152457 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

奈落 by ガイア教

PR

X

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

独り言みたいに

April 17, 2009
XML
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:独り言みたいに
わたしがいて あなたがいて 
一方的な関係のようでいても 
本当は 相互関係がなりたってる 
わたしがいるから あなたがいる 
あなたがいるから わたしがいる 
たとえ 生活の一端であっても 
そうした部分があれば それでいい 
存在価値 って そういうもの 
一方的な関係では 
結局 満たされない心ができあがる 


ん~・・・ 実は今夜はとっとと寝ようかと思ったけれど
ぜーんぜん そう思うだけで ちっとも寝れる気がしないw
大脳が覚醒というより興奮状態でかっとんでる感じ。
でも、面倒だと思うことは なんか できないw
そういうものを手にかけると 暴走するかなぁなんて思ってしまう。
独りよがりの暴走は いくないよね。。

今まで 幾人もの人に助言を求められたりしてきて、
果たして適切な助言がちゃんとできているのだろうか?などと
たまに疑問に思ったりすることがある。
仕事などの時は 実際にどのようになるかも確認できたけれど、
各人の私生活になると・・・簡単には確認できないし。
随分と先を見据えて助言したりするから・・・
なかなか 理解してもらえないようなことも多いみたいだし。
ちゃんと言ってょ とか言われても 言ってたのにナァってw
想定可能で排除可能なものは全て対応するように考えているだけ。
別に ネガティブに考えてもポジティブに考えてもいない。。。
知りえる情報から結論を出しているだけ。
でも、いくら助言したところで やるのは本人だから。
無責任に言っているつもりはないけれどね・・・。

馴れ合いはキライなので・・・そういう感じで話す気はまるでないw
どのような立場でも 同じように対峙してきた。
常に一歩引いて 事態を把握するように努めてはなにかをしてきた。
そういう意味では・・・存在価値っていうのもあったんだろぉ。
少なくとも 以前は ね。

今は・・・果たして助言できる立場なのだろうかと思ったりもする。
だから・・・ここではコメントもメッセージも拒否に今はしてる。
SNSでは、相互でイロイロと会話的にやってるけどさ。
持っているものを吐き出して 誰かの役に立つなら 惜しむ気もない。
そういう情報発信という意味では
まだ いくらかは存在価値はあるのかもしれない。
ここで書きなぐっている文章で なにかを感じる人がいてくれるだけでも
それはそれで 1つの存在価値ともいえるんだと思う。

でもさ。助言というのは ちょっと 違うよね、やっぱ。
自分ができていないことを 棚に上げているような気がしてきた。
躁状態とかいってて、そういうのはないだろうって?ww
ちょっと 違うんだょ・・・そこで止まったら違うんだろうけどね。
自分も実際にやっちまえば それはそれで正解ジャン。

自分の存在価値を求める というのも 1つの煩悩的欲望かもしれない。
それ以上に今は変な使命感?みたいなものに捉われてる感じがする。
なにかが欠けてる、なにかがおかしい、ってことを
見失わない程度の冷静さは 今だ保ってるけれどさ。
寝るたびに なにかの糸がつながって行く感じがする。

別に自分の存在価値を求めてるわけじゃない。。。
自分の目に入るところにあるものが、
本来あるべき正しい姿でいてほしいと思っているだけ。
そういう人って少ないのか、まぁーるで理解されないことは多いけど、
理解してもらうのが目的じゃないから それでいい。
いずれ、意味がわかるときが来てくれれば 無駄にはならないから。
そういうのも 違う意味で存在価値 じゃないのかな。。。

肯定するだけでも否定するだけでも 正しい道は得られない。
どちらかに偏るから 心を病むんじゃないのかな。。。
自他問わずに・・・そんなパターンもキットある。
振り返れば、すぐそこに答があったりするかもしれないんだよね。
気が付かないだけで、さ。
存在価値がないと思うものが 重要であったりすることもある。
アタリマエのことのようにやっていたことが そうだったりね。
包まれたままのことは 開かないと 価値を発揮しない。
助言って そういうものだから・・・。
開いて その時に不要なら使わないで置いておけばいい。
助言は・・・きっと いずれ 役に立つときがくるんだから。。。
いろいろな意味で 周囲のものは 良かれ悪かれ存在価値はある。
そういう・・・ものじゃないかな。

意味がわからないことを 書いたよぉな気がする・・・。
複数思考走ってどうにも・・・アレだわ・・・まとまらないw
以前やってたように探るように進むのがいいか。。。

ユウ






Last updated  April 17, 2009 02:49:40 AM
コメント(0) | コメントを書く


April 11, 2009
カテゴリ:独り言みたいに
誰かを想う 心 
他のなにかに 変えられないもの 
雑踏の中で 立ちすくんでも
目に入る人々 それぞれが 
誰かのことを 想ってる 
だから 人の心は 美しい 
たとえ よこしまな想いでも 
直接的な 利害であっても 
自分だけのことを考えているようでも 
いつか 他の誰かのことを想う 
だから 人の心は 美しい 


本来・・・ここはメンタルヘルス系爆裂・・・というか・・・
やっぱ障害者(精神)認定受けたほうがいんじゃないか・・・
ってヤツが綴ってる日々の 徒然(つれづれ) なのだけれど・・・
ちょと 気分を変えた カテゴリ に してみたりなんかして^^;;
普段、散文(乱文?)っぽいの書いてるし・・・ハズレではないしw
これから書くのは ちょっと違う話だし、さ。

最近、気が付くと 誰かに感謝の意を表されることが多い。
なんでだろー・・・なんでかなー・・・よくわからないw
ただ、自分が持っている価値観などを押し付けるようにではなく、
1つの見方や考え方として 伝えているだけ。
それは ココのブログそのものの存在意味でもあるんだけどさ。

文面だけでは どうとでも書けるし、どうとでも返せるけれど
それを書いた本人は どのように感じ考えてるのだろう・・・
そんなことを ふと考えてしまう性質なので 人によって対応が違うw
全く同じ言葉であっても状況や相手によって意味は違うじゃん。
画一に同じになんてできるわけないし、するのはおかしい。

助言を求めるようなものがあったときに・・・
ナニカ書いたりすることも 実は多いんだけれど・・・
なぁんか・・・1人だけ異質だったり、確実に少数派意見になってたり。
大部分の人は多数派に従おうとするみたいだけれど、
中には・・・ちゃんと少数派の意見を目に留めて、
ハッとなにかに気付いてくれる人もいる。

特殊な事情があるからって、全てが特殊になるわけないし。
「特殊だから」って線引きする前に、そういうのがなかったらどぉ?
ということを考える人が少ないのは すごく残念。
相手のことを想っていなくて 型にはめて考えてるだけ。
1万の人がいれば1万の異なる生活があってはまるわけないのに。

少なくとも 周囲にいる僅かな人は 正しく自分を見てくれる。
そうやって 想ってくれる という部分があるから、
人は人として 生きていられる。 そうじゃないかな。。。

型にはめる必要なんてないし、もっと外から見たっていいわけだし。
ナニカを解決するには 全然違うトコ攻めるのが効果的なこともあるし。
様々な想いが交錯する中で ヒントが得られればそれがいい。
周囲がナニ言ったって、やるのは結局本人でしかないんだから。

想いを寄せるってのは なにかを押し付けたり強要したりじゃなくて
相手本意に考えるとかっていうような 従順とかでもなくって
純粋に 利害なく 相手にとってどうすれば ってトコでしょ。
優しくするなんていう行為は・・・ただの自己満足じゃん。

自分のことをやさしいとは思ってないけど、たまにそういわれる。
あたりまえのことしてるだけだから どうでもいんだけどさ。
相手のためになる助言が思いついたら言ってるだけ。
それは周囲にいる人にとっては あたりまえのことじゃん。
誰だって、そういう面は持ってる。 たとえ犯罪者でもね。。。w
特定の何かだけに発せられるようなものであったとしても
そうやって 想う心 っていうのは 誰だって持ってる。
表現方法がよくわからない人は多いみたいだけどさ。
人は他の動物よりも 様々な表現方法を持ってる。

想われる心には 相手を理解しようとすることも大事だよね。
そうすれば 相手の本心がわかるかもしれないし・・・
騙されたりすることもないし・・・。
想う気持ちだけに踊らされてしまうのも 勝手な自己満足。
相手に してやってる 気分になったら それは違うさ。

誰もが 誰かを想って 相手のためになることをしている。
あまりにも あたりまえのように行動してるから 忘れるだけ。
それが 本当に誰かを想ってなにかをする ってことでしょ。
やさしい人ってのはさ、やさしくしようとしてそうしてるんじゃなくて
あたりまえのこととして やってくれてるんだょ。
やさしくしようとしている人は ただの偽善、自己満足狙いじゃん。
そうではなくて そんなことも思いもしないでやってること、
自然と行動してるのが 想う心の表面化 でしょ。

ぁ・・・まとまりがないねー・・・www

ユウ






Last updated  April 11, 2009 10:09:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 2, 2009
カテゴリ:独り言みたいに
(散文なし)

1つ前に書いたヤツの続き。
寝てて見た夢の話の2つめ。競艇の本番レース。
本当はコッチが先に出てきた夢。
ここから先は競艇を全然わからないと 意味わからないかもょ・・・w

どうやったらそういうところを見れるのかというのはともかく
スタートの位置取りを取るトコのシーン。印象的だったのは・・・
5号艇のA選手がマエヅケしていくトコで、3号艇のB選手と会話してた。
A選手(男)にB選手(女)が勝負持ちかけるような感じで。
笑いながらA選手はB選手の挑戦に受けて立つと言い切っていた。
4号艇のC選手(男)が無言で笑みを浮かべて見守るようなカメラワークw
6号艇は最初から大回りして大外6コースにゆっくりと入ってた。
雰囲気、スタート展示の位置取りんときのような感じかな・・・。

夢はココまで。雰囲気ナオVSセイのある意味での見方

夢としてはそんな感じなだけなんだけど、これが長くなるのは妄想逝くからでwww
これを現実世界で表に出るヤツを決するレースだとしたら・・・
などとちょっと起きてから考えて見た。人格にあてはめてみよう。
いろいろ考えて、艇番と乗ってる「人格」としては・・・
1号艇 太郎or次郎 2号艇 わたし(ユウorユキ)
3号艇 ナオ 4号艇 (男性人格)
5号艇 セイ 6号艇 (女性人格)
4号艇と6号艇が誰なのかよくわからないんだけど・・・
寡黙で薄笑いするようなってぇと次郎で、決め打ちのように来るのはユキで・・・
(ユウ+ユキの状態だと、いわゆる進入・展開自在型の万能タイプ)
ということで 4号艇 次郎 、 6号艇 ユキとすると・・・

実況中継風・・・

(ファンファーレ)
「春らしくもあり未だ春ならずともいえる季候のような荒れたシリーズとなった
 奈落杯もいよいよこれが最終決戦、第12レース優勝戦のスタートです。
 それでは各艇の紹介をしていきましょう
 1号艇 太郎、ココ最近は精彩を欠くレースも多く見られるがここではどう出るか
 モーターの仕上がりが今ひとつの雰囲気もココに残るのは実力健在の証拠
 続いて水面に舞う妖艶な美女の光臨か2号艇 ユウ、人気の中心の一方、
 鮮やかなハンドルさばきの切れは男子選手にも引けを取らない女子選手屈指の実力派
 どうやらイン1コースを奪取か 得意のイン戦に持ち込む模様、
 3号艇で登場は、ユウが妖艶な美女ならば、
 こちらは水面に舞う可憐な花、ナオ、
 舞うような豪快なレースが持ち味、今回も魅せてくれるのか
 すでにアウトに引く構えを見せている
 4号艇には寡黙でありながらも常に冷静確実なレース運びを見せてくる 次郎
 この大舞台でもその冷静ぶりを遺憾なく見せ付けてくるのか
 おっとぉ、すでにアウトに引いているぅ 早いコース取りの展開だぁ
 そして5号艇 帰ってきたこの男 セイ、人気の中心の一方、
 心配された怪我の回復も順調でここ最近の調子は昇り調子
 かつての驚異的な豪快なレースをここでも見せてくれるのか
 ぉおっとぉぉ? 4号艇・3号艇に続いて引く構え、これは3カド狙いか
 大外からすでにアウト6コース進入を狙ってきている6号艇は ユキ。
 こちらはまさに水面の魔術師、なにを仕掛けてくるのかまったくわからない
 こんな選手が女子選手でいいのか、チルトを上げての差しハンドルは絶妙な技。
 各艇すでに早い展開で隊形を決めて位置取っていく
 どうやらスタート展示通りの隊形そのままに決め打ちしてきたのか各選手
 スタートの時が迫ってくる
 さぁ2009年度奈落杯、その栄冠を掴むのは誰なのか
 各艇、艇を起こして加速していくっ!!
 内から2・1・5・3・4・6、
 スロー2艇、ダッシュ4艇、2対4の隊形」

ってな感じのスタートんとこの実況。 ん、楽しんで書いてるw

「・・・3・2・1、スタートしましたっ
 ぁぁっと1号艇少し凹んだか、2号艇が絶好のスタートを決めたぁ
 アウト勢も負けていない伸びてくる伸びてくるっ
 1マークの攻防、2号艇強引なサキマイに行く、
 アウトから豪快に5号艇・3号艇が襲い掛かるっ!!
 6号艇は最内を差してくる構えだっ・・・
 2号艇が残るか5号艇が捲りきるか、
 おおっと3号艇絶妙の差しハンドルを入れてきたぁ・・・」

んで、最悪の展開を書いてみる。たぶん、一番可能性は高い展開だけど。

「ああっと2号艇と5号艇が接触して転覆そこに3号艇が突っ込んで3艇とも転覆だ
 内では1号艇が失速したところに6号艇が激突、こちらも2艇が転覆、
 事故を回避しようとした4号艇どうやらエンストか動かない
 全艇失格、レース不成立となってしまいました
 お手元の舟券は全て払い戻しになります、大切にお持ち頂けるようお願いします、
 それにしても大変な事故が発生してしまいました、選手達は大丈夫でしょうか
 現在救助艇が向かっています、
 水面に選手が浮いているようには見えません、
 大変な事態が発生してしまいました
 どうやら大きな怪我をした選手がいる模様、
 水面の色が変わってきているのがここからでも見えます
 数人の選手が大きな怪我をしているかもしれません、大変に心配な事態です・・・」

・・・

・・・6号艇がユキだったら、一番可能性が高いだけ。
一艇だけ全く違うような角度から突っ込んでこうとするだろうから他の争いに影響がない。
対抗心だけの3艇、全く違う方向から突っ込んでくる1艇。そんな感じ。

たぶん・・・違うことになるから 下みたいな展開になるはず・・・。
(ユキはあくまでもユウの一部分、近いうちに融合すると思うので)
紹介のトコはこう変わる・・・。
「大外からすでにアウト6コース進入を狙ってきている6号艇は
 なんと今節デビューの女子選手、ミク、
 デビュー節での優勝を決めれば女子選手としては史上初
 はたしてそのようなことが起こりえるのか??」
(現実世界での競艇:男子選手でも黎明期を除けば1度だけ実在する記録かと覚えています)
・・・6号艇がユキじゃないなら4号艇も次郎じゃない、
という気はすていてはまるならジュン・・・ひょっとしてケー。
紹介するに値しないのでソコは書く気がないw

んで、スタートから1周目の部分
「・・・3・2・1、スタートしましたっ
 ああっと コレは6号艇 きわどいタイミング
 1号艇が凹んだ以外はやや2号艇が優勢
 6号艇 そのまま まくっていく 微妙なタイミングはどうなのか
 スタートは判定中ですしばらくお待ち下さい
 2号艇が抵抗していくが届かない! 5号艇3号艇が内へ切り込んでいく
 レースは6号艇が完全に突き抜けています!
 内を差してきた5号艇、大外に残した2号艇と続いている様相、
 スタート正常、スタートは正常です、タッチスタート!!
 すばらしいスタートを決めてミク選手単独で突き抜けて先頭に立っています。
 あっと内側から3号艇が伸びてきて伸びてきた 2位以下はわからない 3艇の争いです
 6号艇 2マークを危なげなくすばらしいモンキーターンで抜けていきます。
 続いて3号艇がサキマイ、5号艇が差してくるその間を・・
 2号艇が全速差しぃ 届くのか 三つ巴の2着争い 決着が付かない
 先頭は6号艇 完全に4艇身以上の差をつけてこれはもう安全圏か、
 上位隊形が確定しない大混戦を尻目に 今節デビューの緑の彗星が飛んで行く」
(6号艇は緑色とされていて、カポック・上着みたいなヤツ・も緑色です)

3周目バックから・・・

「先頭は6号艇ミク選手、デビュー節での優勝まであと1回のターンです。
 完全に突き放されたその後方2着争い 三つ巴の決着はまだつきません
 6号艇最後のターンマークをあざやかなモンキーターン
 2着争いは5号艇が優勢か 2号艇が内に切り込んで行く
 3号艇は大外から全速差しぃ 届いたか 抜けてない 抜けてない
 1着6号艇ゴールイン、デビュー節優勝おめでとう!
 2着争いは完全に並んでいる 3艇並んでいる そのままゴーールイン
 ここからはまったく差がわかりません
 5着1号艇ゴールイン、6着4号艇ゴールイン、以上全艇ゴールインしました。
 現在着順の判定中です しばらくおまちください。
 それにしてもおそるべしミク選手。史上初の女子選手によるデビュー節優勝です。
 ・・・着順が確定しました 3艇同着、3艇が同着です。
 1着6号艇、2着は2号艇3号艇5号艇の3艇になります。」
 (優勝はミク、2着がユウ・ナオ・セイ)

・・・ 

ミクってのは仮名ですので。。。
レースは終わるまでは・・・わからない。

タッチスタートじゃなければ・・・フライング返還欠場だったら・・・。
そのまま3艇同着の一着。3人格が優勝、優劣つかず。現状維持。
でも 突出したスタート切った艇が他にいたから
対抗心むき出しの3艇がバラける。みたいな感じ。

新たな人格を認識してるわけじゃぁない。
いきなり現れてくるから デビュー なんだょ。

ぁ・・・デビュー節ってのだけ一応説明書いとこ。。
競艇は数日間の開催で行われるんだけれど、それを節と言います。
デビュー戦っていうのは一番最初に走る本番レースだけを指して、
その開催している数日間の間のことをデビュー節と言います。

※今回の記事は 妄想的なアハハなコトを書いているだけですw

ユウ






Last updated  April 2, 2009 05:57:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 23, 2008
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:独り言みたいに
平静な生活 平静な心 
そんなものが 懐かしい 
普通に会話をするだけで 
そんなものは 吹き飛ぶ 
なにげない 単語 
ありがちな 表現 
それでもすべてが トラウマ 
なにもかもが ストレス化 
全ての記憶を失って 
あるがままに 受け止められたら 
どんなに 心地よい ものだろう 

セイがやりたいことは わかってる。
でも それを 簡単に認めるわけにはいかない・・・。
わたしらの 生き方そのものが 変動しかねない。
わたしらは 導く者 であって 裁く者 ではない。。。
というような 意味のわからない対立が勃発中。
生き方もなんも・・・
生きているだけの現状でいえるかは疑問だけど。
ここのところ 殺伐気分で 意味がわからない状態に近い・・・。

結局 7時頃に寝て 起きたのは・・・
昼にトイレに行く途中で昼食の残骸があったので食べて
(昼食時間帯には食べてません)
最終的に起きたのは16時半頃?

過去を振り返って じっと考えてみたことがある。。。
記憶が欠落してる期間は とりあえず 放置して・・・。
徐々に確実に 相手になにかを求めること を しなくなってきた。
GIVE & TAKE という言葉があるけれど
たぶん、この捉え方が わりと 他の人と違う気がする。
求められたことに対して与えられれば与えるのはわりと当然で
それが GIVE に該当するとは思ってないし
TPOによって アリエナイ要求 を満たすときには GIVE だと思う。
とりわけ、恋愛なんて そんなものだと思うんだょね。
求められたから与える? 好きになられたから好きになる? 違うね。
本当は GIVE が交錯して結果的にお互いの TAKE になるんでしょ。
単に 与えたからクレ というのは
『人間関係』じゃなくて『利害関係』 人間関係は破綻してると思う。
わたしが求めているのは 『利害関係』なんかじゃない。
GIVEで求めているのは その人が得る好結果 であって
それを報告して欲しいというのはあっても(結果がわからないので^^;;)
見返りになにかを という気なんぞは わたしには ない。
(他の人格が どうなのか? というのは 別問題ですけれど)

だから 相手に対して
『良く思われたい』 だとか 『悪く思われたくない』なんてのもない。
常に TPOや相手の資質などを考慮して
最善であると思われることをし また 言葉を使う。
往々にして 自分に都合の悪いことは 受け入れられない。
後になって ちゃんとその言葉を覚えていれば
いかに正しかったかを思い知ることがあったとしても
その場で都合が悪ければ 受け入れない人が ほとんど。
以前に散文とかでも書いたけれど・・・
今がそんなに大事なら、 今を凍結するために死ね とよく思う。
幸せと思えるときに死ぬのが 一番幸せなこと。
苦になってから死を考えるなら そうなる前に死ね。
勿論、これは 言葉のあや であって・・・
死ぬときにこれまでを振り返って
いい人生だった と思えることが ベストな人生だと思うんだょ。

今までに 自分から何かを求めるようなことをしなかったわけじゃない。
それは例えば仕事での端的なシーンでは利害だけで求めもした。
仕事などでは当然利害は発生するから明確なGIVE&TAKEが発生する。
人間関係という意味でも 求めるようなことはあった。
それは 今までコレコレしてきたから 応えてくれとかじゃなくて
純粋に ただ 求めていただけなのに それが理解されない。。。
求めたことに対して常になにかを要求されることもある。。。
なにかをするのに なにを求めているのかと かんぐられたりもする。
そういうのがイヤだから 自分から求めなくなった。
どんな相手であっても 一定の距離を保とうと努め
相手の希望の応じてその距離を変動されることはあっても
自分から縮める・・・近付く というようなことは 近年では ない。
これは わたし だけでなく 他の人格でも ほとんど 同じ。
わたしのような価値観であるか トラウマであるか 様々だけれど、
結果としては ほぼ同じように 距離を保ってきた。
でも それでも不十分なのだろうという思いが少しある。。。
不用意に縮めてしまえば ケン のようになるだけなんだから。
自我崩壊・そんな言葉が・・・たぶん当てはまるんだろう・・・。
人間関係での GIVE & TAKE は完全に対応する GIVE & TAKE ではなくて
大きな全体を見て GIVE & TAKE が成り立つ関係を言うんだと思う。

平静だとか平穏だとか そんなものは どこにある?w
人と関わってしまえば そんなものは 吹き飛んでしまう。
一人になって自由な時間を そう 呼んでみる?
果たしてそこに 生きている意味があるのかな・・・。
人は 自分がいかに楽しく生きていけるか を命題的に生きてる。
それは勿論 とても 正しいこと。
でも、 それだけじゃ そこに存在する意味がない。
平静や平穏を求めるのが間違っているというのも 違うと思う。
自分が正しいと思える状況が続いているときや
理想や価値観に近い現状が保たれていれば 平静・平穏があるでしょ。
変動してそこに変わったときには 歓喜 もあるかもしれないけれど、
「変わったとき」であって、続いているときは 平静・平穏 なんだ。

アリエナイ能力とかも・・・また少し出てきてしまっていて
そういうのは ちょっと 無理だな という感じがしてきてる。
今はそれを抑えるのに必死。。。

ぅん・・・狂ってるってことにしてくれて イイ。
でも・・・狂人が吐き出す言葉が真実の言葉だったなら
狂人ではないとされている人達が 本当の狂人だょ。

考える時間を持つことがなければ 平静・平穏だったかもしれない。
だから 休む ということを滅多にしなかった。
なにもしないという状況を作るようにしたことが 間違い・・・。
臭いものに蓋をすればいいといような行為は・・・
場合によっては 最悪の結果を招くだけだよね。

怪我をして包帯を捲いて見えなくするだけでなんとかなる?
傷口に薬を塗ったりするだけで 直ったりする?
怪我にもいろいろある! って言う人は多いだろうね。
じゃぁ なんで 心の病 はそう思えないわけ?
腹に激痛 これだけでも 大まかに3種類方向性がある
緊急手術を要するもの、抗生物質投与が必要なもの、
そして 最も多い 一般薬の投与が必要なもの。
最も多い事例だと思って 手遅れになる人は多い。
心の病も 同じこと。 原因によって対処は違うはず。
頭部骨折したことがある人がいるかはわからないけれど・・・
激しい嘔吐を伴うのが普通。 これが判断基準でもあるわけ。
でも頭に強い衝撃を受けたことを知らない人にしてみれば
単なる 嘔吐 にしか見えない。
この嘔吐は 心の病 での (抑)ウツ状態とかと同じこと。
嘔吐(消化器系の異常)だけのこともある、何かに起因する嘔吐もある。
(抑)ウツ状態だけのこともある、何かに起因するものもある。
根本原因を解消しなければ
平静・平穏といえる 健康状態 あるいはそれに近い状態にはならない。
見た目の症状だけで一辺倒に対処できるものじゃない。
身体は レントゲンや各種スキャニングなどで見れるけれど
心の中は見ることができないから 手探りなんだょ。
身体の病気よりも 極めて難しいものなんだと 知っていてほしい。

なんか方向性が変になってきたので・・・ここらで終了。。。
思考的にバラバラな最近なのが バレバレ かも・・・。

ユウ

Last updated December 23, 2008 9:47:36 PM



誤表現を修正しました・・・ スンマセン。。。






Last updated  December 24, 2008 02:56:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:独り言みたいに
黒き姿に見えたのは 
血が乾いた黒褐色 
光を浴びれば 紅を帯び 
艶(つや)やかに 輝く姿 
幾重にも 重ね塗られ 
元の色は すでになく 
ひび割れつつ 異臭を放ち 
それが 黒き心の 正体 

ぼよよん と 気分が悪くて 早くに寝たはずなんだけれど・・・
あまりに気分が悪くて 深夜に起きて・・・
他で ボケーッ とネット遊びをしてブログも書き
そういえば ココ 書こうと思ったんだっけと思ってここにくる。
ちなみに 寝たのは19時起きたの0時 ヘンテコ状態・・・。

キチガイ

気が狂うという状態が どういうものなんだろう? とは
いつも 興味深い事柄として 考えていたりする。
自分でも 発狂しそう と思っていながらも
自分で 狂ってる と思っていながらも
自分の思考が動くということは 狂っているとは少し違う。
わたしらの場合は 複数人格 いてるので
全部が一緒に 発狂する ということは あまり ない と思う。
そこは 不確実 としかいえないのだけれど
一般に云う キチガイ は 発狂 とはかなり違う。
他の人と違う考え方や思い方をすれば キチガイ なのだと思う。
なにが正常なのか? という大命題はいつも放置される・・・。

いつもは少なくとも7・8割以上の真実を交えて書いているけれど
今回は半分くらいってことで読んでもらえるといいと思ってる。
・・・大抵は9割以上の真実を書いているつもり だけれどね・・・。

さて。

箔龍という存在が 人格 というのとは別にいるということは書いた。
銀狼ってのもいるけれど、今回も 箔龍 の話を書く。
白龍ではなくて 箔龍。 これがどういう意味なのかというと
冒頭の散文のような感じ。 箔のように違うものをまとってるから。
(決して 絶対に 箔のある龍 という意味ではないんです)
かつて黒くも見えたものがどうも色のイメージが違って感じられる。
元々の色は 白(というか白色発光)のような感じがする。
まとってるのが 血 だったのかどうかなんてぇのは 知らない。
とりあえず 最近は 白色に近かった。 た:過去形。
最近は 出張中? 見捨てられ?w あまり感じない。

白龍といっても龍神の1つであげられる アレ ではない・・・
白い龍のような形状に感じられる存在 というのが 正しいと思う。

なんでこんなことを書いてるのかというと 気持ちの整理、そんだけ。

黒き者、白き者。 それは闇の者、光の者。
本来は わたしらは 白き者 だったんじゃないかと思う。
正確には・・・ 箔龍という存在が だろうね・・・。
守護神だとか守護霊だとかいう類になるのかもわからないし
なにより ソレ と意思の疎通が 少なくともわたしは 取れないし。
何を考えて 何のために存在してるのか なんてのは 不明だけど。
わたしらが 望むかどうかに関わらず・・・
いくつかの顕著な傾向が 周囲にもたらされてしまうというのは
ソレ の影響だったのかもしれないなと ふと 思った。
周囲にそんなもん与えるくらいなら この身体に与えれ・・・
などとも思うけれど・・・ 所詮 寄生主みたいなもんかぃ・・・。
なにかから身を守るために 色を偽って過ごし
そういうものがなくなったから 色が元に って感じがすごくする。
するだけで ホントにそうなのかなんて よく覚えてない・・・。
そんなんもんだょ、 人の記憶力なんてのは。
確実なのは わたしらの意思とは完全に 独立している存在で
精神世界という意味でも 完全に 別の個体? であるということ。
銀狼は わたしになついているけれど・・・
箔龍は そういう存在っているのだろうか??? 孤高?

1つの身体に複数の魂 なんていうことをいう人もいるけれど
魂という概念で考えるなら 箔龍は・・・
わたしらの魂の 外側 にいる。
なんのためにいつから? 知らない。

ネットで同じような龍のような形態の存在を書いてる人がいた。
そちらは 守護神? 的で かなり種類が違うけれど
「異質だけれど 似た感じ」 って印象を受けた。
その人は キチガイとよく言われる とも書いてた。
んー。 そうなら わたしらも キチガイ と言われるのだろう。
なんつったって・・・(書くと本当にキチガイっぽいので自重w)
世の中、常識なんかでは通じないことなんていくらでもあるし
科学なんてのは ほんの一つまみの事実しか表せていない。
だから 信じる という言葉があるんだと思う。
他が信じようと どうであろうと
それが事実と知っている本人にとっては 事実でしかない。
(思い込む と 事実と知る は 少し違います)

箔龍の正体なんて知らない、今いないから影響もわかりにくい。
(今現在近くにいない存在は コレと断定しにくい)
どこに行ったのか わからない。
これから やろうとしていることのいくつか のために
箔龍を 意識から遮断 して見ないだけなのかもしれない。
そう 箔龍は 白き者。 光の者。
照らすものがなければ 光は いらない。
というよりは・・・ 姿を隠してるだけかもしれないけれど・・・。
不快ではない威圧的な存在感は まだ 感じてはいる。

まぁ・・・ キチガイっぽぃってことにして 流してちょ。。。(ぇ
ここは わたしが想いを吐き出す場所なので こういうのもアリ。
よし、寝るかーーー(ぉぃ・・・

ユウ 他






Last updated  December 23, 2008 06:44:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
December 6, 2008
カテゴリ:独り言みたいに
どこかに忘れてきた 想いを
思いもしないところで 見つける 
そんなことがあれば いいのに 
例えば なにもないところで転んで 
地面に 顔を打ち付けても 
そこに その想いがあれば 満面の笑み 
なくなったままだから 心は空っぽ 
違うもので埋めようとしても 
うまくいかないものだよね 
じっと 空洞を見つめながら 
今日も 考えている 

♪探さないで 面影は 
 わたし もう あの頃と 違う♪
これは 堀ちえみ「青春の忘れ物」のでだし。
セイが・・・ イキテー! と 妙に騒ぐ。 ウザイ。

堀ちえみ BirthdayLive2009、12月7日から発売なのだ・・・。
だから、どーした? 買っても行けるのか???
体力ねーじゃん。。。行動力の主力はケンとソウだったじゃん・・・。
無理して動いて他人に接触して 壊れるだけだ・・・。
必要だから 人格ってのはできる。 ホントだよね・・・。

とはいえ・・・セイを黙らせるのは簡単なのだ・・・
「最後に堀ちえみのコンサート行ったのって、誰とだった?」
これで、黙る。 行くのはいいけれど 吐くだろうって気がする。

誰かと行ったモノよりも一人で行ってたモノの方がまだいい・・・。
狭いライブハウスで乾いた反響に囲まれる心地よさが懐かしい。
・・・。

そういえば・・・ナオの独り言ブログ。 なんか、書いてる。
livedoorのどーすんだ? ってのもあるんだけれど
そっちはそっちで・・・なんか書くらしい。
・・・・・・。 わたしが 普通に書く場 って?
元々自分のことあるじゃん とか 軽く返される。。。
そうだね・・・たしかにそうなんだけどさ・・・。
(livedoorがブログサービスを始めた頃に
 開設してやっていた場所が実はあります・・・。
 以前の記事はすべて削除して
 アカウント放置状態ですけれどね)

WOMAN系






Last updated  December 6, 2008 11:56:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 30, 2008
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:独り言みたいに
時を重ねるほどに 
消えたものは 遠くなる 
それがどんなものでも 
たとえ大事なものでも 
もしできるならば 
振り返ってほしい 
本当は手が届くかもしれない 
何か取り戻せるかもしれない 
それを願う心があれば 

暑いと思って モソモソと 起きた・・・。
起きたの10時半。 目が覚めたのは・・・わからない・・・。

変な夢みたょ。。。 入試の夢w
笑えるね・・・2度目かな・・・何回目だろ。
毎回、ほぼ同じ。 なんか意味あるのかそんなもん・・・。
あと、女性の一人暮らし対策の夢も見たな・・・
なんか・・・ブログでどうやって 防犯対策するか とか
綴っていた・・・。 ・・・やれってか?w
理解に苦しむ夢たちだった。

現在の室温 24度。 暖房いれてない。
暖かくて気持ちがいい というよりは 不快。
ある程度一定した気温が続いてくれる方がいい。
平たく言えば、変動に身体がついていけない。

今日は夏までの主人格の月命日。。。
そういう位置付けは、それから何回か変わっているような雰囲気もあるけれど
安定してそこにいれたわけでもない。

自動制御のように感じてるのが、実は基本人格なんだろうか。
・・・ふと、そんなことを思った。向こうから返ってこないから不明。

8・9月は 主人格相当が消えた混乱期にあって、
実によくわからない状態が続いてたように思われる。
主人格相当としている 人格たち は そういう状態だった。
ここんとこは落ち着いてきて、
当時のこともわりと把握できるようになってきた感じがする。
それでまた 変な苦しみ を背負ったりもしているけれどね。。。

最近、疑問に思うこと。
わたしは 本当に ユウ なのか。
ユウ=ソウじゃないのか。

(ケンとソウは夏までの主要コンビだったと思っている存在です)

カウンセリングを受けたときには
たしか 左に男性人格二人、右に女性人格二人が位置してた。
そのときに話してた名前は 
左に ジュン ケン、 右に ユウ ナオ だったと思われる。
といっても、実は左側の存在をどう表現したか 知らないw
右側の女性人格は いつも変わらないような位置付けだったけれど
左は ジュン セイ ケン の内2つがいたような気がする。
もし、ジュン セイ ケン のどれかが中心にたったとしたら、
残りの2つが左側にいて、左右に男女2つという配置にはなる。。。
んで、カウンセリング時期に セイ はいなかったはずなので
位置するとしたらジュン ケン。
そういえるのは当然ながらジュンでもケンでもないw
「自動制御」がそう思えたってことなんだろう・・・。
・・・とはいえ。

当時(夏前頃)かかれたモノを読み返して・・・ソウが書いたものだけれど・・・
ゼッテー ありえない。 わたしは コレ 書けない。
んで・・・ふと あるネットゲームを思い出した。
3つキャラクターが作れた。
1つめはソコを見つけた ユウ が作った。
3つめはナオのだった。 2つめ・・・ソウのだったはず。
セイクラブ(サービス終了)ってトコでも 実は3つ女性IDは作った。
これも1つめはユウ、3つめはナオ、2つめは・・・ソウのだったはず。
こういう話は以前書いたろうか?
当時の「日記」には明確に 3人の自分 と書いていた。
(男性人格を数に入れていないのが・・・スゴイんだけれどねw)

気が付いたら室温26度。 どんどん上がる・・・。

ずっと昔を振り返って考えてみたんだけれど、
最初にやるのはユウで、追従してくるのと、その後にやってくるの、
3段階になってたように思う。 いつからかよくわからないけどさ。
2つめのは大抵、途中で飽きて脱落すんだけどw
ユウ→ソウ→ナオの順だったんだと思う。

などと云々と考えて、やっぱり女性人格は 主要が3つだったと。
・・・なんて勝手に納得してみた。
ソウがユウを騙(かた)っていたということは・・・
ユウがやっていた役割をソウがやっていたってこと。
当時の ナオ が書いたことになってるものとかも見たけれど・・・
・・・ナオじゃねぇ・・・ってのが・・・若干・・・w
ソウは ナオ すらも模倣していたんじゃないかって思える。
器用な人格だった、それは確かに思い当たりはする。
だから、ネットゲームとかはツマラナイ、現実世界が好きだったんだろうな。
実際、現実世界という意味ではソウとショウも区別がつかない。

男性人格達は区別がつかなかったみたいだけれど、
女性人格達は区別がついてた。 自分らとは違うと気付いてたから。
でも、3年前以降から それが曖昧(あいまい)になってた。
それは・・・喪失を 忘れたかった からじゃないかって思える。
女性人格としては ソウ が ユウ の立場になりえたから変動に見えない。

残る問題は・・・わたしは 本当にユウ? www
・・・実はよくわからない。
でも、夏に見た夢、男女1つづつの人格が別れを告げたような夢。
あれを考えると、わたしは ユウ だと思われる。
(夢に出てきた存在は ケンとソウだったように思えます)
あるいは・・・ユウを元にした人格?www
ショウってのも今いてることになるのだけれど、
これは 単に 遊びたいだけー の人格だから。。。
ネットでも現実世界でも見境なく、たまに出てくるような感じ。
他のと同時に言ってくることがあったから別なのは違いないはず。

室温27度突破・・・何度まであがるんだろう・・・
すでに、ハーフパンツに半袖モード・・・w

相変わらず 思うがままに ダラダラと。
まとまりもなく ダラダラと。 女性人格の考察をしてみた。
男性人格は・・・いみわかんねーと思える部分もあるけれど
3つだったのは間違いないとは思う。
ジュンやケンを呼ぶ存在を忘れて、自分をそれらと呼ぶことで
ちゃんと男性人格が2ついると思っていたんだから。
ぃぁ、ジュン、ケンを呼んでいた「人格」がいてるやろーw
セイが主人格でいるのが普通だった頃は、
左右に2つづついるように感じているのが普通だったから
2・2 という観念だけあったんだと思われるな。。。
頭悪いぞ・・・ぉまぃら・・・w

ちなみに、今・・・わたし的には左右にはいないw
なんか、右?にジュン 右下?にセイ 下?にナオ って感じ。
話しかけられてくる方向が、だいたいそんな感じ。
ショウ、キョウはいきなり飛び込んでくるからわからないw
感覚的な位置関係っていうのかな・・・。 意味ワカンネーかなw

駄文乱文雑文 失礼しました。

WOMAN系






Last updated  November 30, 2008 01:25:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 29, 2008
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:独り言みたいに
目に映るもの全てを 
心で受け止めたら 
きっと 破裂 してしまう 
心の中のもの全てを 
目で見てしまったら 
きっと 目をつむってしまう 
目と心の間には 
どんな景色があるのだろう 
目から心へ行く様々なもの 
心から目に行く様々なもの 
想いの分だけモノは 
本来の姿を変えて見える 
時に涙としてナニカを伝える 
悲しくても 嬉しくても ね 

ん~? ぁぁ・・・他のブログを見ていたら気に入った言葉があって。
 両目と心の間には景色がある。
あぁ、おもしろいこというなぁ、思って。
なんとなく散文してみた。

まぁ・・・イロイロと書きたいと思うこともあるのだけれど・・・
それは・・・昼か夕方か夜か 次のくらいので。。。

なんか、おかしー感じで。 他の連中の声が遠くなった気がする。
ここ数日で 以前のことを思い出したというか・・・
なんつんだろな・・・他の人格の記憶をもろたというか・・・
ンー。。。そんな感じなんょ。(・・・どんなw)
これって、かなり精神的には落ち着いてきたってこと?
どーなんだぃ?? という感じで考えたりしても
かすかな反応が見えるだけで・・・他は・・・?
・・・・・・寝てるかぃ?w 寝ぼけかぃ?w
あれか・・・やっぱ、わたしが起きる前に他のが起きてるか・・・。

こう・・・いろんなのがでてこないと・・・つまらないw

ぁ、そうそう・・・一人パンヤ・・・ね・・・
あれ・・・人格二つでやってるわ・・・w
本気で 内側で 会話してやってるわ。。。
昨日は ショウ(カズ) VS キョウ(ルーシア) かな?w
  ()内は、使用キャラクタ。。。
ホヘー、そんな攻め方もあるんかー、思って見ていた・・・w
遊ぶんは・・・得意やもんな・・・コイツラ・・・。

両目と心の間の景色 どないやろって本気で思う。
好きな人は素敵に見えるし、キライな人はイランように見えるじゃん。
そういうのが冷めるとそれまでと違うように見えるし。
目と心ってのは 本気で 繋がってるように思えるw
目と心の間には どんなんがあるんかねーってのは興味深い。
まぁ・・・感覚的な話としてだけれどね。。。
実際には大脳処理(視覚情報の認知)の問題なんだろうけどさ。

寝るかな。

WOMAN系






Last updated  November 30, 2008 02:43:28 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:独り言みたいに
ふかふかの布団で見る夢は 
やっぱりふかふかで暖かい 
柔らかく抱きしめられるように 
ぬくもりを口移してもらっちゃう 
知らない街の景色さえ 
懐かしくて楽しく思えるし 
知らない人の顔さえも 
知ってるような気がしてくる 
気持ちがいいー 夢の中 
このまま覚めなければいいのに 
夢の世界に住んでいたい 
ずっと このままで いたい 

・・・ぇー・・・まぁー・・・まだ起きてりゅw
タイトルに♪がついてるからって、別に明るい話題であるわけもなく。
そろそろ 寝たいぞー って感じが とてもしてるだけ。
よーするーにー。 ねぼけ。

んじゃぁ ねとけょ? ぉぅ、その通りなんだけどさーw
耳掻きグリグリしすぎて耳痛くてさー・・・w
横向いて寝るときの下になるほうだから・・・ちょっと休憩w
子供の頃から、イライラすると 耳が痒くて痒くて掻きまくり。。。
ここんとこ 精神的に不安定 な状態が続いてるから
やっぱり 掻きまくり傾向があって ・・・
耳鳴り倍増状態・・・。
いつだっけか・・・最高にキテタときは耳掻きで外耳炎になった・・・。
膿が止まらない状態だったょ。。。左耳。。。
どうしても、左ばっかり掻いてまう傾向があって・・・。

ぇぇ、基本右利きですが、何か?w
でも、左利きでもありますが、何か?w
○○は右手で持つものですーとか教え込まれたから、
とりあえず右手でそういうのは使えるようにはなった・・・。
でも、そうじゃないものは大抵は左手だと思う。。。
携帯電話の操作は・・・左手で持って左手の指で操作。
右手用じゃねーかょっ! とか若干切れ気味になることも・・・w
ちなみに・・・利き足は・・・左足~。
陸上部時代のスタブロ、他の人となんか違うなーとか思ってたんけど
「あれ?利き足って左なんだ」って言われてはじめて気付いた←こういう人です。
・・・本当に左利きだったんじゃないのー? とは言われる。
でもー。 しらなーい。 使いやすい方を使えばいいわけじゃん。
右利き?左利き? とか聞かれたときって、わりと困って・・・
「ぇ・・・両方使えます・・・」みたいな。。。

字を書いたりするときっていうのは、やっぱり右手なんだけどね。。
だって、文字って右手で書きやすいようになってるじゃん。。。
ぇ?わからない?w 裏から活字が見えるものを持ってきて、
それを右手でなぞって書いてみ?w 手の動きとしては同じだから。
ものによって、すんげぇ書きにくい・・・ハネとかありえねーw
書き順とかぜってー右手専用。 左手書き順あってもいんじゃね?w
最初から左手で書いていて慣れてたら普通なんだろうけど。

世の中、右利き社会ではあるんだけれどさ・・・
左利きの人間もいてるし、実は密かに少なくはないし。。
アタリマエのようであっても、実は不便な人はいてる。
普通はー なんていうのは そうする人が最も多いだけで・・・
過半数すらないことだってあるわけじゃん。
「平均」なんて・・・とれっこないんだから・・・w
普通はこう思うはずだ なんて、実際には何割該当してるさ?w
普通という概念は、場合によっては捨てた方がいい。。。
せいぜい こう思う人が多い にしておこぉ。
断定したら、 当てはまらない自分を肯定できないでしょ??
自分は例外? 自分だけが例外? なんじゃそりゃ・・・
普通じゃないから? 普通じゃないヤツに「普通」は語れない。

ふっかふかの布団にくるまって寝るときみたいにさー
やぁんわりと物事を捉えられたりするのんがえぇと思うょー。
他と違くても、慣れちゃえばそれが普通なわけだし。
この人にとっての「普通」はこういうものなのかーみたいな。
個性ってことにしといてやるかー。 ってさ。
そんな風にみんなが思えば・・・心の病の患者も減るだろうね・・・w
「普通」の押し付け、強要・強制 ・・・ イラネ。
そんなんだから・・・日本人は バカばっかって言われるねん。
量産品の製造には長けていても、新しい技術とかは遅れてる。
ぇぁ?応用技術じゃなくて新規技術の話だ・・・。
「普通」と言われている領域の外にいないと思いつかない世界なんだょ。

んー。なにげに乱文雑文やね。。。
おやすみなさいませ・・ませ・・まっせーらー?w
(某FM局・某番組の ドナルドだが? を思い出してしまったw)

WOMAN系






Last updated  November 29, 2008 04:47:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 17, 2008
テーマ:心の病(7099)
カテゴリ:独り言みたいに
暗がりから こんにちは 
昼夜問わずに こんにちは 
覚えていますか? 久しぶり 
はじめてですか? よろしく 
笑顔でお迎えいたします 
ささっとご案内いたします 
笑ったままでお過ごしください 
苦痛もやわらぎますよ きっと 

1つ前のでチョロッと書いたけれど・・・加害経験はイロイロある。
たぶん・・・心の病系の人は・・・被害経験もあるとは思うけれど
多くの場合は 加害経験 もあるのではないかと思ってる。
それは・・・意図してかどうかに関わらず、結果から判断すれば。
・・・わたしらの場合は・・・。

度々書いている 箔龍・銀狼って存在はいてる。
こいつらは、少し種類が違うので・・・加害行動には入れてない。
理由は簡単・・・単なる番犬みたいなもんだから。
番犬がたまに 人に噛み付いたりするようなことがあるようなもの。
運が悪くて かみ殺されたり なんてことがあるようなもの。
この身体を使うというわけでもないから、関連性もわからんし。
(正確には、関連性を証明することは不可能というべきかもしれません)

加害人格という意味では・・・ンー・・・一応わたしもそうなる。
他への加害というわけではないけれどね。これ以上は書かない・・・。

犯罪行為に至るものでは・・・そうだねぇ・・・
窃盗・傷害・殺人未遂・放火・器物損壊・・・いろいろやった。
他にもあったか? 覚えてないなー。 あるかもしれない。
殺人未遂・・・。
そうだね、たぶん、他のが入れ替わってなかったら、
相手は死んでたろうね。。。
いわゆる「我に返る」パターン。
そんな風に他からは見えたんだろう。
覚えているだけで・・・数回、忘れてるのがあったらもっとかもな。
毒々しい感情ではなくて変に涼しいような感情だった。
目の前で苦しんで死に至ろうかという人をじっと見つめて
何かを感じるということもなく、観察してた。
大抵はそこに割って入ったのは セイ だったと思う。
そういう行動に出る前に わたしが止めたこともあった。
・・・抑圧したものは噴出す。鬱積したものが噴出す。
前回書いたそんな言葉は・・・実感なんだ。
ナニカのはずみで出てくる。

別に殺意という衝動に駆られたとかってわけじゃない。
確かに幼少期は 暴力に訴える ということは稀にあったけれど
それはそれで違うこと。
殴るつもりで殴るのと、殺すつもりで殴るのとでは意味が違う。
前者は幼い頃のジュンだったはず、後者は・・・。

比較的安定してソレが出てこなかったのは わたし&セイ の頃。
その頃にまともに出たのはたぶん二度だけ。
人に対しては損害が出なかったから上出来。
被害は、他人の眼鏡、Yシャツ、そこで済んだ。
眼鏡は思いっきり叩きつける程度ではないほどに変形してたし
相手のYシャツは 素手でそこまでいくか? ってほどに裂けた。
モノに対して損害を与えるという意味では・・・その前のが微妙。
たて看板がバラバラになった。執拗に壊し続けたらしい。
(一緒にいた当時の友人が必死に止めて連れ帰ったらしいです)
もっとも・・・朝目が覚めたら手の甲がバリバリ剥けてたりもした。
帰って来る途中の電柱を全部殴って帰ってきたらしい記憶はあった。
ベッドから降りようとして激痛が走ったので見てみたら
足首が少しえぐれて血が固まってついていたこともある。
驚いて布団をめくったら、シーツは血だらけだった。
・・・この件に関しては、全く記憶がない。たぶん、永久に謎かもね。

ぇ?殺人未遂云々? ぁぁ・・・。
普通に友達と話していた。普通に首絞めた。そんだけ。
教師が崖の脇に立ってた。後から突き飛ばそうとした。そんだけ。
・・・他のはいいか・・・そんな感じで そんだけ って感じ。
ぃぁ、ホントにさ・・・感覚的には そんだけ って。
そう思えるような行動をされてしまったわけさ・・・。
極めて自然に、それはまったく心理的な動揺も高揚も一切なく。
ただ、そうすることが 当たり前 のようにしてさ。
そういうのがいてる時点で 病院行き? とも思うんだけれど
滅多に出てくるわけでもないし、ドレを始末するってか?という感じ。
殺したいと思うだけなのと、実際に無感情にそう行動するってのは
かなり違うからね・・・今いてるヤツラとは違うと思うんだ。たぶん。
いじめ加害も、実際にはイジメの裏返しをやったから少し異質だし。
子供にありがちな 好きなコをいじめる のは・・・また違うしwww
ぁ、「結果」書いておかないとね。
友達は失神したとこで、教師は捻挫した程度で、済んだ。
後一押しで・・・友達は窒息死、教師は転落死だったかもね。
・・・もちろん、他にもあったけどさ・・・もういいよねw
無感情にそうした行動に出るって意味じゃぁ、手の甲が剥けたのもそう、
たぶん、足首が削れたのもね・・・。

ぇ?放火?
ぁぁ・・・ボヤで終わった。 火が綺麗だった。 そんだけ。
・・・そう、そんだけ。 あれはドレがやったんだろう。。。
やっぱ ソレ なのかなぁ・・・。これも 謎。 動機がないもん。

ンー・・・さすがにこんなもん書いてると気分が悪くなる・・・。
犯罪行為の全部を ソレ に押し付ける気もないさ。。。
・・・刑法抵触するのだけ並べてたから、道交法とかは入ってないぞw
若いころは ヤンチャ したようなこともあったさ。。。
でも、ソレとは明らかに違う・・・。

ソレ。 今はナニやってんのか全く不明。 感じられず。
なぜに ソレ といってるのかって?
わたしらにとっては IT としか言いようがない。
スティーブンキングの小説 IT のようにね。
いきなりフツフツと湧く今の殺意的な慟哭は・・・純粋な怒りだからw
殺意だけでは人は殺せない。 殺意を持っても笑って流せるw

暴露話でした。

補足:
すべての真実を語りつくしているわけではないですから。。。
ただ・・・わけわからんもん抱えてるってのは事実かと。
ブラックアウトしている期間は・・・記憶がないのでわからない。。。
でも、その前も含めて何年もそうしたことは起こってはいません。
ブラックアウト期間は まさに幽閉期間 なので大丈夫でしょう。
今は不意にそうした行動を起こすようにも思えない・・・
だから、記述しました。
なぜ起こさないかって? 明確な根拠はないんだけれどさー・・・
ソレが出てた頃にやってた行動がなくなったから・・・かな。
子供の頃は、ナイフでぬいぐるみを ザクザク 刺してた。
振り回して叩きつけたりとか・・・ぬいぐるみ、かわいそうにねw
その後も、違うものを バキバキ 壊したりなんだり、
そういうのを 無感情に ただ 淡々と やるようなことはあったんだ。
対象が・・・自分の身体を含めるようなこともあった。。。。。。
「我に返って」ナニやってたんだろ?とかいう感じでね。
そういうのが今はないから。 たぶん、平気。
壊したい!って衝動で壊すことはあるけど、そりゃぁ無感情じゃないw
だから、たぶん、平気。

MAN系&WOMAN系






Last updated  November 17, 2008 09:40:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.