147747 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

椎間板ヘルニアとの付き合い方

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


へるにあん

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

イェイ☆@ マイヤヒ~ マイヤヒ~Ш(゜∀゜)Шコレいい!!まじススメ …
知花@ Re:恋のマイヤヒ!~飲ま飲まイェイ!(07/15) 恋のマイヤヒ オゾン、かっこい~(>_&…
千佳@ Re:恋のマイヤヒ!~飲ま飲まイェイ!(07/15) 恋のマイヤヒ オゾン、かっこい~(>_&…
へるにあん@ Re:はいはい(07/02) 通りすがりさん 正直、郵政改革なんて…
通りすがり@ はいはい ゼミで年金制度調べていて検索で行き着き…

Freepage List

Headline News

2004.07.02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ちょっと年金問題について語ります。
本当は、これこそトラックバックしたかったのですが、
出来ないようなので、URLを貼っておきます。
↓これが今日年金問題を取り上げようと思ったきっかけです。
神崎代表の今日の一言
この神崎さんの根拠というのは、↓です。
上智大学の堀勝洋教授のコメント(2日付「公明新聞」)

私の意見としては、今回の年金改革は、単に制度の問題点に
遡及せず、増税して財源を確保するためだけのものに過ぎない
と思っています。

現在の年金制度は、古く疲弊した制度であると思います。
国民年金の徴求事務コストは、年間に納付される保険料の
8%にも上ります。今後、より空洞化していけば、8%が
さらに上がる可能性もありますし、それを避けようと厳しく
徴求しようとすれば、さらにコストが掛かります。

そもそも国民皆年金というわけですから、どうして税金じゃ
いけないんですかね?厚生年金も共済年金も全部統合して、
おまけに地方税と国税も全部統合して。
一括で徴求してから地方や年金財政に再配分すれば、
徴求コストは一番少ない。
今、国民年金の徴求事務費用を税金でまかなうという話が
出ているが、これほど馬鹿な話は無い。

全部税金でというのは、極論であるけれど、真面目に
基礎年金の財源を消費税等の税からまかなうことを検討
しないと、現在年金を納めていない若いフリーターが今後
十分な貯蓄が出来るとは思えませんし、生活保護のお世話に
なる人の比率は確実に上がると思います。

場合によっては、年金をもらっていても年金額が生活保護の
金額に満たないなんていうこともある。
笑っちゃいますよね。。。生活保護は、収入を差し引いて
支給されますから、もらえる金額は年金を払っていても
払っていなくても同じ。

また、制度上の問題という意味では、賦課方式は限界ですよね。
今まで常に見積もりを誤り続けてきた結果が、今の破綻的
状況なわけですから、これからも外れ続ける役人のシミュ
レーションに任せるわけにはいかないと思います。
今年だけの問題ではないのですよ、公明党さん。

極力、もらえる金額に対するリスクファクターは減らしたい
わけですから、積立方式であるべきであるでしょう。
せめて物価上昇率くらいにしましょうよ、不確定要素は。

また年金制度は、これからの少子化に向けた政策とリンク
しなくてはいけません。
例えば、私は少子化対策の対応としては、ワークシェアリング
による労働者の確保があると思います。
企業も人件費の安い諸外国と競争をしていかなくてはならない
わけですから、これからも一人で家族を養うのは、どんどん
厳しい環境になるはずです。
成果主義が浸透すると家族を養う人でも養わない人でも働いた
成果に応じて給与が支払われますから、同じ給与になります。
とすると、単純に扶養家族の分、成果を挙げなくてはならない
ことになるわけで、現実的ではないです。

そこで、共働きをすることで、家計の収入の上昇、労働力の
増加と一石二鳥になります。
それぞれのライフスタイルに応じたフレキシブルなワークシェアリング。
(フレキシブルにはもちろん出産育児休暇の充実をも含む)
私はこれが今後の少子化対策の一つの有効な手段であると思います。
そうした場合に、税金、年金、保険の被扶養者の優遇を
再検討する必要があると思います。

というわけで、今の年金制度で100年安心??
笑わせるなですよね。

結局、こんな公明党の説明で、、、と思うと、
なんとも馬鹿にされている気分がしますね。
別に他に変わりになる党があるわけではないのですけれど、
消去法で、、選挙では投票せざるを得ないのでしょうね。
悲しいですが。

とりあえず、少しでもマシな党に投票するしかありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今、たまたま小泉さんのCMがありました。
なんか日本に生まれてきたことが悲しくなりました







Last updated  2004.07.03 02:07:52
コメント(5) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


トラックバックありがとうございます。   呟き尾形 さん
こんにちわ。呟き尾形と申します。

 このたびは、トラックバックありがとうございます。

 さて、「増税して財源を確保するためだけのものに過ぎない」というのは、同感です。
 報道がそういった力点のみ報道しているかと言うと、政治家の主張も財源のみの議論と相成っています。
 改革というくらいですから、年金というシステムの根幹を変えていかないといけないとも考えています。

 ワークシェアリングという社会的な対応については、なるほどなぁ。と思いつつ、まだ、一般的に、そもそもワークシェアリングのメリット、潜在的労働力を確保することによって、無駄な賃金を削除すると同時に、失業という労働力のもてあましがなくなる。 という直接的なことから、ワークシェアリングにすることにより、仕事の引継ぎの為に、個人の作業の、システム化、手順化を強化せざるを得なくなり、結果的に仕事そのものがリストラされるというものまであるように思えます。

 なんにしても、年金という制度が社会を支える制度であれば、あるほど、部分的な応急処置では、傷口が悪化するであろうことは目に見えています。

 焼け石に水を投げ込んだら、熱湯が跳ね返ってやけどしかねませんよね。


 それでは失礼いたします

http://homepage2.nifty.com/SON/ (2004.07.03 19:04:35)

Re:年金政策に物申す(07/02)   kabira75 さん
>全部税金でというのは、極論であるけれど、真面目に基礎年金の財源を消費税等の税からまかなうことを検討しないと

こんばんは。はじめまして。年金の問題は深刻ですよね。年金の財源についてですが、消費税は逆進課税ですから、所得の少ない人ほど重い負担になります。

やはりヨーロッパのように、高額所得者や大企業に相応の負担をしてもらって、国民は累進課税の所得税と社会保険料を組み合わせるのが良いのではないかと思っています。

爪に火をともすような生活をしている中小零細企業と、1兆円もの利益を上げているトヨタ自動車の税率が同じだというのはやっぱりおかしいと思うんですよね。

ではまた。 (2004.07.03 20:49:10)

Re:トラックバックありがとうございます。(07/02)   へるにあん さん
呟き尾形さん

ワークシェアリングに関しては、おっしゃるような
リスクははらんでいるということは同感です。
だた、どちらにしてもリストラの進行、正社員から
派遣社員へシフトが進む中で、ワークシェアリングを
しなかったとしても、同様の結果になるように思えます。

そういう点も踏まえて、フリーター、契約社員から
ワークシェアリングへ移行できるのがいいのかなと
思っています。

どちらにしても、つぎはぎ的な対応は、もうやめて欲しいものです。

(2004.07.04 22:31:46)

はいはい   通りすがり さん
ゼミで年金制度調べていて検索で行き着きました。ほんと公明党は馬鹿にしてますよね。ほんと笑わせるなですよ。実は創価学会で年金運用していたりして・・・(笑)
積立に近いものにすべきですよ・・・きっと。 (2005.11.24 00:44:28)

Re:はいはい(07/02)   へるにあん さん
通りすがりさん

正直、郵政改革なんて優先順位は下で良いので、
早くこの年金問題を何とかして欲しいものです。
まあ、そもそもこの制度を変えるべき議員や、
官僚の年金制度は優遇されていて、改革すると
損をするわけですから、おかしなものです。
(2005.11.27 12:29:25)


© Rakuten Group, Inc.