481139 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

高橋信次先生に学ぶ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


sefuti

Calendar

Category

Favorite Blog

長崎平和記念式典 New! マー坊007さん

税金の使い道 つるひめ2004さん

もりキャット トリプルAさん
GT-ONE 楽天… gtoneさん
精神世界の叡智 龍氣☆☆さん

Comments

sefuti@ なかみちです 副管理人のなかみちです。 太陽さん、は…
太陽@ 有難う御座います。 しかし・・・・ここのブログを提載すると…
sefuti@ Re:はじめまして(07/30) 太陽さん、コメントありがとうございます…
太陽@ はじめまして 今日初めてこちらのブログを読ませて頂き…
sefuti@ なかみちです masashi25さん コメントありがとうござ…

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Recent Posts

Freepage List

高橋信次先生とはどんな人?


感謝の祈り


祈願文


心行


瞑想について


祈り


正しい祈りの仕組み


病気の場合の祈り


不幸だと思う人の祈り


子供、夫に対しての祈り


遠くにいる病人のための祈り


不幸だという人への遠隔思念


高橋信次先生の「新復活」


心の友を求めて


正法とは


正しい宗教(正法)指導者の条件とは


神とは何であるか


神の原理・その一の神は


神の原理・その二の神は


神の原理・その三の神は


神の原理・真の正しい神とは


神について -1


神について -2


神について -3


神について -4


光を入れる


肉体織胞には心がある


臓器には臓器の集団精神がある


現在意識と潜在意識


あなたは一日二十四時間中、明るい心と暗い


後光、オーラーについて


光を入れること


人によって(光を入れる)効果が違うのは何


光を入れた後でひどく疲れるという人がある


光を入れてやることは良いことだからといっ


生命工ネルギーを補給するための禅定


お釈迦様の場合


念が通するということ


念の速度は光りより逮い


心は念の発信源であり、受信源である


あの世とこの世のしくみ


病気とは細胞振動のアンバランスである


病気を治すのは本人の心と、肉体に備わって


光りを入れても治らない場合


光りを入れる実際の方法


体験例


病気治癒祈願


「人間釈迦」で知る釈迦の悟りとは ?


人間釈迦と如来壽量品


釈尊の悟りと古事記の神話は同じである


正法と神道


霊能力に頼り過ぎる弊害


アガシャの波動に関する大予言


無料メールマガジン創刊(サンプル版)


正法・高橋信次先生関連著書及び資料


高橋信次先生著書・資料一覧


園頭広周先生の著書・資料


その他の諸先生による正法関連著書・資料


法灯は消えず


精神世界系の本


波動関連商品一覧


心と波動の世界ブログ集


リンク集


2011.08.06
XML
カテゴリ:正法誌No40
高橋信次先生は、人はそれぞれ心の広さ、高さ、深さ、いろいろな段階があると

説かれたが、経典には次のような段階があるとかいてある。


「声聞」(しょうもん)---いい話だったと聞くことだけを楽しみにして実践しない人



「縁覚」(えんかく)---よく話を聞いて、善因善果、悪因悪果の因縁の法則をよく悟った人。
因縁の法則は知っているが実践にまでは至っていない。



「菩薩」---因縁の法則がよくわかって慈悲を自分から実践している人。


正法誌N040号
1981年 12月号より抜粋


『法句経』の名で知られる「真理のことば」(ダンマパダ)も、併収の「感興のことば」(ウダーナヴァルガ)も、ブッダの教えを集めたもので、人間そのものへの深い反省や生活の指針が風格ある簡潔な句に表わされている。「ウダーナヴァルガ」とは、ブッダが感興をおぼえた時、ふと口にした言葉集というほどの意味で、本訳は世界でも初めての完訳。









Last updated  2011.08.06 20:13:43
コメント(2) | コメントを書く
[正法誌No40] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


有難う御座います。   太陽 さん
しかし・・・・ここのブログを提載するというのはどうも・・。 
というのも僕は今現在のGLAには大きな疑念というか・・・ハッキリ言ってマの巣窟になっているようにしか見えなくて・・・・。
ですから僕のブログでは高橋 信次先生のお名前は一切出していないのです(本心では、一人でも多くの方に一番知ってほしい名前なのですが)。
間違っても今のGLAを知ってほしくないので・・・。
今現在もGLAに所属されている方なら・・・真に深くここで謝罪させて頂きます。 
でも違いますよね。 何となくそんな気がしたのでコメントさせて頂いたのです。 (2011.08.09 04:41:05)

なかみちです   sefuti さん
副管理人のなかみちです。
太陽さん、はじめまして。

このブログの記事は僕が担当しています。
管理人のsefutiさんも僕もGLAとは関係ありません。

信次先生の説かれた正法から縁をいただき、学ばせていただいています。

僕個人のブログはこちらです。
よかったらご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/kansha369567

ブログは大勢の方に見ていただくことで、心の交流もはかれると思いますよ。

ではまた(^^)/ (2011.08.13 21:45:37)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.