152593 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

奈落 by ガイア教

PR

X

Calendar

Recent Posts

Category

Archives

January 13, 2021
XML
カテゴリ:だまって読め
久しぶりに?クチコミテーマなしで。

ネットではいろいろなトコロでQ&Aを設けているようで。
その中でいくつかムカつく回答が採用されているものが。


とりあえず、一番ムカついたのは「ヤマト」の意味。
そう、デニー玉城が選挙戦で叫んだ「ヤマト」の意味。
Aでアレコレといろんなヤツが書いていたけれども、全く的外れな回答ばかり。
「ヤマト」とは古来日本国自体を指す言葉(ヤマト王朝とは関係なかったと思う)であって、
デニー玉城が選挙戦で堂々と叫んだ台詞は
「沖縄政府は日本国政府の言いなりにはならない」という意味だったわけだよ。

沖縄に住んでいる人に対するとあるアンケートでは、こんな結果が出ていた。
(比率はたぶんあっている:うろおぼえ)
自分は沖縄人である(日本人ではない)。約5割。
自分は沖縄人であるが日本人でもある。約3割。
自分は日本人である。約2割。
そう、沖縄に住んでいる人の半数は自分を日本人とは思っていないし、
大多数の人間が日本と沖縄を識別して考えているという結果。
日本人とだけ思っている人はおそらく日本国本土からの移住者だろう。
沖縄は日本国ではない。そういうこと。
イギリスみたいに複数の国が首並べてるような状態に近い・かも。


続いてムカついたのは「ペットボトルの中にカビができる件」
えらぶって、「ペットボトルに口を付けて飲むことで・・・云々」回答。
とあるTV番組で流した悪質な誤情報を書いていた。
Qした主婦(だったはず)は「別に口を付けてなんかないけどな」と
そういうコメントを付けてすぐにQ時間を閉じてしまった。
(せっかく、正しい回答を書いたのにUPできなかった。)
正しい回答はこうだ。
ペットボトル等、飲食物の封を開けると空気に触れる。
(空気が入っているように見える部分は大抵、窒素充填)
滅菌室でない限り、空気中には雑菌やカビが漂っているため、
ペットボトルの中の飲料にカビができることがある。
そのため、
封を開けたら賞味期間(期限)によらず早めに・・・云々
という注意書きが必ず書いてある。
他にもう一つ、食品を腐らす要因がある。
酸素。酸化により食品が腐れるのである。
この酸素というもの、端的に言えば毒物である。
一般的な大気と同等比率以上の酸素を取り続けると死ぬ。
だから、酸素ボンベの空気には酸素はそれほど多く含まれていない。
駅伝などで走り終えて倒れた選手に酸素吸入している光景があるが、
アレ、やりすぎると死ぬから。わかっているのか?
例えば過換気症候群(過呼吸)に至っている人間にやると確実に死ぬ。
このケースではビニール袋等で頭を覆い二酸化炭素を吸わせるのが正しい。
苦しそうだから、とにかく酸素ってのは危険だということさ。


思い出したようにムカついたのはとあるTV番組での「節約のプロ」の発言。
おまえ、どこがプロなんだ、ぁぁ???と思った。

トイレットペーパー、同じように巻き取るのだから
「ダブルロールよりシングルロールの方が節約になる」

番組中ではサンプルになった家庭の夫婦が「おぉ~」とか言っていたが、
ん~、なんか、違うだろう。
適当にカラカラとトイレットペーパーを巻き取るように使うから無駄になる。
常に一定の厚さ(枚数)・長さにして使うようにすればそれだけで節約になる。
ダブルロールだろうが、シングルロールだろうが、関係ない。
 ↑消費量はどちらであっても変わらない。
それが確実に行える「ダブルロール・ミシン目入り」がお勧めだ。
コレ、幼稚園の時に教諭に教わったのだが・・・貴殿はどうだい?
  幼稚園の「先生」は教員である。←教員免許が必要。:教職課程の履修が必須。
  保育園の「先生」は教員ではない。←保育士免許は必要。
  そう、幼稚園で行っているのは確実に「教育」である。
ぁぁ、そういえば一頃教育実習で来ていた沖縄出身の教育実習生。
子供大好きオーラ満載だったし、可愛かったなー。(自爆
そうね、漫画(アニメ)モンキーターンの「真のヒロイン」みたいな感じ?
青島優子、ね。(著者自身が「真のヒロイン」と語っていた)
  ↑ネットで探せば画像などはナンボでも出てくる。
肌の色も同じような感じだったっけ。
あ。また、関係のない話を書いてしまったな。

っつぅことで。
Q&Aなんかでベストアンサーに選ばれているものが
必ずしも正しい回答ではないことが実は多いということは知っておくべき。
特に発信力(影響力)が大きい人間がSNSで発信する内容は注意しよう。
あえて名指しはしないけどね。誤情報を発信するマヌケは少なくない。
ネットは誤情報満載の世界だ。

ではこれで。

2021.02.13
23:15

日付の誤り直しました。






Last updated  January 21, 2021 07:02:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
[だまって読め] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.