5264953 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

全2088件 (2088件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Jan 9, 2020
XML
カテゴリ:へなちょこ日記


章男さんノリノリプレゼンテーションin U.S.Aのトヨタ・ウーブン・シティ。ウーブンはコネクテッドシティを象徴して原点の織機にもかけているのかもしれない。
日本経済を支える章男さんの描く未来のは、やはり大企業側からのイメージ。吹けば飛ぶような小さな会社の章男さんにはぴんとこない。そこに暮らしたいと思えない。その夢が、あいかわらず大量消費、集約を下敷きにしているからかも。消費者はマスでいてほしいのだ。
そもそも、人間が縦に積まれて生活したり、働かせたりすることが貧乏くさい。ミニマルでシンプルで快適、かつ自由で個性的な「オタク・シティ」があちらこちらに分散しているほうが楽しいし、「コネクテッド」が実現できる未来に思える。織り込まれ合うより、自由気まま好き勝手に暮らしたい。先端技術は全てそのために使いたい。めんどうなことはAIに丸投げだ。所有も資産もクラウド化して共有だ。自分の感性と創造力さえあればハッピー! オフグリットでエネルギーが調達でき、通信技術により物質的な消費が少なくなり、かわりに無形の情報消費を創造的に楽しめるようになれば、本当の意味で環境負荷を減らすことができる。
これ以上の集約と大規模化には無理がある。分散とオタク化にこそ明るく楽しい未来だと、小さな章男は思うのであった。






Last updated  Jan 9, 2020 12:24:50 PM
コメント(0) | コメントを書く


Aug 11, 2019
カテゴリ:ゲージュツ

「どうしたらこんな表現ができるんやろ」

自分にない価値観や感性に触れることに芸術の魅力を感じる。インパクトが大きければ大きいほど興味も膨らみ、理解してみたい、同じように感じてみたいという欲望が湧きあがる。
そうでない人もいるようで、極端になると自分の価値観に添わなものは否定して、いっさい頭にも心にも取り込もうとしない。都合の悪いことはすべてないことにしようとする。いつの時代にも存在する不寛容。芸術も文化も理解できない裸の王様。







Last updated  Aug 11, 2019 07:47:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 23, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類

かって経営努力することなく毎年お客さんがやってくる学校経営は濡れ手に泡のビジネス、天下りの温床と言われていたが、今や少子化のあおりで就職を餌に学生に擦り寄るのがあたりまえのようになっている。芸術系ですら就職率を誇る日本の大学。まるで就活のための器。エリートを目指すのであればビジネススクールやロースクールでいいと思うし、苦手な勉強を無理してやらなくても手に職をつけたいのであれば専門学校や職業学校のほうが楽しい。進学するのが当たり前になって学生の意識も大学のアイデンティティも曖昧になっている。

やはり大学はアカデミズムを目指す学生のためにあるべき。そのさきに文化や芸術がある。目先の成果や費用対効果に換算するものではない。他国を見下すように使う人がやたら多い「民度」というものが日本にあるのであればその志を経済で支えることができるはず。「うちに来ても就職なんかでけへんで〜」と胸をはって言える大学と、「無理して受験勉強なんかせんでも道はいろいろあるで〜」と、大学に行かなくても社会に求められるスキルを身につけることのできる受け皿ができることを心から望みます。







Last updated  Apr 23, 2019 03:30:17 PM
コメント(2) | コメントを書く
Mar 15, 2016
カテゴリ:とほほ
「巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書」
京都大学工学部原子核工学科出身の吉井英勝衆院議員からの日本の原子力発電所の危険性への指摘である。
問題は日付。平成18年12月、この質問を受けた当時の内閣総理大臣は安倍晋三。「そういう事態は考えられない」とこの指摘をスルーして対策を行なわなかった。

http://www.shugiin.go.jp/Internet/itdb_shitsumon_pdf_s.nsf/html/shitsumon/pdfS/a165256.pdf/$File/a165256.pdf






Last updated  Mar 15, 2016 11:51:32 AM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 9, 2016
カテゴリ:とほほ
スクリーンショット 2016-03-09 20.38.50.jpg

大津地裁が高浜原発3号機と4号機に運転の停止を命じる仮処分を決定。関電は「主張を理解してもらえず、極めて遺憾。到底承服できない。安全最優先で高浜3号機を停止するが、速やかに不服申し立ての手続きを行う」と不服申し立て。

cabae2c2.jpg

通らぬ道理も金の力で押し通すのが儲けの仕組みのなかにいる人たちのやり方。これまでならそれで通せただろうが、大きなリスクを目の当たりにした人々が、現世利益より不安のほうを大きく感じるのは当然。志も無くデータを机上で組み立てた安全性を、それ以上に国家的なリスクを負ってまで押し通す意義を説明するのは難しい。

儲けの仕組みを否定はしないが「中のひと」の目先の利益が、社会全体のメリットとあまりにも乖離してしまうと、仕組みにしがみついていることが邪悪にしか見えない。

「企業は社会の公器」とは松下幸之助さんの言葉だが、国家が社会の公器であるかも怪しい。






Last updated  Mar 9, 2016 09:26:31 PM
コメント(3) | コメントを書く
Mar 4, 2016
カテゴリ:とほほ
4548076282303_06_400.jpg

深夜熟睡中、ガシャーンという大きな音で飛び起きた。照明を点けると部屋中に裸のCDや割れたケースが散乱。壁面に取り付けていたラックが落下していました。

シンプルなデザインと木の質感が良く、石膏ボードに取付ることができるのが便利で無印良品の「壁に付けられる家具」シリーズ。数年前からCDなどの収納に愛用していました。

心配になって他の収納も取り外しました。深夜孤独に作業をしながら思ったのは、無印良品は小さな子供のいる主婦層がメインマーケットのブランド。怪我でもあったらいけないと思い、報告だけでもと窓口にメールを入れておきました。CDケースの割れ以外に買ったばかりのiPodもガラスにヒビが入ったのですがクレーム扱いにされないよう損害については書いていません。

翌日、お客様窓口担当者から、ていねいなお詫びと感謝のメールがありました。できればくわしい状況と外れた取付用ピンの写真を送って欲しいとのこと。迅速な対応と原因追及の姿勢に感心して、すでに捨てていたピンを拾って写真に撮り、落下時の状況説明に添えて返信しました。

ところが、その後の対応にビックリ。丁寧な文面の返信メールには、写真では直接の問題はわからないとして、その後に取付方法の説明が添えられていました。つまり、言葉は丁寧ながら「商品には問題はあるとは考えられない。お客様の取付に問題があるのでは?」という回答。

あくまで善意の報告でクレームと思われないよう気をつかったつもりだけに、この対応は企業レベルを測るうえでも本当に残念です。もっとブランドイメージを大切にしないとね。






Last updated  Mar 5, 2016 12:24:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 12, 2016
カテゴリ:あかでみっく
アインシュタイン

ホーキング博士が発見されないほうに100ドル賭けると言ってい神の粒子ことヒッグス粒子。物理学マニアの巨大テーマパークことCERN(欧州原子核研究機構)がLHC(粒子加速器)で見つけたのが2012年。時を待たず国際研究チームLIGO(ライゴ)が、アインシュタインの宿題だった重力波を直接観測することに成功したと発表した。
つい先日の完成発表で「予言からちょうど100年の節目。世界中の誰もが重力波を捕まえたいと狙っています。でもKAGRAが目標の感度に達するのは2017年度。アメリカに先を越される可能性も大きいです」とコメントしていたのが日本の大型低温重力波望遠鏡KAGRA。ちょっと先を越されたザンネン感もありますがこれまでの重力波望遠鏡が1000年に1回程度だった性能が年に数回まで観測できるようになるというから期待大。ブラックホールの存在など天体現象の解明もさることながら、光、電波に続く重力波によるテクノロジーに妄想が膨らみます。
ちなみに飛騨の地下200メートルに横たわる巨大施設は人の話し声や足音も揺らぎを誘うため、運転が始まれば無人になるそうです。

LIGO-Virgoの重力波発見に関するKAGRAグループからのコメント

我々KAGRAグループは、LIGO-Virgoが重力波信号を発見したことを心より祝福します。これは重力波および一般相対性理論の研究者が待ち望んでいた歴史的快挙です。

現在我々が建設中のKAGRAを含む第二世代の重力波望遠鏡(レーザー干渉計)によって、重力波そのものや、ブラックホールや中性子星という高密度星の研究が可能であることが実証されたという意味で、このニュースは本当にエキサイティングです。

我々は今後も引き続きKAGRAの建設を進めて完成させ、高い感度を実現して重力波国際観測ネットワークに一刻も早く参加し、重力波天文学という新たな学問分野に貢献していくつもりです。KAGRAは地下に設置されて低温ミラーを装着しているため100Hz 以下の帯域で感度が高く、その周波数帯にある重力波源の探査に適していますが、そこはまさに今回LIGOで観測されたブラックホール連星の合体イベントがたくさんあると予想されているところです。まず、KAGRAはそこを目指していきます。

もちろん、宇宙にはブラックホール連星合体の他にも、重力波を観測手段として研究すべき天体現象がたくさんあります。例えば、KAGRAでは、連星中性子星合体によるブラックホールの誕生を検出したいと考えています。それは、他の重力波望遠鏡やマルチメッセンジャー天文学のパートナーと連携して継続時間の短いガンマ線バースト源の謎を解明することにつながると考えています。ご期待ください。

梶田隆章
KAGRA計画代表






Last updated  Feb 12, 2016 12:05:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 16, 2016
カテゴリ:とほほ
厨二病発症中
もしかして厨二病発症中かも!?絶対受けてほしい『中二病』検査


自覚症状があり重症であることを認めたうえで、日本人のほとんどが発病していると思う。症状としてもっとも困るのが「学習しない」こと。その学習には4段階あると考える。

1段階は、目標、目的に対して自分に足りないことを知ること
2段階は、情報を収集、調査をすること
3段階は、分析し理解すること
4段階は、学んだ事を身につけ目標を達成し社会に役立てること

2と3段階は学校や塾でも受け身で学べるが
1と4段階はやはり本人の意思なしにはできない。

1段階にフタをしてしまうのが中二病とあらためて自覚。








Last updated  Jan 16, 2016 01:02:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 7, 2015
カテゴリ:へなちょこ日記
96005.jpg

自由に競争するためには当然社会にルールが必要。とは言え、勝つ事=儲ける事。そのために「手段を選ぶな」と憚らず、社員や職員、子どもにまで圧力をかける。ブラックを一言で言うとそういうことだろう。ぜひ御社のCSR憲章に「目的のために手段を選ぶな、と決して言わない」と追加していただきたい。








Last updated  Dec 7, 2015 07:55:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 5, 2015
カテゴリ:とほほ

W選挙

大阪の外国人観光客の増加を 松井さんは大阪維新の成果と
栗原さんはアベノミクスの効果とアピール。
しかし、どちらもちょっとちゃいまっせ。

4年前にはすでに、心斎橋筋を南下して
百貨店で高級クリーム、ドラッグストアで高級シャンプーや風邪薬、
家電量販店で高級炊飯器を大量買いする外国人が目立っていた。
3年前、大阪観光局が発足した当時も課題は
買い物をしてそのまま関空から帰ってしまう
外国人観光客をいかにして大阪に宿泊させるかだった。

クールジャパン戦略もアウトバンド促進がメインで
インバウンドにはまったく興味がなかった。

外国人観光客が急増したのは日本全体に言える事で
大阪に限ることではない。
大阪のホテルの稼働率が高くなったのはまったく別の理由。
それはUSJ効果。
ハリーポッター以来、USJは海外からの観光客の目玉になった。
さらに、「ワン・ピース」「進撃の巨人」など、
海外の日本ブームに対応したアトラクションも人気に拍車をかける。
入場のために朝から並ばないといけないUSJに行くために
海外からの観光客は大阪に宿泊するようになったのです。

USJが神戸にあれば、きっと状況は変わっていたはず。

それを自分の手柄のように言うのは
他にアピールできるものがないからでしょうか。
ちょっと残念。







Last updated  Nov 5, 2015 07:58:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2088件 (2088件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


© Rakuten Group, Inc.