000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

奈落 by ガイア教

PR

X

全106件 (106件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

逃避生活

May 31, 2009
XML
カテゴリ:逃避生活
夏の訪れを 拒否するように 
涼しげに 雨は降り続ける 
ばらんばらん 音を立てて 
鉢植えの土さえもっていく 
虫が鳴くのはもうすぐ 
誰かが泣くのも もうすぐ 


なんとなく 目が痛い。。。 ドライアイかな。たまになる。

さっき 拍手(かしわで)を打つ音が聞こえた。
この時間に・・・2時過ぎに・・・ ナニ?
今くらいの時間は よく 変な音?が聞こえる。
話し声が聞こえたり。たまぁに悲鳴みたいのも聞こえたり。
いつまでも家の前で鈴の音がしたり。(わりと大きめの鈴だと思う)
ぱきぱきぴしぴし とか カツンカツン とか ラップ音みたいのは普通だけれどさ。

そんなもの 気にするから おかしくなるのかもなぁ。

とにかく・・・ 目が痛い。 気を失いそう。。。
でも 話し声っぽいのが 断続的に聞こえる。 幻聴かなぁ。
ナニカ別の音がそんな風に聞こえる・・・ のかもしれないけど。
いつも 今くらいの時間は 不快・・・。 この家は特に。
今日は 見られてる感じがしないだけ マシかもな。。。w

気絶しそうだから しばらくしたら 寝とこ。
・・・この時間まで起きてると 3時半くらいまでは 寝れない。
実は かなり 怖いのだwww あひゃひゃ・・・
精神的に病んでいなくても・・・ 思い知るとキツイょ。

ユウ(ナオ)






Last updated  June 1, 2009 02:40:43 AM
コメント(0) | コメントを書く


May 17, 2009
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:逃避生活
生きているけれど 死んでいる 
死んでるはずなのに 息をしてる 
社会的生命は死んでも 
生物としての生命は残ってる 
いらないのにね・・・ 
生物としての生命を奪えば犯罪 
でも・・・ 
社会的生命を奪っても犯罪じゃない 
それは 正しいことなの? 
警察がやってることだから 
犯罪には できないんだね 


惰性で起きてる・・・。
昼寝 一時間くらいでも しちゃった影響かな なんてw
こんな風に だらだら なにをするでもなく 起きていて
なんとなく 食べ続けたり 飲み続けたり
目的があるわけでもないのに あるようにして 過ごしてる。
あるようにして? ・・・ ある振りをして かな。
別に 何も必要なことなんて ない。
食事だって 別に食べなくたってすぐには死なないんだし。
生きるためになにかしてるとかっていうんじゃなくて
時間をもてあまして なにか やってる気になろうとしてるだけ。
なにかを食べ始めれば ずっと 食べ続ける。
飲み始めれば 飲み続ける。
それが なくなるまで 食べ続け、飲み続ける。
炭酸飲料の1.5リットルのペットボトル買ってきても
それは 1回分・・・全部一度に飲みきる。
しばらく 食べていなかったから・・・
ちょっと 途中で食べられなくなったけれど
もう 平気・・・。 浴びるだけ食べられる。
というか ずっと食べ続けていないと 変な不安感がある。
おかしなものだょね。

生きる屍って どんなだろう・・・。
しばらく前に 屍姫(しかばねひめ)ってアニメやってて
Gyaoの配信で見ていたんだけれどさ・・・
死んでから幸せとはナニカを実感するだとか
そういうのも アリ? などと バカみたいに感じて眺めてた。
美しいのは死んでいるから とか さっぱりな世界だょね。
死んだら 朽ちるだけで 動くことはない。
剥製にしたり特殊加工をしなければ あっというまに腐敗する。
でもさ・・・ 生命活動が行われてるからって
それは 本当に 生きてるって言えるんだろうか?
いわゆる 脳死 というのは 一応生体活動はさせられてる状態。
人工的に 生かされてる状態 とも言うけどさ。
脳が死んだら それは 意味がないから ね。
じゃぁ 心が死んだら?
心が死んだら 心死 とか 言わないの?www
心がデタラメなほどに壊れてなお 生きている人っていうのは
生きた屍 そんな感じ じゃん。
かつて ジュンが ココで そう 書いた ように。
今まで 生きてきて その惰性 で 今 を 過ごしてる だけ

なにかあるたびに 人格が 減っていく。
身体としての自殺はせずに 人格として自殺していく。
それはそれで どうなんだろぉと 思ってしまう。
最後に残った人格は どうするのだろう。
さらに減って・・・残るのは・・・ たぶん ナオだろうけれど。

ユウ






Last updated  May 18, 2009 04:29:51 AM
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:逃避生活
助けを求める声が響く 
頭の中に 耳からじゃなくて 
別の自分 わたしじゃない自分 
でも それも わたし 
他の人なら 助けられても 
自分を 助けることはできない 
だって それは 自分 
外から見ないと わからない 
ナニが あるのか 
ナニが 原因か なんて 


就寝16時半頃、起床17時半頃・・・ぁ、昼寝w

男性人格が暴走しそうだったので ○○して休憩。
適度に発散させないと どうなるか わからない・・・。
不本意でも これは しょぉがないと 思ってる・・・。

そんな風にして 休憩気分で 横になってて
『助けて』って声が 頭に突き刺さってきた。
外からじゃなくて 内側から。
感覚的に 女性。 でも わたしでも ナオでも ない。
幻覚? どうなんだろうな・・・ あまりにはっきりと感じた。

そういう 頭に突き刺さるようなのっていうのは
人格ソレゾレとしているモノからいきなりクルことはあるけれど
今までのと異質。 なんだか わからない。
わたしによく似た雰囲気のから 一方的にクルのもあるけれど
そういうのとも違う。

今動いてる雰囲気なのは・・・
ナオ(というグループで3人格)と わたし(ユキとで2人格)と、
セイ(というグループで2人格?)と キョウ(元ジュンのグループ)。
この4つ なんだけれど。
太郎と次郎は よくわからない。普段いるわけじゃないから。
そんなにいるのかーっ みたいになるけれど、
性格の多面性でも 人格のように感じてしまうので、
グループに分けると いい感じ?ということにしてるw
全てを人格としてしまうと、おもしろい傾向があってね・・・
女性人格は 女性人格だけで構成されていて、
男性人格は 女性人格含んで構成してることある。
今は亡きケンは 女性人格持ってた感じだったから。
(性格の一面という見方もできます。)
さらに意味わからなくなるので・・・ そういうのは ナシw
よく変身して 第1形態・第2形態とか なったりするのあるじゃん。
あぁいう雰囲気なんだと いう 感じ?w
ベースが同じ雰囲気なのを グループ分けして ↑みたいな感じ。

でも、グループ分けしても 該当しないのってあって。
男女1つづつは あるなって思ってたけど。
『助けて』って言われたのは さらに違う。
ナニを助けてほしいんだょ??? さっぱり。
今、悩んでることとかとは 全然違うことみたいだし。
そういえば、今までも 全然違う意識が突き刺さることあったっけ。
ずっと なにか訴えてるのが いる・・・。

わたし? というか・・・ わたしらのドレカ?
それとも・・・ 違う存在???
謎は 深まるばかり・・・ 
だから 最近 あまり 考えないようにしてるんだけどさ。。。
謎が増えてしまった。。。

ユウ






Last updated  May 17, 2009 06:57:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 14, 2009
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:逃避生活
会話するのって ふつうなのー? 
多重人格だと ふつうだよー♪ 
わかんない人には わかんないよねー 
相談相手が いなくても 
誰かに相談したい って 思うと 
自分の中に できるんだょ 
友だちとか 話相手とか いなくても 
自分の中に できるんだょ 
そうだね 多重人格って 
孤独の証明 なのかもしれない 

ぃぁ、 ホント、そう 思う。。。
たまに、自分でも装ってるんじゃないか?
なんて 思ったりもするんだけどさ・・・。
幻覚的に つきまとうとかいうのとも少し違って・・・
頭の中に響く声で会話していて 耳から聞こえるわけでもないし
自分が女だから今までとは違うんだと思い込もうとしてるとか
(身体はあくまでも 男性ですので・・・)
いろいろと 正常たるにはどのように解決を などと
考えたりもするのだけれど・・・
時によって 嫌悪感を強く感じたり 逆に強く惹かれたり
同じものでも 全然違う反応を示してしまうことは説明できないし
とりわけ、少し記憶が違う ってことがあるから、
多重人格ってことにしとくかー って いつも結論に至る。
考えたりしていても 考えてる横から入ってくることがあるので
マルチプロセスみたいなもんだょね・・・。たぶん。
幻覚的に相手を感じたり、
容姿が見えるように感じることもないわけじゃないけどさ。

それはそれとして。

やっと。なんとかやろうと思っていたことができた。
経緯の箇条書きみたいなもんだけれど・・・
これだけで・・・何ヶ月も苦しんでしまった。。。
あとは・・・これを検証しつつ、詳細を詰めて・・・
あれこれと行動していく ってことになるんだろう。
ぇ?あれこれ? それは・・・現時点では書けない。
精神的に不安定な状態で感情的に走ってしまうと
容赦なく ぶち壊し になってしまうので
かなり注意深くすすめないといけない・・・。
ナオはうつむき加減で ホントにやるの?風だけど、
最終的にどうなるか というのは 別の話。
ソウが目指していたものだけは・・・実現しちゃうかもだけどね。

すこしだけ すっきり。
精神的な動揺は激しすぎるけれどさ・・・。
これが済めば・・・ 男性人格も多少はなんとか?

イミフなことを書いたようで すんません。

・・・そうそう・・・
わたしとか 別に 多重人格でいるのに苦しんでないょ。
たまに 混乱錯乱状態で 言い合い みたいのは勘弁だけど
他の人格がいてることで なんとか生きてるともいえるし。
単一人格だったら・・・昨年7月末に自殺してるって・・・。
・・・その3年前の7月末に自殺してるかもってのもあるか。
全員一致で「自殺」にならないと・・・
やらせないのがいるから、失敗する・・・。
解離人格とか独断専行人格で そう動くのは いないっぽぃ。

こういうの書いてる途中で 入れ替わったりとか・・・
なんか 話がかみ合わなくなったリすることがあるのが・・・
ちょっと 困るけどねーw

心の病なんてのは・・・ソコじゃない。
心的外傷を受けたその後の状況みたいなトコなのさ。

ユウ






Last updated  February 14, 2009 06:17:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 11, 2009
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:逃避生活
死なばもろとも ナニと共に 
心身が死すとも ナニかが居残る 
我は我 汝は汝 
生きることの ナニが偉い 
死ぬことの ナニが偉い 
我は我 汝は汝 
なんのために 生きる 
なんのために 死ぬ 
答なんて ない 

たまには 本音トーク。。。

ぇ・・・ぁ・・・ いつものは こぼれ吐息。b

自殺って・・・ どういう風にするもの?
と聞かれて、様々なことを答える人もいると思う。
一般的なものをあげれば
首吊り、睡眠薬&リストカット・手首は水の中に放置、
飛び込み(電車、車、他)、飛び降り(マンション、橋梁、他)
ガス系(排気ガス、薬品混合ガス、他)、毒物系(シアン化合物、他)
薬品系(特定種類の大量投与、他)。。。などなど。
多いのは こんなモン?
他には
車両による自損事故系(車、バイク、他)、焼身、入水、
銃器使用(警官・自衛官にわりと多い)、創傷(切腹、胸刺し、他)、
そして 餓死 という感じ。。。かな、思いつくのは。

いかにして いかにして なんて思っている人は
それぞれの 利点を考慮しつつ 手段を選んだり ・・・ 
なぁんてことは まず ありえない。
思いついたこと、実行できること で やらかすわけょね。
「安直に死ねる」手段を選択するわけさ。
それは、本当に 正しいわけ?
死ぬということが 正義なわけ?
なんていうことを 常々疑問に感じていたりする。

目の前に 適度な刃物があれば、 多分 わたしは 自分を殺してた。
・・・他の人格が 隠したので・・・ ソレがない。
この家の台所に行けば、代用品はあるけれど それでは意味がない。
「あるものを使った」ではなく「用意して使った」のが大事。
衝動的ではなく、計画的に死を選択したということが大事。

ところで・・・自傷行為の「失敗」で「事故死」してしまっても
自殺と区別ができないために そう扱われることもある。。。
自傷行為は 自殺未遂とは違う。
自殺未遂と扱うことで 自傷行為は激しくなる人が多いらしい。
結局は 満たされない心を満たすための行動であって
死ぬための行為じゃない というのは 理解しておこぉ。

ん・・・ 自殺を勧めるのではなく(それは犯罪行為です)
わたしは このように 考えている というだけのことなので。

衝動的に自殺に至るのと 計画的に自殺に至るのと
これがまた 区別って難しいのだけれど。
その場にあるものを使うという行動ではなく
わざわざそのために用意していたものを使用するとなると
それは 計画 という段階があると 思われるのだろう。
(これは 殺人事件でも 同様のことになる)
その違いがなんで重要なのかって?
・・・決意の大きさが違うでしょ。
衝動的とは 決意なんて本当にあるのか?って勢いなわけで
計画的とは 他のことを考えるに十分な時間があるともいえるわけで。
そうした大きな決意にいたる原因はなんなのか?
というところで 捜査が動くことがある。←ココ重要。
・・・ことがある とは、必ずしもそうではないということ。

死によっては何も得られないとは よく言われる。
・・・本人にとってはそうかもしれない。
他人にとってはどうだろうか? そこが 重要なところ。
皮肉なことに、死によって事実が明るみになることも多い。
正義は死によってもたらされることがある。。。
・・・ことがある とは 必ずしもそうではないということ。
無駄死は いくないよね。
一度しか死ねないんだから、なんか 考えてやらないとね。



最後に一言。

本気で自殺をする人間は これから自殺するなんていわない。
邪魔されるのは困るから 前もっていったりなんてしない。

ユウ






Last updated  January 11, 2009 11:57:24 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 30, 2008
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:逃避生活
仲間がいる 
友ではなく 仲間が 
いつも 一緒に 生きている 
わかりあえる 仲間が 
いつか 別々になれたなら 
それでも 集えたら 
また 一緒に 生きていこう 
みんなで それぞれの 
幸せ ってのを 見つけよう 
みんなで みんなの 
幸せ ってのを 掴んでやろう 

本音。
今朝も目覚めで ナオが抱きついてくるような感覚があって・・・
またかー なんて思って 名前呼んだら 違うとこから返事。
へ?
よくよく「見て」みると 自分と違うトコで抱き合ってる・・・。
ぉぃぉぃ・・・ぁぁーー
裏ユウ&裏ナオ。 女性人格の同性愛志向ってコイツラ?
なんというか・・・ンー・・・。 意識から外して無視。
本音部分がコイツラだから・・・ どこかでそんなのも・・・ぁ ぃぁ。

書いたことあるか わからない 覚えてない けれど
ナオがちゃんと女性の身体を持って単独で主人格として存在したら
たぶん、人気者だったんだろーなー なんて 思う。
本音部分が今は分離してるような雰囲気すらあるけれど
(別の人格なのか どうなのか まったく わからないくらいに
 感覚的には 同じで 区別は 別に同時にいる?w とかだけ)
そこは・・・ いわゆる ヒステリックになったときー みたいなもんで
多重人格な状態だと 無意識下のモノが 人格みたいに感じられるように
本音の動きみたいのも 人格みたいに感じられるんだと思う。
それを含めても ナオは いい。w
そういう存在を求めて こういう風に生まれたのか
元々が こういう存在なのか 知らないけどさ。。。
主人格が セイ にならないのは ・・・
たぶんだけれど ナオがわたしにひっついて 安定させてるから?
ナオの存在がいて わたし(ユウ) という存在が維持できてるし
ナオにしても わたし がいるから 維持できてるようにも感じる。
どちらかがいなくなって そこでそのまま両方消滅とか
そういうことは ない とは思うけどさ。
・・・こんなこと書いたり考えたりするだけで
しがみつくようにしてくるナオって ・・・ 可愛いよねww
(少なくとも わたしは そう思えるということです)

わたし含めて とりあえず認識してる人格達を考えると
どこかが 欠けてる ような感じで みんないる。
それぞれが それぞれを 補うような そんな 関係に なってる。
ケンだとかソウだとかがいれば・・・
行動力とか「求める心」も・・・なんとかなるように思えるし。
そういう風に 必要だから存在するのが多重人格 ともいえるけどさ。
おかしい状況だと思わない?
それぞれが それぞれを?
主人格の方に向いて 補う構図にならないのは なんで?
主人格の交代が起こりえる状況では こういう構造 ってことか。
よく言えば 相互協力 わるく言えば 相互依存 の構図。
外にそういうのが求められなければ そうなるもんなんだろう。

冒頭で書いたように それぞれが別々に身体を持って
それぞれに 存在していたら と たまに 思う。
同じ身体に存在していて とてつもなく有利なことは
同じ知識・記憶なんかを共有できること。
様々な視点から 見ることはあっても ベースは 同じ。
好き嫌いみたいのも 個別にあるけれど
それは・・・ 知識・記憶に依存しないものが 個別で
それに依存するものは 共通 になってるし。
昆虫類がダメなのとか、山菜には抵抗感があるのとかは 一緒。かな。
猫派と犬派も・・・ それぞれいるしさ。
そういうとこが 別々の身体 では 実現はできないけれど
でも 散らばって別々の人間といて接しても なんか
通じ合えるような気が とても する。
今までのことを全部忘れて みんなで 出会っても
たぶん 通じ合う なにか を 感じる気がする。
趣味とか仕事とか全然違う人が 変に気があって仲良かったりするみたいに
こう 魂とか心が引かれあうような そんな 感じ。
同じトコにいるから・・・今 そうなのは アタリマエ だけどねw
現実世界で そういう人が いたら いいのに。

今朝見た夢、 極点近くでの出来事。
確かに セイ が主人公だったけれど
歩くセイが話しかける 視界にはないけど後を歩いてる ユウ・・・。
もしかしたら、 人格がそれぞれの登場人物?なんて思う。
なんとなく ね。すべてがそうともいえないけれど さ。

さっき トイレに行くときに 実母がなにか 話しかけてきてた。
言葉は聞こえるし 意味もわかるし・・・
他の人格が ドウコウ 思うのとは まったく無関係に
素通りしているのは・・・ アイツ だからなんだろうか。。。
それとも 太郎次郎も同調してるんだろうか。。。
あまりにも 意識が通じなさ過ぎる気がする・・・。
ケン・・・ こうなること予想して逃げやがったか?
それは いいすぎか。


結局、自分の話相手は自分の中。相談相手も自分の中。
そんなことに帰着して 外界から 自分で隔離していく。
自分の中の仲間達が 別々の人間として 存在して
みんなで 一緒に生きてく そんな感じのに憧れてしまう。
人は 心は 一人じゃ 生きてけないじゃん。
一人で生きていけるなら 生きることも死ぬことも 価値も意味もないじゃん。
(いいすぎだと 自分で思っています)
・・・
そんなふうに 悲鳴をあげるような 感覚 しか ないや。なんか。
ただ叫ぶだけじゃ 疲れて倒れて朽ちるだけなんて
そんなことは 知ってるょ。
実際には 憧れてるとかいっても・・・
そういうふうに 集団で みんなで というのに恐怖感は強いし。
裏切られるというよりも なにかに潰されてしまう恐怖が強い。
だから 憧れはしても・・・。
恐怖ってのはさー・・・人格が変わっても それは変わらないわけで
解離人格すら そこは 共通してる。
・・・と 思う。 確認できないから どうか わからない。
怯えたり、逆切れしたり 反応は 様々だけどさ。
少なくとも それに 反応はするょ。 そういうもんでしょ。
反応しなかったら 表面的な恐怖とかで 根付いてないものなんだ。
どの人格が あるいはかつて存在したりした人格が
どうやってそれをもたらしたのか どうやってそうなったのか
ただ 恐怖心 って結果だけで 全然 わからない。
出発点・・・ずっと遡って小学時代入学頃まで行ってもまだその前っぽい。
記憶が欠落してる幼児期の自宅なのかなぁ。

あれ?

・・・

なんで わたしに 自分の子供をあやす記憶があるんだろう・・・

・・・

精神汚染というか・・・記憶汚染かな。。。 あるいは 幻覚か。

他の人への不安感だとか恐怖心だとか
薬で麻痺させることはできてもね 根付いてるのは外せない。
薬物中毒のように 麻痺させ続けるなら それもいいかもね。
暴れないように拘束されていることが 自由な人生だって言うならさ。
薬を飲まなければ どうなるかヤバスギルって自分でわかってる人達も
薬がない生活を 切望してるのも知ってる。
薬は 継続的な応急処置であって 自己治癒能力が治してるんだから。
毒を吐き続けるものがあり続けたら 中和剤を入れ続けるのと同じ。
はき続けるものがなくならないと 中和剤投与は なくならない。

人は 一人じゃ生きていけない。
でも ダレカと一緒にいることができない人もいる。
一緒にいたくてもそれが不安と恐怖に支配されてできない人がいる。
それでも そうした人は ダレカと一緒にいることを切望してる。
矛盾。 人の心なんて そんなもんじゃん。
矛盾してるなんて 知ってるから 心の病に堕ちるんでしょ。
全部が全部そうでもない だろうけどさ。

ユウ






Last updated  December 30, 2008 03:05:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 26, 2008
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:逃避生活
いつもと違う 風が吹く 
いつもと違う 言葉がある 
渦巻く心から はみ出て 
流れない言葉が そこにある 
水面に広がる波紋が 
いくつもいくつも 重なって 
大きなうねりになって返る 
懐かしさにも似た ざわめき 
心は 増殖する 

ンー・・・ 寝たろ と思った のだけれど・・・。
すでに ナオも 寝る気満々で ブログ書き終わってたし
コミュゲームの方でも 寝る宣言 していたのだけれど。
そこで いきなり あれ? なぁんてことに。。。
・・・ 別のモノ。
なんか 女性人格だけが 増殖しているナゾ・・・。
・・・問題:ソウなのでしょうか? わたしには わかりません。

しばらく居座って消えてしまって なんだか よく わからず。

ショウとかキョウみたいに たまに出てくる存在なのだろぉか?

実は・・・実は・・・ ここ最近、毎夜毎晩・・・昼夜問わず・・・
「わたしはもうすぐいなくなるから」
という言葉が この この ねぐいグレーな大脳を突き刺してる。
(ねぐい という形容詞?は あまり通じないかもしれません)
それは わたしの言葉? 誰かの言葉? ナニカの本音?
「わたし」とするのは どこまでの範囲で言っていて
「人格」なのか、「人格のかたまり」なのか、「この肉体」なのか
はたまた・・・ などと 謎は深まるばかりで・・・
ここにきて・・・ 別モノが登場してきたりなんかしたわけさ。。。
堂々と・・・。

名乗られた・・・。

ぎょぇっ!?

・・・ユウ、完全分離・・・!?

はぁ・・・ややこしくなってきた・・・
ん~・・・ん~・・・

あれ?

ナオ? これ 気付いてた?

・・・ なんとなく?

ナオが別ブログで 違う名前で呼んだ理由・・・
二ついるから・・・ だった? そーなの?

・・・ なんとなく?

ややこしい というか やっぱり よく わからない。
でも こうしていて 並んでいるわけでもないし
・・・さらに よくわからない・・・。

そういえば、そんな名前は馴染みがあるねぇ・・・

・・・!

なんとなく・・・どうやら やっぱり ユウは二人。

だって・・・その名前・・・
わたしが以前ネットゲームで使ってたキャラの名前。
ある漫画の主人公の名前をパクった 難しい読み方?だけれど
その名前になじみがあったから 使ったんだっけ・・・。
漢字が・・・面白いな とも 思って。

ほんとうに やっぱり ユウは 二人?

・・・

実は ユウ ではなくて 独立して別物?

・・・

問題は・・・そんなことなんかじゃないよね・・・。
今、ココで名乗ってまで登場してきたことさ。
・・・名乗ると言っても 聞かれたから答えたような あれ?
誰が名前聞いたの? ・・・

ひょっとしたら マトモに出てこれる状態の人格が増殖中。。。

ユウ






Last updated  December 26, 2008 10:00:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:逃避生活
それを求める気持ちが強くて 
寝ていて夢の形になる 
望んでいるように 恐れるように 
それが交わって一緒のように 
どちらともいえないものになって 
他人事のように眺める 
いくつも夢が連なって 
それぞれが異なるように思えても 
過去の自分 未来の自分 現在の自分 
それを 違うように 表現してる 
たぶん ね

寝たのはおそらく 5時頃 目覚め・・・不詳 起床 12時過ぎ。

昨夜は・・・布団にはいって ぅむ。。 というところで
一気に「咆哮」 というか フラッシュバックに負けて・・・
あえなく 気絶するように 寝ていたような気がする。。。
気絶したのは どうも わたし だけだったような感じで
他のも それぞれ 適当に休んでたっぽいんだけれど・・・
多重人格っていうのは おもしろい・・・ 興味深い。
なんか、 寝ていて夢を見ていると思うのだけれど・・・
それとホボ同時に夢と関係のないことを考えてる人格がいた。
他の人格が考えていることを映像化して夢? あるかも??
言ってみれば・・・本当に夢は 心(人格)の裏返し
裏返しといっても 逆 というのではなくて
違うように同じモノを眺める という 意味で。

夢は たぶんいくつか 見た ように思えるのだけれど
なんでそういうご都合主義的に人はモノを選択してしまうのだろう
なんていう 「付き合えば?」「そうだねー」の軽い展開もあれば
(わたしが付き合うということではなく、相手に言ったことです)
意味がわからないけれど 北極 までの行きかたを教えてもらったり。
北極に行くのに なんで JRだけで行けるのだろぉ・・・w
北極に関しては 部屋を装飾することができるあるゲームで
壁面に北斗七星と北極星を描いているので かもしれないし、
しばらくまえに固執して聞いていた ポーラースター かもしれないし
極寒のイメージかもしれないし 日の昇らない季節かもしれないし
なんというか・・・ 心当たりが多すぎて なんだろな。
なんか ヲタ系ショップ? みたいなトコに行って
というか 書店っぽい 感じなんだけれど
そこで イロイロと本をあさってたような感じのシーンもあって
今思えば 昔はそういうことよくやってたな なんて感じ。
特に ゲームの設定本(攻略本ではない) をあさっていて
好きなゲーム、面白かったゲームは その背景とかを
文章で読んだり絵を眺めたりするのが好きで
そういう本も大量に抱えてたっけ。(全部捨ててきたけれど)
登場する人物に心当たりが ない というのも笑える。
お嬢様風の人とヲタ書籍系営業通の人と女子高生と。
3人の女性は まったく わからない。。。
親しみを持ててたし、 誰かを投影してたような感じ。
ぃぁ、恋愛感情だとかすごく仲がいいとかいう感じで出てこなくて
場を演出する登場人物でキーになる3人なだけ。
セイによれば・・・ 全員過去のイメージだっていうんだけれど
どうなんだろう・・・。ナオは 女子高生は この人 って言うし。
どうとでも取れる、不確定要素が多いのが 夢 なんだろうな。

夢は心の裏返し。
それは 夢の内容そのものだけのことでもない。

同じ夢を見たとしても 違うように受け止めることがある。
それを どのように感じるのか も 心の裏返し。
恋人同士の夢をみて それを心地よく感じるなら
そうした状況を肯定できる状態にいるということで
不快に感じて ぶっ飛ばしたい気分にもなるのなら
そうした状況を否定したい状態にいるということで
だから 夢診断とかって どうなんだ? なんて思うことがある。
物事を客観的に捉えようというのは 望ましいことだけれど
こういう内容を見たからこういうことなんだなんていえない。
個人の価値観、あるいはその近辺での感情のありかた なんて
心理学では 誰も定義なんてしてない。。。 ように思える。

わたしは 猫 が大好きなので 猫が出てきたら吉兆だし
黒猫がでてきたら 某運送業者というのもあるけれど・・・
黒はわたしが好きな色、猫はわたしの好きな動物、吉兆と捉える。
猫に襲われる夢を見たら
大切にしているものに対する 脅威・罪悪 だとかと捉える。
宗教によっては 牛 は神様の化身だから 吉兆 だろうけれど
信仰してないわたしにしてみれば 化身などとは思わなくていいし
それを 食った としても 化身と知りえないから冒涜にもならない。
もっとも・・・それが 霜降り あったら 凶兆と捉えるけど。

わたしは 不健康に育てたれた食肉用家畜の肉は好きじゃない。
美味しく食べるために とか言う人はいるんだけれど
手間をかけずにいかに楽して食うかという点での 美味しく であって
不健康な養殖魚を そいつらがまずい といえる神経がわからない。
ただ食べるというのではなく 意図的に不健康な状態にして食べる
そういうのが 神への冒涜 ってヤツなんじゃないの? 神がいるなら。
草食獣でも 群れの仲間が病死したらその肉を喰らう。
その病の抗体を得るために 草食獣も肉を喰らう。
それは ある意味 病死した群れの仲間からの恵み。
生存している仲間たちが 生存し続けるための糧(かて)。
戦争中、大日本帝国では飢餓が蔓延した戦場が多い。
そうした中で 人食 という行為もあった と伝え聞く。
意図的に 食べるために殺害 というのは問題だと思うけれど
死に行く者が 我が血肉を食らいて生きろ と残したなら
敬意を払って 食して それは 仲間からの生存の糧じゃん。
賛否両論あるとは思うけれど・・・
我が血肉 これは聖典にも出る言葉。
例えば牛が神の化身として 我が血肉を食らえ と肉を曝して
それを食わないのも 神への冒涜じゃないかって思う。
自ら血肉を得るために行動するのは間違っていても
差し出された血肉を食するのは 違うんじゃないだろうか?
神の血肉を食することを 揶揄 する行為はキリスト教会などでもあるし
一辺倒に拒絶する というのも どうかと思う。
望んで食するのではなく 与えられたものを食する という意味では
店頭に並んでいるものは食えない というのは 納得するけどさ。

人道的にタブーであっても 宗教的にタブーであっても
その場その場では それが 正当なこともあると思ってる。
それは現実世界だけでなくて 夢の中の出来事 もそうだと思う。
大事なのは 夢の内容そのものではなくて
夢の内容と現状との対応じゃないのかな。
だから 夢は心の裏返し。
例え 人を殺して すっきりー♪ なんていう夢を見ても
現状を見て 問題を解決したいと考えているのだと結論付けられれば
悪い夢というよりは 1つの動機付け と考えた方がいいと思う。
真剣勝負という表現がある。真剣とは人を殺傷する本物の刀剣。
勝つということは 他人を殺める可能性がある勝負のこと。
そうした真剣勝負をするのだと 受け止めるのが良いんじゃないかな。

千歳空港では雪で空港閉鎖され、北の方では雪がスゴイ状態で。
それでも相変わらず南関東は 晴れ。
たかが日本 それでも 今同じ時間で 違う状況の人達がいる。
天気すら違うんだから それ以外のモノだって 全然違う。
柔らかな日差しを望む人もいるだろうし
南関東では 個人的には雨でも雪でもほしいし(乾燥しすぎ)
望むものは 同じ時 でも 全く違う。
心も そう。 夢の内容も捉え方も そう。
夢は心の裏返し、心の映し身。
自分が思うことばかりが 世の全てじゃない ってことだょね。

結局 自分で見れるのは 自分のことばかり。
だから 他人を思う心は とても大事なのに
自己満足な偏りで それをしてしまう。
自分に都合がいいことだけで 世の中が回るわけがないんだ。
それを思い知った人が 心の病に 堕ちて行く。
そういう人達も 多いよね。
寝ていて見る夢を どうしてそういう風に見たのか がわかれば
心は健康のままでいられるのかもしれない。
だって 夢は 心の裏返し 心の映し身 心の思い描く映像。
正しく受け止めることができたら 誰も苦労なんてしないか。

ユウ






Last updated  December 26, 2008 02:03:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:逃避生活
魂の叫びを聞け 
これは 感情 などではない 
淡々と 連ねた 過去を 
通り過ぎた 真実を 
くるはずがない 未来を 
望んでいた 理想を 
捨て去られてた 想いを 
そして 現在の 自分を 
綴るように 吐き出している 

ねもい。

なにかをやっているときは まだ よいのだけれど
それが終わると フッ とナニカが 切れる 気がする。
ギアをいきなり ニュートラル に入れるように・・・
というか・・・ クラッチ切るように・・・
スカッ と 力なく惰性で動いている状態になる。
こんなときには 内側から 幾つものモノがあふれ出す。
それは 感情がついているようではなく
ただ 漠然とした 過去の羅列。
普通にいえば フラッシュバック というやつなんだろう。

慣れ というのは ある意味 恐ろしい。
この状態に陥っていたら たぶん 夏場は パニック発作だった。
次から次へと移り行く 断片の映像と文字と言葉のイメージと
見ているはずのないコマ送りされる光景であるとか
こうしてみると 実に 興味深く バラバラと 出現する。
目で見えているはずがないのに・・・
こうしてブログしているときは、シロを基調とした
変な広告が左側に表示されていることを除けば
実に 殺風景で 自分で書いた文字が連なっているところに
そうしたものが 重ねるように 感覚的に見える。
大脳とは どうやったらそんな不思議なことができるのだろう。

・・・ぁ わたしだから 平気なのかもしれない・・・。
他の人格、 気分悪そうだ・・・。
ぃぁ、わたしだって 気分は悪い。
さっき食べた 芋餡の饅頭で胃がもたれている気がする。
どれ・・・あいかわらずの 白湯(さゆ) でも・・・。

ごくん(本当に飲んでます)

などと ノンキな感じで書いてみたけれど・・・
実際は そんなもんじゃ~ない。
相変わらずの耳鳴り。 久しぶりに実感してる頭痛。
今の頭痛は左上頭部と左眼上部奥と額の右奥付近から。
とりわけ・・・ 左眼はなんとかしなければいけないのかもしれないけど
生きるという前提が もてない今は 放置。
死ぬという前提もないけれど生きるという前提もない。

生きる死ぬということを メンヘラの方はよくするけれど
実際に わたしも そういう話題は よくするけれど
はたして そういう問題だけなんだろうか? と 思う。
今のわたしの 素直な気持ち を書けば・・・ 
ねもい。 眠い。
単純に 寝ていたい。 いつまでも ずっと。
目が覚めたときに なにもかもがスッキリしていて
自分が今まで過ごしてきた時間の大部分が 夢だったのかっ!なんて
そんな風に 子供の自分で 目が覚めると 嬉しい。 ありえないかな。
そうでなければ かつて自分に関係した人がすべていなくなっていて
誰もわたしを知らないような状態のところで 目が覚めたい。
そうでもなければ・・・
わたしを始めとする現存する全ての人格が眠ったままになって
人格だけでなく それぞれの記憶も抱えて眠ったままになって
全く新しい人格が 記憶喪失状態 で目覚めてもいい。

それを許してくれそうもなく 続いている・・・
フラッシュバックは ある意味 魂の咆哮。
続いていくほどに 頭痛は酷くなるし 気分も悪くなってくるし
饅頭なんて 食うんじゃなかったな なんて思ってしまうし
ぁ、ぃぁぃぁ、饅頭は好物の1つなので 罪はないんだけれど・・・
なんか・・・ あれだね・・・ こう・・・
すでに 混乱状態になりつつあるんだけれど・・・
頭バーンバクハツするんじゃないか?って感じで
大脳が ビローン とデカク膨張していくような 幻覚? があって
すごく ぁ 発狂寸前? なんて気がとてもしてしまう。
頭なんて動かしていないのに 頭をつかまれてブンブンされるような
変な なんていうの? 平衡感覚もちょっとおかしいような感じで
ただひたすらに・・・ ねもい。
眠いのに 寝たいのに 揺り動かされるように 続いてる。
目を閉じれば 暗褐色の目蓋の裏? に 投影されて
いやおうなしに ソレ は入って来る。。。
本気で 大音量で咆哮が響くように イヤな気分になっていく。
内側から 音が振動で全身に伝わっていくように・・・
不意に 身震いしてみたり 変に小刻みに震えは出てくるし
心臓辺りも 微妙に 鈍痛がでてきたし
これを打っている手の感覚も 微妙におかしい感じがしてくる。
・・・なんだって フラッシュバックの実況してるんだか・・・

ともかく・・・ ねもい。 プラスして・・・ 吐きたい。。。

これを書き始めた時点と まさにココを書いている今とでは
身体的精神的状態は ものすごい差 がある。
わりと平然としていて フラッシュバックみたいのがでてきたと判断し
さも これは咆哮のようじゃないか などと書き始めたときは良かった。
今は・・・ すでに収拾つかなくなりつつあるものを書いていることを
おもいっきり 後悔しつつも・・・
ここでやめるのも どうか? なんて 思ってしまうし
そんなことかかまいもせず 何度もリピート再生するように続く。
最初は平気のように思っていたのだけれど
同じものをバラバラと断片的に繰り返されると クル・・・。
あぁ、これが 発狂寸前という状態か などと
いたって冷静なフリをして書いてみたりするけれど
あぁ 以前にも同じようなこと 書いたかもな
なんて ちょっと 余裕あるじゃん??? ってとこも見せつつ
実際のところは 後頭部襟元から上への得体の知れない不快感と
右耳側を主体とする強烈な耳鳴りが際立ってきていて
さらには 背中にカーボンヒータを抱えて かなり暖かいはずなのに
実際に 手で触ってみても 熱くないか? くらいに暖められているのに
めちゃくちゃ 寒い気がしてきてる。
・・・風邪?w
風邪というのは コンナ風に 身体の内側から
冷たい感覚が広がっていくものだったっけ・・・。違うょね・・・。

あぁ・・・気分が悪い。 一気に 堕ちたような気分。

このまま ゆっくりと 何も考えないで 寝たい。

などと思っていても 内側から咆哮が貫くように
全身に震えを与えながら フラッシュバックは まだ続く・・・。
いっそ・・・大脳ぶち壊すか? とは いつも 思うこと。
身体の感覚が全て 他人のもののように すごい違和感を伴って
それでも ここには わたしがいて。

そう・・・まさに・・・ わけわかんねーんすけど・・・ なのである。

これよりわたしは 咆哮と格闘しようと思う。
そして 気絶して眠りを得るしかない。(←アフォw

乱文、失礼致しました。

ユウ






Last updated  December 26, 2008 03:24:54 AM
コメント(0) | コメントを書く
December 20, 2008
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:逃避生活
白湯は 刺激がなくていい 
ただ 温かい飲み物が欲しいとき 
白湯が この身体には 合ってる 
茶も珈琲も果汁も乳系も 
味や色があるのは 敬遠する 
心は 無色透明 それがいい 
それが わたしの 理想 

・・・実際には・・・面倒だから白湯(さゆ)飲んでるけれど・・・
ぁ、今、白湯呑みながら書いてるw
いいわけのように 理由付けするなら こんなかな?と。
この辺りは水道水の水源がホボ地下水なので ちゃんと飲める。
この辺りにある河川の浄水場施設は東京都水道局の施設だからね。
まずくて飲めない水だからくれてやってるのさw

今回は18歳未満の方には不適切な内容をおもいっきり含みます。
法的に18歳以上(高校生除く)でなければ タブーな内容です。
未成年者云々な条例ではなく、風営関連の法律の定めによります。
そしらぬ顔をして 読むだけなら・・・わたしぁ知らない。
出会い系サイトも 風営関連法律の適用対象です。

1日ぶりに携帯を開いてみたら メール6+状態。
またかぃとメール受信箱あけたら・・・新着62。
占いとか登録してるショップの営業メールとかで5・6通。
残り 全部 スパムと化している 出会い系。
パケホしてるけれど コレも一種のテロ行為だよなって思う。
1通受診でナンボ?1日50通以上きて1ヶ月でナンボ?
かなり しゃれにはならない。 法規制されてからは変わるだろうか。
(今は公布期間で施行は来年春だったかと思います)
ちなみに・・・そんなとこ登録なんかしてない。

いわゆるサクラっぽい人からのが すげぇ 一杯で・・・
「スグ会えると思ってポイントあまりない」 とか書いておきながら
すげぇ送ってて 本当にポイント使ってるのか? と。
「あなたが初めて連絡する相手~」とか・・・笑える。
複数登録をすると ナンボでもソレが来るのがわかるょ?
(かつてジュンが実際にやって 確認していました)
実際にはその何倍も送ってて どうやってポイントって言える?w
「こちらからアドレス送りますねー」 ありえないとこがある。。。
女性会員からアドレスを送れないシステムでも平気で書いてくる。
(これまたジュンが女性として登録して確認していました)
いわゆる 出会えない系の相手 ってことになるんだろうね。
・・・読み物としては面白いものがたまにはあるけどw
そうしたサクラに混じって散見されるいくつかは 不明 だけれど、
あまりにオープンに書いてある人はサクラかウリが多いかもしれない。
そういうメールに慣れた男性達が女性達に失礼な内容を送る・・・。
そういうメールがなにもしなくても ドンドンくるから
皆、そういう女性ばかりが登録していると思い込む。。。
実際の女性会員は・・・そんなことをすることができない状況なのに。
女性会員も同様にサクラの攻撃がすさまじい。。。
あれは・・・ちょっと 引く。 きしょい・・・
ナオが気分悪くなって 放棄したメアドも実在する・・・。
男性のそういう きしょい欲望 受け入れられません。。。
(サクラじゃないっぽいメールのが きしょかったです
 いきなり ビンビンのホレホレがぴ~ひゃらら 伏字ばかりですw)
精神的な意味で 極度の潔癖症 とも 言えるのかもな。。。
んだから・・・壊れたりすんだろうけれど・・・。
というか・・・女性人格は・・・男性そのものが好きではないしw

そういうところでは本当に出会えないのか?
マジメ系のトコとかじゃないとありえないのか?というと・・・
今までブログで書いた人達の中には、
そこで知り合って 実際に いたしました って人も実在する。
他でなんとなく知りあって話をしたりした人でも何人かいる。
男性の話は まったくもって 理解できないようなことが多いけれど
女性の話を聞くと はぁ・・・なるほどね と思うことが多い。
結局は 「心の隙間を埋めたい」 というのが本当の動機みたいだ。
それを一番短絡的に実現できるのが そういう手段 なんだろう。。。
まぁ・・・同じ大脳を使っているとはいえ 男性人格のそういうトコ
わたしら女性人格には・・・まったく理解できないんだけれど・・・。
(どうせトラウマにハマルからやめとけ としか思えませんw)
そう・・・結果的には 肉 を求めていても 欲しいのは 心。
例えその場だけのものであっても 心。 そんな感じがわたしはする。
男性は・・・どうなんだろう・・・徹頭徹尾 肉? 乳製品? 心?

ぁぁ・・・直球なメールを出してくる 会える系の人が
わずかながら 実在している ということは否定しません。。。
(でも会ったら確実に ちょめちょめ になるというわけでもないみたい)

まぁ・・・どういうことを求めていようと、満たされていればやらない。
そういうのにハマル人っていうのは 結局は現状に不満がある人。
あるいははっきり言えば 現状から逃げたい と思ってる人。
どう話を聞いてみても そんな風にしか わたしには思えない。
既婚者でそういう人がわりと多いとかっていうのは・・・
婚姻関係にある人の少なくとも半分以上は 不満 を抱えてるからでしょ。
話聞いてても・・・夫婦って一体ナニ? って話題は多く聞くし。。。
対等な立場とは思えない状況で 夫婦 っていえるのだろうか?
主従関係じゃないの?主人と奴隷じゃないの? が多いじゃん。
どちらが主人でどちらが奴隷か は 夫婦によるけどさ。
(例えばドメスティックバイオレンスの実体は男女比の差はあまりないです)
そればっかりじゃないけれど 単身者や未成年者とかもいるからね。
(ここでいう未成年者とは 18歳未満もしくは18歳高校生です
 違法であっても、実在してしまうのは確かです・・・)
結局は 満たされないものがあるから 求めてる。(金目的含み)
いわば・・・ これも 逃避・依存型の心の病でしょ。
「ウツなんて出会い系でホレホレすれば解消だぜ」とか言ってるバカ、
あんた、ソレ、心の病だから なんて 言ってみたいw
痛い目にあっても そういう人は 懲りないのが多い。まさに病。
そういうのこそ・・・ 治す仕組みが必要じゃぁないの??

熱く語る話題でもないんだけれど・・・ちょっ・・・着過ぎ・・・
さっき、やっと着信拒否設定に加えた。。。
これでしばらくは減るんだろぉなぁ。。。

関係ないけれど 性風俗関係の仕事をしている人とも
多少なりとも交流があったことがあって・・・
(ぃぇ、普通に知人として会話する程度のことです)
そういう人が嫌っている「客」が・・・
「金払ってんだぞ」と威張るオバカ族。。。
他で威張れないから、そうやって威張ってるだけと皆言ってる。
そもそもさぁ・・・いわば 「時間貸し」なわけだから、
それほどに威張ってアレコレなんていうのは・・・
サービスを超えて要求できるわけがないのにね・・・。
少なくとも数百万円払って「買い切り」にするなら 話は別?w
或いは月うん十万円コースの契約とかならアリ?w
男性がサービスをするようなものでもやっぱり同じように言われてる。
結局は・・・求めすぎ・・・w
普段威張ってたりする人が プレイでは苛められたい傾向が強いように
普段威張れない人が プレイでは威張りたい傾向が強いみたいだよね。
心の隙間を埋めるというか 心のバランスを取ろうとしているというか・・・
ヌルク適度に調整が効く程度なら それはそれで アリかもしれない。
だから・・・合法なモノが存在するってことなんじゃないかな。。。
適度に遊び感覚で というのとは ちょっと 出会い系は 違う。
(業界の人と違って、身元保証が一切ないのは 怖いょ?w)

要するにさ・・・心が本当に健康な人っていうのは
そういうものに 溺れたりしないでしょ? ってこと。
なぁんだ・・・健康ぶってるくせに心の病の人 なぁんて
実は一杯いるじゃーん ということを言いたくて書いてみた。。。
すぐにそういう(性的な)行動に移そうとする人達も同じ。
本能とかいうものではなくて、満たされてないだけ。
本能なんていうのは いいわけ。

最後に。 男はそういうものだ というのは 大嘘。
一部の男はそういうものだ であって わりとそうじゃない人が多い。
それは 女はそういうものだ も 一緒 だけれど。。。
「平均値」とか「普通」なんて存在しないジャン?
みんな好き勝手に生きてんだから・・・。
そんなもんに振り回されて満たされてない気分になる人は多いよね。

ぇぇ、気が向いて 書いた だけ です。 わはははw

ユウ






Last updated  December 20, 2008 10:11:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全106件 (106件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >


© Rakuten Group, Inc.