333710 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

高橋信次先生に学ぶ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


sefutiさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

Calendar

Category

Favorite Blog

開拓精神のいろいろ New! マー坊007さん

小選挙区制なんとか… つるひめ2004さん

ポケモンGO、レイド… アフィリエイト専門店さん

もりキャット トリプルAさん
GT-ONE 楽天… gtoneさん

Comments

sefuti@ なかみちです 副管理人のなかみちです。 太陽さん、は…
太陽@ 有難う御座います。 しかし・・・・ここのブログを提載すると…
sefuti@ Re:はじめまして(07/30) 太陽さん、コメントありがとうございます…
太陽@ はじめまして 今日初めてこちらのブログを読ませて頂き…
sefuti@ なかみちです masashi25さん コメントありがとうござ…

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Recent Posts

Freepage List

高橋信次先生とはどんな人?


感謝の祈り


祈願文


心行


瞑想について


祈り


正しい祈りの仕組み


病気の場合の祈り


不幸だと思う人の祈り


子供、夫に対しての祈り


遠くにいる病人のための祈り


不幸だという人への遠隔思念


高橋信次先生の「新復活」


心の友を求めて


正法とは


正しい宗教(正法)指導者の条件とは


神とは何であるか


神の原理・その一の神は


神の原理・その二の神は


神の原理・その三の神は


神の原理・真の正しい神とは


神について -1


神について -2


神について -3


神について -4


光を入れる


肉体織胞には心がある


臓器には臓器の集団精神がある


現在意識と潜在意識


あなたは一日二十四時間中、明るい心と暗い


後光、オーラーについて


光を入れること


人によって(光を入れる)効果が違うのは何


光を入れた後でひどく疲れるという人がある


光を入れてやることは良いことだからといっ


生命工ネルギーを補給するための禅定


お釈迦様の場合


念が通するということ


念の速度は光りより逮い


心は念の発信源であり、受信源である


あの世とこの世のしくみ


病気とは細胞振動のアンバランスである


病気を治すのは本人の心と、肉体に備わって


光りを入れても治らない場合


光りを入れる実際の方法


体験例


病気治癒祈願


「人間釈迦」で知る釈迦の悟りとは ?


人間釈迦と如来壽量品


釈尊の悟りと古事記の神話は同じである


正法と神道


霊能力に頼り過ぎる弊害


アガシャの波動に関する大予言


無料メールマガジン創刊(サンプル版)


正法・高橋信次先生関連著書及び資料


高橋信次先生著書・資料一覧


園頭広周先生の著書・資料


その他の諸先生による正法関連著書・資料


法灯は消えず


精神世界系の本


波動関連商品一覧


心と波動の世界ブログ集


リンク集




★★ 高橋信次先生に学ぶ ☆☆




それは20代の半ばの時でした。今は亡き高橋信次先生の著書に出会い、

大きな衝撃と感銘を受けました。


この教えは人間らしく生きるために、誰もが必要とする内容だと思います。

また真の幸せの実現のために必要な、心の価値基準であるとも言えるでしょう。


後を継がれた園頭先生の書かれた当時の月刊誌を中心に、

また他の諸先生が残された多くの文献も引用させていただきながら、

多方面からこの教えを学んでいきたいと思います。





信次先生の作られた心行

心と波動の世界・総合版

「心と波動の世界・ブログ集」


メルマガ

【今よみがえる高橋信次先生の教え】


高橋信次先生関連著書

「法灯は消えず」シリーズ

信次先生のご姉妹がお話しされた貴重なDVDです

波動関連商品

色々な本の検索が出来ます





高橋信次先生   高橋信次先生光

左 在りし日の高橋信次先生   右 お亡くなり1周忌に写った光の写真


園頭先生   園頭先生光.

左 在りし日の園頭広周先生   右 園頭先生インドで説法中に光が降りる

=======================================================


書籍版「心と波動の世界」
「一日七分間の心の使い方があなたの願いを叶えます」

ご購入はこちらからどうぞ。
SE研究所波動ショップ



2017.08.29
XML
カテゴリ:正法誌No44

椎葉に骨を埋める気持ちになりました」と書いてあった。

つぎつぎに子供を死なせると、前世の因縁だとか、家相が悪いとか、なにかが

呪っているとかといってお祓いや祈祷などを進められたという人が多い。

まず、夫婦がその時、調和していたかどうかを反省することが第一である。

因縁とか家相とか、そういふことに囚われないことである。



もう一人の婦人は、十九才と十七才の男の子供が、二人ともに白痴である

というのである。

なんの因縁でしょうか、なにか罰が当ったのでしょうか、ということであった。

胎教の影響で白痴に生まれることがあることは正法二九号に書いたが、この人の

場合はそうではなかった。

この婦人の体験は、この号で伝えようとしている、教育、しつけというものが

どんなに大事であるかということを教えてくれるものであった。


************************************************

<ご覧くさい>

SE研究所 8月期間限定のすすめ

パワーメタルストラップ
部屋用結界セットSEゴールドメタル小型5枚セット
根強い人気レポート
生命の波動レポート(全21ページ)






Last updated  2017.08.29 19:00:07
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.