478689 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

高橋信次先生に学ぶ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


sefuti

Calendar

Category

Favorite Blog

次の準備と心の準備 New! マー坊007さん

もりキャット トリプルAさん
GT-ONE 楽天… gtoneさん
精神世界の叡智 龍氣☆☆さん
ようこそ!ラボ桜井… labosさん

Comments

sefuti@ なかみちです 副管理人のなかみちです。 太陽さん、は…
太陽@ 有難う御座います。 しかし・・・・ここのブログを提載すると…
sefuti@ Re:はじめまして(07/30) 太陽さん、コメントありがとうございます…
太陽@ はじめまして 今日初めてこちらのブログを読ませて頂き…
sefuti@ なかみちです masashi25さん コメントありがとうござ…

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Recent Posts

Freepage List

高橋信次先生とはどんな人?


感謝の祈り


祈願文


心行


瞑想について


祈り


正しい祈りの仕組み


病気の場合の祈り


不幸だと思う人の祈り


子供、夫に対しての祈り


遠くにいる病人のための祈り


不幸だという人への遠隔思念


高橋信次先生の「新復活」


心の友を求めて


正法とは


正しい宗教(正法)指導者の条件とは


神とは何であるか


神の原理・その一の神は


神の原理・その二の神は


神の原理・その三の神は


神の原理・真の正しい神とは


神について -1


神について -2


神について -3


神について -4


光を入れる


肉体織胞には心がある


臓器には臓器の集団精神がある


現在意識と潜在意識


あなたは一日二十四時間中、明るい心と暗い


後光、オーラーについて


光を入れること


人によって(光を入れる)効果が違うのは何


光を入れた後でひどく疲れるという人がある


光を入れてやることは良いことだからといっ


生命工ネルギーを補給するための禅定


お釈迦様の場合


念が通するということ


念の速度は光りより逮い


心は念の発信源であり、受信源である


あの世とこの世のしくみ


病気とは細胞振動のアンバランスである


病気を治すのは本人の心と、肉体に備わって


光りを入れても治らない場合


光りを入れる実際の方法


体験例


病気治癒祈願


「人間釈迦」で知る釈迦の悟りとは ?


人間釈迦と如来壽量品


釈尊の悟りと古事記の神話は同じである


正法と神道


霊能力に頼り過ぎる弊害


アガシャの波動に関する大予言


無料メールマガジン創刊(サンプル版)


正法・高橋信次先生関連著書及び資料


高橋信次先生著書・資料一覧


園頭広周先生の著書・資料


その他の諸先生による正法関連著書・資料


法灯は消えず


精神世界系の本


波動関連商品一覧


心と波動の世界ブログ集


リンク集


2011.01.09
XML
カテゴリ:正法誌No40
自分はまだ四合目か五合目にいるのに、既に頂上近くまで登っている人に「私よ

り先に上に登ってけしからん」という言い方は出来ないし、小学生が大学教授に

向かって「あなたはどうして私より先に大学教授になったのか」ということがで

きないのと同じように神界の段階にある教祖は、すでに菩薩界にいる人に対して

は「あなたは神界の私が説く教えに満足していなさい」ということは絶対にでき

ないことなのであるが、現在の日本の教祖たちは正法を知らないために全ての人

に対して「私を越えてはならぬ、私に服従しなさい」という傲慢な態度をとって

いて、それを正しいと思っているし、また、その教祖を盲信狂信している信者

は、そういう教祖を素晴らしいと思っているのである。



信者がその信仰している教団や教祖を愛するということは大事なことであるが、

その愛教心が他を排斥するようになったら、それはもはや愛でも何でもないので

あるが、盲信狂信している人達は、愛教心を持つがゆえに既に真実の愛を失って

いるということに気がつかないでいるのである。



その人が頂上目指してのぼろうと努力しているのを、誰もそれを止める権利はな

い。


だのに正法を知らない教祖は、そういう権利を持っていると錯覚している。



日本人は長い間、儒教の道徳を日常生活の基準としてきた。

儒教では「恩」の大事さを説く。

天地の恩、先祖の恩、親の恩、師の恩等々、日本の道徳は恩づくめであった。

恩義のしがらみにからまれていろいろな悲劇も起こってきた。

その悲劇は今も日本の宗教団体では起こっている。


正法誌N040号
1981年 12月号より抜粋



目次】(「BOOK」データベースより)
序章 ビッグバンの意図/第1章 エネルギーの法則/第2章 「良いこと」と「正しいこと」の違い/第3章 映画『マトリックス』に観る“正しいこと”/第4章 意識について/第5章 意識の進化論/第6章 新しい秩序へのヒント/第7章 自分のしたいことをするということ/第8章 立場について/終章 新しい地球に向けて



真実の扉

真実の扉

価格:1,680円(税込、送料別)









Last updated  2011.01.09 18:13:23
コメント(0) | コメントを書く
[正法誌No40] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.