000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

歯科の豆知識

PR

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

2021.10.03
XML
カテゴリ:歯科
舌の定位置ってどこかご存じですか?右が正常、正しいです。口蓋(上顎の天井)に強く張り付いているのが正常です。口の中が舌でしっかり封鎖されていれば、自然鼻で呼吸になりますよね、口は閉鎖されているわけですから。更に舌が強く口蓋に押し付けられれば、上下の歯のかみ合わせが自然に浮いて、歯の噛みしめの防止にもなります。良いことずくめということです。
 左の舌が下顎に垂れ下がった口呼吸の状態は絶対にNGです。口も健康も含め全身的にもNG、健康を害するので、先にお伝えした「あいうべ体操」などで改善しましょう。







最終更新日  2021.10.03 01:49:39
コメント(0) | コメントを書く


2021.08.14
カテゴリ:歯科
今回もグラフを使ったお話です。写真でなくてごめんなさい。

 グラフの横軸は“年齢”で右へ行くほど高齢者、縦軸は“口の機能レベル”で上に行くほど機能が充実していてよいですよ!ということです。

 出生から乳幼児期学童期にかけて上昇し、成人期にはほぼ横ばい、高齢者で落ちてゆくというグラフです。この流れは皆同じなのですが、皆同じ線というわけではありません。
 各年齢で、線は縦軸の上にいればいるほどいいわけですが、そうするためには2つ方法があります。

 1つ目は、乳幼児期学童期に少しでも上に急上昇させておくことです。少しでも早い年齢でです、だって上昇する時期はいつ終わるかわかりませんから。勉強みたいに?後から頑張ればいいと高をくくっていても、成人前の19歳まで上昇し続ける保証なんてありませんし、まさかその歳で授乳離乳の練習からなんてできませんよね。

 2つ目は、高齢者になって落ちだす時期を遅らせる、あるいは落ちてゆくスピードを遅らせるということです。これについての詳細はまたの機会に。
 でも、子供の頃に十分機能を引き上げていれば、ちょっとくらい低下しても大丈夫ですよね。

 グラフには2つの線が描いてありますが、もちろん青の実線になってもらっていないと困ります。赤の点線の状態では、少しでも能力が低下すれば(線が下降すれば)日常生活に支障をきたす、あるいは他人の力を借りないと生きてゆけない状態になってしまいますから。

 日々診療をしていると、口腔機能が低下している方を見かける機会が年々増加しています。治療中に鼻呼吸できないとか、筋肉の力が弱く口を開けていられないとか、、
 そもそも機能が充実されている方が歯科治療を受けること自体あまりないかもしれませんが。







最終更新日  2021.08.14 21:46:09
コメント(0) | コメントを書く
2021.07.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
最後に、今まで出てこなかったリンパ組織の線についてです。この組織も矯正治療にとても関係があります。
 唯一特徴的な曲線ですよね。10歳前後をピークに急激に200%まで急上昇し、その後100%へ戻ってゆきます。

 耳鼻科へ通われたことがある方、アデノイドとか口蓋扁桃といった言葉を耳にしたことはありませんか?リンパ組織とは、これらのような主に免疫を司る組織の総称です。
 これらは病気の名前ではありません、普通にヒトの体に存在する組織なのですが、問題となるのはその大きさです。

 例えばアデノイドについてですが。鼻の穴から吸った空気は「鼻」を通って、「喉」を通って、「気管」を通って、「肺」に届きます、このルートのことを気道と言います。アデノイドは、この気道中の「喉」の奥にあります、目視では確認できない場所です。
 このアデノイドが「喉」の奥の気道を塞いでしまうほど大きかったらどうなると思いますか?特に鼻呼吸は難しいと思います。

 アデノイドの切除手術は、昔は耳鼻科で普通に行われていた手術なのですが、最近は手術を避ける傾向にあるようです。理由は出血が多くて危険だし、10歳を過ぎれば小さくなってくるし、それまで様子をみましょう ということになるようです。

 確かにいずれは小さくなってくるのでしょうが、問題はその年齢です。10歳といったら、ほとんどの成長は終わってしまっています。
 子供の成長に最も大切な時期に鼻呼吸ができない。そのため 口呼吸を伴う好ましくない成長が起こり、何より口呼吸という悪習癖が身についてしまうというのはとても残念なことと思います。






最終更新日  2021.07.23 22:17:58
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
その3は、子供さんの顔立ちについてです。

 グラフ中の上顎骨と下顎骨という2つの線は、歯科と直接関係する重要な線です。

 ところで、上顎骨の線と神経組織の線ですが、曲がり方とか似ていませんか?下顎骨の線と全身組織の線も、曲がり方とか似ていますよね!そうなんです、上顎骨は神経組織(脳など)と一緒で早く成長が始まり早く成長が終わります。一方で、下顎骨は遅く成長が始まり遅く成長が終わるんです。

 最近いわゆる「こども顔」ってあまり見かけなくなりました。「こども顔」というのは下顎がちょっと引っ込んだ感じの顔です。上顎の方が先に成長しているわけですから、この時期のこの顔立ちは正しい成長をしている子供さんです。
 そういう顔立ちの子供さんが減った代わりに、子供なのに大人のような整った顔立ちの子供さんが増えています。何故でしょうか?、、それは、上顎が成長できておらず、小さいままだからです。

 整った顔立ちのままサイズアップしてくれればよいのですが、そういうわけにはいきません。ヒトの顔は風船の様に全て均等に膨らんではくれません。上顎骨も下顎骨も同じように均等に成長してくれるならば、2つの線は一致していないといけませんが、、全然違う線ですよね。
 上顎骨が先行して成長し、思春期以降に下顎骨が始まり、最終的に上下の顎の骨格が整うというのが正常な成長です。

 永久歯の生え変わりの際に 専門用語で「醜いアヒルの子時代」という歯並びの時期があります。上顎骨が大きく成長し すきっ歯になる一方で、小さな下顎とのバランスが悪くなってしまい、そのように呼ばれるのです。
 でも醜いアヒルの子は最後には美しい白鳥になりますからご心配なく。ヒトの場合も同じで、このような子供さんは最後は整った顔立ちになるんです。
 子供の時点で大人の顔立ちになってしまっていたら、思春期に下顎が成長してきたら 一体どうなってしまうのでしょうか。
 子役の芸能人さんで成人になってからも活躍されている方って、どちらかというと少数派ですよね。






最終更新日  2021.07.23 21:53:23
コメント(0) | コメントを書く
2021.07.22
カテゴリ:歯科
その2は矯正治療の開始時期についてです。ここでの治療開始とは、矯正装置を使っての治療開始時期についてのお話です。
 勿論 口や身体のトレーニングの効果が上がり、装置を使った矯正治療が不要になっているのが理想なのですが、なかなかそうはいかないようです。

 矯正治療の開始時期については、先生によって考えはまちまちです。皆さんご自身の考えに基づいて治療開始時期を考えられているのだと思います。

 逆の立場で、患者さんはいつ矯正治療を考え始めるのでしょうか?一番多いのは、おそらく前歯がガタガタに生えてきて心配になってきたといった頃ではないでしょうか。年齢的には6歳前後だと思います。 
 なので矯正治療の開始時期で一番多いのはこの時期だと思います。歯科医の側からしても、患者さんが悪さを自覚してくれているので、治療が始めやすいのだと思います。

 6歳まで待たなくても、見る目がある先生が診察すれば、将来問題が起こりそうかはある程度予想がつくので、お話はするのでしょうが、、
 患者さんとしては、まだ永久歯が生えていないのに、「骨格に問題がありますよ」とか「歯がきれいに並びそうにないですよ」と言われても実感がわかないのでしょう。結局6歳頃の生え変わりまで何もしないということになってしまうのだと思います。

 グラフで6歳頃の上顎骨と下顎骨の成長%を見てください。特に上顎骨に至っては、既に3/4の成長が終わってしまっています。この年齢から矯正治療を行っても、大切な成長を利用した矯正治療はあまり期待できそうにありません。
 これが、私が治療はできるだけ早めにと考える理由です。

 矯正治療を行うのに年齢制限はありません、成人になってからでも治療は可能です。しかし これから身体が作られていく時期に行う治療と、成長が終わってしまってから行う治療では、治療の意味や目的は全く異なります。






最終更新日  2021.07.22 23:45:55
コメント(0) | コメントを書く
2021.07.21
カテゴリ:歯科


 今回はちょっとこ難しいけれど とても重要なお話を、かみ砕いて書いてゆこうと思います。矯正治療を理解する上でとても大切なお話です。長編4話完結です。

 掲載しているグラフは、矯正治療の教科書には必ずといっていいほど載っているとても有名なグラフです。それもほとんどはトップページに記載されています。矯正治療を学ぶ上でとても重要なグラフということです。4話ともこのグラフを見ながら読んでみてください。

 横軸は年齢を表します。よく見ると出生時より左にも線があります、お母さんのお腹の中から成長はスタートしますから。十月十日分ですね、左端は受精卵ということになります。
 縦軸は成長率です。20歳の完成した身体を100%として、何%くらい完成しているかを表しています。

 生殖組織を例にグラフの読み方を説明します。生殖組織ですから、当たり前ですが10歳頃まではほとんど完成していません(線は上には上がらず、横一文字に線が伸びているだけです)。
 12歳(思春期)頃から急激に上昇してゆきます。これは皆さんイメージできますよね。

 さて、グラフからわかること その1です。

 6つの線のうち生殖組織を除いて、他の曲線は出生時から2~3歳頃まで急激に上昇しています。この時期は人生で最も身体が成長する時期です。神経組織に至っては、5歳過ぎには90%も完成しており、その後の成長は鈍くなっているのがわかります。

 この時期は、よい成長であれ悪い成長であれ、身体の変化がダイナミックに起こる時期です。できればよい成長であってほしいですね。
 健やかな成長を促すならば、治療は早いほうがいいと言えるかもしれません。治療と言っても「身体の正しい使い方を覚える」というのが治療法になるのですが。






最終更新日  2021.07.21 17:55:39
コメント(0) | コメントを書く
2021.07.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
前回は鼻呼吸の大切さをお話ししました。お子さんが口ぽかんでしたら、「くちチャック」と指導してあげるとよいと思いますが、、その前に。

 ところで、、親御さん自身は鼻呼吸できていますか?親御さんができていないことを子供さんに指導することはできませんよね?

 矯正治療の目を持って、一般歯科をしていて日々痛感するのですが。

 大人で舌の使い方や呼吸の仕方に問題があり、それが原因の口の中のトラブルって、ものすごーーーく多いです。ただ、本人さんには全く自覚がありません。呼吸って、そもそも意識して行うものではありませんからね、何しろ何十年と気にせず行ってきたことですから。
 それくらい、癖の改善とは難しいものなのです!だからこそ少しでも小さいうちに、できれば悪くなる前に治してあげないといけないんです!

 私より年配の方でも問題あり!の方がたくさんいますので、現在子育て中の親御さんや子供さんには問題ありの方はたくさんおみえの“はず”です!実際 乳幼児歯科検診に出向くと、それを痛感します。

 最近、口呼吸防止のテープって売っていますよね。休みの日にそれを貼って一日過ごしてみてください。極端な方だとテープを貼ること自体を怖がられます、その人はほぼ間違いなく口呼吸だと思います。
 貼れてもついつい剥がしてしまう人も、やはり口呼吸の方だと思います。鼻呼吸をしている人は 喋るのには不自由しますが、口テープを苦痛に感じないはずです、いつも通りの鼻呼吸をしているだけですから。

 次のチェック方法です。水を口に含み “真上”を向いてガラガラうがいをしてください、そしてストップ。喉に水が貯まった状態ですから口呼吸はできません。そこで行われる呼吸は鼻呼吸のはずです。空気が鼻を通る感触が いつも通りならば鼻呼吸をされているのでしょうし、違和感を感じるならば口呼吸をしている可能性が高そうですね。

 まずはご自身のチェックをしてみましょうか。できていなければ練習をしてマスターしましょう。そして、子供さんにも教えてあげてください。






最終更新日  2021.07.15 14:46:53
コメント(0) | コメントを書く
2021.07.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
正しい体の使い方の筆頭は、間違いなく「鼻呼吸」だと思います。

 赤ちゃんって頭でっかちで産まれてきますよね。身体の動きをつかさどる司令塔である「脳」は、他の部位に比べ最も早く完成しておかないといけないから大きいんだと思います。
 そして脳の下には、大切な呼吸を担う「鼻」があり、脳の次に成長が早い部位になります。それだけ鼻(鼻呼吸)というのは重要だということです。

 鼻呼吸の肝となるのは「舌の位置」です。皆さんの舌は今どこにありますか?舌は上顎の天井(口蓋と言います)にビターッと強く貼りついているのが正しいです。
 「いや、私は下顎の裏側に垂れさがってるんだけど」というあなた、その位置は間違っています!今すぐ直しましょう!!

 舌が上顎に強く貼りついていると口では呼吸ができません。「それじゃあ、息ができなくて死んじゃうよ!」と思ったあなた、心配いりません。そのために鼻があるんですから。正しい体の使い方ができている人は、舌を挙げて鼻呼吸をしています。

 舌の使い方は授乳を通して学び始めます。しっかり乳房にかぶりつき舌を使って母乳を絞り出すことによって正しい舌の使い方を学ぶのです。全身全霊をこめて吸ったあとの背中は汗びっしょりです。これが人生初の矯正治療(トレーニング)です。
 この時期は私たち歯科医は関与できない時期ですから、助産師さんなどから指導を受けられるとよいとですね。人工乳を使う場合も、舌のトレーニング機能のある哺乳瓶を使うとよいと思います。

 舌が口蓋に強く貼りついていると、柔らかい赤ちゃんの上顎の骨は大きくU字型に押し広げられ成長してゆきます。顎が大きくなれば余裕をもって歯も並びますよね。
 一方で舌が口蓋についていないと上顎は広がらずV字型の狭い顎になってしまいます、これでは歯はきれいに並びません。

 どうですか、舌を使って顎を大きく成長させる。これって立派な矯正治療だとは思いませんか?

 ※ 舌を上に上げたイメージを理解してもらうために、福岡の みらいクリニックの今井一彰先生の「あいうべ体操」のイラストを添付しています。みらいクリニックのサイト https://mirai-iryou.com/ から同イラストは印刷できるそうですので、ご自身で印刷して練習されてはいかがでしょうか。







最終更新日  2021.07.15 08:20:49
コメント(0) | コメントを書く
2021.07.10
カテゴリ:カテゴリ未分類

 「矯正」の言葉の意味ってご存知でしょうか?辞書で調べると「欠点・悪習などを正常な状態に直すこと」とあります。歯科矯正的に言うならば、「間違った口・顔・体の使い方を改めて、健康で健やかな成長を促す」といったところだと思います。
 この 「矯正」という言葉は、本当に的を射た言葉だと思います。

 矯正治療というと皆さん「歯にワイヤーを着けて」といったイメージを持たれる方が多いと思います、ブラケット治療と呼ばれているものです。確かにそれも矯正治療に違いないのですが、数ある矯正治療の手段の中で、最後の最後の仕上げで使われる一方法にすぎません。 
 私がこれから書いてゆくのは、ブラケット治療が行われるずーっとずーっと前に行われる治療についてのお話です。

 矯正治療で最初に行われるものは、何をさておき「欠点・悪習などを正常な状態に直すこと」です。日頃の間違った体の使い方を矯正することからスタートします。そういう意味では、矯正治療は出生時から既に始まっていると言えます。

 「矯正治療は一筋縄はいかない」と前回のブログに書きました。その理由は身体に染みついてしまった悪習慣はなかなか改めることはできないからです。出生以来ずっと24時間365日続けてきて身体に染みついてしまったものを改めるというのは並大抵な事ではありません。

 典型的な悪習慣の一つに、口呼吸があります。「口ぽかん」の子供さんよく見かけませんか?歯科検診に行くと、その多さにビックリさせられます。

 「口呼吸の為害性と鼻呼吸の重要性」を伝えても、根気よくトレーニングを続けてくれる方は極少数です。続けられない理由の一つ目は、いくら言っても子供が出来ないので、、という親根負けケース。
 何度言ってもできない、それが自分の子供となると本当に辛いと思います。でもくじけず続けてください、最後には報われるはずです。

 2つ目の理由は鼻呼吸の重要性をお伝えしても、事の重大さに気付いていただけないケース。虫歯ができることにはとても敏感なのに、口呼吸については全く無関心といったケースです。
 極端なな言い方かもしれませんが、鼻呼吸ができることの方が、虫歯が1本もないということよりずーっと重要です。というか、しっかり鼻呼吸ができている子供さんにはおそらくむし歯はないと思います。


 思い出してほしいのですが、赤ちゃんの頃って口呼吸していましたか?鼻呼吸だったでしょう!動物は全て鼻で呼吸します。口で呼吸するのは鼻の詰まった人間だけです。
 元々鼻呼吸だったわけですから、一番簡単な治療法は、「鼻呼吸のよい習慣を続けさせる」ことです。逆に言えば、口呼吸に変わってしまうキッカケを与えないようにするということです。これはとてもとってもとーっても重要な矯正治療です!

 ですから矯正治療は出生時から始まっていますよ、となるのです。。多くの子供さんは1歳半検診で初めて歯科医と対面するわけですが、今までの1年半をどのように過ごしてきたか?結果はしっかり口元や顔立ちに出てきます。

 日頃から正しい口・顔・体の使い方をすることこそが、「一番大切な矯正治療法」ということを覚えておいてください。







最終更新日  2021.07.10 20:34:20
コメント(0) | コメントを書く
2021.07.08
カテゴリ:カテゴリ未分類

 ブログを書くのは本当に久しぶりです。忙しさ??にかまけて、、が理由になるかはわかりませんが、本当に久しぶりです。

 こちらのブログは歯科治療についての投稿がメインになりますので、ブログというより作文のような長文になると思います。
 できるだけ簡潔に書いてゆこうと思いますが、簡潔過ぎても皆さんには理解しにくいと思いますので、それなりの長文ということでよろしくお願いいたします。

 もう1つご了解いただきたいことなのですが。イラストや写真はあまり入れません。これらがあればよりわかりやすくなることは重々承知しているのですが、、入れない(正しくは、入れられない)理由は個人情報保護等の観点からです。
 専門用語は極力避けるようにして、頭にイメージしやすいように書いていこうと思いますので、ご協力よろしくお願いいたします。
 どうしてもイメージできない、でも知りたいという方は、患者さんとして来院されることをお勧めいたします。

 当面はメインは矯正治療のお話、時々その他の歯科治療の内容も混ざる、、といった感じで書いてゆこうと思います。

 それでは本題です。まずは何故矯正治療をブログのメインにしたのか?のお話から。

 歯科も医科ほどではないですが、先生方にも得意分野と不得意分野があります。内科専門の先生にがんの手術って、(多分)できませんよね。同じようにむし歯治療が得意な先生が、必ずしも親知らずの抜歯も得意とは限りません。

 特に矯正治療は専門性の高い治療なので、一般歯科治療を行っている先生で矯正治療も得意としているという先生はあまりいないと思います。
 でも歯科治療を行ってゆく上で、矯正治療の知識を持っているということは絶対に必要です。これは決して「一般歯科の先生もきれいな歯並びに治す技術を習得していなければならない」という次元のお話ではありません(念のため)。
 一般歯科治療が対象とする病気の原因や、治療後の予後の良し悪しが、実は骨格や歯並びが原因となっていることがとても多いからです。

 そもそも、何故顔の骨格や歯並びが悪くなってしまったのか?そして、悪いままだと何故いけないのか?その理屈がわかっているといないとでは一般歯科治療のレベルも全く違うものになってしまうということです。

 悪くなるには必ず原因があります。遺伝という何ともしがたい原因もありますが、何とかできる原因もあります。そこにアプローチしてゆくのが本来の矯正治療なのですが、、これがなかなか一筋縄ではいかないんですよね。

 ※ 本ブログ記載中の矯正治療とは、主に小学校入学前後くらいまでの子供さんを対象としたお話です。







最終更新日  2021.07.14 19:29:47
コメント(0) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.