619935 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

魅惑の西洋食器でテーブルコーディネートを

PR

X

Profile


heren's

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

坂東太郎9422@ Re:ノーベル賞授賞式  「株式会社Caloria代表取締役社長 管理栄…
kopanda06@ Re:花かご(02/07) こんばんは。 応援したくなる気持ち、わ…
kopanda06@ Re:誕生日色でオリジナルタータンはいかがですか?(01/15) こんばんは。 スニーカ、メンズとありま…
heren's@ Re[1]:Meissen and adidas(12/06) kopanda06さま 今年もよろしくお願い致し…

Freepage List

February 7, 2021
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

昨日今日はまるで春のような陽気。

先日普段の買い物帰り、100円ショップ「C」に立ち寄った際に、
「わたしたちもわたしたちなりに頑張っているのよ、とっても」
そんな言葉がふと聞こえたような気がして立ち止まり、周りを見渡すと、店の端に造花のコーナーがありました。なかなか認めてもらえないことを嘆き悲しんでいるかのように感じました。

数千円分くらいの花束と編んである篭を買って帰り、無造作に篭の中に入れてみました。
「あなたたちのことよくわかっているわ、とっても可愛らしくて素敵よ。よろしくね」
そんな無言の会話をしつつ、眺めています。私の心もポッっとあたたかくなった気がします。

それから数日後、同じ100円ショップに立ち寄ると造花コーナーの位置がメインストリートへと変わっていました。顔ぶれが変わり、前のような声は聞こえてきませんでした。














Last updated  February 7, 2021 07:15:00 PM
コメント(1) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.