000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

楽天・日記 by はやし浩司

全260件 (260件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

時事問題

2009年09月01日
XML
カテゴリ:時事問題
●「明治維新以来の大変革」

++++++++++++++++

今回の総選挙について、外国のメディアは、
おおむねつぎのように伝えている。
オーストラリアの(ジ・オーストラリアン紙)の
記事を紹介する。

++++++++++++++++

【ジ・オーストラリア紙より】
(翻訳は、Lingoes)

Pivotal moment in Japan's history(日本の歴史のターニングポイント)
Greg Sheridan, Foreign editor | August 31, 2009
Article from: The Australian
YUKIO Hatoyama's victory is a pivotal point in modern Japanese history.
鳩山由紀夫氏の勝利は近代日本の歴史において極めて重要なポイントです。
And when Japan pivots, the consequences for Australia are enormous.
Hatoyama and his Democratic Party of Japan promise to break down the influence of Japan's all-powerful bureaucracy and put power into the hands of politicians.
そして、日本が枢軸、オーストラリアの巨大されている結果。
鳩山氏と民主党の政治家の手に渡って、日本のすべての強力な官僚制とputの力の影響を打破する日本の約束。
They also promise to reverse the crippling fertility decline, which has led to Japan's population starting to decrease, to seek a more independent foreign policy, to redistribute money and spending power to the consumer and most of all to normalise Japanese politics - to create a competitive two-party system. It's a grand sweep of history, to wipe away the post-war settlement under which Japan has changed government just once since the mid-1950s.
彼らはまた、日本の人口が減少し始めてつながっている壊滅的な出生率低下は、逆に、消費者にお金と購買力を再配布して、すべてのほとんどは日本の政治を正常化する-競争力を作成するために複数の独立した外交政策を追求することを約束二大政党制。これは、歴史のポストの下で日本は1回以来、政府が変更されて戦争の和解をぬぐうための壮大な掃引、の1950年代半ば。
It could be as big and bold and thunderingly significant as the last two great Japanese pivots - the Meiji Restoration in the late 1800s and the post-war economic revival.
Both of those pivots had colossal consequences for Australia.
これは大きくて大胆かつthunderinglyの最後の2つの偉大な日本の枢軸として大きな-明治維新後、1800年代後半に、戦後の経済復興ことができる。
両方のこれらのピボットのオーストラリアの巨大な影響をもたらした。
The Meiji Restoration modernised a previously feudal society. But Japan took on some of the most unpleasant aspects of modernisation - such as colonialism and militarism. The Meiji Restoration led to the industrial and military behemoth Australia fought in World War II.
明治以前は封建社会の近代化。しかし、日本のいくつかの近代化の中で最も不快な側面をした-植民地主義や軍国主義など。明治維新オーストラリア二次世界大戦に参戦した産業や軍事巨大につながった。
The post-World War II restoration, when Japan embraced defeat and took all the opportunities an enlightened US dominance provided, was also of profound importance to Australia. Japan's economic growth in the second half of the 20th century, more than any other external factor, powered Australian economic growth.
後の日本が敗戦を受け入れて悟りを開いた米国の独占提供するすべての機会だった二次世界大戦の修復も、オーストラリアへの深い重要なものでした。 20世紀の後半に日本の経済成長は、他の外部的な要因より、電源がオーストラリアの経済成長率よりも。
So we have our war legends because of the Japanese, and we also have our contemporary prosperous Australian society because of the Japanese.
Japan is still Australia's largest export market. It is still the biggest Asian investor in Australia. And because the US strategic position in Asia depends utterly on Japan, Tokyo is still the most important player in regional security for Australia.
How will Hatoyama make things different?
だから我々は戦争をするための伝説、日本語、また日本語のための私達の現代的な豊かなオーストラリアの社会にしている。
日本はオーストラリア最大の輸出市場である。まだオーストラリアではアジア最大の投資家である。とはアジアでの米国の戦略的位置は全く日本に依存し、東京がまだオーストラリアの地域の安全保障の中で最も重要なプレーヤーです。
どのように鳩山氏は物事を一味違ったものでしょうか?






最終更新日  2009年09月01日 08時43分33秒
カテゴリ:時事問題
Some of his economic populism is dangerous. Some of it opposes the market-based reforms that Japan's economic system, which has its brutally efficient parts and its astonishingly bureaucratic and inefficient parts, still needs.
いくつかの彼の経済的ポピュリズムは危険です。それのいくつかは、市場は反対に、その残酷な効率的な部品とは、驚くほど、官僚主義や非効率な部分が日本の経済システムは、まだそのニーズに改革した。
In some areas, Hatoyama has not so much repudiated the ruling Liberal Democratic Party as simply made a takeover bid for some of its constituencies, offering for example the same antique protection to Japan's wildly expensive and inefficient agricultural sector as the LDP has done.
Hatoyama himself began his political career in the LDP, and one of the dangers of the new situation is that the DPJ simply inherits the LDP's patronage system of politics and perpetuates the iron triangle - of bureaucrats, business leaders and politicians scratching each other's backs.
But Japan hungers for change. Japan's last successful prime minister, the redoubtable Junichiro Koizumi, already tried to push greater power to politicians and away from the bureaucracy. This process, if Hatoyama completes it, would make Japanese politics more transparent, competitive and nimble in its responses.
一部の地域ではそれほど単純に、いくつかの選挙のための買収提案を行ったとして、例えば、自民党の行っているとしての日本の非常に高価で、非効率的な農業部門には、同じアンティークな保護を提供する自民党を否定、鳩山しています。
鳩山氏自身は、自民党内の政治的キャリアを開始し、1つの新たな状況の危険性については、民主党は、単に政治の自民党の庇護のシステムを継承し、鉄の三角形の官僚は、ビジネスリーダーや政治家が互いの背中スクラッチ-を永続させています。
しかし、変化は、日本ハンガー。日本の最後に成功した首相は、恐るべき小泉純一郎首相は、すでに政治家に大きな力をプッシュするとの距離は官僚から試みた。このプロセスは、場合、鳩山氏は、それが完了する、日本の政治の透明性を作ると競争し、その応答に軽快。
But it is hard to read Hatoyama's policy pronouncements. He has softened earlier opposition to free trade agreements, such as the one Canberra is trying hard to negotiate with Tokyo.
Hatoyama will certainly never give total free access for Australian farmers to the Japanese food market, but he might be prepared to move enough to make an FTA of some kind a possibility.
Hatoyama wants a more independent foreign policy for Japan. In the past this was code for Japan seeking a more equal alliance with the US.
しかし、鳩山氏の政策の公式見解を読むことは難しい。彼は、1つのキャンベラなどのハード東京都と交渉するとしている自由貿易協定に、以前の野党軟化しています。
鳩山氏は、確かに日本の食品市場、オーストラリアの農民のための合計の無料アクセスを提供することはありませんが、彼に移動する準備かもしれないFTAのいくつかの種類の可能性を確認するのに十分。
鳩山氏は日本の複数の独立した外交政策を望んでいる。過去には、この日本のコードでは、米国との対等な協力関係を求めていた。
But the irony was that greater independence allowed Tokyo to do more things that Washington wanted, such as dispatching troops to peacekeeping operations, making the US-Japan alliance reciprocal, or supporting the US military logistically in the war on terror.
Hatoyama has opposed Japan's refuelling ships engaged in the conflict in Afghanistan.
But he won't stop the practice immediately. He will let the current arrangements run their course until early next year and simply then plans not to renew the relevant legislation.
しかし皮肉なことに一層の自立東京より多くのものは、ワシントンなど、平和維持活動に軍隊を派遣するなどやりたいことができたの日米同盟は、相互に、または論理学対テロ戦争で米軍の支援を行っていた。
鳩山氏は、日本の給油発送アフガニスタンでの紛争に従事して反対している。
しかし、彼はすぐにその習慣をやめることはありません。彼は、現在の取り決めは来年初めまで、そのコースを実行し、単純にしてできるようになる関連法規を更新しない方針だ。
But all this is a work in progress. It could all change. The DPJ, though it contains fundamental internal divisions on the US alliance, will not threaten the alliance fundamentally.
Hatoyama will want to get on well with the Obama administration and co-operate, especially on issues such as climate change and the shaping of the G20 summit process as the key instrument to respond, at the policy co-ordination level, to the global financial crisis.
Hatoyama will almost certainly continue close co-operation with Canberra as well.
しかし、これは進行中の作業です。これはすべての変更があります。民主党はしかし、これは、韓米同盟関係を根本的に内部分裂が含まれて根本的に同盟を脅かすことはありません。
鳩山氏も、オバマ政権と共同で、問題は特に、気候変動などとして動作するとうまくやってする必要がシェーピングポリシーのコーディネーションのレベルには対応するキーの楽器として、G20首脳会談のプロセスのグローバルな金融危機。
鳩山氏は、ほぼ間違いなくキャンベラとも緊密な協力を継続されます。






最終更新日  2009年09月01日 08時43分09秒
カテゴリ:時事問題
It is instructive to examine the experience of the late Roh Moon-hyun in South Korea. Roh, whose presidency finished last year, came to office with a background in radical labour union law and was a harsh anti-American and well to the left of the Korean political spectrum. He looked much more radical than Hatoyama.
これは、後半に盧大統領はムーンの経験は、韓国の大統領を調べることは有益です。盧大統領は、その大統領は、昨年完成のオフィスに過激な労働組合法の背景に来て、過酷な抗され、また、韓国の政治的スペクトルの左側にあるアメリカ。彼は多くの急進的な鳩山も見えた。
But in office he negotiated a free trade agreement with Washington and sent thousands of Korean troops to Iraq, essentially to make sure the alliance with the US stayed healthy.
Hatoyama's other big foreign policy challenge is integrating China into Asia-Pacific and regional institutions.
しかし、オフィスで彼はワシントンとの自由貿易協定を交渉し、イラクへの韓国軍の何千もの送信、本質的に確認して、米国との同盟関係を健全に宿泊された。
鳩山氏の他の大きな外国の政策課題、アジアの中に中国に統合されて太平洋地域機関。
A centre-left leader is expected to get on well with China, but as Kevin Rudd shows, this doesn't always work out. Further, when Japan has self-confident prime ministers with strong political bases, they tend to squabble with China.
Almost everyone in Japan, and almost everyone in the world concerned with Japan, wants Hatoyama to produce key changes.
But they also want him to produce key continuities.
He may not get the balance right. He won't please everyone. But we may be witnessing another, gigantic, Japanese pivot.
中心リーダー左だけでなく、中国との上を取得するが、期待されてケビンラッドを示し、これは常にうまくされません。さらに、日本が強力な政治的拠点と自信の首相が、彼らは中国と口論する傾向にある。
世界は日本との関係で日本では、ほとんどみんな、ほぼ全員が、鳩山氏は主要な変更点を生成する望んでいる。
しかし、彼らも彼のキーの連続性を生成します。
彼は正しいバランスを得ることはできません。彼は全員を満足されません。しかし、我々は、日本ピボット別の、巨大な目撃されることがあります。

++++++++++++++++++++

●オーストラリアの友人たちからも、メールが届いている。

Hi Hiroshi,

Interesting times in Japanese politics!
(日本の政治に、興味深いことが起きている。)

What do you think about it.?
(君は、どう思うか。)

One of our local commentators has the opinion that this is an event in
Japanese history as important as the Meiji Restoration & the Economic
miracle after WW2.
ぼくたちの地方のコネンテイターは、今回の選挙結果は、明治維新や、戦後の
高度成長というあの奇跡に匹敵するほど、日本の歴史には重要なできごとである
と述べている。

Cheers,
バイ
B

+++++++++++++++++++++

G'day mate,
(やあ、こんにちは!)

I am interested to know what you think about the election result. I guess the important thing is politicians think about the nation first.

D
今回の選挙結果について、君がどう考えているか、興味をもっている。
重要なことは、政治家が、国家をまず第一に考えることだと思う。

++++++++++++++++++++++++

【民主党政権へ】

 世界の期待は大きい。
こうした期待を裏切らないよう、どうかがんばってほしい。
(090901記)






最終更新日  2009年09月01日 08時42分35秒
カテゴリ:時事問題
●米朝平和協定・絶対阻止!(Down with the Peace Treaty between USA and North Korea)

+++++++++++++++++

今日から9月。
9月1日。
ときに書きたいことが枯渇することがある。
書きたいことが何もなくなり、ただぼんやりと
時間を過ごす。
が、今朝はちがう。
書きたいことが、山のようにある。
あれも、これも、と。
どこから手をつけてよいのか、わからない。

++++++++++++++++++

●米朝平和協定(We should never accept or admit the “Peace Treaty between USA and North Korea, which would bring Japan the greatest political damage.)

++++++++++++++++++

日本よ、民主党政権よ、どんなことがあっても、
米朝平和協定なるものの締結だけは、阻止しろ!
ぜったいに結ばせてはならない。
これは日本の死活問題。

もしアメリカと北朝鮮の間で、「米朝平和協定」
なるものが結ばれたら、それこそ日本はそのあと、
たいへんなことになる。
まさに北朝鮮に言いなり。
言いなりになるしかない。
北朝鮮の核兵器におびえながら、日本は、莫大な戦後補償費
なるものを絞り取られる。

「金を出せ」「出さなければ、戦争だ」と。

わかるか?

米朝平和協定が結ばれたら、アメリカ本土が攻撃され
ないかぎり、いくら北朝鮮が日本を攻撃しても、
アメリカは、それに対して手も足も出せなくなる。
つまりそれこそが、北朝鮮のねらい。
つまりこの時点で、こと北朝鮮に関するかぎり、
日米安保条約は死文化する。

「アメリカと北朝鮮が仲良くなればいい」という
ような単純な問題ではない。
またこれはそういう問題ではない。

北朝鮮の立場で、ものを考えてみれば、それがわかる。
北朝鮮にとっては、在日米軍は、まさに目の上のタンコブ。
在日米軍が日本に駐留しているかぎり、北朝鮮は
日本に対して、何もしかけることができない。
そこで「米朝平和協定」ということになる。

また今回、鳩山内閣が組閣されるについて、TJ氏
(私の三井物産時代の元同僚)が、首相の顧問団に
加わることになった。
TJ氏は、かねてより、「対米追従外交反対」を
唱えている。

行き過ぎたアメリカ追従主義にも問題がある。
あるが、しかし現実には、日本の平和と安全は、アメリカ軍
によって守られている。
この事実は、(現実)であり、だれにも動かしがたい。
それを忘れてはならない。
けっして理想主義に突っ走ってはいけない。

聯合ニュースは、つぎのように伝える(09年8月31日)

+++++++++++以下、聯合ニュース+++++++++++

【ソウル8月31日聯合ニュース】北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が、北朝鮮の緊張状態を緩和し戦争の危険を取り除く問題は「米国がわが共和国に対する敵対視政策を捨て、朝米(米朝)間で平和協定を締結してこそ解決できる」と述べたと、北朝鮮の対外用放送、平壌放送が31日に報じた。ただ、金総書記がいつどこで、こうした発言をしたかについては明らかにされなかった。

 平壌放送は1999年9月29日にも、金総書記が「戦争の危険を取り除き平和を担保するには、われわれと米国間で平和協定を締結し平和保障体系を策定するべき」だと述べたと伝えている。(聯合ニュース)

+++++++++++以上、聯合ニュース+++++++++++

 アメリカには、北朝鮮を攻撃する意図など、最初からみじんもない。
ないことを知りつつ、「平和協定」の締結を求める。
その理由は、ここに書いたとおりである。

 繰り返す。
米朝平和協定の締結は、どんなことがあっても、日本は阻止しろ!


Hiroshi Hayashi++++++++Sep.09+++++++++はやし浩司







最終更新日  2009年09月01日 08時41分14秒
2009年06月30日
カテゴリ:時事問題
●民主主義の危機(政治的アレルギー反応)

++++++++++++++++++++++++

今、私の脳みその中で、政治的アレルギー反応が
起きている。
不快感を通り越して、掻(か)いても掻いても掻き切れない、
そんな歯がゆさを覚えている。

宮崎県知事の、AZ氏が、衆議院議員?
比例東京ブロック1位、指名?
総裁候補?

これを民主主義の危機と言わずして、何という。

AZ氏は、「政党は政策で決める」と、一方で言いながら、
「総裁候補にしてくれるなら、自民党員になる」
と言っている。
M党のH代表ですら、「支離滅裂」と酷評している。

今、日本の民主主義が、危ない!

+++++++++++++++++++++++

●知名度?

 簡単な数学。

 ここに知名度40%の男性がいる。
男性X氏としよう。
日本の有権者を1億人として、4000万人がX氏を知っていることになる。
しかしX氏の評判は、悪い。
X氏を「いい人」と思う人は、20%しかいない。
残りの80%は、X氏に対して、嫌悪感すら覚えている。
が、それでもX氏は、800万人の支持者を得ることになる。

 一方、知名度10%の男性がいる。
男性Y氏としよう。
日本の有権者を1億人として、1000万人しかY氏を知らないことになる。
しかしY氏の評判は、よい。
Y氏を「いい人」と思う人は、80%もいる。
が、それでもY氏は、800万人の支持者しか得られないことになる。

 このX氏とY氏が、選挙戦でぶつかった。
こういうケースのばあい、最終的には、浮動票がX氏に向かい、X氏が当選する。
が、はたして、これを民主主義と言ってよいのか?
もしこんな方式で、私たちの(代表)が選ばれることになったら、選挙そのものが、
有名無実化する。
マスコミの人気投票だけで、政治家を決めればよい。

●知名度優先?

 もちろん政治家は中身を見て、判断する。
過去の実績を見て、判断する。
わかりやすい例で説明しよう。

 よくどこかのタレントが、ある日突然降ってわいたように、ボランティア活動を
始めたりすることがある。
アフリカの難民救済運動のようなものでよい。

 もちろん自分で始めるわけではない。
どこかの団体に依頼されて、それを始める。
その団体は、その人の知名度を利用しているだけ!

 が、それでもよい。
よいが、そのとき重要なのは、そのタレントには、どのような実績があるかということ。
たとえば若いときから、近所のホームレスの人に、食事の炊き出しをしてきたとか、
孤児の救援運動をしてきたとか、そういう実績の上に、難民救済運動があるのなら、
まだ話もわかる。

 が、そういう下積みもないまま、ある日突然、国際的な(?)救済運動に加担する。
リーダーとなり、運動を率先する。
あるいはそういう運動をしながら、他方で、私財を投げ打っているいるとか、孤児を
自宅で世話しているとかいうなら、まだ話もわかる。

 しかしそういうことをいっさいしないでおいて、知名度を生かし、ある日突然降って
わいたように、ボランティア活動を始めたりする。
まず、このおかしさに、私たち自身が疑問をもたねばならない。

 政治家もまた、同じ。

●J党内部からも疑問

 AZ氏への出馬要請に対して、J党内部からも疑問が呈されている。
産経新聞は、つぎのように伝える(6月26日)。

『J党の各派領袖らが25日、衆院選の出馬要請を受けたAZ宮崎県知事が、同党の総裁候補とするよう条件をつけたことを相次いで批判した。

 I元幹事長は「人気が出て少し思い違いをしている。党に新しい血を入れないとダメだが、輸血は血液型が合わないと頓死する」と語った。Y副総裁は「知事の任期いっぱいを務める姿勢がないと地方分権の主張者として正しくない。(くら替えは)宮崎県民への裏切り行為で、党の候補にするのは反対だ」と強調した。

 出馬要請をして批判されているK選対委員長は「迷惑、心配をかけたら許してほしい。何もしないより、何か起こした方がいい」と釈明した。M前官房長官は「支持をとりつけようと人に会うのは選対委員長の責務だ」とK氏を擁護した』と。

 こういうのをドタバタ劇という。

●知名度主義

 AZ氏に対する出馬要請の話を知ったとき、私はこう思った。
「日本人の心は、ここまでマスコミに汚染されているのか」と。
中央官僚たちが日本の政治を牛耳っている。
これを官僚主義という。

 これに対して、マスコミが日本の政治を牛耳っている。
これを何と表現したらよいのか。
マスコミ主義ではおかしい。
が、あえて言うなら、知名度主義ということになる。

 何でもかんでも、まず有名になればよい。
政治は、あとからついてくる?
(ついでにボランティア活動も、あとからついてくる?)
が、こんなことは、40年前には考えられなかった。
日本に民主主義がやってきた、60年前には、さらにそうであっただろう。

 が、これを民主主義の危機と言わずして、何という?
AZ氏にしても、自分の顔をイラスト化して、宮崎県興しをしたという話は
知っている。
しかし私の不勉強かもしれないが、私はAZ氏の書いた政治論文にせよ、評論など、
一文も読んだことがない。
政策論争すら耳にしたこともない。

 が、「総裁候補にしてくれるなら、出馬要請を受ける」とは?
J党というより、私たち国民を、どう考えているのか?
それがわかるから、私の脳みその中で、今、アレルギー反応が起きている。

●国民の意識

 つまるところこの問題は、国民の政治意識の問題ということになる。
悲しいかな、私たちは、いまだに民主主義というのが、どういうものであるかさえ
わかっていない。
それを勝ち取るための苦労もしていない。
そればかりか、江戸時代の封建制度にしても、敗戦までの軍国主義にしても、
日本人はただの一度も、清算していない。
反省すらしていない。
(反省している人もいるにはいるが、メジャーではない。)

 だからAZ氏のような人が……とは書けないが、しかし日本のAS総理大臣は、
あのK国にすら、バカにされている。
つい先日も、「オバマ大統領」と言うべきところを、「ブッシュ大統領」と言いまちがえた。
サッカーの対戦相手の名前も、言いまちがえた。
それをK国が指摘し、日本の総理大臣の資質を問うている。
(問われること自体、不愉快なことだが……。
しかし公にこそ言わないが、世界中の人たちも、そう考えている。)
AS首相の失言録をまとめたら、それこそ一冊の本になるかもしれない。

 が、結局は、それは、そういう政治家を選び(?)、総理大臣を生み出してしまった、
私たち有権者の責任ということになる。
なるが、マスコミを通して流れる知名度には、勝てない。
勝てないひとつの例として、冒頭に、「簡単な数字」を書いた。

 「J党も落ちるところまで、落ちた」(亀井氏談)というより、「日本の政治も、
落ちるところまで、落ちた」。








最終更新日  2009年06月30日 10時04分56秒
2009年06月28日
カテゴリ:時事問題
●韓国の資本収支(?)(Fake Income of South Korea)

++++++++++++++++++++

あなたが今、銀行から1000万円の借り入れ(借金)を
したとする。
その借り入れを、あなたは「収入」と呼ぶだろうか?
「収入」と位置づけるだろうか?

が、韓国では、どうやらそれを「収入」と位置づけている
らしい。

++++++++++++++++++++

●貿易統計

 このほど、韓国の貿易統計が公表された。
それによると、「5月の経済収支は、4か月連続の黒字となった」という。
その額、36億3000万ドル、とか(東亜N報)。
しかしその中身が、おかしい。
こうある。

『……資本収支は国内各金融会社の海外からの借入金が増えたことを受け、史上2番目に多い純流入を記録した』(同)と。

 ここを注意深くよく読んでほしい。
こうある。
「海外からの借入金が増えたことを受け、史上2番目に多い純流入を記録した」と。

 そしてその額は韓国銀行の統計によれば、『5月の資本収支は、67億2000万ドルの純流入により、4月(21億6000万ドルの純流入)に比べて流入規模が大幅に増えた。純流入では、史上最高を記録した、04年11月の76億7000万ドル以降、4年6ヵ月ぶりの最大規模だ』(同)そうだ。

 つまり、67億2000万ドルの「純流入?」なるものは無視したまま、資本収支は、大幅に黒字になった、と。
先に進む前に、もう一度、数字を整理してみよう。

(1) 5月の経常収支(貿易収支+サービス収支)は、36億3000万ドルの黒字を記録した。

(2)一方資本収支は、67億2000万ドルの「純流入?」だった。

 わかるかな?
この数字のマジック?

 簡単に説明しよう。

 ふつうどこの国でも、(もちろん日本でも)、資本収支というのは、(利息で得たお金)-
(利息として払ったお金)で計算する。
一家の家計にたとえて考えてみよう。

 あなたがAさんに1億円を貸した。
その利息が500万円入った。
つまりこれが資本収支でいう「収入」ということになる。

 一方、あなたはBさんから5000万円を借りている。
そのため利息を、250万円、支払わねばならなかった。

そこであなたの収支を計算すると、500-250=250万円となり、
250万円の黒字ということになる。
これを「流入」というのなら、話はわかる。

 ところが韓国では、「借金」まで、「流入資本」と位置づけ、「収入」としてしまう。
ここが恐ろしい。
もう一度、冒頭の記事をしっかりと読んでみてほしい。
こうある。

『……資本収支は国内各金融会社の海外からの借入金が増えたことを受け、史上2番目に多い純流入を記録した』(同)と。

 「借金がふえたことにより、史上2番目の純流入を記録した」と。
わかりやすく言えば、借金については、不問。
しかしこんなバカげた経常収支報告が、どこにある。
韓国では、銀行からの借金は、すべて「収入」もしくは、「投資」となるらしい。

 もちろん「借金」は、「収入」ではない。
また「借金」と「投資」は、まったく異質のものである。
「借金」というのは「借金」。
いつか返済しなければならない。
一方、「投資」というのは、投資方が、そのリスクを負担する。

 で、ここで韓国の「純流入」とやらを、借金として計算しなおしてみる。
(もちろんその中では、日本で言う資本収支も含まれているが……。)

商品収支(=日本で言う貿易収支)……50億2000万ドルの黒字
サービス収支……14億7000万ドルの赤字
これで(?)、36億ドルの黒字(?)。
ナルホド!
そこで韓国政府は、「36億ドルの黒字だった」と、全世界に向けて発表した。

が、この額から、資本収支……67億2000万ドルの黒字(?)なるものを
引いてみると、どうなるか?
実は、31億ドルの赤字ということになる。
もう一度、家計にたとえて考えてみよう。

 あなたの現金収入は、50万円。
しかし子どもの学費、生活費などで、14万円、かかった。
だから36万円の収入ということになる。

が、同時に銀行から、67万円を借りた。
もちろんその67万円は、生活費に回した。
だから実際には、生活費は、14+67=81万円、かかったことになる。
今すぐ利息を返さねばならないというものではないが、借金は借金。
もしあなたがまともなら、こういう数字を見て、「我が家は今月も黒字だった」などとは、
言わないだろう。
実際には、31万円の赤字ということになる。

 つまりここに韓国流の経常収支の計算の仕方の、インチキ性がある。
日本の経常収支の計算方法とは、まったく異質のものである。
日本の貿易業者のみなさん、だまされるな!







最終更新日  2009年06月28日 09時24分35秒
2009年06月18日
カテゴリ:時事問題
●K国のミサイル・迎撃反対!(We just ignore the Missiles from North Korea)

++++++++++++++++++++++

K国のミサイルに対して、迎撃反対を主張した。
それに対して、Goo-Blogだけでも、
何十ものコメントが寄せられた。

それらの中からいくつかを、そのまま紹介する。

++++++++++++++++++++++

●はじめに……

 またまたK国は、ミサイルの発射準備をしているという。
しかも今度は、ICBM(大陸間弾道弾)を2発、そのほか、日本を射程に収めた
ノドンを、わかっているだけでも、3発以上も準備しているという。

 が、今度は、実験ではない。
アメリカの軍事専門家は、「標的は日本!」と、ズバリ、言い切っている。

+++++++++++++++++++++++

時事通信・6月18日は、つぎのように伝えている。

『【ワシントン17日時事】米シンクタンク「国際政策センター」のセリグ・ハリソン・アジア研究部長は17日、下院外交委小委員会で証言し、「北朝鮮との戦争があるとすれば、北朝鮮が攻撃するのは韓国ではなく日本だ」との見方を示した。ハリソン氏は今年1月に訪朝し、北朝鮮の政府や軍部高官と会談している。

 同氏は「金正日総書記が病気で日常の公務を減らしてから、海外経験のない国粋主義的な若手将校たちが指導部で強い立場にある」と指摘。これらの将校は、金総書記が2002年、訪朝した小泉純一郎首相(当時)に日本人拉致問題を認め、謝罪したことに憤激していたと述べた。

 さらに、国連安保理制裁によってこれらの若手将校が一層立場を強め、「日本との戦争になった場合の北朝鮮の軍事力について、非現実的な分析を行っている」と警告した』と。

++++++++++++++++++++++++++

つまり、今、この日本は、たいへん危機的な状況に置かれている。
仮に弾道だけでも東京、大阪へ撃ち込まれるようなことにでもなれば、それこそ
日本は、ハチの巣をつついたような大騒ぎになる。
日本経済はその直後から、マヒ。
株価は暴落、債権、円も大暴落!
K国は、それをねらっている。

 が、もし、弾頭に核兵器などの大量破壊兵器が積み込まれていたとしたら……。
たった1発で、20万人以上もの死傷者が出ると予想されている。
そんなことにでもなれば、大惨事以上の大惨事。
日本はそのまま奈落の底に、たたき落とされる。
それには理由がある。

 とても残念なことだが、日本は、丸裸以上の丸裸。
こうした攻撃に対して、まったくの無防備。
あのシンガポールでは、どんなマンションにも、地下シェルターが用意されている。
韓国にしても、高速道路はすべて、そのまま戦闘機の滑走路して、使えるようになって
いる。
防毒マスクを、子どもたち全員に配っている。
一方、この日本は、どうか?
みなさん、ご存知の通り!

●危険な迎撃

 こんな状態で、日本がK国のミサイルを迎撃すれば、日本は、どうなるか?
恐らく最初の1発は、オトリで撃ってくるだろう。
が、それを迎撃したとたん、K国は、「報復!」と叫んで、20~30発もの
ノドンを日本に撃ち込んでくるはず(韓国の軍事専門家)。
しかもそのときは、弾頭が、ただのカラ弾頭であると考えるのは、無理。
爆弾、もしくは生物、化学兵器、もしくは核兵器を搭載してくるはず。

 「迎撃!」と威勢のよいことを言うのは簡単。
しかし向うは、(数)で日本を襲ってくる。
ノドンだけでも、すでに200~300基が、実戦配備についているという。
800基という説もある。
そうなったとき、日本は、どう対処するのか。
その対策は、できているのか。

 ゆいいつの防御方法は、最初の1発を撃ち込んできた直後に、K国のミサイル基地を
攻撃すること。
(これは間髪を入れず、その直後にする必要がある。)
しかしこれは日本の憲法が制約しているように、できない。
またその武器すら、日本は、もっていない。
その緊張感もない。

 つまりものごとは現実的に考える。
それを積み重ねていく。

迎撃は可能か……NO!
日本はK国を相手に、戦闘能力があるか……NO!
日本は、ミサイル攻撃に対して、防御能力は整っているか……NO!

 そして出てくる答は、ただひとつ。
『ミサイルを迎撃してはいけない』である。






最終更新日  2009年06月19日 00時09分21秒
カテゴリ:時事問題


++++++++++++++++

●コメントより

★「あんたの頭上には来ないからな」(あきれた様より)

☆「私もミサイル迎撃には反対です。K国を調子に乗せてはいけないし、日本に犠牲が出たとしとも、我慢しなければ。戦争になるとしても国際社会を味方につけて、K国を金〇〇を徹底的に潰さなくては。K国の国民にも犠牲者は出るでしょう、しかし戦争にならなくてもK国の国民は何万という人々が餓死し犠牲になっています。早く民主化しないと未来は無いでしょう。日本もいつまでもビクビクしているわけにはいかない。戦争は本当に馬鹿なものです。殺し合いで国同士の問題を解決しようとする、この近代にあり得ない愚かな事。でもK国のような国があり、武器を売っている国がある現実。悲しいですが受け止めなくては。私は運よくこの局面を回避出来たとしても、日本が国際社会の中で活躍したり、国の危機管理をしっかりしてくれる政府になれるとは思いません。ですから10歳になる息子には、英語と新聞を読ませ、もう少ししたら、もう一カ国語を習わすつもりです。これからは子供には日本以外で生活出来る能力を付けさせてあげなければ。日本人としての誇りなんていりません。国際社会で生き抜く力が必要では?」(みずほ様より)

★「一発数百億ドルのミサイルって何ですか?そんな天文学的価格のミサイルは世界中探してもありませんし、そもそも自衛隊の年間防衛費では購入不可能でしょう。そもそも、一回使いっきりの兵器で何を撃墜するのか、という事になりますけど、最新鋭ステルス戦闘機のFA22ラプターでも約235億“円”です。因みに自衛隊の迎撃ミサイル“パトリオット”は一発約2億円」(1415様より)

★「ガラクタに近いロケットでも日本に落ちてきたら大惨事だろ」(Unknown様より)

☆「激しく同意。この国の人は戦争が始まろうとしているのになんでこんなに呑気なんですかね」(Persons1様より)

★「>人工衛星なら、北極、もしくは南極に向けて発射するのが、
>常識!
>どうしてそれを、東に向けるのか?

そんな常識ありませんよ。
人工衛星は地球の自転に後押ししてもらうために東に打つのが普通です」(愛国者A様より)

★「はじめまして、いつもこちらのブログを拝見させていただいております。
経験に裏付けされた鋭い分析に、いつもなるほどと感銘を受けております。

ですが、今回のエントリーに関しては少しだけ引っかかったことがあり、思わずコメントさせていただいた次第です。

仰るとおり、加害者被害者の件において、「加害国家の都合だけで、史実上本当に一方的な蹂躙を行った」というのであれば、その事実に対して「歴史を美化するなんてとんでもない、やられた方の気持ちを考えてみろ」というのはとても納得できる話です。

しかしながら、その史観に基づく史実は本当に事実なのでしょうか?その前提が間違っている可能性はないのでしょうか?
戦後60年私たちはそのように学校でも教育をうけましたし、それが当たり前とされてきていました。現に韓国、中国からは謝罪せよと要求されています。
我々日本人同士では相手を信頼することが前提となりますので、まさかそういった要求を不当にするはずがない、そう言っているのだからきっとそのような非道なことを過去の日本は行ったに違いない。
そういった思考に陥っていないでしょうか?

インターネットが発達した現在、情報を調べる手段は沢山あります。また、多数の人が見るネットだからこそソースのはっきりしない事は淘汰されていきます。

また、アジアの孤児と仰っていますが、アジアとは中国、韓国、北朝鮮の3国しかないのでしょうか?それ以外のアジア諸国、欧米が日本に対してどのような印象を抱いているかを御存知ですか」(Haru様より)

★「あなたみたいな、直ぐに騙される日本人を眺めて、アメリカの「戦争屋」は腹を抱えて笑っているでしょうね。

金正日の後継者は、CIAのエージェントみたいですよ。
北朝鮮という「脅威」を作り出してカネを絞り取ろうというのは、他でもなく、アメリカ。
詳しくしりたければ、リンク記事を読まれたし」(SAMU様より)

★「あんた何者?教育学者?ダカラって、ほとんどの人が使っていると思うけど。皆、思考力なしってこと?」(Unknown様より)

☆「低劣な人間が 権力を持っている日本の政治ですね。

麻生太郎にしろ、あの人達は日本を戦前の軍国主義社会に逆戻りさせようとする危険な集団です。
子供達を、ああいう連中の企みから守らなければいけないと思いますね!」(SAMU様より)

★「朝鮮民主主義人民共和国朝鮮労働党総書記であり、朝鮮民主主義人民共和国朝鮮人民軍国防委員会委員長であり、朝鮮民主主義人民共和国朝鮮人民軍最高司令官である敬愛し尊重する金正日総書記(将軍)閣下は、朝鮮民主主義人民共和国に正義と秩序を持って国家と国民の安寧を望まれて統治されている偉大なるお方である。
私は、朝鮮民主主義人民共和国朝鮮労働党総書記であり、朝鮮民主主義人民共和国朝鮮人民軍国防委員会委員長であり、朝鮮民主主義人民共和国朝鮮人民軍最高司令官である敬愛し尊重する金正日総書記(将軍)閣下に慶びを表す。
金正日総書記万歳・金正日将軍万歳・金正日国父万歳であります。
朝鮮人民軍は、神軍であり無敵艦隊であり天軍であるのです。
朝鮮民主主義人民共和国朝鮮労働党総書記であり、朝鮮民主主義人民共和国朝鮮人民軍国防委員会委員長であり、朝鮮民主主義人民共和国朝鮮人民軍最高司令官である敬愛し尊重する金正日総書記(将軍)閣下万歳・万歳・万歳…」(新海和明様より)

++++++++++++++++++++++

【はやし浩司より、みなさんへ】

 迎撃ミサイルの値段については、実際、よくわからない。
ミサイル1発だけで、170億円という説もある。
関連装備一式で、1兆円という説もある。
ほかに付随装置も含めると、この金額は、さらにはねあがる。

 「一発数百億ドル」というのは、私の記述ミス。
「一発数百億円」が正しい。
ただし、一発、約2億円ということは、絶対にありえない!

 ここに紹介した最後のコメントは、どういうスジの人が書いたかは、すぐ察しがつく。
しかし私たちは、肩書きだけで、その人を判断しない。
いくら肩書きを並べても、金xxは、金xx。
拉致問題に抗議の念をこめて、私はそうしている。

+++++++++++++++++++++++

日本よ、日本人よ、
あんな国を本気で相手にしてはいけない。
また、その価値もない。
あんな訳のわからない国を相手に、正義を説いて、どうなる?
どうする?
ものごとは、そこを原点にして考えよう。

私たち日本人は、戦争をしてはいけない。
「臆病者」と言われても、戦争をしてはいけない。

もちろん彼らが日本の領土を侵してくれば、話は別。
そのときは戦う。
しかし今は、ただひたすら無視。
何かをしたら、即、国際世論に訴えていく。
国際世論で、K国を締めあげていく。
自己崩壊にもっていく。

戦争を開くのは簡単。
しかし終えるのは難しい。
それを考えたら、日本は、戦争に手を出してはいけない。

繰り返す。
日本は丸裸以上の丸裸。
その事実を忘れて、勇ましい好戦論に操られてはいけない。

だからここはぐっと我慢。
ひたすら我慢。
プラス、無視。
それが今、日本が取りうる、ゆいいつの方法である。


Hiroshi Hayashi++++++++June.09+++++++++はやし浩司






最終更新日  2009年06月19日 00時08分56秒
2009年06月14日
カテゴリ:時事問題
●分裂する韓国

++++++++++++++++

韓国では、親北派と反北派が、
鋭く対立し始めている。

が、それにしても理解できないのが、
あの金大中。
元韓国大統領。
「ノ前大統領とは、前世では、
兄弟だった」と発言してみせたり、
今度は、「現政権は、独裁政権」と
決めつけてみせたりしている。

700億円で買ったノーベル平和賞
の話は、どうなったのか?

++++++++++++++++

朝鮮N報(090612)は、次のように伝える。

『……金大中(キム・デジュン)元大統領が11日、李明博(イ・ミョンバク)政権を「独裁政権」と決めつけ、国民に行動を起こすよう求めた。

 金元大統領はこの日、ソウル・汝矣島の63ビルで行われた「6・15南北共同宣言9周年記念式典」で講演し、「独裁者に頭を下げ、媚(こ)びへつらうべきではない。この国で独裁政治が復活しつつあり、貧富の格差は史上最悪の水準に達している。われわれが一緒に行動するという良心を見せ、自由・国民経済・南北関係を守るために立ち上がるべきだ。行動を起こさないのは悪だ」と主張した』と。

 一方、そのK国はどうかと言えば、ウソの上にウソを塗り固めたような国。
それについては前からわかっていたが、自らそのウソをバラし始めた。
あれほどウラン加工はしていないと言っておきながら、今になった「実はしていた」と。
時事通信(6月13日)は、次のように伝える。

『13日、北朝鮮外務省の声明を伝える朝鮮中央テレビのアナウンサー。同国外務省は国連安保理による制裁決議採択を非難。その上で軽水炉建設のために「ウラン濃縮作業に着手する」と表明した』(韓国SBSテレビより)と。

 それにしても理解できない。
こういう声明を出すこと自体、「私たちはウソをついていました」ということを公言するようなもの。
となると、あの6か国協議はいったい、何だったのかということにもなってしまう。
表ではプルトニウム。
裏ではウラン。
しかしこんなことは、以前からわかっていたこと。
「私は知らなかった」では、C・ヒル氏よ、すまされないぞ!
あなたのおかげで、極東アジア情勢は、メチャメチャになってしまった!

 で、そのK国だが、またまたミサイル発射実験をする構えでいる。
今度は、「ICBMだ」と、明言している。
それについても、もし同じ型のロケットだったら、「私たちはミサイルについても、ウソをついていました」と公言するようなもの。
「先のは、人工衛星ではありませんでした。ミサイルでした」と。
「化けの皮がはがれる」というのは、こういうことを言うのか。
つまりこうしてK国は、自ら醜態をさらしながら、崩壊していく。






最終更新日  2009年06月14日 09時28分45秒
2009年06月11日
カテゴリ:時事問題


Hiroshi Hayashi++++++++June.09+++++++++はやし浩司

●  テロ支援国家?(Is North Korea a Terrorists’ Support Nation?)

To: Ms. H. Clinton, the Secretary of the United States of America,

Please remember that, first of all, North Korea is not a “Terrorists’ Support Nation”.
It is NOT. North Korea is a “Terrorists’ Nation” itself.
Now you feel terrified and something which is terrifying you by the ICBM’s with nuclear
weapons and can understand how we feel about North Korea.
We have pointed out many times in these past five years, the mistakes made by C. Hill
and then we hope you would not repeat the same mistakes as C. Hill did through the
6-nation conference.

ニュースを読んで、いろいろ考える。
その一。
アメリカのクリントン国務長官が、K国を
テロ支援国家に再指定するかもしれないと
言い出した。

テロ支援国家?
とんでもない!
あの国は、テロ支援国家ではない。
テロ国家そのもの!

「あのね、クリントン国務長官、
K国はテロ支援国家ではありませんよ。
テロ国家そのものですよ。
日本を脅し(terrified)、韓国を脅している。
今度はアメリカを脅している。
先のミサイル発射で、日本人は、どれほど
恐怖を感じたことか
つぎは核兵器。
私たちは直接的な恐怖を感じています。
だから、K国は、テロ支援国家ではありません。
テロ国家そのものです。
指定するなら、(テロ国家)そのものと指定してください」。

大切なことは、C. Hill国務次官補がした愚かなまちがいを、繰り返さないこと。
あのC. Hillは、独断と偏見で、極東アジア情勢をめちゃめちゃにしてしまった。
聞くところによると、「私が極東問題を解決してみせる」と、自ら国務省内部で
名乗り出て、あの地位に就いたとか。

その結果が今。
C. Hill氏の息子氏は、韓国のH社製の車を乗り回している。
大の韓国びいきということは、そのことでもわかる。
(ついでに、たいへんな日本嫌いということも、漏れ伝わってきている。)
それはわかるが、しかし当時の大統領は、あのノ氏。
K国の代弁者(スポークスマン)とまで揶揄(やゆ)された、あのノ氏。
結局は、C. Hill氏も、「太陽政策」とやらに乗せられただけ。
つまり、K国にだまされた。
よいように扱われた。
今ごろそれがわかっても、遅いが……。

++++++++++++++++++H.Hayashi

●韓国のみなさんへ

 あんな国を、本気で相手にしてはいけない。
相手にしても意味はない。
アジアどころか、世界でも最貧国のあんな国を、本気で相手にして、どうなる?

 ここ数日、韓国の新聞記事を呼んでいると、勇ましい好戦ばかりが目立つ。
まるで戦争ゲームでも楽しんでいるかのよう。
それもそのはず。
韓国の軍隊は、完全に近代化している。
兵隊の動きを、宇宙から、ひとり残らず、すべて監視している。
かたやK国の軍隊は、終戦直後の日本のまま。
どうあがいても、K国に勝ち目はない。
(だからこそ、核兵器に最後の望みをかけているということにもなるのだが……。)

が、しかしそれでも戦争はしてはいけない。
この話は、勝つとか、負けるとか、そういうレベルの話ではない。
K国は戦争を突破口に、自分たちの悪政を正当化しようとしている。
それがわかったら、あんな国に手を出してはいけない。
そんなことは、ほんの少しだけ想像力を働かせてみれば、わかること。

 韓国とて、無事にすまない。
K国が崩壊すれば、そのまま朝鮮半島は大混乱。
その収拾をするだけでも、たいへん!
戦後処理となると、さらに、たいへん!
核兵器が使われるようなことにでもなれば、それこそ取り返しのつかないことに
なる。
もちろん韓国経済は、奈落の底に。
日本経済も、奈落の底に。

 だったら、ここはK国の友邦国である中国に責任を取ってもらえばよい。
またそういう道筋を立てる。
韓国や日本が、あえて火中の栗を拾う必要はない。
言い換えると、K国問題は、中国問題と考える。
中国が動かないかぎり、K国は動かない。
中国も、そのことを、いちばんよく知っている。

 だからK国が仮に局地的な攻撃をしかけてきても、韓国は、そして日本も、
ノラリクラリと、それをかわせばよい。
そのつど国際社会に訴えていき、その一方で、中国を締めあげればよい。
「あなたの責任で、K国を何とかしろ!」と。

 韓国の国益、そして日本の国益、その第一は、韓国や日本を戦場としないこと。
身勝手とか、臆病者と言われても、気にすることはない。
もともとあんな国、本気で相手にする必要はない。
あんな国を相手に、正義を貫いても意味はない。
その価値もない。

 そう言えば、この日本でも敵地攻撃論が台頭してきた。
「攻撃されれば、反撃する」と。
こういうおバカがいるから、いつまでたっても、戦争は終わらない。
報復が報復を呼び、やがて戦争は泥沼化する。
で、その結果、犠牲になるのは、いつも一般の民衆。

 韓国も日本も、引けるところまで、身を引く。
さらに身を引く。
またさらに身を引く。

今こそ、私たちは、その忍耐力が試されている。
その忍耐力こそが、韓国、ならびに日本の平和と安全を守る。
けっしてうかつに手を出してはいけない。
手を出せば、それこそK国の思うツボ。
そのままK国のワナにかかる。
「待ってました!」とばかり、K国は、韓国や日本に攻撃を拡大してくる。

(はやし浩司 家庭教育 育児 育児評論 教育評論 幼児教育 子育て はやし浩司
K国のミサイル迎撃反対 ICBM迎撃反対)
(2009年6月8日朝、記)


Hiroshi Hayashi++++++++June09++++++++++はやし浩司

●認識の甘さ(Overly Optimistic Diplomacy)

++++++++++++++++++++

中朝国境付近でK国側に身柄を拘束された、
アメリカ人記者、2人の判決が出た。
「12年の労働教化刑(懲役刑)という。

判決はともかくも、この事件の発端は、2人の
記者の認識の甘さと考えてよい。
報道によれば、2人は一度、K国内に侵入している。
手引きをしたのが、K国側のスパイだったという。
そして中国側に一度出たところで、身柄を拘束
された。
もしそうだとするなら、2人は
まんまとワナにはまったとみてよい。

その結末が、12年の労働教化刑!

++++++++++++++++++++

●C・ヒル氏

 この事件を最初に知ったとき、私がまず感じたのが、認識の甘さ。
「アジア情勢をナメている」というか、「甘く見ている」というか。
その心情は、アメリカの前国務次官補のC・ヒル氏のそれと相通ずる。

 あのC・ヒル氏は調子に乗って、ニューヨーク・フィルをピョンヤンまで
連れてくるようなことまでした。
が、K国は、そんな国ではない。
そんな国でないことは、私たち日本人なら、みな、知っている。

 2人の記者への同情心は、残念ながら、私たちには、ほとんどない。
2人の記者は、中朝国境へ向かう前、アメリカ人牧師に警告されていた。
その牧師は一度身柄を拘束されたが、命かながら、K国を脱出した。
そういう経験の持ち主である。
そういう牧師の警告を無視して、2人は、K国領土内に侵入した。

 つまり日本人の拉致問題とは、基本的には、異質の問題である。
入りたくて入ったアメリカ人記者と、行きたくもないのに、誘拐された
日本人被害者。
同じように同情しろというほうが、無理。
そればかりか、その意図が不明。
私には、ハネあがった2人の記者が、自分の名声のために、K国にノコノコと出かけて
いったようにしか思えない。
あのC・ヒル氏のように!

 時事通信は、つぎのように伝える。

【ソウル8日時事】

『K国中央通信は8日、K国の中央裁判所(最高裁に相当)が、拘束中の米国人女性記者
2人に対し、12年の労働教化刑を言い渡したと伝えた。オバマ米政権がK国の核実験を
受け、テロ支援国再指定検討など制裁強化の動きを見せている中、米国への挑発を強めた
形だ。今後、米国は身柄解放に向け、K国との交渉を働き掛ける方針だが、難航するとみ
られる。

(中略)

 判決を受けたのは、米ケーブルテレビ局のローラ・リン、ユナ・リー両記者。2人は3
月17日、中朝国境地帯で脱北者問題を取材中に捕らえられ、その後、「不法入国と敵対行
為」などの罪で起訴。K国中央通信は6月4日に「裁判を4日午後3時から始める」と異
例の事前報道を行っていた。

 今後の日程は明らかとなっていないが、これで判決が確定する可能性が高い。K国の刑
法では、朝鮮民族敵対罪は5年以上の労働教化刑で、特に、事案が重大な場合は、10年
以上としている』(ヤフー・ニュース・09年6月9日)。

 同情はしないが、不幸な事件である。
オバマ大統領も、それをよく知っている。
が、これがもし拉致であったとしたら……。
アメリカのカルフォルニアに在住している女子中学生が、拉致され、K国に連れて
行かれたとしたら……。
オバマ大統領は、海兵隊を派遣してでも、その中学生の奪還を試みるだろう。
またそういうことでもしないかぎり、アメリカの世論は、納得しないだろう。

 あのC・ヒル氏にいたっては、リップサービスだけで、拉致問題について本格的に
話し合った形跡は、ゼロ。
そればかりか、「拉致問題を棚上げして、K国援助に加われ。さもなければ、K国を
テロ支援国家指定から解除する」とまで言い切った。
そして事実、2日をおかないで、電撃的に、指定から解除してしまった。
「日本ロビーが動き出す前に……」と。
 
 こうした認識の甘さは、オバマ大統領にもあるのではないか。
いまだに「話し合いを重視」とか、何とか、夢のようなことを口にしている。
C・ヒル氏がしたのと同じ失敗を繰り返そうとしている。
結局は、彼らは、アジアのことは何もわかっていない。
私には、そうとしか、思えないのだが……。






最終更新日  2009年06月11日 07時17分22秒
このブログでよく読まれている記事

全260件 (260件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.