137421 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ヘタレおじさんのバイク日記 -Ⅲ-

PR

X

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

バイク全般

Jun 20, 2021
XML
カテゴリ:バイク全般
​今回も天気に翻弄されツーリングイベントは迷走し、結局中止に...<(__;)>。
でも『バイクには乗りたい!』と言う事で天気予報と睨めっこ。結果、群馬
エリアへGo!自転車ダッシュ

その日記(ブログ)はまた別の機会に書かせて頂くとして😅、今日はその
帰りに立ち寄った「​カワプラ​」さんネタを先に書かせて頂きます。



おっ!あれは『​世界限定500台​』の​​ZX-10RR​では!?


全身『ライムグリーン』も相まって、存在感がありますねぇ~!


因みにスペック&お値段..330万円!(@o@;!



『ご成約車両』の札が付いてないと言う事は...​即納車両​との事です!
欲しい方は是非「​カワプラ​」さんまで連絡を!その際「ヘタレおじさん
のブログを見て...」と言うと...特に特典はありません。単に私が喜ぶ
だけです😄...(*o*)\(--;)バキッ!


折角なので撮りまくり!




ヘッドライトのレンズ、なかなか複雑な構造してました。


オーリンズ製電子制御ステアリングダンパー。


BFF&マルケジーニ製アルミ鍛造ホイール。


「RR」マーク。




「リバーマーク」。



Z125Pro即納車両との事でした。これを逃すと今年の入荷はもう
無いようです。欲しい方は「​カワプラ​」さんまで!その際...以下同文😅。



こちらは販売車両ではありませんが、​MEGURO K3​も展示されてました。
展示車両があるのは宇都宮インターパークの「​カワプラ​」さんだけ!
との噂も!?










Last updated  Jun 21, 2021 12:57:12 AM
コメント(0) | コメントを書く


Jun 18, 2021
カテゴリ:バイク全般
​​ヤングマシン​の​想像記事​なので、「話半分」ではなく「話1/3」位で
記事を読みました。私自身も「新型出すならこんな感じだろうなぁ...」
と想像出来る範囲内の記事ですが、こうやってまた14R関連ネタが記事
になるのは、現役14Rの私には少し嬉しいです😄。

なお、この顔(↓)は、私の好みではありませんが...r(^^;)。


私の「願望コミコミ」価格予想ですが...

 ​ZX-14R FINAL MODEL​が1,732,500円(税抜)でした。で、
 H2SX(2,220,000円(〃))とH2SX+(2,570,000円(〃))
 の価格差が350,000円。そこに電脳化や新モデルの付加価値分を
 150,000円と見込んで(1,732,500円+350,000円+150,000円...)

2,232,500円(税抜)〔2,455,750円(税込)〕...ザックリ言うと
240~250万円(税込)

まとめると...

 新型14R SE(電サス付):240~250万円(税込)
 新型14R(電サス無):210~220万円(税込)

...どうでしょう?

新型「隼」​が2,167,000円(税込)なので価格差的にも無難かなぁ
...と言う気がします。勿論安ければ安いほど嬉しいですが。

何はともあれ、新型14Rが実現するといいですねぇ~。​






Last updated  Jun 27, 2021 11:24:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 2, 2021
カテゴリ:バイク全般
​Ninja ZX-14R 2022年モデル発表が発表されました!
但し北米のみですが...(~_~;)。

詳しくは​「YoungMachine」の記事​を見て頂きたいのですが、
基本スペックはFinalModelから変わらず、カラーリングの
変更のみのようです。








その記事のなかで、気になったのがこの(赤線)部分。

「復活の芽があるのではという噂も」...

新型「隼」が発売されたので、新型「14R」の発売を待ち望んでいる私。
現14Rが元気な内に(出来れば16万kmに届く前に)朗報が聞けることを
切に&首を長~くして待ちたいと思います。​






Last updated  Jun 3, 2021 07:38:27 PM
コメント(2) | コメントを書く
Mar 19, 2021
カテゴリ:バイク全般
新型「隼」​の発売時期と販売価格が発表されましたね!



「carview!」のmニュース​によると...

日本仕様は基本的に欧州と同じ仕様と装備となりますが、日本国内専用装備
としてETC2.0車載器が標準装備となります。
尚、国内仕様の新型『隼』はスペックシート上では欧州仕様と若干の違いが
あります。
欧州仕様▶最高出力190馬力/9700rpm 最大トルク150N・m/7000rpm
日本仕様▶最高出力188馬力/9700rpm 最大トルク149nN・m/7000rpm

ただし、スズキ側が欧州仕様と同じとアナウンスしているので、これは欧州と
日本の計測方法の違いによる誤差と考えて間違いないでしょう。
また、欧州との法規制の差によって反射板の有無などの違いも若干あります。

発売日は……なんともう間近!?
4月7日(水)に発売です!
新型『隼』は全国のハヤブサ取扱店で販売されます。
そして、日本中の隼ファン&スズキファンが気にしているであろう価格は、
カラーによって2段階設定となりました。
まずブラック(グラススパークルブラック/キャンディバーントゴールド)と
ホワイト(ブリリアントホワイト/マットステラブルーメタリック)の2色が
215万6000円(税込み)。

マットシルバー(マットソードシルバーメタリック/キャンディダーリング
レッド)1万1000円価格アップで216万7000円(税込み)となりました。

新型『隼』は全18パターン(標準色3色を含む)の組み合わせからカラーを
選択できるようになります。
カラーオーダープラン車は標準色の価格から5万5000円アップ。車体色
ブラックとホワイトをベースする場合は221万1000円(税込み)、マット
シルバーがベースの場合は222万2000円(税込み)となります。



税抜きだと196万円。スズキ、頑張りましたねぇ~!

そして「​カラーオーダープラン​」も良いアイディアだと思います。
毎年どんなカラーで出てくるのか待つのも楽しいですが、買いたい
(買換えたい)時に好みのカラーが無かったり、既に過去のカラー
で新車では購入出来ない、なんて事が無くなりますしね!ウィンク






因みに自分の好みはこれです! やっぱり「黒&赤」でしょう!
(あくまで個人的な見解です...r(^^;))



グラススパークルブラック×キャンディダーリングレッド
〔ホイール色:ボルドールレッドメタリック or ソリッドブラック〕
●コード:CHX or AV4 ●価格:221万1000円






Last updated  Mar 21, 2021 11:55:09 AM
コメント(2) | コメントを書く
Feb 5, 2021
カテゴリ:バイク全般
こちら​に、新型「」の詳細は発表されましたね!

ローンチコントロールやヒルホールドシステム等々ハイテク満載です。
(詳しくは​ヤングマシンの記事​で)ただ、パワーは先代より若干抑え
気味な感じですね。

※写真はUKのサイトの「Google直訳」なので怪しい日本語は大目に
 みてくださ<(__;)>。





































気になるお値段ですが「£16,499」なので、今のレートだと238万円位
でしょうか?私的には「予想が当たった~!」な感じです😄。
正式な国内販売価格はどの位になるのでしょう?もう少し安くなるのかな?
それともETCとか標準装備にしてお高くなる??


動画​もありますが、日本語なので日本人には嬉しいですね!開発陣の隼への
「愛」と「こだわり」が満載で、14R乗りの私でも「これは欲しい!」って
思ってしまいました...r(^^;)。
(動画によると直6、ターボーの試作車も作ったようです)



こちらは英語です。




さてKawasakiさん。どう迎え撃ちますか?(迎え撃って下さい!)






Last updated  Feb 5, 2021 10:57:14 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 3, 2021
カテゴリ:バイク全般






Last updated  Feb 3, 2021 07:08:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 29, 2021
カテゴリ:バイク全般
メガスポ(大排気量スポーツNA)は絶滅寸前...と心配していましたが、
今日SUZUKIから​​新型『隼』​​のTeaser動画が公開されました~!





動画​からの切り出し写真(By ​Webオートバイ​)







詳細は各記事を見て頂きたいのですが、ご多分に漏れずかなり
ハイテク化されているようです。

詳細の発表は2月5日になるようですね。価格や発売日もその時
に発表されるのでしょうか?


ちょうど『​ポスト14R​』を考えていた私には、色々な意味で朗報
です!スマイル

この新型『隼』が次のバイクの候補にもなりますし、この発表に
刺激を受けたKawasakiが「新型14R」を発表...なんて事になる
かも知れません!

どちらにしても、『メガスポ』というジャンルが存続されそうで
現14R乗りとしては、非常に嬉しい&興味深いニュースです!

首を長~くして、そして、固唾を呑んで2月5日を待ちたいと
思います!o(^-^)o ワクワク


【関連記事】
・​【新型ハヤブサ降臨か!?】おそらくスズキ『隼』3型のティザー動画! 新車価格はどうなる?発売日は?
・新型ハヤブサ見参!! LED顔に電子制御も満載で間もなく登場、2月5日を待て!
・スズキ 完全新型となるハヤブサを2月5日に発表?






Last updated  Jan 30, 2021 08:41:47 PM
コメント(2) | コメントを書く
Nov 23, 2020
カテゴリ:バイク全般
一気に発表されましたね。

2021 Kawasaki Models | Model Launch



個人的に注目はこちらですね。

​ZX-10R and Ninja ZX-10RR ​
https://youtu.be/Ks_knoWmLfE






欧州仕様






・ウイングレット内蔵新カウル+リバーマーク
・全LED化
・TFTカラーメーターパネル&スマホ接続
・4つのライディングモード
・クルーズコントロール
・独立空冷オイルクーラー
・前後サスアップデート
・ブレンボM50モノブロックキャリパー
・クロスレシオトランスミッション
etc.
...​だそうです​。

【追記①】
ヤングマシンに​詳しい記事​がアップされました。
最高出力など変更ないようですね。

【追記②】
モーターサイクルナビゲーター​では、最高出力は
「微減」とありました。


​Z H2 SE​



【追記】
こちらもヤングマシンに​​詳しい記事​がアップされました。







Last updated  Nov 25, 2020 08:38:25 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 17, 2020
カテゴリ:バイク全般
​​​昨日の日記​の最後の方にもちょこっと書たましたが、予定通り、話題
の『​​Ninja ZX-25R​ SE​』と、乗り換え候補の1つ『​Ninja 1000SX​』
を試乗してきました。

...と、その前に「​バイクワールド​」さんに寄り道~!


タイヤセットと、そろそろ安くなるであろう?メッシュジャケットの
価格調査。ウェアはお手頃価格なものがありましたが、自分のサイズ
(XL)が無く断念。


予約時間近くなったので「​カワプラ​」へ....到着!



全くの偶然だったのですが、試乗予約の電話を入れた所、takeさん
ほぼ同じ時間帯(30分差)に試乗の予約を入れてる事が判明したので
時間を合わせて「プチプチ試乗ツーリング」にすることにしましたウィンク

そのtakeさんは既にご来店済みでした。相変わらずきらきらピカピカきらきら
Z900RS。



店内で受付を済まし、外で各バイクの操作説明を受けます。
今回私が試乗するのは『​​Ninja ZX-25R​ SE​』と『​Ninja 1000SX​』。
takeさんは『​​Ninja ZX-25R​ SE​』と『​Ninja ZX-10R SE​』。
3台ともカッコイイ!





試乗1周目はtakeさんが『​​Ninja ZX-25R​ SE​』、私が『​Ninja 1000SX​』。
先導(スタッフさん)が『​Ninja ZX-10R SE​』です。

跨いでみると...フルカラー液晶が新鮮!スイッチ類もいっぱい!セルも
最新(引き下げてON)!...なのかな?....r(^^;)。


記念写真!カメラ



ライディングポジションですが、ハンドルが高く足下も窮屈ではなく
楽ちん...なのですがシートが前下がりになっているせいか、若干では
ありますが「強制的に前傾姿勢」にさせられている感じがしました。
慣れの問題かもしれませんが、シートがもう少しフラットだった方が
私の好みでした。

takeさん on 『​​Ninja ZX-25R​ SE​』。



出発!



takeさん(​Ninja ZX-25R​ SE​)の後ろを走っていたのですが、いや~、
加速時の排気音が官能的ですねぇ~!特に高回転域の「咆哮」は感動的
でした!


上から見下ろすと「🍙」型に見える『​Ninja 1000SX​』のタンクうっしっし


スイッチをいじって「オートクルーズON!」。楽ちん楽ちん!
「おっ!左右の最大リーン角度も記録されてるのかぁ~!」スマイル


リアルタイムのリーン角度も分かるようです!スマイル



他にお客さんも居なかったのでサービスで写真撮影用に何カ所か停車
して頂きましたスマイル



試乗、1周目終了!


takeさんも記念にカメラ




『​Ninja 1000SX​』の超私見的インプレッションですが、ライディング
ポジションは先述の通りです。加速は、1,043cc、141psあるので必要
十分...と言うかパワフル!特に2速、3速の加速強烈でした。これなら
クネクネも楽しく走れそうです!ウィンク

足つき性ですが、173cmで典型的日本人体型な私で、両足の踵が地面
にちょうど着く感じでした。14Rと同じかちょっと低い位ですかね?

クイックシフターですが、変速時のショックが少し気になりました。
たまにシフトチェンジ出来ない時もあったりしました。私自身の慣れ
の問題かもしれせんが...。

オートクルーズは高速道路を長距離を走る時は超楽ちんですね!

ブレーキは良く効きました。フロントは14Rよりも効いてるかも??

サスペンション(恐らく標準設定)は前後とも少し柔らい感じが
しました。この辺は調整できるのかも知れませんし、街乗りやロング
ツーリングにはこの位がちょうど良いのかもしれません。

総合的には「長距離もクネクネ道も無難にこなす、ハイテク優等生」
な印象でした。長距離を気持ち良く楽ちんで悠々と走れますし、「力」
が欲しい時はギアを下げてアクセルを捻れば強烈な加速を味わえます。
かと言って過激すぎることは無く「力強さ」を安心して堪能出来ます。

14Rがいよいよ手に負えなくなってきたら『​Ninja 1000SX​』への乗り
換えも良いかも!?...と再確認できました。

そんな訳で大型バイクにまだ慣れていない方にも最適なバイクの1台
だと感じましたスマイル


続いて&いよいよ『​​Ninja ZX-25R​ SE​』の試乗です!



跨いでみると...見た目の印象と違ってポジションはかなり楽ちん。
前傾がキツくてレーシーかと思いましたが、意外とツアラーに近い
ポジションでした。

スクリーンは意外と小さく、見た目は「オマケ?」と言う感じです。
速度が上がれば効果は出るのかもしれませんが。

車体は...当たり前ですが、軽い!

エンジンを掛けるとアイドリングは高め。クラッチを握りギアを1速に
入れると更に回転数が上がりました。エンスト抑制機能?が働いてる
感じでた。なお、それによる発進時の違和感は感じませんでした。

走行中の写真。6速、約4000rpmで45km/h位ですかね?




takeさん on 『​Ninja ZX-10R SE​』。



記念写真カメラ撮影会!







2周目も無事終了!

『​​Ninja ZX-25R​ SE​』の超私見的インプレッションですが、先ず一言。

「超楽しい~!!」​ 

ライディングポジションは先述の通りで楽ちん。ハンドリングもクセが
無くすごく素直。車体が軽いので車体の切り返しも簡単。ブレーキも
必要十分に効きます。

アクセル操作に対するエンジンのレンポンスも抜群!電子制御スロットル
の恩恵でしょうか?

そしてなによりクイックシフターが秀逸!さすがに1速⇔2速はギア比が
違いすぎるだめドンツキ感はありますが、2速以上でのシフトアップは
スパッ!スパッ!と素早く変速するので気持ち良いです!

10000rpm付近からは更に気持ち良く「癖になる」フィーリングで、
必要以上(無意味に)シフトアップしたくなります。

シフトダウン時もオートブリッパーが上手に機能してくれので、これまた
無意味にシフトダウンしたくなります...r(^^;)。

私自身がクイックシフターに慣れてきた...と言う事もあるかと思いますが
『​​Ninja ZX-25R​ SE​』の方が、『​Ninja 1000SX​』のよりも優秀な気がし
ました(パワーやトルクも違いもあると思いますが...)。

エキゾーストは、ノーマルマフラーではありますが、それはもう『官能的』
でした。ストレス無くレッドゾーンまで廻るエンジン。それにともなって
高音域をどんどん上り詰めていく『咆哮』。30数年前の、超高回転型250cc
インラインフォー時代を思い出しました。

...と「良い事ずくめ」のようですが、勿論「😞ウーム」と言う部分もあり
ます...と言うより「予想通り」な部分なのかも知れませんが。


それは『回してなんぼ」のエンジンだと言う事です。『​Ninja 1000SX​』
からの乗り換えだったので余計に感じたのでしょうが、低回転域は「力」
が全然ありません。完全にエキゾースト(音)に負けてます。

8000rpm以上、出来れば10000rpm以上廻してやらないと「加速感」は
得られません。

前走の2台のリッターバイクがスーッと加速して行く後ろを、頑張って
追いかけてみましたが、「音」では「とっくにリッターバイクを追い
抜いている」筈なのにその差は開くばかり。10000rpm近くまで回して、
やっとついて行ける感じでした。

でも、これはみなさん「承知の上」な気がしますのであまりデメリットには
ならないかもしれませんね。

そして「超楽しい!」の重要部分の1つは「気兼ねなく回せる」事でした。

先述の通り走りを楽しむには「高回転」が重要な条件となりますが、それが
恐怖心なく簡単にできる事こそが大きな魅力です。

14Rで「アクセル全開でレッドゾーンまで加速」なんて早々出来る事じゃあり
ませんし(出来るのはサーキット位でしょう)、そもそも「アクセル全開」
自体、私は未だにやったこと無いです。トラコンは付いてはいますが、絶対に
(無意識に)手加減してしまいます。

14Rでは1速でもレッドゾーンに入れば高速道路の法定速度を超えてしまう
感じですが、『​​Ninja ZX-25R​​』は、やろうと思えば街乗り(法定速度内)
でもレッドゾーンまで回せます(うるさくて迷惑かも知れませんが...(^^;))

​グダグダと書いてしまいましたが、簡単に言えば『​​Ninja ZX-25R​​』は
「思いっきり『振り回せる』楽しいバイク」と言う感じでした。更に
それはサーキットで本領発揮すると思います。​

以上、なんのためにもならないインプレッションでした...r(^^;)。






Last updated  Sep 20, 2020 07:01:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 5, 2020
カテゴリ:バイク全般
今日は午前中にエアクリーナーの交換をして(それはまた別の日記に
書かせて頂きます)、エンジンオイル+エレメント交換のため​カワプラ
さん
​に行ってきました。


風はあるものの日差しが強く暑かったのでアイスコーヒが美味しかったです。


早速ピットイン。よろしくお願いしま~す!


一休みしたら早速、気になる「​ZX-25R​」の見学開始!3色揃い踏みでした!


メタリックスパークブラック×パールフラットスターダストホワイト。




ライムグリーン×エボニー。




メタリックスパークブラック。




続いて細部をクローズアップ!紛れもなく「直4」(インラインフォー)です!















1台がバッテリーが繋がっていたので「ON」にさせて頂きました<(__)>。

レッドゾーンは17,000rpm~です。

POWERモードはは「Full,Low」の2つ。トラコンは「OFF,1,2,3」の4つ。
なので組み合わせは8つですね。まぁ殆ど「F」「1」になると思いますが。




タンデムシートはNinja400よりは厚めですかね?タンデム用ストラップ?は
手は入れやすいかも知れませんがちょっと下過ぎかも?...r(^^;)。


因みにNinja400はこんな感じです。



やっぱりZX-25Rは人気のようで、滞在中ZX-25R周りには常にお客さん
がいました。試乗も来週末位?から出来るようになるようです(詳しく
はお店にご確認下さい<(__)>)。


「250cc直4」は新鮮でもありますし、私のバイクデビューが「250cc直4」
だったので懐かしくもありましたスマイル

今回は「脇役?」な感じなってしまいましたが、ZX-10Rと6R。





程な無く「作業終了」となり、お支払いを済ませ(台風の影響でお天気が
不安定なので)帰路に。途中、軽~い「保湿」もありましたが、無事帰宅。






Last updated  Sep 5, 2020 04:02:50 PM
コメント(0) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.