350085 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

安曇野の風に導かれて・・・『罪と苦しみのない世界へ』

安曇野の風に導かれて・・・『罪と苦しみのない世界へ』

PR

全1335件 (1335件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2022.07.25
XML
カテゴリ:洋菓子


6月中旬に長女がコロナ陽性となり
病院に付き添った妻も次の日症状が出て陽性になりました

妻と一晩一緒に寝ていた私も
覚悟をしましたが
症状は全く出ることなく療養期間を終えました
8歳の息子は微熱が出ましたが調べてないのでグレーゾーン
次女と私は調べてませんが無症状でした

47年間、インフルにもかかったことはありません
妻と長女の隔離生活で食事の準備や洗い物、洗濯物
共有トイレの消毒、お風呂の換気
症状が出るというより
介護のような疲れで、療養明けにはグッタリとしてしまいました

コロナに家族が感染して
コロナが憎いというより

何があっても立ち止まらない現代人に

「立ち止まれ」

とメッセージを送られているようにも思えました

経済のために、働き続けなければならない
経済のために 人の優しさもないがしろにする
経済のために、地球環境を破壊する

私がもし、この世界の指導者ならば
地球環境を第一とした社会を提案します

現代人は経済で地球を支配できているような
感覚になっています

元素や微生物が活動を止めたら
世界は終わります

国民の三大義務より
神の法則の4つのピラミッドの起点

1,自分自身を大切にする
2,自分自身または他人との関係
3,世の中に対する、奉仕との関係
4,自然崇拝

これを目的として生きなさい

簡単に書きましたが
ひとつひとつは常に、毎日の生活の中で
自分のハイアーセルフから問われているものです

コロナはただの風邪ではないな〜
自然界から地球からの警告かもしれませんね

それでもこの社会を続けますか?







Last updated  2022.07.25 20:31:45
コメント(0) | コメントを書く


2022.06.14
カテゴリ:洋菓子


ブログを始めてから17年経ちました
伝えたいこともありますし
勉強したいこともあります

一応、お金を稼ぎながら生活はしていますが
一番興味があるのは

『観察』

人間の心と自然

人間の心に関しては
その他大勢の集団の中にいると
よーくわかります

特に
子供の心より
大人の心の方が
勉強になります

大人の心は
ほとんどが10代までの経験や体験で
完成する

残りの人生はそれに対して
自分が自分に対してどうチャレンジしていくか

そして
チャレンジして
自分を変える事が出来たならば
また新しい人生のスタートを切る事が出来ます

自分の心を幾つになっても見つめられる人には
新しい世界が待っています

でも、自分の心を探求せずに
人生を過ごしてしまう人は
新しい世界を見ることなく
どこかでストレスを抱えながら
人生を終えてしまいます

ずべての大人が自分自身の心を
探求するようになると
社会は確実に変わります






Last updated  2022.06.14 13:51:17
コメント(0) | コメントを書く
2022.05.24
カテゴリ:洋菓子

右から光合成細菌、えひめai,にがり
今、この3種の神器を使って
イチゴ栽培に活用しようと考えてます

光合成細菌はまだ培養中ですが

臭い

光合成細菌、酵母菌、乳酸菌、納豆菌、マグネシウムなどのミネラル
特に今の地球にはミネラルが大昔より枯喝しており
そのミネラル不足が人間の健康や脳にも影響している
と言います

ハウス栽培は特異な環境で
色々な物が足りていません

それを
人為的に作りだしてあげなければなりません

そのひとつに「雨」
雨はどこから来るのかというと
海から

その海にある水の成分が山に振り
大地を潤す
ハウス栽培はそれをシャットアウトしているため
自然な雨が足りてない事になります

葉っぱも濡れないので、乾燥しやすくなり
ダニも発生しやすい
そうなると農薬に頼ることになります

微生物の効果で農薬に頼らない食べ物を作れるのが
やはり理想です

微生物は地球が誕生してから間もないころから
存在しており
微生物なくしては、人間の存在はありえません

人間がこの地球を支配しているのではなく
微生物、鉱物、昆虫、動植物が
人間が生きるために存在しています

縄文人もそのように地球を見ていたと思います
ですがそのような自然崇拝も
現代人は忘れてしまっています

学校の教育で
そのような教えは世界的に必要です

わずかな土地のために争う必要はありません











Last updated  2022.05.24 15:10:45
コメント(0) | コメントを書く
2022.04.25
カテゴリ:洋菓子

4月から冬季休暇を終え、オープンした
塩尻の地球の宝石箱

このミュージアムショップに行くのが
家族の楽しみ


今回も長野県で採れる水晶など
お安い値段で色々買ってきました

ここのいい所は
9時オープンなのに9時におばちゃんが来て
「ごめんねーいま開けるから」
なんとも博物館ぽくない所

夏には館内の裏山で採れたと思われる
カブトムシを無料で何匹も



こんなお高い針入り水晶も
ジップロックに入れて売っています

欲しいのはたくさんありますが
少しずつ色々コレクションを増やしています



松本の本屋で見つけた鉱物ハンターの本
長野や群馬、栃木、新潟など
色々なところで採取している方で
実にロマンがあります

時間に余裕があれば
探しに行ってみたいです
せっかく長野にいますし



今の地球はミネラルと酸素が昔より
減少しているといいます

それが原因で色々な病気になることもあるそう

人間の生きる目的が`お金を稼ぐこと‘
になっているため
自然を破壊し続けたことも
一つの原因だそうです

地球が昔のような状態に戻るかは
定かではありませんが
自然に敬意を表す心は
捨ててはいけません

自然がソッポむいたら
食べる物もなく
戦争だって出来ませんから

鉱物は人を殺すために
利用するのではなく
平和の為に利用してほしいです






Last updated  2022.04.25 22:00:34
コメント(0) | コメントを書く
2022.04.18
カテゴリ:洋菓子

縄文時代の日本の中心は長野だった
といいます

今の時代だと長野県が東京だったような感じです

ディズニ―ランドやそういったものはありませんが
長野県はそれ以上に何かがある場所



4000年前に作られたものが
こうしてほぼ原形をとどめている技術
凄いです

今の時代に作られたプラッスチック製品が
5000年後にも原形をとどめているでしょうか

それ以上に凄いのが3万年以上も平和に暮らしていた
という高い精神性

今は平和な暮らしは何年も持ちません

精神性が高ければ地球外の生命体とも
交流があったと思います
精神性が低ければ交流するのも嫌ですよね
地球人同士でも

この宇宙の法則、目的は
精神性を高める事

物質の発展が精神性を高める事にはならないんですよね
今の時代を見れば分かりますが

人間が平和に暮らすためには
第1チャクラ、第2チャクラ、第3チャクラ
を必ず安定させ
第4チャクラを開花させることが必要

戦争は第4チャクラを開花させてない人が起こす
何か怖れる心が悲しみを生み出します

そしてお金というものを生み出す

縄文人は高い精神性に加え
自然と調和し、争う心もなく、すべてのものと共存していた
地球が何であるかも分かっていたし
地球外生命体の助言も色々あったと思います

弥生時代の物は何か味気ない
ですが縄文時代の物は別の世界に引き込まれるような
感覚があります

ほとんんど謎に満ちた日本の縄文時代
でもこれからの日本人が学ぶべき
心得は縄文時代にすでにこの日本の地にあった
ということです

今の時代が3万年以上続くでしょうか






Last updated  2022.04.18 20:51:13
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.30
カテゴリ:洋菓子

以前は自分もアダルトチルドレンと呼ばれる分類の
人間なのかな?
と思っていました

親父はアル中
母親に暴力をふるう
そして父親は家に帰ってこない事も多く

日航機墜落事故の名簿で
名前を探した
そんな小学生時代

20代を過ぎてから
あ~なんか自分は何故、まともな考え方が
出来ないのだろう

とにかく自分が好きと思えたことがありませんでした

でも
結果的に
まともな考えが出来なかったのは
違う理由があったからでした

個人で仕事をしていると
職場のチームワークは体験しづらいですが

組織の中にいると
この人、なんかおかしいよね
と思われている人はいます
(私もそうかも)

特に子供の頃に
親からの真の愛情を受け取れなかった大人は
ゴロゴロいます

田舎特有の
「土地を守れ」や
高学歴の人にありがちな
「子供のテストの点数が悪いと怒る人」

そういうのが
子供の自尊心を傷つけ
その傷が癒えないまま
60代になる人も多くいます

今の中学生の勉強は
自分の頃と比べて,圧倒的に量が多すぎる
そして宿題宿題

昔は、宿題なんかほとんどなかったような…
放課後は部活がなければ外か誰かの家で遊んでました

学校の勉強は役に立つかもしれませんが

21歳までに培わなければいけない
4つのチャクラの活性化が出来なければ
その後の人生は苦痛に満ちたものになります
(本人が自覚しているかどうかは別として)

アダルトチルドレンはとにかく
行動がおかしく、他人に迷惑をかける事が多い

もしあなたが、10代以下の子供を持つ親ならば
子供の人格形成の為に何をするべきか考えて欲しいです

その為には自分の心の奥底を探ることから始めなければいけませんが
多くの親がそれを理解して
子供と接することが出来たなら

いつか戦争のない世界に必ずなります






Last updated  2022.03.30 22:06:58
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.16
カテゴリ:洋菓子

この悲しみの星と呼ばれる
地球を新しい地球にするために志願して生まれてきた
人は世界中に散らばっています

若い頃は感じませんでしたが
年頃になると
世間と自分が考えている事に
ギャップを感じ始め
苦しむ

でも
今は普段の人間関係では発言しませんが
ここなら平気で言いたいことを言ってしまいます

もしどこの誰だかわからない人が書いているだけでは
つまらないので
住んでいる地域も働いている場所も公表しています

過去、何度も紹介している本ですが
表紙はボロボロになって
内容もほぼ何を書いているか
暗記するぐらい読んだミシェルデマルケさんの本

この地球が存在する宇宙は9のレベルに惑星が分類分け
されているという内容です

地球は最低レベルの1で
ミシェルさんは最高レベルの9の星の人たちに
その星に連れて行かれたり、地球の過去に行ったり
したという
ドラえもんの世界のようなお話です

今の戦争とかぶるような
地球と似た惑星があり
軍事的な独裁者からその星の社会を改革するために
まずは数人の男女が
「平和、愛、表現の自由」
を説き

指導者たちに門前払いはされたけれども
根気で大衆に呼びかけ
輪が広がっていき
ある日、ほとんどの人が
「労働を止め」
すべての機能がストップしてしまった

独裁者側の何人かは殺されてしまったけど
それで新しい国を作ることが出来た

すべての交通、農業、通信が止まってしまえば
独裁者といえども何も出来なくなる

戦争を止めるには
国民が労働をストップすること
誰かが動くから止められない
腹が減っては戦は出来ないし
エネルギーがなければ戦車も動かない

そしてこの本では
地球で一番危険なのは核ではなく
「お金」

ムーの時代は
「お金が存在しないコミニュティーだった」

第4チャクラをほとんどの人が開花させることができれば
お金という存在は無くなります

それが出来なければ
そのように考えるのも難しい

戦争については
誰が悪で誰が正しいのかなんて
私には分かりませんが

自分が心の改革の努力をすることによって
この地球を救えることも確かです

今の時代 停滞はないと
新しい地球とともに上に行くか
この地球を去るか

選択枠は2つだけだそうです






Last updated  2022.03.16 20:41:36
コメント(0) | コメントを書く
2022.02.20
カテゴリ:洋菓子

(リアルな表現は出来ないみたいなので表現を変えています)
学生の頃、唯一の聖教育は
高校生の時に保健体育の授業で
普段は部活でむっつり顔の男の顧問の先生が
恥ずかしながら、授業をしてくれました

特に込み入った話しではありませんでしたが
先生可愛いな~
と思った瞬間でもありました

『ようはなぁ…男のだなぁ…いわゆるなぁ…○○だな』
普段は部活で怒ってばかりの先生も
回りくどいな~


男と女が聖行為をする
と言う行為も、中学時代先輩が持っていた
ビデオを見て初めて知りました

せいの話は
正直、この地球で経済よりも大事で
奥の深い世界であります

聖行為は
快楽の為にエネルギーをすり減らすか
子作りの為の行為か
意識を高める為の神聖な行為

この3つのどれかに当てはまります

聖行為の神聖な部分に関しては
学校では教えてくれない
社会でも教えてくれない

むしろ話す事さえタブーとされている感じです
(このブログでも性の表現は規制が入るぐらいですから)

神聖な部分は
アトランティスやレムリアから秘儀として
崩壊後は古代エジプトに伝わり
守られてきた

古代エジプトには人間を進化させるための
秘儀が多くありましたが
何故だかそれが封印されてきた歴史があるそうで

その中で一番、捻じ曲げられてきたのが
聖行為

大衆を奴隷化する為には聖行為というものが
神から与えられた、人間が進化する次元上昇するための
行為なんて思わせてはいけなかった

今の時代でも
それが軽い行為だと考えず
向こう側の世界への入り口が
夫婦、または愛するパートナーにあると
多くの人が考え始め

それを実践したならば
この支配的社会は崩壊します

そしてコロナも影響を及ぼさない
別の次元へ移行するでしょう

逆に経験人数100人とか1000人とか
ひと時の快楽の為だけに生行為をしていると
身も心も精神も崩壊する

だから相手を選ばなければいけないし
そういう聖教育も必要な時代が来なければいけません

でもチャクラとの関係性があるので
特に低次のチャクラを乗り越える為に
この地球に生まれ変わり
生きている人は難しいかもしれません

こういう神聖な聖行為のやり方を書いてある本は
少なからずともあるので
挑戦できるパートナーがいる人は
進んで試してみて欲しいと思います

男の人は射〇はしない
射〇をある方法で抑えられるので
その瞬間に体の上部までエネルギーを充満させる

そうすると妙な生命力が高まるのを実感出来ます
射〇をするとエネルギーが消耗するのも実感出来ます

夫婦またはパートナーが
フリーエネルギーの鍵を握っている
そして次元の扉を開く入り口が
聖なる聖行為にあるということです






Last updated  2022.02.20 22:26:27
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.31
カテゴリ:洋菓子

コロナ以前の生活に
が社会全体、先進国の望むところだと思います

古代マヤ人は2012年をひとつの節目として
マヤ歴を作ったと言います

世界の終わりを予言しているのかと
思っていましたが
地球の破滅が起こるようなことはありませんでした

ですが
10年経ってみると
決して間違ってはいなかったと
思えるようになりました

2012年
ひとつのサイクルが終わり
新しいサイクルが始まっている

自然が変化するのではなく
人間の意識の変化

なぜこのサイクルが存在するのかは
分かりませんが
この時期に人間の意識が目覚めるような
何かの流れがある

もちろん
意識が目覚めない人もたくさんいます

100年以上前だったら
ドラえもんのような
普通に宇宙の星には別の生命体がいて
時空を超え、瞬間移動が出来たり
タイムマシンで過去や未来に行ける
話など
受け入れられることは
なかったと思います

そして今は
『妻、小学生になる』
のドラマのように
生まれ変わりの話が
違和感なく受け入れられる

そういうのが
タブーではなくなってます


でも
地球の人間が目覚めてしまうと
困る存在がいる為

この檻に閉じ込められたような
社会システムから抜け出せないように
洗脳させられている

大切なのは
コロナ以前の暮らしに戻るわけではなくて

コロナで気づいた
要らないもの

それに疑問を持ち
新しい意識に持っていく事が大事

高い健康保険を払っても
いざとなれば、自己管理
でも健康保険は払わなけれないけない

毎日毎日、何の為に
満員電車に揺られ会社に行くのか

結局、お金と言うシステムさえなければ
自由に生きられる
皆が同じ目的を持ち
協力しあえば
ほとんどの問題は解決する

この宇宙の法則は地球のどんな科学を用いたとしても
変える事は出来ません

古代マヤ人の2012年という暗号は
現代人へのメッセージ

2013年から新しい時代が始まります
さぁどうしますか?

そんな感じです

人間は四六時中
いつもくっついている体の神秘については
知ろうともしないし
そこに何があるのかなんて
誰も教えてくれない

新世界は
外側ではなくて
自分の内面を探求することで
発見出来ます

絶対に

神のルールは完璧です






Last updated  2022.01.31 22:12:31
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.01
カテゴリ:洋菓子
昨年も毎日、読書を欠かさず365日を過ごしました

私の日課は読書と瞑想

気が付けば14歳の娘も365日毎日瞑想をするように
なりました

読書は20年以上は続いていると思いますが

たぶん
私みたいな人は
『自分が何者か?』
という衝動に駆り立てられ

そのうち
『自分が何をやるべきか』
という使命感と責任感で
生きていこうとします

本を読んだら理解出来るのではなく
そこはやはり
現実の生活の中での経験からでしか
理解出来ません

なので
必然的に私みたいな人間は
苦しい経験や辛い経験を人よりも多く
体験することになります

その経験があって初めて高次元の存在のメッセージを
受け取ることが出来ます(本が読める)

高次元の存在はこういうブログなどで
想いを発信していく事も勧めています

とにかく
がんじがらめになった固定概念を崩し
世界に新しい考えを波紋のように広めていくのが
仕事(ボランティア活動です)



本屋さんに行けば必ずこのような本は
奥の端に追いやられています

使命を持って生まれてきている人は
どんなことがあっても
このような本を読みます

自分が世界を変える事、地球の平和を願う人
自分の欲だけを達成したい人は
このような本は読めません

実際に読んだとしても
何を書いているかすら分からないと思います

2万6千年周期の発展期の今
上がるか下がるか
停滞の選択の余地はありません

現在の仕事も大事ですが
地球の未来の為に
考えて行動していきます

まずは身近なところからです







Last updated  2022.01.01 11:32:54
コメント(0) | コメントを書く

全1335件 (1335件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.