなさいひよこ


養士斎7
全州の韓屋「養士斎」で迎えた2日目の朝。

さわやかによく晴れて目覚めもよかったので

朝からはりきって散歩に出かけました。

全州郷校へ行ったり、梧木台へ行ったり・・・


梧木台 梧木台の中

梧木台(オモクデ)
豊臣秀吉の軍勢を打ち破った李成桂(イ・ソンゲ)が、
その帰り道に凱旋の宴を開いた場所だという。


梧木台


ここは、高台なので全州の街並みを眺めることも楽しみのひとつ。

全州韓屋村

特にすぐ下にある韓屋村の眺めは素敵です。


反対側の風景は・・・

高台から見た南川橋

手前に韓屋村、その先に全州川があり、川の向こうにはアパート群も見られます。

もっと手前の方を見ると、

全州で滞在中お世話になったアジョッシの畑もあります。

アジョッシの畑

韓屋村のあちこちにある小さな畑で

アジョッシはコチュ(唐辛子)やマヌル(にんにく)を栽培してるんだそうです。


全州韓屋村

梧木台を下りて、韓屋村を歩きます。

太祖路
表通りの太祖路

表通りは、観光地向けの整った韓屋が並びます。

韓屋ブックcafe パリバケin韓屋村
ブックカフェに、パン屋&カフェのパリバケット。


そして、一歩裏路地に入れば、生活のにおいがする普通の民家もあります。

全州韓屋村5

角を曲がると、次はどんな路地が待っているのか・・

全州韓屋村4 全州韓屋村8

ときどき行き止まりで、来た道を戻ることになったり・・・

韓屋村のアジョッシ

アジョッシがひょっこり顔を出したり・・・
アジョッシとの出会いはこちらノート

全州韓屋村10

急に子供たちの集団が走ってきたり・・・

何が飛び出してくるかわからないから、裏路地歩きは楽しいです。

全州韓屋村9

塀の模様も、一軒一軒凝っている家が多くて、面白いです。

全州韓屋村1 全州韓屋村2

こんな風に、行く所行く所で、ずっと写真撮影をしてました。

撮影スポットだらけだし、ブロガーの血も騒ぎますどきどきハート

仕方が無いですよね・・しょんぼり

でも私、今回の旅行で2つ持ってきたカメラのうち、

じゃんじゃん使おうと思っていた新しいカメラのバッテリーを

充電したまま日本に忘れてきて使い物にならず雫雫

もう1つの半分壊れたカメラをフルに使って旅行中ずっと撮影していました。

ついに、バッテリー残り僅かのサインが出て、まもなく撮影ができなくなりそう・・爆弾


「カメラのバッテリー忘れた・・・ショック!」の日記はこちらノート



もちろん、充電器は新しいカメラをメインで使う予定だから持ってきていないし

バッテリーが無くなったら携帯でチマチマ撮影しようか・・・と諦めていたら

絶妙なタイミングで、アジョッシから電話が・・・・・電話


「よく眠れたか?朝食は食べたか?」

「アジョッシ~~!カメラのバッテリーや充電器を売ってる店を教えて~~号泣


・・結局は諦めきれずに、アジョッシにヘルプを求めました。

ありがたいことに、アジョッシは早速、宿の前まで来てくれて

「店を探してみるから、朝食がまだならさっさと食べなさい。」

そう言って、私のカメラごと持って行っちゃったカメラダッシュ


やさしいアジョッシですぽっ


さてさて、私のカメラ撮影は、3泊4日の2日目の朝で終わってしまうのか・・

4日間持ちこたえられるか・・・

アジョッシにかかってますよ~ダッシュ


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。










最終更新日  2011.06.22 12:31:13
コメント(10) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.