000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

オンダクリーニング三代目・恩田英明のブログ

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

社内会議… New! 青ちゃん1204さん

Tシャツにサビ汚れ New! クボ12182523さん

事務服のインク汚れ こいわ4496さん

       所幸… クリーニング1056さん
5足のわらじブログ 歌うスキーインストラクターさん
グッド・アイテム &… sDeepさん

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

日本一周バイクの旅

2014年07月22日
XML
めちゃくちゃ放ったらかしですが。(笑


「バイクの旅」の続きです。


僕は18~20歳までバイクで
日本一周の旅をしていました。

 

前回のお話



層雲峡でのヘルパーさんのアルバイトをしていた際に
当時、高校生の息子さんと仲良くなりました。

BOOWYのアルバムを借りたり、一緒に買い物に行ったり
一緒にテレビを見たり。

そんな中で、5月まで黒岳ではスキーが出来るとの話になり
小2からスキーをしていた僕は、その話に喰いつきました。

そんな話の中で

「スキー場のアルバイト、面白いらしいよ」
「ここら辺ではトマムなんて大きいよ」
というような事を教えてくれました。



もう行くしかないですよ。(笑



で、自分なりに計画を立てました。



紅葉の時期が終わり、大学生の北海道旅行シーズンも終わる9月末。
身勝手ではありますが、ヘルパーさんのアルバイトを辞めさせて頂きました。


辞めることを快く受けて頂いた、父上・母上に感謝しつつ。


バイクが邪魔になるのと、家族が心配していたので
一度家に帰る事にしました。


小樽から敦賀までフェリーで。
夜、港に着きました。


野宿さえメンドクサクなり一気に帰りました。

家に着いたのは23時過ぎでしたがその日に帰ることを連絡をしておきましたら、
お父さんお母さん・おじいさん・おばあさんが出迎えてくれました。

好き勝手に半年以上家を出て行って、また勝手に帰ってくる事を
何だか悪いな~なんて思ったのを覚えています。

でも誰からも怒られもせず、少し話をしただけでお風呂に入って寝ました。


で。


後日、アポ取りをして名古屋まで行きトマムの面接を受けました。
昔のアルファリゾート・トマム。今の星野リゾート・トマムです。


運良く採用!(嬉


「何の係」になるかは分かりませんでしたが
採用という事実だけで大満足でした。


が、


採用になり分かったことは・・・冬支度(服やスキー板)が何も無かった為
お金が要る事が分かりました。(旅費の確保も


新たなアルバイトに行く為に、違うアルバイトをしなアカンのです。(苦笑
当時の僕としては、ビックリでした。


そこで冬のスキー場のアルバイトに向け、要るものを買うために
お金を貯めることにしました。


求人誌を見ると、結婚式場のアルバイトが目に飛び込みました。
今の都ホテル、当時のルネッサンスホテルで採用になりました。


どんな事をするのか、全く分かりませんでしたが。(苦笑


東海配ぜん人紹介さんでした。
12月中旬までお世話になります。


結婚式場のアルバイトも、これまた面白く
ここでの経験は、とても貴重な物でした。


続きます・・・






最終更新日  2014年07月22日 19時56分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年03月17日
今日は「バイクの旅」の続きです。

僕は18~20歳までバイクで
日本一周の旅をしていました。 前回のお話

一年以上、この「カテゴリー」放ったらかしでした。(笑


本題ですが・・・

北海道の層雲峡ユースホステルでヘルパーとしてお世話になり
2・3日に一度「黒岳(半日コース)」、大雪山の「お鉢一周(一日コース」、
「赤岳」と呼ばれる銀泉台の先導役として山の案内人を10月までやっておりました。

「こちらがトリカブトです。毒殺したいアノ人に是非どうぞ。(笑」(←冗談のつもりでした
と当時、冗談ともとれない案内をしたり、腰の「鈴」を鳴らしては
「熊が来ても死んだフリは無意味ですので、戦ってください。(笑」(←冗談のつもりでした
など、無茶苦茶な案内をしておりました。(汗

そう言えば、枝払い、兼・護身用で「なた」を腰に挿していましたが
使うことが無くて良かったです。(笑

紅葉.jpg

でも一度だけ、大失敗をしましてね。

大阪から5人で来ていた方を、お鉢平一周の時に
皆さんの体力具合を見て「一周は無理だな」と途中で思いましてね。

その旨を伝えると
「せっかく大阪から休みをとって来たんです!一周させて下さい!」
全員でお願いされたんです。

迷ったあげくOKしたのですが、それが裏目に出て
下山の際、真っ暗になり僕の懐中電灯一個で下まで行ったんですよ。

全員ケガもなく無事でしたが、「捜索願い」が出される寸前で
物凄く怒られました。

良かれとした事が、多大な迷惑を掛けました。
思い返すと非常に悪い事ですが、前後の事で多くの勉強になりました。

そんな大雪山の案内。
良い経験です。


そうそう。

ゴールデンウィークまでスキーが出来る黒岳。
驚きでした。

そうそう。

夏の全国高校野球をストーブに当たりながら見ていました。
画面の奥の「暑さ」が、恋しかったです。(笑

前回のお話






最終更新日  2010年03月17日 18時18分19秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年01月17日
今日は「バイクの旅」の続きです。

僕は18~20歳までバイクで
日本一周の旅をしていました。

前回のお話


「すみませーん!」と紹介状を持って行きました。

が、

あまり歓迎されていない雰囲気で面接したのを覚えています。(苦笑
後で分かった事ですが、この頃「僕の分」人が多かったみたいです。(苦笑


「何か冷たいな~」と思いながらも仕事の説明を受け、
こなす毎日が続きました。
始めの頃、正直「辞めよっかなー。」と思いましたもん。(苦笑


丁度同じ頃「東京の大学」からお二人、夏休みを利用して
ヘルパーをしに来ていた「お兄ちゃん」と仲良くなりましてね。

一人は「さま~ず」の大竹さんに似ている面白い方でね。
いつも「人を笑わせる」ナイスガイでした。
もう一方は生真面目な方でしたが、仕事をきっちりやる方で
兄貴肌の、やはりナイスガイでしたね。

3人で「風呂掃除」「ご飯の用意」「ベッドメイキング」
「電話番」「掃除」など、やりましたね~。

伊豆の温泉旅館で「仕事を真剣にやると認められる」という事が
何となく分かっておりましたので、それを続けていたら
1週間ほど経った頃でしょうか?

オーナーの「父上・母上(そう呼んでいました)」に
暖かく対応されるようになりました。
思えば、これが働く自信に繋がる経験になったんだと思います。

そうこうしていると、毎年来ているヘルパーさんの方々が合流して
ヘルパーさんだけでも10人以上になりましてね~。

「さすがに多いやろ~」と若造ながらも思っていた矢先、
父上(オーナー)から新しい仕事を頂きました。

山の案内人やってみる?」みたいに。
どうやら層雲峡は紅葉のメッカのようなのです。

それまで知りませんでした。(苦笑

山1.JPG←一部ですが

山2.JPG


シーズンへ向けて毎年来ている「山に詳しいヘルパーさん」や
「本物のガイドさん」に付いて山を巡り、
道・花や植物の名前・個々の名称・話のネタ・山のルールなどを覚えました。

図鑑片手にメモをしながら、地図を片手にペンで書き加えながらなど。
あっという間に一日が過ぎるので、楽しかったです。

それからは無駄に体力のある18歳、ほぼ「二日に一回」山登りをしていました。
性に合っていたんでしょうね。(苦笑

頂きにて.JPG
↑)この頃何故かあだ名は「リーさん」でした。
目が細いから?リードが下手だったから?(苦笑

次回から山登りのお話です。(だと思います。






最終更新日  2009年01月17日 07時55分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年01月14日
今日は「バイクの旅」の続きです。

僕は18~20歳までバイクで
日本一周の旅をしていました。

前回のお話

「どうせなら北海道らしいアルバイトをしよう!」
と思っておりましたので今までの旅の途中、色々聞いていました。

候補としては当時

・じゃがいも畑の手伝い
・蟹缶詰の工場勤務
・酪農の手伝い
・ユースホステルのヘルパー
・各宿泊施設のアルバイト
・流行っている食堂のアルバイト・・・

など色々ありましたね。今はどうなんでしょうね?

で。

宿泊して良い感じだった「富良野ユースホステルでヘルパーさんをしよう!」
「だって女性客が多いんだもん!(←おい!」などと思い出向き、門を叩きます。

すると・・・

「間に合ってます」とのご返答。(撃沈

しかし
「募集しているユースがあるから紹介しようか?」と聞かれましたので
もちろん即答で「はい!」ですよ。(嬉

どこを紹介されるのか分かりませんでしたが、紹介を頂けたのと
「3食・住む所」が確保されるのなら、こんなに嬉しい事は当時無いですからね。(苦笑

そして紹介されたのが層雲峡ユースホステル
層雲峡.JPG
ここで「冬の始まり」までお世話になりました。







最終更新日  2009年01月14日 07時59分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年12月30日
今日は「バイクの旅」の続きです。

僕は18~20歳までバイクで
日本一周の旅をしていました。

前回のお話

利尻島の次は、礼文島(れぶんとう)でしょ!
ということでフェリーに。

img036.jpg
人なつっこい「海鳥」。

img035.jpg
日本最北端のトイレ前にて記念撮影。(苦笑



色んな方から「一度は行くべきだ!」と聞いておりました
「桃岩荘」という名のユースホステルへ。

島を散策するイベントもありましたが
度肝を抜かれたのが夜の「ミーティング」です。

まず「桃岩荘の歌」なるものを歌い
壁に掛かっている歌をみんなで歌うのです。(3種類くらいあったかな?

その後、ゲームをしたり、話をしたりで。
レクリエーション?というのでしょうか。
皆さん楽しげでしたね~。

何でも体験!が当時、僕のモットーでしたが
最後まで参加出来ませんでした。

・・・途中で抜けましてね。(汗
「合う・合わない」でしょうね。



そんな、今まで一緒に旅をしてきた東京の兄ちゃん
桃岩荘を気に入り長期滞在をするとの事で、ここでお別れです。

ここに来た方は、気に入って「ヘルパーさん」になる方も多い様でした。
(↑ユースで働くバイトさん(?)の事です。


そして、一人旅。

が、

所持金が残り少ないので「住み込みのバイトを探さねば・・・」
と礼文島では一泊だけして本土へ行きました。

そうそう!

礼文島ではユースのヘルパーさんが
お見送りをしてくれまして。
img034.jpg
↑ここでも歌ってくれました。


そういえば・・・

港に「30センチのソフトクリーム」
なんてのがある食堂もあったな~。

写真は無いですけど。(痛


ビバ!礼文島!






最終更新日  2010年03月17日 16時19分15秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年11月14日
今日はバイクの旅の話です。

僕は18~20歳までバイクで
日本一周の旅をしていました。

前回のお話
バイクの旅

下調べを一切せず軽い気持ちで、三人
利尻山を登り始めました。

が、1時間ほどで後悔します。

斜面キツイ!空気薄い!水が無い!(各自500ccのペットボトル)山登り初めて!


が、ここまで来たら戻れない五合目。

遠い山頂.jpg

部活を引退して間もない僕でしたが、シンドかったですね~。
で、3時間半ほどで登りきり記念撮影。

登頂・グロッキー.jpg

元気のカケラもありゃしない。(↑苦笑

で、誤算はここから。
下山し始める頃から、日が傾き始めます。(焦

山登りは下山の方が気を遣いますよね?
踏み外さないように、筋肉疲労を考えて強く踏みしめるように・・・。

残り2合を残し、辺りは薄暗くなり
最後なんか「闇」ですよ。(泣

楽しくもあり、大変な山登りでした。

でも・・・

絶景が見れました。
山頂での360度パノラマ。

社.jpg

絶景・空.jpg3枚の連続写真(?)


標高が高い北海道。雲が、はるか下。
めちゃくちゃキレイでした。

もう一回、登りたいな。









最終更新日  2008年11月14日 08時09分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年08月21日
今日はバイクの旅の話です。

18~20歳までバイクで旅をしていました。
前回までのお話

稚内にはフェリー乗り場があります。
時間にして2時間くらいだと思いましたが利尻島・礼文島に行けます。

そのフェリー乗り場の近くにあるトンネルが綺麗だったな~。
トンネル.JPG
(↑この向こう側は綺麗な海w。


夕方、利尻島に付きました。
img010.jpg
(↑港近くにて


いつものようにテントが張れる場所を探しましたら
公園があったので、そこで一泊。

やっぱり水道があるのは強いですよね~。
シャワーにしたり、コーヒー沸かしたりに困りませんw。


朝食を済ませ、バイクで島を一蹴しましたが常に見える利尻富士

気になって仕方ありません。

昼頃にも関わらず「登ろうぜ!」という事になりました。
基本知識が無かったので舐めていましたね~。(苦笑


大変な山登りになりました。
次回はそのお話で。


角度がハンパね~.JPG
こんな急斜面ばかり。(苦笑






最終更新日  2008年08月21日 17時56分44秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年08月13日
「バイクの旅、更新しないね~」
との知り合いさんの声にお応えして。(←少数派

バイクの旅の続きです。
18~20歳までバイクで旅をしていました。
前回までのお話


オフロードバイク乗りのおいちゃん
「稚内まで行きたい!」との声で一同(3人)最北を目指します。

この時にツーリングのルールを覚えました。

当たり前の話ですが、基本交互に列を作ります
ガソリン・体力の目安をお互いに確認しておきます。
無駄によく止まり、写真・雑談をしますw。

進まないの何のって。
そこは覚えていますw。



夜のキャンプでは人が大勢になります。
元からいる人の群れに入り、みんなでバーベキューをよくやりました。
キャンプ.JPG

すると目的が一緒の人が次の日から
一緒に走ります。

こういうのが旅ならではだな~
なんて感じました。

で。

キャンプしたり、銭湯行ったりで
結果、稚内に付く頃には6人になっていました。

最北記念.JPG
右端が僕です。


ここで、利尻島・礼文島という存在に惹かれた
オフロードバイク乗りのおいちゃんが・・・
「利尻島に行こうよ!」と言われましてね。


一同、利尻島に向かいました。






最終更新日  2012年01月31日 19時19分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年11月01日
今日はバイクの旅の続きです。

前回のお話

「適当に!」を合言葉に
まずは北海道最北「稚内」を目指します。

バイクから.JPG
↑)運転しながら撮影(バカですね~

海水浴.JPG
初日は非常に暑く、道沿いの海水浴場は大賑わい。

少しの休憩のつもりが、海で泳ぐ事になりました。

浜辺にて.JPG
まずは記念撮影。

乾杯!.JPG
昼前から夕方まで遊び、一仕事終え(テントを張る・夕飯を作る)
ビールで乾杯!

道連れキャンプw.JPG
酔っ払い軍団で、近くのキャンプをしている方たちと
また乾杯!


初日は移動距離30キロも無かったな~。(苦笑
「大勢は楽しい!」という事が分かった2周目でした。












最終更新日  2007年11月01日 20時15分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月06日
今日は久々にバイクの旅の続きです。

前回のお話

こんな景色の写真ばかりで・・・.JPG
帯広です。(↑


一週間ほど掛けて北海道を一周し、 (←はしょったな~w
札幌のユースホステルに来ました。


夕方チェックインして、部屋で荷物整理をしていたら
長髪のお兄さんが入ってくるなり、こう言いました。

「おw!お兄ちゃん(僕の事です)若いな~、歳いくつ?」
「あ、18です。」などと、そこそこお話ししたら話しかけてきたお兄さんは
出掛けて行きました。


風呂支度をして大浴場で一人くつろいでいたら
さっきのお兄さんが入ってきました。

「おw!また会ったね~。今ね・・・」
と、どうやら札幌の町を散策してきたようでした。



お風呂で気が合い二人で部屋に帰り、御飯を食べに出掛けましてね。
行った先は黒いスープのラーメン屋さん

その後
「ススキノ行かない?」と誘われましたが残りの所持金が少ないため
人生勉強には行きませんでした。(苦笑

このお兄さん、当時24歳のうまれも育ちも東京人
デビューしたばかりの江口洋平さんに似たナイスガイ。

2週間の仕事の休みを使い北海道を一周するようでした。
今までの僕の話をしたら
「一緒に行こうぜ!」と誘われましてね。


その話を聞いていた同じ部屋の「おっちゃん」も
「私も良いかな?」と聞かれました。

この方は当時40歳?で1週間の休みをとっての旅行でした。
二人ともバイク乗りでしたので、お酒を飲みながら
明日からの計画を立てました。

次の日からは「3人」での旅の始まりですw。
真ん中が僕ですよw.JPG


続きます。






最終更新日  2012年01月31日 19時26分20秒
コメント(2) | コメントを書く

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.