478424 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

高橋信次先生に学ぶ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


sefuti

Calendar

Category

Favorite Blog

未来を想像してみよう New! マー坊007さん

もりキャット トリプルAさん
GT-ONE 楽天… gtoneさん
精神世界の叡智 龍氣☆☆さん
ようこそ!ラボ桜井… labosさん

Comments

sefuti@ なかみちです 副管理人のなかみちです。 太陽さん、は…
太陽@ 有難う御座います。 しかし・・・・ここのブログを提載すると…
sefuti@ Re:はじめまして(07/30) 太陽さん、コメントありがとうございます…
太陽@ はじめまして 今日初めてこちらのブログを読ませて頂き…
sefuti@ なかみちです masashi25さん コメントありがとうござ…

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Recent Posts

Freepage List

高橋信次先生とはどんな人?


感謝の祈り


祈願文


心行


瞑想について


祈り


正しい祈りの仕組み


病気の場合の祈り


不幸だと思う人の祈り


子供、夫に対しての祈り


遠くにいる病人のための祈り


不幸だという人への遠隔思念


高橋信次先生の「新復活」


心の友を求めて


正法とは


正しい宗教(正法)指導者の条件とは


神とは何であるか


神の原理・その一の神は


神の原理・その二の神は


神の原理・その三の神は


神の原理・真の正しい神とは


神について -1


神について -2


神について -3


神について -4


光を入れる


肉体織胞には心がある


臓器には臓器の集団精神がある


現在意識と潜在意識


あなたは一日二十四時間中、明るい心と暗い


後光、オーラーについて


光を入れること


人によって(光を入れる)効果が違うのは何


光を入れた後でひどく疲れるという人がある


光を入れてやることは良いことだからといっ


生命工ネルギーを補給するための禅定


お釈迦様の場合


念が通するということ


念の速度は光りより逮い


心は念の発信源であり、受信源である


あの世とこの世のしくみ


病気とは細胞振動のアンバランスである


病気を治すのは本人の心と、肉体に備わって


光りを入れても治らない場合


光りを入れる実際の方法


体験例


病気治癒祈願


「人間釈迦」で知る釈迦の悟りとは ?


人間釈迦と如来壽量品


釈尊の悟りと古事記の神話は同じである


正法と神道


霊能力に頼り過ぎる弊害


アガシャの波動に関する大予言


無料メールマガジン創刊(サンプル版)


正法・高橋信次先生関連著書及び資料


高橋信次先生著書・資料一覧


園頭広周先生の著書・資料


その他の諸先生による正法関連著書・資料


法灯は消えず


精神世界系の本


波動関連商品一覧


心と波動の世界ブログ集


リンク集


2011.03.05
XML
カテゴリ:正法誌No40
6月末、福岡市のある方から電話がきた。

娘の主人が勤めている会社の独身寮に女の幽霊が出て、2名がはっきり見てい

る。


その幽霊が出るようになってから毎月寮生が怪我をするようになった。


それは未だかつてない事故である。

遂に両足を切断しなければならぬという大事故を起こしてしまって、主人は責任

者としてどうしていいかわからぬ、と言っている。と


その家族は熱心な正法会の一家であり、その娘さんもお母さんから本ももらい話

も聞いていられたので、早速お母さんに相談されたわけである。


こういう指導は電話で話したのでは徹底しないし、ちょうど七月四日、千葉で集

会をされるということだったので会場に来てもらうことにした。


いろいろと供養の方法を教えてあげた。


私にその独身寮へ行って供養してほしいということであったが、私はその夜の集

会もあったし、この世に強い執着を持っている霊に対しては、少なくとも一週間

は続けて供養しないと、一回で悟るというわけにもいかないし、それでその娘さ

んに「ご主人は会社の仕事があるでしょうから、寮生が仕事に出払った後へ、あ

なたが行って一週間供養して下さい」と言ったのであった。


十三日の夜、福岡のお母さんからの電話で「先生、今、娘から電話がありまし

た。両足切断しなければならないといっていたのが、切断しなくてもよくなって

医者もびっくりしているそうです。

寮の雰囲気もすっかり変わって幽霊も出なくなったそうです。

ありがとうございました」と。


二十日にまた電話がきた。

「先生、輸血しなければいけないといっていたのが、輸血せんでもいいように

なったそうです。

会社の人たちもびっくりしていられるそうです」と。



私は先に正法誌に

「私の下に来なさい、私がよくしてあげます。

私に誓いなさい、そうすれば私が救ってあげます、という指導者はニセモノであ

る。


正しい指導者は、どんな問題が起ころうとも

一人一人が自分で解決していく力を一人一人に与えるのである。


ニセモノの指導者は自己中心主義で信者の顔を自分の方に向けさせようとする

が、正法の指導者は一人一人が行じていくその後姿を拝むのである。」と書いた

ことを思い出してほしい。


正法誌N040号
1981年 12月号より抜粋



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
今、あるべき宗教の姿とは…、祈りとは…自らの憑依体験を経て、自力による正法を説く。他力本願や盲信を戒め、宗教心の在り方を問う渾身の書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 神の存在/第2章 霊/第3章 感性/第4章 憑依者と非憑依者/第5章 あの世とこの世/第6章 正しい法とは





自灯明

自灯明
価格:1,575円(税込、送料別)







Last updated  2011.03.05 20:57:59
コメント(0) | コメントを書く
[正法誌No40] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.