053878 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ハーブ畑

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Freepage List

Oct 11, 2005
XML
カテゴリ:自然
写真は、有珠山の「西山火口散策路」で撮った「西口火口」です。

記憶に新しい2000年の噴火。
3月31日午後1時7分、西山山麓からマグマ水蒸気爆発が起こりました。噴煙は火口上3500mに達し周辺に噴石放出、北東側に降灰しました。翌日には西山西麓、また温泉街に近い金比羅山でも新火口が開きました。
3月27日からの火山性地震の分析や断層の探索により近日中の噴火が予知され、3月29日には気象庁から緊急火山情報が出されました。通常、緊急火山情報は人命に関わるような噴火が発生したことを知らせるものであり噴火前にこれが発表されたのは初めての例だったそうです。噴火時は、周辺の全ての人々はすでに避難し無事でした。過去の経験により周辺市町のハザードマップの作成や普段からの児童への教育などがなされており、危険地域を避けた適切な避難誘導を行ったことも全ての人々を救った要因の一つだったそうです。


「西山火口散策路」では、今まで歴史の中で繰り返されている自然という驚異的な姿の片鱗を散策路を歩いている私達に語ってくれます。


2005-10-11 20:19:16
☆70mも隆起した町道の断層の中でそっと命を灯し始めた植物たち


有珠山は、洞爺湖の南に位置する標高737mの活火山です。
今からおよそ13万年前に起こった大規模な火山活動によって山体が吹き飛ばされ、そのくぼみに水がたまったカルデラ湖が洞爺湖であり、その活動が現在でも継続し有珠山は約2万年前に誕生しました。有珠山は、過去100年間に4度の噴火活動が観測されたという日本でも特に活発な活火山でもあります。二重式火山で、直径約1.8kmの外輪山の中に大有珠・小有珠・オガリ山・有珠新山などの円頂丘群が形成され、山麓にも昭和新山や金比羅山・明治新山などの円頂丘群を有しています。

噴火のたびに刻々と姿を変える有珠山は「動く山」とも言われているそうです。

2005-10-11 20:21:01

写真の左が昭和新山、右が有珠山です。


■一口メモ■
洞爺湖周辺には「エコミュージアム」があります。
エコミュージアムとは、地域をまるごと「博物館」に見立て、自然・農場・山林・漁場・集落・遺跡などを展示室とみなし住民参加型でつくり上げる野外博物館です。
火山との共生の歴史を伝承し火山の恵みと自然災害を学ぶ体験学習ゾーンとして、火山活動で倒壊した施設をサテライトとしています。サテライトを結ぶトレイル(散策路)やコアセンターやテーマセンターとサテライトを結ぶネットワーク・アクセス道路によってエコミュージアムは構成されています。






Last updated  Oct 11, 2005 09:58:40 PM
コメント(6) | コメントを書く
[自然] カテゴリの最新記事

Calendar

Comments

乗らない騎手@ ちょっとは木馬隠せw あのー、三 角 木 馬が家にあるってどん…
お猿@ やっちまったなぁ! http://feti.findeath.net/1ppvr07/ ちょ…
チリチリ@ 次は庭で全裸予定w http://kuri.backblack.net/uvit158/ ち○…
地蔵@ 驚きのショックプライスw コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、…
ダル伊藤@ ズ ル ム ケ自慢の奴涙目w 包.茎の方がピストンしてる時に、皮がこ…

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.