000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

上海→佐賀うまいコーヒー広めるぞっ!コーヒーソムリエ

PR

サイド自由欄

ほしいものリスト

カテゴリ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

ランキング市場

October 13, 2009
XML
【デロンギ】ドリップコーヒーメーカー CMB6

デロンギコーヒーメーカー CMB6

「このコーヒーメーカーはどう思う?」

と、友人から勧められた
デロンギのコーヒーメーカー


最近は見た目の素敵な
コーヒーメーカーが増えてきましたね。

機能を少し見ていきましょう。


⇒ 理想的な抽出温度約(約94℃)

うーん、94℃。
これは僕から言わせると温度が高いです。
メリハリのある味になるとも言えますが、
少し味が尖ります。

決して、
94℃が悪いというわけではありません。
ただ、お湯の温度が高いと味が尖ります。

なので、沸騰したお湯(100℃)だと、
味は強くなりますが、好みはわかれるものになりますね。
わざとそれを狙って抽出するお店もありますが。。


⇒ 保温温度(約80℃)

保温温度が80℃であれば、
口に含むときには十分に熱さを感じます。

でも、コーヒーメーカーの場合、
やはり作り置きはしないほうがベストです。

これはTPOによっても変わりますが、
美味しく飲みたいのであれば、
作り置きで、それも熱を加え続けることは
オススメできません。

時間がないときや、忙しいときには、
味のレベルが落ちてしまうのは仕方ないですけどね。


⇒ 紙フィルターいらずのペーパーレスフィルターを採用

このフィルターだと、
珈琲豆の微粉がでてくるときがあります。
あと、コーヒーオイル分も。

このフィルターに関しては、
好みがわかれるところです。

紙フィルターのような、
透明感のある味が好きな方は、
やはり紙フィルターを使用したほうがいいですね。


⇒ 9つの穴からシャワー状にお湯が出る、シャワードリップ機能

シャワードリップ機能、
ドリップの理屈からすれば、
狙いどころは悪くないです。

でも、蒸らしの有無に関しては
書かれていないので、
蒸らし機能はないのでしょうね。

コーヒーメーカーでも美味しく作るのなら、
蒸らし時間をつくってあげたほうがいいですね。
(面倒ですけど^^)


⇒ 抽出中にガラスジャグを外してもコーヒーが漏れないドリップストップ機能

これは普通、
ほとんどのコーヒーメーカーについてます^^

ほとんどのコーヒーメーカーについてますが、
このデロンギコーヒーメーカーでは、
特別な構造になっているのでしょうかね。。

ちょっとこの写真だけでは
わからないところです。


総括しますと、

機能性では、
そんなに特筆するものはありませんが、
デザイン性で選ぶのなら○

企業側は、
「うちのコーヒーメーカーは…!」
と、必死に違いを訴えてきますが、
選び方は見た目重視でいいんだと思います。

最低限の機能さえついていれば、
分量などをしっかり決めることにより、
十分に美味しく作ることはできますからね。

⇒ 【楽天最安値に挑戦】DeLonghiコーヒーメーカー


※ コーヒーメーカーおいしく淹れる9のコツ  






最終更新日  October 13, 2009 09:27:02 AM
コメント(0) | コメントを書く
[おいしいコーヒー選びのコツ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.