547708 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日比野琴ノヒビノコト

PR

X

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

タビノコト

Sep 7, 2009
XML
カテゴリ:タビノコト
 店のレディース4人で彦根へ日帰り旅行。

なぜ彦根?

そしてなぜ午前8時集合?

着物友だちと出かけるときだって結構「尻馬」な私だけど、今回はまさに
ミステリーツアー。

これからは以前のようにひんぱんには会えなくなるから、とりあえず
行くことにした。

そして人生初の「青春18きっぷ」きらきら
お得なんだねえ~。

せっかくだから、と、まずは長浜まで。


0907黒壁



まだ人通りもまばらな通りを歩いて、叶匠寿庵のカフェへ。
モダン和テイストのオサレなカフェのBGMはユニコーン…まあ、いいけど。
おいしい寒天の入った、あんみつをいただきました。

画像ないねん…ごめんね、Yさん。


長浜城へも行ってみた。


0907長浜城
秀吉が最初に建てた「出世城」(復元)




書状やら資料も豊富。
コンピュータで復元された声も聞けた…俳優の笹野高史にクリソツ。


0907琵琶湖
展望台まで上がると琵琶湖からの風が気持ちいい



0907長浜駅
長浜はガラスの街なのね




 そして、彦根

あいにく「生ひこにゃん」はいなかったけど、街のあちこちにひこにゃんが赤ハート


0907ひこにゃん!
看板はもちろん

0907ひこにゃんにゃん
ちょうちんにも!

0907ひこにゃん~
こんなところにまで


…と、あれ?


0907こ、これは?!
せんとくんに似てるけど…金運??



せんとくんの作者は似たような顔でいろいろキャラクター作ってるってなにかで
読んだけど、こんなのまで~。

でも、あるショップは「ゆるキャラ」を集めて売っていて、そこには巨大な
せんとくんの縫いぐるみがあった。


お昼はキャッスルホテルで。
5皿の料理とコーン入りごはんと、しじみの味噌汁と、赤かぶのお漬物と
梅味のシャーベット!
小皿がちまちまと並ぶんじゃなくて、六寸皿くらいのが5枚積み重なって
出てきた。
仲居さんもちゃんと絽の着物を着てたし…。


ごめんねYさん、やっぱり画像はありませんNG
まだまだ修行が足りんな。


険しい階段を登って(戦のときの兵士除けのためらしい)
日本に数ヶ所しか残っていないという天守閣へ。
彦根城は、近隣の城を寄せ集めて作られたリサイクル城なんだって。
昔の人はムダがないわ~。



0907天守閣と空
天秤櫓と秋空



天守閣は基本的に家来が見張りをするところだから、お殿様もときたましか
来ないし、まず女性は足を踏み入れなかったそう。
あのはしごのような階段、着物じゃまずムリね。


0907屋形船
お堀には屋形船も



次はこれ乗りたいな~。


開国記念館で井伊家三代の活躍ぶりを解説してもらって、にわか歴女気分?!


0907グッズ
手ぬぐい、扇子、ストラップ



ひこにゃんグッズも買えて満足♪
焼き印を押したどら焼きもあるのよ!
私はどら焼き(とカステラ)が苦手なので、オットのお土産に。


6時前に大阪に着いたから
「30分くらいお茶して解散しよか」
とカフェに入り、1時間くらい話し込んだ…。
名残り惜しい~涙ぽろり


またどこかへ行きましょうね♪










Last updated  Sep 10, 2009 10:28:56 PM
コメント(0) | コメントを書く


Aug 6, 2009
カテゴリ:タビノコト
 今日は出石へ日帰り旅行!

0806旅の始まり
いい旅、夢気分


仕事場の上司、ミキボンさんに声をかけてもらって「永楽館大歌舞伎」を観に行くことに。

一度行ってみたかったのよね~わくわく♪

山あいののどかな車窓の景色を眺め、車内販売でコーヒー買ったりして旅気分満喫うっしっし

「なにか八鹿、九日、十日」
とダジャレを言い、駅からバスでさらに30分。
「運賃1620円?!」
と車内に響くおばちゃんのガセ情報にドキドキしつつ
(実は540円だった…3人分だったのね)
無事、目的地へ到着。

山の中、いきなり開けた場所に蕎麦屋が密集するところ…それが出石。

永楽館はバス停留所から歩いてすぐ

0806永楽館
近畿最古の芝居小屋、永楽館


外見は、まるでのぼりの立った文化アパートのようであるが

0806劇場内


中はこんな風情ある空間。
いかにもなレトロ看板も、昭和39年の閉館時にかかっていたものだそう
(疑ってました、すみません)

入り口で渡された封筒の中には、チラシとミニうちわ

0806うちわ

<永楽館大歌舞伎>

一、菅原伝授手習鑑 車引

二、藤娘

三、弁天娘女男白波 
浜松屋見世先より稲瀬川勢揃いまで


出演
片岡愛之助、市川男女蔵、中村壱太郎、坂東薪車、中村翫雀


私たちは二階席の上手桟敷。
ここも枡席のように仕切ってある。
学校の体育館よりも小さい小屋だから、役者さんが間近に観られてウレシイ。
オペラグラスも持参したものの、あまり出番がなかった。

なにぶん古い建物で、去年より改善されたらしいけれども少々暑い。
舞台衣装に夏物があるわけもなく、早変わりで何枚も着物を着込んだ役者さんの
暑さを思うと気が遠くなる。
「弁天娘女男白波」で、正体がばれて着物をはだけ、赤い長襦袢をバタバタさせる
愛之助丈は本当に涼しそうだった。

観る側もひんやりグッズは必携かと。
それでも着物姿のお客さんが何人もいた。
私も次回は着物で! と行きたいところだけど、バスの窮屈さを思うとやっぱり
洋服のほうがラクかな…。

19歳になったばかりという初々しい壱太郎丈に目を細め、男女蔵丈のダイナミックな
キャラクターが結構いいかも♪ と新しい発見(?)をしているうちに幕。
あー楽しかった!


 そして出石まで来たからには食べずに帰れない(義務ではないが)

0806皿そば
皿そばきらきら(2人分)


もちろん、5皿で満腹にはならないけどいいの♪
食べているうちに外は土砂降り。

降りが弱まったところで違うお店に移動。

0806とちもちぜんざい
狙いは、とちもちぜんざい


2人とも、そばも好きならもちも好きだったのだ。

ガイドマップに載っていたけど、実は季節メニュー。
特別に作っていただいた。
夏は冷たいとちもちがオススメだそうで、ムリ言ってすみません。

雨がやんで、ちょっと散策。

0806マンホール
秋バージョンもあった



出石と言えば、時計台。

0806時計台
風で巻きついたのぼりをほどいて戻っているところ
(A型なんで…)


ぜんざいを食べた店の軒先には、鯉のえさも売られていた。

0806パラダイス?!
パラダイス寸前!!


お店には中村翫雀丈も来られたとか。
一抱えはある米袋に入った「そばがら」(通常100円)をもらいそうになったりして
面白かった。
黒豆入りよもぎパンも美味しかったし。


少し歩くと、出石城跡。
今年は城づいてるな~。

0806ふうりん



風鈴の音色に、ひぐらしの鳴き声…日本の夏ね!


0806お練り
お練りに使われた御輿
(ビニールがかかって見にくいけど)


そんなこんなで、そろそろバスの時間

0806手乗りハト


ハトにもお別れを言って出石をあとにした。


帰りの車内では「おい森」通信。
みきぼんちゃんと、ぼーのすけはただならぬ仲に?!

「乙女の湯」も気になるし、また訪れたいな。
日帰りの旅も楽しいね。
ミキボンさん、お世話になりました。



◇◆◇ おまけ ◇◆◇

0806つばめ三兄弟
つばめ三兄弟


カメラを向けたら押し黙ってしまった。
悪かった雫

おとなの遠足第一弾、これにて終了~。














Last updated  Aug 10, 2009 09:16:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 19, 2009
カテゴリ:タビノコト
 定例「おフランスの会」で、先日のパリ弾丸ツアーの反省(?)会。

4人で撮った写真が1枚もない…と思っていたら、着いた日に行ったエッフェル塔で
撮影してた。
今さらだけど

0227集合写真
マダムMさん、私、Yさん、Jちゃん
(Yさん merci♪)



 今日の料理は…

0319前菜
アスパラと半熟卵、生ハムのバターソース

0319メイン
スズキのソテー…バターソースだったところを前菜との兼ね合いで
アメリケーヌソースに変更してくれた
さすがに丸焼きドーン! ではない


0319デセール
プロフィットロール


やっぱり「ビストロ・ダ・アンジュ」の料理は美味しいわ!



 撮った写真が思いのほか多く、焼き増しするのも大変なのでCD-ROMで渡すことに。
ハンディカムで撮影したものもDVDにダビングした。

0319souvenir
これはCD-ROM


今回の旅行で反省することがあるとすれば、ハンディカムのバッテリーをもう1個
持って行くべきだったことぐらいかな。

次回は大風量のドライヤーを持って行くのだ!
備え付けのものがあるにはあるけど、あんな「そよ風」じゃ私の髪は乾かないのよムカッ

そして、来年の秋にサン・マルタン運河めぐりをするの♪



がんばるぞぐー











Last updated  Mar 22, 2009 01:07:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 4, 2009
カテゴリ:タビノコト
 出発した日は雨、帰国した日も雨だった。
フランスは一瞬雨に降られたものの、おおむね快晴。
しかも寒くない!
いつもは鼻がもげるほど冷えてお尻から寒さが迫ってくるから、今回はロングコートを
着ようと思っていたのに、ネットの週間予報で10℃超えと知って急遽変更。
結局、ニットのロングカーディガンと木綿のコートでこと足りた。
いつもの格好と同じ…。

朝から夜まで出歩いていてテレビはほとんど見られなかったし、帰国したら総理が
変わってたりして…と思ってたけど、そんなことはなかった(当たり前)。
夜中は吹き替えでアメリカのドラマばっかり。
(どうせならCSIが見たかったわ)
日曜の朝は「とっとこハム太郎」。
以前は「めぞん一刻」が放送されてたっけ。

では、同行者も全部は知らない(多分)、私がパリで買ったものをご紹介~プレゼント


親へのお土産

オブジェ
高さ3cmくらい



下水道博物館で

カラフ カラフアップ
ボーギャルソン(まだ言うか)から買ったカラフ(水差し)
水玉のはしっこにシルエットでパリ名所が
ちなみに柄は3種類あって、同行者が誰も選ばなかったデザインだった雫


下水道チケット
チケットは4人別々だった!(私のは左下)
幼稚園ぐらいの子どもたちが大勢いた
(社会見学?)



ヴェルサイユ宮殿で

ヴェルサイユ
扇子とバラのジャム
もちろん扇子は使いますわよ、おほほ



オルセーとルーブルで

美術館
細長いスカーフ、ID用ストラップ、爪やすり、ボールペン、絵が見られる箱(?)
トウシューズのキーホルダー



ヴァンヴの蚤の市で買ったもの

ヴァンヴの戦利品
ワインカレンダー、マトリョーシカ、カエルの銀細工、
アンティークのキーホルダーの数々



サン・ルイ島で

いろいろ
ナッツの乗ったチョコ(旨!)、パッケージも紙の自然派化粧品
(マニキュアのボトルがまたカワイイ赤ハート
ポストイットとメトロの切符柄のマグネット


マグネットを買ったお店の男の人、オダギリジョーに似てた♪


ピロンヌという名前の雑貨店で

ピロンヌ
色使いはケバケバしいのに不思議とイヤミじゃない
眼鏡ケースと鳥のかたちのクリップ(袋の中)、「e」は机にひっかけて
使うバッグホルダー


包装もかわいくてオトメ向き。
最後に行った「OOPS!」もカラフルなお店だったけど、ここよりもブラックユーモア
の効いた品揃えでヴィレッジヴァンガードみたいだった。


次はスーパー編。









Last updated  Mar 9, 2009 03:10:37 PM
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:タビノコト
 ではスーパー編を。

お菓子


日本でも雑貨好きなら誰でも知ってるアンティーク缶でおなじみ「LU」
のチョコクッキー。
真ん中のは2個入り個別包装タイプで、おまけにマグネットが入ってる。
パーツを組み合わせるとフランスになるらしい。
全部欲しい~。
ホワイトチョコがおいしかった!

モノプリ
「MONOPRIX」オリジナルのエコバッグ
ガイドブックで見たのはショッキングピンクだったけど、シックな色で
よかった
MAXIM'Sのチョコはパケ買い…


レシート
レシートも派手ね
クーポンになっている

右の瓶はオレンジジュースが入っていた

地図
新しく買い替えた地図


赤い表紙のも雰囲気があって好きだけど、新しい地下鉄の線が増えてるらしくて
今回買い替えた。
地下鉄に自動販売機は増えてるし、有料貸し自転車はあるし、パリも変わったわ~。

手前のは禁煙したオットのために買ったガム

しょうゆ
友だちに頼まれた、しょうゆ
ついでに「ウォーリー」のマスタード
トランクに入れてたけど割れなくてよかった


チケット
チケット類


ヴェルサイユに行く日、1日乗り放題のチケットを買うことになり、窓口のお姉さんに
うっかり伝えそこねたら半ギレされた。
ここでひるんではならじ! と同じテンションで言い返し無事購入。
そばで見ていたらケンカしているようだったらしい。
そんなつもりはなかったけど「目には目を」よ、ふふふあっかんべー










Last updated  Mar 9, 2009 12:21:28 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:タビノコト
 ブログの中で紹介しそびれた画像をいくつか。

ディスプレイ
メガネ屋さんのディスプレイ




三枝師匠に捧ぐ

いらっしゃーい
「モンパルナスいらっしゃ~い」
という名前の駅



「人体の不思議展」がパリにも!

人体の不思議展


パリのわんこ
パリのわんこ


車
路上駐車



路地裏
パリの路地裏は駐車場だ?!



ジャン・レノ主演の映画ポスター

ポスター


刑事もの?
私の中では「澄ました加藤茶」になってしまったジャン・レノ…(悲)



エッフェル塔遠景
いつ、どこから見ても美しいエッフェル塔




また行けますよーに。





今回、エアメールを書くために用意した秘密兵器

PoGo
Polaroid PoGo


パリで撮った画像をプリントアウトして、ハガキに貼って送ってみた。
こういう機械が大好きなの赤ハート
Bluetooth対応の携帯電話で使えます。
赤外線じゃないのね、なんでか。
臨場感あるお便りになったのではないでしょーか。
(自己満足あっかんべー


結局、4人揃った写真は一枚も撮らなかったね…。










Last updated  Mar 9, 2009 03:20:59 PM
コメント(8) | コメントを書く
Mar 2, 2009
カテゴリ:タビノコト
 いよいよ最終日。
出発便は午後8時。
遅めの時間というおかげで、まだ遊べる♪

 私たちが泊まったホテルはどうやら親族経営らしく、愛想が小ましなフロント男性の
奥さんが掃除を担当していて、ちっちゃな男の子と一緒に出勤していた。
最初は警戒心丸出しだった坊やも、私たちの前をわざと通ってみたりして。
「慣れた頃に帰るんだよね~」
と言いつつ写真を撮らせてもらった。

父と子
息子と一緒ならこの笑顔


Mさんと坊や
外から撮ってみた



 バスに乗ってまたシャンゼリゼへ向う。
ちょうど出勤時間くらいなのにあまり混雑はしていない。
若い人は手に手にiPodと携帯を持っている。
売れてるなあ、iPod(違う)

スーパーマーケット「MONOPRIX」へ。
日本のダイエーとかイトーヨーカドーみたいな感じ?
4人散り散りでお土産買いにいそしむ。

さすがフランスもエコとビオ(無農薬)全盛。
お菓子にも砂糖無添加の表示が目立つ。
すごいねー。
昨日寄った「FRANPRIX」(西友?)では同じお菓子を3つ買ったらひとつ無料
だったり。
かさ張るからやめたけど。

今回、一番の目的だったエコバッグも買えて満足!
新しいパリの地図も買った。
印刷がキレイね。


 気づけばそうそうたるブランド店が立ち並ぶジョルジュ・サンク通りを歩いて
バトー・ムーシュ乗り場へ。

今日もキレイね


日焼けしそうなくらいに天気がいい!
船上は中国人観光客だらけ…。
キャーキャー騒いでいるのに写真を撮るときはツンとすましてポーズをとっている。
ウチの母親の若い頃みたい。

ノートルダム寺院
ノートルダム寺院



ただの街並みさえ
ただの街並みさえ絵になるわ~


このあたりまでは気持ちよく風に吹かれていたのに、船が方向を変えた途端
冷たい風が~台風

コンシェルジュリ
マリー・アントワネットが幽閉されていた
コンシェルジュリ



エッフェル塔と私


でもエッフェル塔はキレイ

エッフェル塔とメトロ
エッフェル塔とメトロ
(タモリが見たら喜びそう?!)


 ところで、セーヌ川にあるはずの自由の女神って、お台場に置きっぱなしなの?

効率よくセーヌ川見物して、次なる目的地へ~。









Last updated  Mar 8, 2009 12:32:25 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:タビノコト
 冷たい風にすっかり冷えて、とりあえず暖かいところへ行こう! とランチへ。
バトー・ムーシュ乗り場の近くのカフェのオムレツが安そう♪ と店に行ったら
美しい案内係に
「中? 外?」
と訊かれ、すかさず
「中!」

椅子に座ってまわりを見ると、客層がいかにもお金持ちそう…。
運ばれている料理が妙にオシャレだし…さすがジョルジュ・サンク通り。
こりゃちょっと場違いかぁ?
しかもメニューにオムレツが載ってないよ?!

勇気を振り絞って木村カエラ似のウエイトレスに訊くと、オムレツもOKだった。
よかった~。

具なしオムレツ
私のはプレーン


ひと口大のマドレーヌが付いたカフェもおいしゅうございました。

パリの木村カエラ
えりあしパッツンのボブがかわいかったの



ほどよくお腹もふくれたところで下水道博物館へ。
ダイアナ妃が亡くなったアルマ橋のそばにある。

下水道博物館


左端のあずまやみたいなのがチケット売り場で、らせん階段を降りて地下へ。
本物の下水施設の一角が博物館なのだ!

V9030254.JPG
下水道も雰囲気あるわね


V9030256.JPG
溝の上に歴史を解説したパネルが


なにしろ本物の下水道だから、独特のニオイが…食べた直後ってのはいささか
マズかったかも。
でもちょっと変わったところに行きたかったんだよね~。

こんなところにもノベルティグッズが売られていて、カッコイイお兄さんが店番を。
この人も職員?
下水道には付きものということなのか、かわいいものからリアルなものまでネズミの
縫いぐるみが並んでいた。
朝、空港までの送迎タクシーを予約して気が大きくなったのもあり、ガラスのカラフ
(水差し)を買ってしまった。

ちなみに、パンフレットには
「博物館から出たら、手を洗いましょう」
と書いてあった。
手だけの問題じゃないと思いますけど…。










Last updated  Mar 8, 2009 12:30:52 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:タビノコト
 次なる目的地はポワラーヌ。
通り道にある「奇跡のメダイ教会」でお土産用にメダルを買おうと思ったら改修中で
入れなかった。

改修中
おじさん、教会の中に入れて~


お土産目的の不届きな心持ちがマリア様の怒りをかったのかしら…。

と、すぐ近くにも教会の看板が。
入り口は普通の建物なのに、中に入ったら壮麗な教会だった。
カメラのシャッター音もはばかられる静けさ。
壁際には3人の日本人をモデルにした像があった。
説明のプレートに
「帰国できる可能性もあったのに帰らなかった」
と書いてあったような気がする。
キリスト教のために身を捧げた人たちなんだろうなあ、きっと。

さて、Jちゃん念願のポワラーヌ。
私もロゴ入りリネンバッグ買おうかなーと思ったら日本円で3000円以上!
そんな気はしたけど高杉開発!
大阪でも持ってる人見かけるし、やめた。
帰ったら「MAISON DE FAMILLE」のロゴバッグ買おう…。
フランス語のクラスのお土産に、箱入りクッキーを購入した。

レペットの前も通り過ぎてサンジェルマン・デ・プレまで。
そろそろパリの風景も見納め。
ホテルのそばまで戻って「OOPS!」という雑貨店に行き、いつも搬入しているところを
見るのに、戻る頃には閉まっているというカルフールものぞいて、今回見るべきものは
全部見た?!

ホテルに戻ったらもうタクシーの運転手が待っていた。
慌てて車に乗り込み空港へ。


またね、パリ!



帰りは再び大韓航空で。
乗り継ぎの仁川では免税店で岩のりと参鶏湯を。
販売員のセールストークがハンパじゃなかった。
熱心ね。


あ、そうそう、行きの便で見たのは「リリィ みつばちの秘密」で、「容疑者Xの献身」
は帰りに見たんだった。
あと「地球が静止する日」も途中まで見た。
キアヌを守る巨身兵みたいなのがオードリーの春日の動きに似てたな。

飛行機の中ではとにかく眠くて…座席の隙間に脚を伸ばして寝てたら、今度は膝が
曲がらなくなったり。
朝食はお茶漬け。
おかゆにふりかけをかけたようなものだった。
おいしかったわん。




ツアーの手配に現地での道案内と世話を焼いてくれたYさん、パリ行きに弾みをつけて
くれたJちゃん、私たちについて来てくれたマダムMさんありがとう!
1日2万歩は歩いてたな。
やっぱり梅干は必携!

最後に、このブログを読んでくださった皆さんにも感謝を。
Merci mille fois!










Last updated  Mar 8, 2009 12:29:29 AM
コメント(2) | コメントを書く
Mar 1, 2009
カテゴリ:タビノコト
 3日目。

 今日も早起きして美術館へ。
あ、その前にホテルの朝食をご紹介。

朝食


テーブルにパンが置いてあり、飲み物は自分たちでテキトーに。

 ジャムやらなにやら
ジャム類も comme vous-voulez 


右からバター、ジャム、麦芽飲料…最初は何かわからなかった。
いわゆる「ミロ」ね。
左には牛乳が入ったポット。

セルフサービス


紅茶のフレーバーは充実している様子。
あとオレンジジュースとコーヒー、ミロを溶かすためのお湯。

オレンジジュースは果肉入りだからサーバーで攪拌するようになっているのに、ホテル
の人がすぐスイッチを切ってしまう。

もっとも、初めてパリで泊まったホテルは毎朝袋に入ったクロワッサンが部屋に届き、
据付のオーブントースターで温めるというところだったから、これで上等。
パンも十分おいしいし♪

ニコリともしないフロントの男性もカウリスマキ映画あたりに出てきそうな雰囲気で、
むしろ好きかも?!


中庭1 中庭2
部屋の窓から見た風景…うっとり



Cadet
今回、一番よく利用した「Cadet」駅



オルセー…並んでるかな。










Last updated  Mar 7, 2009 02:05:23 AM
コメント(2) | コメントを書く

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.