984019 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

飛騨ふらい工房

飛騨ふらい工房

PR

Profile

6lai

6lai

Calendar

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Free Space

設定されていません。
2022/06/18
XML
カテゴリ:drink -- 飲み物


焚き火で使っていた古いメスティン。
煤がついて真っ黒。
全体にボコボコで、蓋もしっかり閉まりません。
底に小さな穴があいていたのでお鍋としては現役引退。

次の活躍の場はこれです。




珈琲の焙煎器。
珈琲の生豆をざざっと投入。




蓋をして直火にかけて振ります。
煎りムラができないよう常に振ります。
縦横縦横、丸書いてチョンを繰り返します。

香ばしい匂いがしてきます、
しばらくして、ポンポンっと豆の爆ぜる音がしてきます。
これを1ハゼと言います。




一旦火からおろして、蓋をあけます。
いい香り‼︎
ほんのちょっぴり珈琲色になっています。
チャフと言う珈琲豆の薄皮がいっぱいあるので、フッと息を吹きかけて飛ばしてしまいます。

ここからは蓋ははずしたまま、弱火で再び煎ります。
お豆の色を確認しながら、しっかり縦横縦横丸書いてチョンを繰り返します。




今回はエスプレッソ 用に深煎りにしてみました。
焼きムラもそれほど無く、いい感じに仕上がりました。











Last updated  2022/06/18 08:42:01 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.