000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

奈落 by ガイア教

PR

X

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

追憶の鏡

July 29, 2009
XML
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:追憶の鏡
彼が消えてから もう 1年 
いくつもの波紋すら 残さず 
なにもかもが 消えてしまった 
記憶すらも 一緒に持っていって 
後に残さなかったのは 何故? 
なにかを 守るため? 
それとも 自分のあるがままの意思? 
今はもう わからない 


ケン、一周忌。で・・・いんだょな。。。たしか。
主人格がいなくなって 大混乱状態に陥った1年前。
状況を整理しつつ 道すらまだ確保できてない。。。

わたしらはこのままでいくんだろうか。
それも よく わからない。

はっきりしてるのは・・・
今なら 笑って人を殺せるって雰囲気が強いことくらいだろぉか。
右手を相手に見せていれば 相手は十分に油断する。
・・・元々は左利きなんだょね この身体。。。

人格ってのは 記憶ごと消える ってのは あるんだね。
人格というのが 大脳活動の思考パターン のようなものとすれば
特定のパターンのときに触れられる記憶 というのもあっておかしくない。

多重人格というものが精神疾患の名称とされていた頃は
その治療として人格統合というようなことがよく行われた。
今ではそうしたことはあまりない。
なぜなら 必要だから 複数の自分 が存在するわけで
人格統合の結果自殺する者は多発していたからだ。
主人格が認知したくないことを 交代人格が担当するわけで
そういう観点で主人格が交代人格の記憶を持たないことはあっても
基本的に 自分のことではない という意識で忘れるのと同じこと。
それがわからない精神科医というのは多すぎて 笑える。

そもそも 精神医学・・・というか心理学とは
精神疾患に陥っている者を対象として始まった。
正常という定義なしで異常の状態を観察することからなんだ。
ナニが正常なのか それがなくて なにが心理学なのか?
古典心理学の本の大部分を読み終えて残ったのはその疑問だけ。
夢診断であれ、実行動であれ、個人によりその意味は違う。
それだけで異常性を見出すことは不可能だし、
健康かどうかなんて 判断することなんで できない。
そういうことができる と思える方が 異常 だと思うな。
それは身体の病気に関しても同じさ・・・。
一般的に正常値の範囲だから正常?
その範囲の下限付近だったのが上限になっても正常?
どういう状態であれ、本人にとって最も平穏な状態を継続できる状態、
それが その人にとっての正常 ってことでしょ。
(明らかに身体などに悪影響を与える習慣を含めていうわけではありません)

難しい話は このくらいにして・・・
ケンはナニを思って 逝った のだろう。。。
明確にその後1年あまりにどういう経過になるかを
予測していたスゲェやつ だったのにね。
(ある人の精神状態・生活環境などに関してのこと)
懐かしんでる場合でもないか。

これから数日は・・・
錯乱しないように気をつけないとだな。。。
油断すると・・・ アハハハハハ って状態になる。
・・・予想できるだけに書く気になれんちゅぅことやで。

ユウ






Last updated  July 30, 2009 12:59:46 AM
コメント(0) | コメントを書く


December 27, 2008
カテゴリ:追憶の鏡
空を褐色に染め上げて 
金色の粉が舞う 
スターダストのような 
魅惑的な金色は 
周囲を容赦なく襲う 
火災
全てを飲み込む朱色の龍のように 
炎が駆け巡る 
それを抑える蒼白の龍のように 
水が宙を舞う 
悲鳴だとか怒号だとか 
いくつもの言葉が交わって 
2匹の龍は 広がっていく 
朱色の龍の鱗が飛び散って 
それは金色の粉になり 
蒼白の龍の鱗が飛び散って 
金色の粉の輝きを奪う 
朱色の龍が倒れるのは 
蒼白の龍に負けたからじゃない 
糧を失って力尽きた時なんだ 

ん・・・今日ということではないとは思うのだけれど
なんとなく 思い出したので 書いておこうかと。

子供の頃、近所で散文みたいのを 眺めてたことがある。
正確な日時とか覚えてない。 歩いて6分位のところが現場。
道路(双方向2車線)を越えて延焼してた。
すげぇ燃えた。 建売住宅の区画2つは燃えた。
何軒燃えたかとか よく知らない。 当時はニュースも見てなかったし。
川まで50Mあまり、消防署から150M前後の地点でそんだけ燃えた。
実は・・・よく覚えている・・・。
身体は現場から距離にして100M位のトコで見ていた。
延焼がすごくて 続々と近隣の消防署から応援がきても間に合わなくて
強風にあおられて 空は 褐色に染まってた。
本当は小さいんだろうけれど その中を金色の火の粉が舞って
容赦なく 延焼してった。
出火と大部分の延焼は 高台の区画 だったのだけれど
その直下のある家と道路を越えて延焼した。 火の粉ってすごい。。。
消火というよりは延焼阻止に近い状態で消火活動が続いていて
裏側から放水するのが足りなくなっていくつかが回って行った。
川岸には何台もポンプ車が連なって放水して
道路の消火栓はほぼあるかぎり使い切って
少し離れたところからももっていて放水してた。
バス通りは消火活動のため封鎖。
道路は行く筋もの消火ホースがうねってた。
鎮火するとこまでは見ていないから どうなったかしらない。
今でも市役所の地域防災計画の議事録では話題になってる。

火には気をつけましょうなんて 言う気は ない。

わたしは 炎を見るのが好き。
朱色とも金色ともつかないような色で
舐めるように広がっていく炎を見るのが好き。
よく部屋でモノを燃やしていたりしてた。
そう、部屋の中で。 変?w
ただ、炎を見ていると なんとなく 安心できた。
生き物のように ゆらゆらうごめいて
なついてくるような気や なつかしさにも似た感じすらあって
ただ 眺めてた・・・。
一人暮らししていた頃は・・・部屋でやると感知器が反応するので
バスルームで 燃やしてた。
じっと バスタブのふちに座って 眺めてた。
何時間でも そうやって過ごせた。
・・・言い変えると 何時間でも燃やし続けた。

子供はよくストーブなんかに近付いて じっと暖まったりする。
それを大人は 危ないとか 離れてあたりなさい とか言うけれど
わたしは・・・ 暖まるためにいたわけじゃない。
炎を見てた。 マッチや紙を中に入れて よく 燃やした。
炎が 好きだった。 ずっと。

でも。 火事ってのは別。 見てる分には すげぇ とは思うけれど
そういうのは 映画とか映像で満足してもいいわけで
小型のヒータでも正面間近においてそれ見とけ って思う。
とりわけ 焼死 ってのは 絶対にイヤ。
焼死ってのはさぁ・・・焼損により死に至るんじゃぁなくて
窒息死・有毒ガス中毒 なんだで?
生焼け(失礼・・・)な状態で見つかった時は
司法解剖で死因を特定したりするけれど 焼死って断定されるとき
なんて言う? ってより 焼死って判断されないときのがわかりいい?
「肺内にスス等がないので 死後に焼損」。
ってことはさ、ススが溜まる程度に苦しく呼吸するわけじゃん。
しかも、熱くて痛くてでしょ・・・ やだね・・・。

わたしは消失した家屋の炭のような香りも好き。
とはいってもさー、 なんていうのかなぁ・・・
そんなの 普通に 黒炭 もってきてもいいわけじゃん?
だから、そういうのが部屋にある。
たまにクンクンする。・・・怪しいw

すでにわけわからないこと 書いてる状態になってる。。。

わたしは 私財のホトンドを捨てさせられたこともあるし
ずっと前には床上浸水で いろんなもん失ったさ。
だから、火事にあってなくても そういうふうに 失う っていうのは
ある程度は わかるような気がする。
失ってしまったもの、もう存在しないものに対する執着みたいのは
すごく よくわかる。
だから・・・ 火事はやめよぉw
自分だけじゃなくて他人のまで失わせかねないから 気をつけよう。
失った時の喪失感は はんぱじゃぁない。
いつもしてるから 大丈夫 なんていう人はいるけれど、
たまたま 平気だっただけのことでしょ。。。
火事になるのは運が悪いんじゃなくて、
火事にならないのは運が良いって・・・知っとけ・・・。
運に左右されるようなことやってたら アカンょ。。。
危機管理ってのは・・・ そういうもんなんだょ・・・。
企業だとかなんだとかがやってるようなのは
起こったらどうするか だけで 起こらないように がない。
起こらないようにを含めて 本当の危機管理だから。

でも、 炎が好き。

ユウ






Last updated  December 27, 2008 10:23:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 9, 2008
カテゴリ:追憶の鏡
遠くにあっても 見守っている 
それが 役割だから 
それが 存在価値だから 
迷うなら 道を示そう 
ただ 素通りする 道標 
迷いそうなら 道を示そう 
坂路でつまづく ひとかけらの石 
強く導こうとしても 
意味がないことだったね 
楽しい 今 が 偽りだなんて 
信じたくない のは 悲しいこと
遠くにあっても 見守っている 
それが 役割だから 
それが 存在価値だから 

・・・探せば 出てくるものではある・・・。
という感じで・・・セイは八神純子を聴いていた。
もういいじゃん・・・そろそろ寝よう? なんて無理。

ん~・・・気付いた人がいるかどうかは 知らない けれど
ケンが以前 楽天ブログ してたとき 最初の名称は TRUTH HURTS。
実は1998年頃からセイが数年やっていたWebの名称なんだけれど・・・
それは 八神純子の曲のタイトルから頂いてた。

TRUTH HURTSの詩の一部紹介・・・
♪鏡を見てごらん みんながそれぞれの
 偽りの鏡なら 自分だけが映らない
 一度ドアを開いたら戻れない
 やるせないほど

 真実は傷付くもの 知るも知らぬもそれは自由
 真実は傷付くもの ガラスの心 粉々よ

フェードアウトもなにもなしに バチッと切れるのがすごく印象的。

八神純子の曲を聴いていて(聴かされていて?w)、
気になることがあって、そうか? そうだね? だろーねー?と。
モソモソと会話していたのだけれど・・・(今日はわりと皆起きてた)
ケンがやろうとしてたのは、ポーラースターの歌のことだったのかと、
そんなことを ふと 思った。 んで、 散文書いてみた。
・・・結局は TRUTH HURTS。真実は傷付くものでしかないかもしれない。

昔聴いていた音楽、観た映画、読んだ本・漫画、それらに
自分のあるべき姿 が 存在している。
いろいろなものに影響を受けた。
改めて それを 思い知る。
鍵は なんぼでも 落ちてる。
自分の価値観や考え方 の 根拠 を 知ってから。
それから 前に進むのがいいんだと 思ってるんだ。。。

これから寝るw その前に、書き留めたくて書いてみた。

WOMAN系






Last updated  December 9, 2008 04:07:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 18, 2008
カテゴリ:追憶の鏡
今日は2人の記念日だから 
ほんとに ささやかな祝いをしよう 
少し甘くて滑らかに軟らかい杏仁豆腐と 
少し刺激的でもすっきりするジンジャエールで 
2人のこれまでが そうだったように 
2人のこれからも そうつづくように 
いつまでもこうして 一緒にいられるように 

・・・ンー。そんな風に思える相手ってのは・・・いたことあったか?w

今日は、昔の友達の結婚記念日だった。そうだ、そうだった。
いきなり思い出して、杏仁豆腐とジンジャエール買って来た。
今日は酒じゃないのさ・・・彼女、下戸だからw
酒飲めない人のこと思い出すのに、酒はないでしょーーーーwww
そう、完全に最近はリフレインモード。
ヤバイ風にいえば、すんげぇ長いスパンの走馬灯のようなモンw
死に至るまえの麻薬的な効果を目指して過去を思い出してる。
イケテル風にいえば、過去を振り返ることで自分を取り戻してる。
たぶん・・・それなりに イケテタ頃 の自分を。。。
どっちかは・・・シラネw

杏仁豆腐もジンジャエールも、彼女が好きだったものだ。
なんで過去形かって? 今は全然交流がないからねw
まだ鈴鹿サーキットに遊びに行ったりしてるんだろうか・・・。
(彼女は当時鈴鹿市民でよく家族で遊びにいっていたらしいです)
彼女は、一昨日に誕生日だった人と同時期に交流があった人で、
とてつもなく迷ったときとか、電話で話を聞いてもらったりしてた。
一頃のわたしらは、この2人に支えられていたっていえると思う。
身体は男性なんだけれど、相談相手って全部女性だったな・・・w
どうしても、価値観とか考え方とかって男性とはチョット違くて。
今ひとつ、理解しきれないトコが多かった・・・。
まぁ・・・他人という意味でいえば、性別問わず、イミフだけどさ。
でもねー・・・話してて本当に楽しいって思えるのはねー・・・。
男性っぽくない男性というのとは知り合えてないからなー。
あぁ・・・イミフなこと書いてるwww

結婚とかは・・・みんなはどう考えてるんだろう・・・。
とりあえず、結婚はできる・できないという種類のものではなくて
する・しないという種類のものだと わたしらは思ってる。
かつて出会った女性達を振り返れば、そういう相手は何人もいた。
その中に・・・1つ前で書いたこんな言葉
「どんなことでも子供の頃と比べれば楽しいから」
を普通のことのように話す女性もいた。
でも、ナオを筆頭に感受性が強すぎることが災いになったのか、
それに応えることができないという判断にいつも至った気がする。
彼女達が期待しているような存在では ありえない って。
相手に合わせるということよりも、
自分は自分として生き、相手もまた相手として生き、
その中で相互関係を見出せるような考え方してくれてたら、違ったかな。
そういう人は 候補 になるような人にはいなかった。
そうじゃないと・・・こういう イミフ なヤツは相手にはできないw
合わせようとして・・・合わせられるようなヤツじゃぁないでしょ。
こういう面をちゃんと話したことは・・・あまりなかったし・・・
話した相手も、あまり実感としてはわかってなかったっぽいし。

タバコ・・・また買ってきた。 セイはタバコがないと無理っぽぃ。
まぁ・・・もう長年吸ってるからね・・・断続的だけど。
ぇ? ぁぁ・・・酒煙草は10歳位の時から。
本当に喫煙が健康被害をもたらすなら、特に未成年者の喫煙がそうなら
健康被害が出てないとおかしいんだけれどね。一切健康。
精神的なものによるもの以外は一切異常なし。
異常は身体の診断では見つからず。
怪我(腰痛系含み)とウィルス性疾患と虫歯と炎症でしか病院イラナイ。
一番吸ってたのは、未成年の頃だったのにね。
実際、煙草吸ってても陸上部やってたんだしさ(NG発言だー!w)。
妊婦の喫煙とかっていうのは、煙草が健康に悪いって証明でもない。
だって、一部の薬品などを飲んでも胎児への影響はあるでしょ。
本来は体内に存在しないはずのものを摂取してしまうことで
それがなんらかの影響を与える可能性はある、っていうだけのこと。
大量に摂取していればより危険度が増すということ。そんだけじゃん。
妊婦は煙草を吸わない方がいいっていうのは、
一部の薬品は飲まないほうがいいとかってのと一緒なわけで、
それが健康に悪いからそうなるんだっていうなら、薬品もそうだろ?w
正しく物事を見て言えといつも思う・・・。
こういう考え方をするから、孤立してしまう傾向が強いのかもね。。。

まぁ・・・結婚してる人、考えてる人、どーでもいい人、イロイロだけど
わかりあえる人がいてくれるのはいいことだと思うさ。
それが どんな立場 で存在してもさ。
一歩引いて見れないと、自分達の位置すら見失ってしまうから
恋人とか配偶者っていうのは、必ずしもそうである必要はないだろうし
お互いを認め合うことができれば、それでいんじゃないのー?
素のままのお互いを認め合えるならね。


結婚するまでうそぶけば勝ちという一部の方、賛同できません。
つきあう・結婚=Hすること という男性、賛同できません。
ただ相手につきしたがうことだ という女性、賛同できません。
男女ということ、人であること、両面でわかりあえるのがベストです。
男女同権などという以前に、人として尊重しあってください。
わたしらは、そう 思います。
DVで自殺に至った知人のような結末はあまりないでしょうけどね。

WOMAN系






Last updated  November 18, 2008 11:53:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 16, 2008
カテゴリ:追憶の鏡
バーボンをソーダで割って 
できれば オレンジを絞って 
香りを楽しみながら 
レアチーズケーキを 頬張る 
美味しいものを食べるとき 
いつも思うこと 
最初に考えたヤツって神!? 
シャンパンなんかよりも 
バーボン&ソーダ&オレンジ 
ケーキはスポンジよりレアチーズ 
そんなのが 好きだった 
・・・わたしもね

んで、レアチーズケーキ、食べ終わり。
たまに食べるから美味しいんだろうなってちょっと思う。
一時期、杏仁豆腐を毎日食ってたけれど・・・それは別。
あれは・・・ンー、和食でいえば漬物みたいなもんで、
夕食時の必需品だったから。 ・・・なんか違うかもしんないねw
今日は なんとなく スパークリングバーボンとレアチーズケーキ。
オレンジは・・・買いそびれ・・・( =.=)
冒頭の散文の「わたしも」がわたし。
じゃぁ、相手は誰か!? それは・・・薄紅の思い出。

バーボンをソーダで割って。
これは何か祝い事とかを内輪でするとき、いつもやってたこと。
シャンパンとかでもいんだけどさ。 一本飲みきるか? イラネw
んで、バーボンをソーダで割って、柑橘系絞って飲んでた。
なんとかってカクテルになるのかな・・・どうなんだろ。
そういうの気にしないで 「好きなように飲む」のが流儀だったしw
だからブランデーベースでイロイロ作ったりもしていたし。
(以前はレミーXOとブラントンゴールドがいつもあったのです)
安い酒はねー・・・まずいってよりも・・・後に残りやすいから。
たしなむ程度に楽しむようにして それなりの酒 を勧めるょ。

今日は・・・ちょっと特別な思いがある日。
セイとかわたしとか、一部の人格が積極的にやった行動をもたらした要因。
それをわたしらに与えた人の誕生日。 11/12に書いちゃったけどw
その人はねー、そーだなー・・・恋人よりも大切だった人?www
ダメになりそうなときに、なんとなく話をしたくなったりした人。
恋愛感情とかってのとは、少し違う感じでね・・・かなりかな。。。
そばにいたいとかっていうのとは違くて、こぉ・・・ンー・・・
その人がいてるだけで、頑張れるような気がするような感じ。
話をするだけで、元気をわけてもらえる感じ。 たぶん、お互いに。
当時は電話代とかも高かったのに 平気で長電話してた。 長距離。
その人が セクハラ原因 で会社辞めて、ウツっぽい頃もあったりして
そんで・・・組合役員時代に 女性社員の地位向上 みたいのやってたw
やっぱセクハラとかって黙認されているようなところはあったし、
ソレが原因で会社を辞めた女子社員もいたのに、組合は事実を知らず。
というよりは・・・組合に相談に来てくれず が正しいのかな。
だから、女性社員に組合はあなたの味方ですからぁ~大作戦!やってた。
女性人格いてるから、どういうのがとかってのはわりとやりやすくて
書記長という肩書き(ぇぇ、偉かったんですw)を利用して
どんどんとそういう方向に倒して、組合の女性役員に
「ぇ?そんな風に予算使っていいんですか???」とかも言われたけれど
「女性社員も組合員なんだから、当然予算を使っていい!」と。
当時の委員長の補佐ってよりも・・・実質的な舵取りをしていたから。
そうして・・・あの組合は変った。
女性社員にだけじゃなくて、全ての社員に受け入れられやすい存在に。
たぶん・・・最大の功績じゃないのかな?あの会社でのwww
(業務面でも・・・スゴイっていわれるのはあるんですけれどね・・・)
女性社員がセクハラのことをちゃんと相談できる男性の組合幹部。
そんな存在って、素敵でしょー?www
一番話しやすいって言われてた。 なんか・・・。
それは 男女混在の人格を持っている という稀な特性もあるけれど
今日誕生日だった・・・彼女がいたから・・・だと思ってる。
仲がいい人がそういう被害にあっていることを逐一聞いていたから。
起こったことはしょうがない、過去に戻って直せないけれど
これから起こることは 防げるかもしれない。
同僚という位置付けではなくて、心友のそうしたことを聞いていたから。
そんなことをしていても、自分に降りかかるモンからは逃げられなかったw
・・・相談できる相手がいないってのは・・・NGだわょ。

今頃どうしてるんだろうなぁ。 子供たちに祝ってもらってる?w

・・・レアチーズケーキを買ってきたときに気付いたことが1つ。
チョコ。。。あんなに大好きだったはずなのに・・・食いたくない。
ちなみに、セイが飲むココアは・・・実は砂糖ナシw
やっぱ今いなくなってる人格の好みだったのかなぁ なんて思う。
戻ってこないんだろうなぁ・・・他に行ってるっぽいし・・・。
・・・・・・アラート;要注意人格が逃亡! なんちってw
生霊ってのは、なにかに固執した人格のなれの果てだとしたら
ソイツラは・・・ソレ・・・かも。
・・・すでに関知できない存在なのかも。
・・・・・・
そういう設定で携帯小説とか書いたらオモロイかなぁ?(マテw
物語が書けるのは・・・いなくなった人格なんで無理だ。。。。。。

WOMAN系






Last updated  November 16, 2008 08:34:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 11, 2008
カテゴリ:追憶の鏡
思い出の欠片を集めながら 
空の向こうの明日に投げ続ける 
今日の出来事も 明日には昨日のこと 
一杯の想いを 明日のために作ろう 
それはいつも昨日の出来事だから 
振り返れば いい昨日だったって 
そう明日言える今日にしたいから 
それはすべて思い出になるから 
昨日の積み重ねが思い出になるから 
今日もそこに積み重ねていこう 
全ては明日のために 未来のために 
思い出を残すために わたし達のために 

Strawberry Switchblade。
わずか1年余りの活動期間で彗星のように消えて行った彼女達。
Since Yesterdayは全英ヒットチャートNo1に輝いた。
もっとも、個人的にはJoleneの方が好きだったけれどね。w
音楽性の違いでいきなり解散してサヨナラくれられたデュオ・・・。
古くても新しさを感じるかもしれない2曲、オススメです。
ココのトップからリンクくれてるトコに埋め込みました。
Bookmarks んとこにある 紅茶、山盛りで1つ~♪
投げやりに埋め込みしていくので、興味あったらどーぞ。
わたしらの音楽観とかアニメ?動画?あたりの趣向がわかるでしょう。

ぁー、なんとなく、ポジティブっぽい雰囲気もしないではない散文w
結局、昨夜(といってもコレを書いているのは実は同夜)はー
堀ちえみ→中島みゆき→Strawberry Switchblade→谷村有美 と。
最終的に キタコレ の 谷村有美まで到着。 1990頃か。
その頃のポジティブは谷村有美にもらってたような気がする。。。
重要なキーになる音楽すら思い出せなかったんだろうか?なんて思う。
ぃぁ・・・思い出さないほうがよかったのかもなー。。。

Since Yesterday、以前のわたしら流の考え方をそんな言葉に当てはめると
冒頭の散文のような感じになるかと思うんだけれど・・・
ポジティブなふりしたネガティブだから。w
思い出の欠片を明日に投げているのは・・・
思い出したくないことを明日に投げちゃってるんだよーw
思い出からなくすために。問題を先送りにするために。
明日になったら、また次の明日に投げ続けるのだー!
なぁんて前向きな。ぇ?後ろ向きじゃないかって?
明日に向かってイランモン投げてるから、前は向いているw

山盛紅茶んとこ行けば・・・
最初にUPした谷村有美の曲が見れるけれど。。。
そんな風に生きてた頃があったなと思った時点で・・・逝ったw
誰の歌だっけ・・・恋をしているうちは青春だーとかって歌。
誰かを好きでいたり、そういう気持ちを持っていられれば
全体としてはポジティブになれるものかもしれないねぇ。。。
・・・そんな曲を埋め込んでおきました。
ぁぁ・・・アソコのプロフ項目で100の質問とかあって、
恋愛中のテーマソングは?なんてのがあったのでその曲に・・・
古い曲なので知らないかもしれないなって、埋め込みw
ぇぇ、どーせ暇ですからねー。

どうやら、人格のどれかが、どうにか動かそうとしている感じかも。
ぶっちゃけ・・・トリガを待っている状態ではあるけれど・・・
こういう過去への布石じゃ動かないと思うけれど・・・
けれど? ぁぁ・・・誰かを起こそうとしてるのかもなぁ。。。

WOMAN系






Last updated  November 11, 2008 03:13:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 10, 2008
カテゴリ:追憶の鏡
声が重なる 思いが重なる 
歌は 時間を飛び越える 
歌声は 無限に いつまでも 
奏でる 言葉も いつまでも 
失われることなんてない 
振り返って 聴いてみればいい 
そこには なにかが あるから 
忘れてきた なにか が 
きっと 思い出せるから 

YouTubeでスゲィ懐かしいクリップを見つけた。
堀ちえみ、引退直前の頃の歌番組のクリップ。
「愛を今信じていたい」 。ミュージックステーション。
これ、見てた覚えがある。 この同級生のインタビュー見た覚えがある。
興味ある人は・・・探し出しましょうw(複数あるうちの1つ)
勢いでそのままなんとなく、クリップを見ていて思った・・・
そっかぁ・・・○○さんって・・・堀ちえみに似てたんだなwww
(高校時代に少しお付き合いした女性のことを思い出していました)
ブリブリすんげぇ似てたんだなって今頃あらためて気付いた・・・。
笑っちゃったよ・・・いてるかい?セイ?w(昔の主人格)
夢千秒のクリップなんて、そのまんまやんw ゲラゲラゲラwww
堀ちえみの ひとつぶの青春(東京FM、今のTokyo FM)に応募して
コンサートチケットに当選して新宿厚生年金会館に行ったっけねーw
あぁー懐かしい! もう何年?22年前の春!?w
今月最初のトコで 走る人 っての書いたけれど・・・
そこでも 堀ちえみ、登場・・・。 なーんでか。
セイが好きだったから。 セイの青春そのものだったから。
セイが今月誕生日だから。・・・。 懐かしんでやろうと思って。
「暗くなるまで待って」もYouTubeに落ちてた。
Album「夢の続き」の中の曲なんだけどね。w
懐かしすぎる・・・。 セイ、かなり気に入ってたっけ、この曲も・・・。

という勢いで今回のタイトルは 夢千秒 に。
ぃぁ、ひたすら書きたくなったので・・・。
個人的(わたし的)には、この曲が一番好きなので。w
同じようにファンしてた人でも、人それぞれに好きな曲は違うみたいだねー。
ぁぁ・・・そういえば・・・
話題の小室楽曲なんだよね・・・愛を今信じていたい って。

回顧モードに入ってるってことは・・・やな悪寒もするんだけれど、
なにかを過去から探し出そうとしてる経緯なんかもしれんし。
大事な何かを忘れているような気が、とても今している。
思い出せそうで思い出せない。 どれかの人格が引っ掛けてくれるかな。

同じように・・・当時よく聞いていた曲がコレ。。。
これメインで書き直そうかとも思ったくらいに、何度も聴いてしまった。
コンナ風に生きてけたらいいんだろうになぁ。
この曲は聴いて欲しいのでYouTubeに繋ぎます。
時代 by 中島みゆき
第6回世界歌謡祭でのグランプリ受賞シーンが挿入されてるんだけれど、
ぉぁ!司会は坂本九ダー! というオドロキがあります・・・w
(ビルボードで1位を獲得した唯一の日本人歌手が坂本九です)

トップのBookmarksには 堀ちえみ自身のブログ もつなげてます。

明日も同様に 懐かしみ で曲紹介するすょ。
洋楽系で初めてアルバム買った連中の紹介するすょ。

WOMAN系






Last updated  November 10, 2008 11:57:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 2, 2008
カテゴリ:追憶の鏡
湘南に 思いを馳せ 
まっすぐに 走っていく 
流れる光の中で 
命は輝いて見えた 
一人でいる苦しみと 
分かち合えない苦しみと 
幾つもの苦しみを抱えて 
誰もが 生きている 
なにからも逃げられない 
いずれはそうなるって 
知っているはずなのに 
湘南を 走り続ける 
ただ まっすぐに 

もう20年も前なんだなぁと思って眺めていた。 ホットロード
伝説と化した漫画。 当時はメチャクチャスゴイ人気だった。
多重人格で身体は男とはいえ、女性人格は当時からいてて、
別冊マーガレットは当時毎月買ってたっけ。
男性人格も女性人格も洋志と和希に惹かれたっけ。

台詞で埋められるような漫画じゃなっくって、叙情詩的な漫画。
小説が文字でイメージを膨らませるように
絵でイメージを膨らませるような漫画。 それが印象的だった。
なんていうのかなぁ・・・時代は、そういう時代だった・・・かなw
高校が一緒だった人でも暴走族に入ってた人はいたし、
近所で子供の頃よく遊んだ人も入っていたし、
集会に誘われたこともあるし。 行かなかったけどね。(遠かったからw)
行ってたら、春山のようになったかもしれないし。それはわからない。
1つだけ言えることは・・・異次元の世界なんかじゃなかったってこと。

暴走族をしていた人すべてがそうだってわけでもないし、
いわゆる不良と呼ばれるような人達もそうだとは思うけれど
ただ理由もなくそういうことをしている人っていうのはあまりいない。
少なくとも、わたしは見たことがない。
武闘派系グループは確かにちょっと怖いようなところもあるけれど、
対立するようなことがなければ、実はかなり興味深く話ができたりするし。
暴力団とか言われる集団もそう。 幹部クラスの人はかなりしっかりしてる。
そうじゃないと、ちゃんと統べられないでしょ。
そんな一面も、この漫画では描かれてるって思う。 ぃぁ、ホントに。
格好いいとか、スリルがあるとか、そんだけでやってられない。
下っ端はそんなもんでいいかもしれないけれど、それだけじゃない。。。
あくまでも、わたしらの私見にすぎないけれどさ。

ホットロードのキャッチをわたし流に考えるとこんな?
 そこ には 仲間 が いた 。 アイツ が いた 。
誰かを求めて 集まってくる。 ナニカを求めて 集まってくる。

などということだけで済ますと、ココのブログじゃない内容なので・・・w
春山が いつでも死んでもいいような目をして走ってる というシーン。
同じように単車で走ってたことがある。 メットはしてたけれどね。
(注意:一切の運転免許は所有していません。。。うはははw)
だから、そういう気分はよくわかる。
ど~せ死ぬなら単車の上とか、よくわかんないことも同じように考えてたし。
(そういうところがあって、乗らなくなったし免許も取得しませんでした)
ただ、アクセル入れっぱなしで走り続ける・・・。
心臓の鼓動と単車の鼓動が重なって、一体になったような錯覚の中で
流れる街の景色と光の交錯の中で 夜に溶けていくようにすら感じて。
・・・危険だから、真似をしてはいかんw
自分が体験できないことを、小説や漫画や映画やゲームで疑似体験する。
いつもの日常とは違うものに触れる楽しみがそこにはあるんじゃないかな。
ある意味、自分と重ねてみれるものならなおさらだね。
わたしらは、春山にも和希にも重ねてみていた。
春山の行動は男性人格としては共感できたように思えるし
和希の行動は女性人格としては共感できたように思える。 イミフ?w
あなたは、彼らにナニを感じるだろう。

漫画家になろうなんてことをやめた時期に出会った漫画。
描くことよりも読者という立場に徹するようになった頃。
当時描いた年賀状の絵は、和希の絵を描いたものがあったと思う。
ぁ゛~・・・そんなことも、忘れてたな。
ホットロード全巻セットも・・・捨ててきた・・・。なんてことも思い出した。
やってらんないね。 思い出は 捨てるためにある? なんちって。

WOMAN系






Last updated  November 2, 2008 10:44:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 28, 2008
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:追憶の鏡
死にたい という言葉は 
生きたい の裏返し 
死を口にする人は 
悲痛に助けを求めている 
泣いている子供と一緒 
本当は 生きたいのに 
どうしようもないだけ 
何かをしてあげられたら 
いつでも 誰にでも 
差し延べられない この手 
わたしは あまりに無力だ 

心を病んでいる人間がそんなことを言ってどうするんだ?な散文。
どんな状態であっても、自分に関わる人にはプラスの影響を与えたい。
・・・それが結局は 自分がここにいてる意味や価値になるわけだし。
言える立場なのか?ってとこは 別としてね。。。

過去の知り合いのことをどこまで書いたかぜんぜん覚えてないw
残念だけれど友達っていう人はいないから全部知人ってことで書くね。
事故や事件、病気で亡くなった知人もいる。 ぁぁ、殺された知人もいる。
交通事故だとか阪神大震災だとか白血病だとかイロイロなことでも死んでる。
自殺で死んだ人もいる。自殺未遂に及んだ人もいる。集団自殺発覚保護もいる。
精神科なんかに入院した人もいる、ソコから出て殺人事件を起こした知人もいた。
その事件の現場はここから徒歩5分、相手も違う筋で知り合いだった人だった。

わたしが最初に殺人行動に出たのは・・・幼稚園か小学校低学年のころ。
邪魔だから先生をがけから突き落とそうとした。イタズラのように思われたけど。
力がなくて、押し切れなかっただけ。 死んで欲しかった。
子供は死に対する意識が薄いからとか言われるけれど、そんなことはない。
それ以前に交通事故にあったときに明確に 死 というものは意識したし、
可愛がってくれた開業医の病院で医学書なんかを適当に眺めたりしていて
病気のこと、死に至ること、その医者からいっぱい聞いていた。
その頃、先天性身体障害者を収容する施設が近所にあったんだけれど、
そこの子供たちとわたしはよく遊んでた。
身体に障害がある人は、短命になるケースが多い。
そんな話はその施設の先生に聞いたりした。
・・・まるで子供の会話じゃないけどね。でも、聞けば応えてくれた。
そのまま全てを受け入れて理解しようとしてた。
だから・・・適当に生きてる連中は許せないって思うようになってしまったかも。
高校時代を一緒にすごした人は、事故で両足を失った。 でも彼は生きてる。
足がなくたって生きていける。 楽しいことも嬉しいこともいっぱいある。
白血病で亡くなった人は、副作用に苦しみながらも楽しいことを思い浮かべて
ずっと闘って亡くなった。最後までみんなとまた遊んだりすることを望んで。
そう、生きるためだけにそこにいたわけじゃない。
生きてなにをするか、それがあったから。
皆と楽しく過ごしたい、そんなささやかなことであっても生きる目的でしょ。
やりたいことがある、そういう人には力を貸せるなら貸してあげたい。
どうしようもなくて死のうとする人は、助けを求めてるようにしか見えなくて
手が届く人達にはなにかをしてあげてきたつもり。 つもりなだけだけれど。
そんなのが・・・わたしの生き方だったのかもしれないな。
・・・うまく書けない・・・書けたら、それこそ、新興宗教の教祖だね。

本当に重篤な状態に陥っていても生きようとしている人達を見ていた。
だから、どんなに苦しいと思っても、簡単に死ねないと思っている。
同時に・・・どんなに許せなくても簡単には殺せないとも思ってる。
そんな人格もいるから、わたしは今ここにいてる。
ぁー。まとまりがない文章。
多重人格、解離性同一性障害はすごくダメな症例のように言われることもあるけど
ネガティブになっていく中でポジティブな人格が生き残れば、やっていける。
必ずしも悪いわけじゃないし、治療することで状態が悪化することもある。
わたしは、そう思う。
どう考えても、主人格といえるようなものは・・・今はいないから。
いわゆる、「単独与党」って状態でいれれないのさー。w
・・・主人格が人格として自殺したからね。

WOMAN系






Last updated  October 28, 2008 02:11:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 6, 2008
カテゴリ:追憶の鏡
受け止めよう 眩暈すらする 街の影の中
さあもう一度 愛や誠心(まごころ)で立ち向かって行かなければ 
~存在 by 尾崎豊~


尾崎の歌にはいつもなにかを教えられてしまう。
横浜から出てくるときに、彼のCDも全て捨ててきてしまったけれど。

彼の実家は・・・ここから自転車で行ける距離にある。
個人事情としては・・・・わたしらが進学すると思われていた高校が、
彼の父親が勤務していた(と思われる)基地の隣にある高校だった。
・・・朝霞駐屯地のフェンス隔てて隣にある高校ね。。。
思われてただけで、実際には違うトコに進学したんだけれどさ。
(ソコよりはレベルは高い?とも言われるトコに進学しました。)

若い頃は、とりあえずカラオケでこの曲を歌ってた。「存在」
たぶん、尾崎の曲って言えば、卒業 とか I LOVE YOU とか出てくる。
でもね。。。存在も出だしだけでスグにそれとわかるほどに知られてる曲。
シングルじゃないから、知らない人も多いかもしれないけどさ。

振り返れば、この曲がわたしらの人生のテーマ曲だったかもなぁなんて思う。
小さくかがめて守らなければ 自分の存在すら見失うよ
守らなかったから、見失ったょ。
君は運命 誰かの人生 背負うこととはちがうのさ
背負っちゃったんだよ、だから壊れたんだ。
背中あわせの裏切りに打ちのめされても
それがトドメだったんだよ。
それでもいい 愛してる 他になにができるの
愛ってナニ? それすらわからなくなってる。

何かを指し示すようなものであるってわけでもないけれど、
得られるものがあれば、そのままに受け止めるのがいいんだろうね。
そんなことをふと思う。

存在するということはいてるだけとは違う。
それはわかってたつもりだったんだけれどな。

You Tube にライブクリップが落ちてるので、興味ある人は探して観るべし。

WOMAN






Last updated  October 6, 2008 08:45:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.