301566 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

   ハイファイピカソ 店長日記

全9件 (9件中 1-9件目)

1

想う

2009/02/13
XML
カテゴリ:想う

            

             雪祭り 閉会しましたね。 

            昨年よりも来場客は少なかったようですが

 

            やはり国際的祭典ですね。

            第60回と言うのも凄いなぁ

            最初は数人の学生が雪像を作ったのがルーツのようです。

 

            いろいろな事情で規模も全盛期よりは縮小したり

            雪像の規模も小型化しているようですが

            開催に際しての関係者の方々の尽力と気持ちを想うと

            本当に心から労を労いたい気持ちになりますね。

 

 

            20090212-13.jpg 

            閉会翌日の朝の取り壊し作業。

            お城の屋根にいる隊員の方は お酒をかけているんですね。

            下では隊員の方々が見守っていますね。

 

            20090212-20.jpg 

            重機が入ってどんどん取り壊される。

             こうやって見事なお城が 雪の塊になって排雪されるんだなぁ

             本当にお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

           2009年はハイファイピカソは創業17年目を迎えます。

     偏に数多くの素晴らしいお客様 並びに関係企業の方々のお蔭様であると

     心から深く深く御礼申し上げます。

 

 

     17年と言う月日は 決して長年と言うような時間ではないけれども

     振り返ると それなりの歴史と言うか想い出も沢山刻まれているんです。

     

     創業当時の僕は意気揚々とベテラン美容師を雇用して

     ブランディングサロンの誕生を世間にアピールしていました。

     しかし、今想うとやっぱりキャリア10年から14年くらいの我々には

     成熟していない分だけ アピールが多かったな~ って

 

    仕事に対しての意識とか 心構えとか 挙句の果てには経営理念までも

    外に対して発信していた。

    ハイファイピカソは こんなサロンで こんな思想で こんなにお客様の事を

    想ってヘアデザインを創り上げているんです! みたいなネ(笑)

 

 

    だから 時には傲慢な仕事になる事だって沢山あったと思う。

    お客さんにとって一番ベストなスタイルを創り上げます!みたいな自惚れ。

    悩みは何でも解決しますから どんな事でも言ってください!みたいな無責任さ。

    

     イベント事が多かったし お客様同志の交流が広がったので

     人は沢山集まったけれども

     ヘアメイクでお客さまを感動させる とか

     提供したヘアメイクでお客様に 感謝される とか

     本来の目指しているものの実感があまり無かったな~

 

     じゃぁ、今のハイファイピカソはお客様を感動させる美容室としての仕事を

     毎日実現できているのか? といえば

     昔よりは少しはマシ・・・・

                           

     そう考えて 昔を振り返ると 今の状態が信じられないって思うことがある。

 

     だってね、完全予約制だから お客さんがうちの都合に合わせてくれる。

     北海道内だけでなく飛行機に乗ってカットに来てくださる方もいる。

     沢山のお土産を持ってきてくれたり

     僕たちの知らない時に ハイファイピカソのセールスを大切なお友達に

     してくれてお客様を紹介して下さる。

 

     あの時の自分たちには 今の状況は本当に信じられないほど

      有り難いって 心から想うんです。

 

     創業時から10ヶ月間しかご来店にならなくて 遠い地に引越しされた方から

      未だに年賀状をいただくとかね

     うちの家族は一生ピカソに通うから宜しくお願いしますって 

      そんな言葉を戴いたりとか・・・・・・

 

              勿体無いと想ってしまう。

 

 

     昔は 自分みたいな至らない自分が・・・・・・  

                 なんて言う謙虚な気持の カケラも無かった自分だった。

       口では謙虚な言葉を言っていたけれども

         自分を見下すような言葉は死んでも言えないと言うプライドがあった。

 

            でも、この歳になってくると

               こんな俺みたいな人間でも・・・・・

                    って心から本当に想うんだから 不思議だなぁ(笑)

 

 

     信頼されて 全てを委ねてくれるような そんな美容師になりたい。

     美容師が自分の仕事を見たときに 唸る様な技術を簡単にやってしまう

                         そんな美容師になりたい。

 

     目の前にいる 一人のお客様の 人生の歴史に君臨できるような

                         そんな仕事を出来るような美容師になりたい。

 

 

         いつも笑って そして今日もハサミを握れるのは

         今日来てくれる 一人一人のお客様がいるからなんですね。

 

 

                            有りがたい

 

 

 

 

 

 

 

 

                明後日15日はピカソナイトです。

        ピカソナイト .jpg   

           7時半からスタートですよ~

            ワンドリンク付き 700円。

            「鍛紅」の素晴らしい演奏は 心が温かく優しい気持ちになれます。

            みんな遊びに来てくれたら嬉しいなぁ

            毎月開催だと 凄く沢山来てくれる時もあれば

            ガラガラの時もあります(笑)

 

            今月のピカソナイトは特別に素晴らしい内容でお届けしますよ。

            鍛さん、紅さん、宜しくお願いいたします。

 

             一度聴いたらフアンになるよー、マジで!

                       だから みんなおいで~

           

 

 

 

 

 

                  ブログランキングに参加してます。

             ここをポチッと応援クリックしていただくと有難いです。

                        ↓

                     banner_22.gif          

 

 

          

 

 

                                     てんちょ                                        

           

       







最終更新日  2009/02/13 11:55:25 AM
コメント(6) | コメントを書く


2008/11/07
カテゴリ:想う

 

               もうすっかり寒くなりました。

 

               北海道の厳しい冬の到来か~

 

 

                              寒いの苦手なんだよねぁ(笑)

 

 

 

 

 

        毎日毎日、サロンワークを続ける生活が26年と7ヶ月経った。

        そして、自分のサロンを設立して16年と5ヶ月。

 

       釧路での約3年間の住込み修行を経て札幌に来たのは21歳。

       その頃はカットもまだまだ上手く出来なかったので

       営業でカットできるのは月に数人の小学生や中学生だった。

       その時に 言わば練習台みたいな感じで僕がカットしていた

       中学生のお客さんもね、今は38歳だって。 

       子供も2人いて立派に会社も経営している。

       そんなお客さんは沢山いるんだ。

       僕を支えてくれた数多くのお客さん。

       20年以上も僕のところに来てくれてるんだから 

       僕のカットに今まで支払ってくれた総額は数百万になるね。

       言葉では意を尽くせないほどに感謝の気持ちでいっぱいなんです。

 

 

 

       10年前には考えられなかった今の状況。

       今、僕は何とか多くのお客様のお蔭様で今日も明日も美容師を続けられる。

       そして、大好きなお酒を飲める。 

       毎日、好きなお酒を飲めるなんて 未だに信じられないんだなぁ

                  スコッチ.jpg 

              大好きなスコッチ。 ザ・グレンリベット12年。

        向かいのダニーズバーにまだお客さんのいない早い時間に行くの。

        そしてダニーと軽~い会話をしながら2,3杯飲んでピカソに戻るんだ。

              ダニー.jpg

              ほぼ毎晩行ってます(笑)

              ダニーは僕より2歳年上の46歳。

              一昨年まで東京で27年間バーテンダーをやっていた。

              熟練した技と 大人気のフードメニュー

              さすが経験豊富なベテランバーテンダーだ。

              店長がダニーズバーのドアを開けると

              いつも笑顔で「お疲れ~」って迎えてくれる。

              ここで小一時間、スコッチを飲んで

              気持ちをリラックスさせるのが僕の日課です。

              経験豊富なバーテンダーはいい味を出しているよ。

              歳も同じ様なもんだから話も合うんだよね~

              グレンリベットが出てくるとホッとする・・・・・・・

 

 

 

 

 

             

           16年前の創業時からのお客様、二木さんが

           いつも函館から来てくれる。

           お土産もって来てくれる。

 二木さん2.jpg 二木さん1.jpg

         凄く美味しいチーズケーキだった。

         遠いところから わざわざ時間と交通費をかけて

         そしてお土産まで買ってきてくれるなんて

         嬉しいなんていう言葉では表現できないほど 嬉しい。

         二木さん、初来店の時は20歳くらいだったよね。

         当時から一緒に来てくれていた親友の佐藤さんは 

         いつもブログに登場するライとルラのお父さんだ。

         二木さんの弟さんも小樽からいつも来てくれる。

         二木さんも佐藤さんもご夫婦そろって来店してくれるんだよ。

         みんな立派に仕事をして 家族を支えているんだ。

         凄いなぁ~

 

 

 

 

       毎日仕事をするのが凄く楽しみなの。

       昔から長く来てくれているお客さんは 

       その人の過去を振り返ると みんな物凄く大人になって成長している。

       そんな人達の話を聴くと 僕は猛烈に感動するし刺激になる。

   

       だって20歳の大学生が

       16年後の今は36歳で 部下から慕われ、仕事に打ち込み、家族を支え、

       組織の中心に成っていたり、または経営者になっていたりする。

 

 

       みんなみんな  本当に凄いよ。

       

       そんな人達から出てくる言葉は 本当に良い事ばかりだ。

       人間味が溢れ、そして先を見ている。

       良い時期だって 悪い時期だって経験しているから

 

 

       他人や環境に対しての愚痴、批判、妬み、

       言い訳なんか聞いた事が無い。

 

       みんな凄いと思うんだよね~

 

 

 

 

 

       女性の凄さも感じる事がある。

       ERIKOちゃんのカットはまだ2,3回くらいしかしていないけど

       よく旅行のお土産を持ってきてくれるんだ。  

       ERIKO2.jpg

       ERIKOちゃんは看護士とケアマネージャーのライセンスを持っている。

       総合病院の中の認知症の方々の介護をする部署で

       看護師として働いているよ。

       話を聞くと知らない僕は 想像を絶する程のハードワークだ。

       でもね、認知症のおばあちゃんやおじいちゃんが可愛くてたまらないって

       そして そんな方々と接すると癒される事もあるんだって。

       仕事だからって感覚じゃない。

       このおばあちゃんは自分の身内なんだ って思って看護するんだって。

       凄いね。

       女性って凄いね。

 

 

 

 

 

 

 

 

            またね、ピカソナイトやりますよ。

            復活!ピカソナイト!!

            今月から月一で開催します。

          ピカソナイト2008年11月12月.jpg

          ピカソナイトはこんな感じです → 「Picasso Night」

 

         過去にうちのパーティーで知り合って結婚したカップルのいるんだよ。

               畑君と由美.jpg

               畑君と由美。

               微笑ましい、いい夫婦だね。

               仲が良いんだ~

 

              畑君.jpg

  2003年、婚姻届の証人欄に店長とミサオさんのサインをしたときの写真だ。

            愛息子ゴウキも元気に育ってる。

            本当に素晴らしい夫婦だね。 

 

 

 

 

 

 

 

              みんな 大人になると 

              重荷を背負いながら生きてるんだなぁ って感じる時がある。

              でも、みんな 元気で明るく前向きなんだよね。

              そんな人達って 魅力的だね。

 

                            みんな 凄いなぁ~って想うのさ。

 

                                        店長

            

 

             ダニー.jpg

  

 







最終更新日  2008/11/07 12:22:30 PM
コメント(6) | コメントを書く
2008/10/29
カテゴリ:想う

 

          もう直ぐ 雪が降りますね。

          風邪ひかないようにしてくださいよ~

 

 

 

 

        いやね、 昨日は定休日、午前中に昔の書類の整理をしていたんです。

        そしたら、膨大な量のアルバム。 うちの創業直後からの写真がね・・・・

        整理する手も止まって 思わずアルバム見てしまいました。(笑)

        たった16年前からの思い出なんですが 懐かしいのよ(笑)

 

        

     

 

 

 

       

            恥ずかしいけど、この写真は僕とミサオさんが

            まだ結婚する前の昭和の時代です。(笑)

            88.jpg 

           笑っちゃうでしょ~

           88年ですって。

           結婚する一年前だなぁ

           たぶん僕が24歳でミサオさんが28歳の時だと思う。

           原宿帰りでテレビCMのヘアメイクをガンガンやっていた

           最先端のエリート若手美容師の伊藤さん(ミサオさんの旧姓)だった。

           俺は まともに口をきけなかったもんな~

           あまりにもレベルが高くって そして怖かったのよ(マジで)

           

 

           昔の人は覚えていると思いますが

           ススキノのグローブのラウンジフロアーだよ。

           松井正美プロデュースの凄いディスコがオオクラビルにできたの。

           ファッション関係、音楽関係、美容関係、芸能関係の人達が

           たくさん遊びに来ていましたね。

           20年前だもんなぁ(笑)

 

 

 

 

            28歳.jpg

              16年前の創業時だ   

              若けーーーーーー。

 

 

 

 

 

 

             昔の撮影3.jpg

                昔の撮影4.jpg

                  昔の撮影.jpg

              15年位前の作品撮りの写真があった。

              作品はポジフィルムでどこにいったか分からないんだけど

              撮影風景を撮った写真が3枚あったの。

              15年前でディスコネクトのデザインを創っていたんだなぁ

              可愛いモデルさんだったんだよ~

 

 

              撮影終って一緒に飲んだときは

              店長、調子に乗りすぎていました・・・・・・・・

       

                昔の撮影1.jpg

               ここまでなら まだ許せますが・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                昔の撮影2.jpg

                ホント すんません・・・・・・・・・

 

                               若気の至り・・・・・・・

                                   最悪だな

 

 

           最近の店長の作品はこんな感じです。

                  ふぉととれ1.jpg

                  髪型がメインにならない作風になってきたなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               94、1.jpg 

               これも15年前でしょ~

               ハイピカナイトだ。

               オープン2年目のころかなぁ

   

               94,2.jpg

               200人以上のお客様が来てくれたと思う。

                              服装や髪型が古いでしょ。

 

                94,6.jpg

               の頃のパーティーは ソウルで踊りまくりでした。

 

 94,3.jpg 94,5.jpg

           中心は20代のお客さんだった。

           本人の許可を取っていないので顔の見える写真は載せません(笑)

 

          94,4.jpg

         94,7.jpg

          94,8.jpg

          みんな 若いもんな~

          15年前ですよ! 15年前!!

          15年後は みんな平均10キロは太っているべ!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

         昔はソウルで踊りまくっていた。

         大きいパーティーは年に一回。

         そして小さいピカソでやるパーティーは毎月開催していました。

    だからね、うちのパーティーで知り合って結婚したって言う人もいるんだよ。

 

 

 

           これは8年前のパーティーだ。

          00,1.jpg

          クラブイベントで大いに盛り上がったなぁ~

          

          00,2.jpg

          このころからパーティーにヘアーショーを盛り込んだんだよ。

 

             00,3.jpg

            いいモデルさんだったなぁ~

  この頃は 僕も大人になったので モデルさんには抱きつきません(笑)

 

 

 

 

             最近のパーティーはこんな感じです。

              

          ハイピカナイト2jpg.jpg   

              ハイピカナイト1.jpg     

             ラテンでユルユルなパーティーです。

             30代後半がメインになると

             パーティーのスタイルも変わりますねぇ~(笑)

             踊る量よりも 酒の量が多いんだもん!

 

 

 

 

  数年前から後輩美容師の指導が中心になった生活だったので 

  ピカソナイトを中止していて 本当は今年から復活させるつもりだったんですが

  すっかり忘れていました。

 

 だから 復活させますよ~

 ピカソナイト!!

 昔のように月に一回 ハイファイピカソで開催します。

 詳細は またお知らせしますね。

 お楽しみに!!

 

 

 

 

                                       てんちょ  

 

              

               

  

 

 

 

  







最終更新日  2008/10/29 07:10:30 PM
コメント(10) | コメントを書く
2008/10/27
カテゴリ:想う

 

          

 

      たまぁに ちょっと真面目な感情を書いてみっかなぁ~ (笑)

 

 

 

 

 

 

           ハイファイピカソが誕生して16年なんですけどね、

           年月を増す毎に 想う事があるんです。

           

 よくね、接客業は「お客様に育てられて来た」というフレーズを聞くことがあるでしょ。

 本当にその通りなんだと痛感するんですよね。

 

 

 16年間の営業は全てが「出逢い」の連続でした。

 もちろん、営業し続けている限りは これからも その出逢いは続くんですね。

 

  

 

 オープンした時の僕の年齢は28歳。

 ミサオさんは32歳でした。

 創業直後から7年間くらいは お客様の年齢層は20代前半がボリュームゾーン。

 だいたい僕の年齢よりも10歳くらい若いお客様が一番多かったなぁ。

 

    

 僕が40歳を過ぎたくらいには お客様の層は30代が一番多くなりました。

 そして、自分よりも ずっと年上で 人生経験の豊かな成熟した大人のお客様にも

 多少は支持される様になって来ました。

 

 

       「お客様に育てられる」と言うのは 

       決して売り上げと言う経営面の事だけじゃないんです。

       美容師として そして一人の人間として 

       仕事を通じてお客様に成長させていただける。

                                  痛感します。

 

 

       若いときの僕は ヘアデザインを決めるときに

       「このお客さんが今まで接してきた どの美容師よりもいいデザインを」

       という意識が強かった。

       強気で自信に満ちていたから 

       心よりも技術で創っていたと 今思うと反省するんですよね。

 

 

       今は

       「このお客さんが今まで接してきた どの美容師よりも この人を想おう」

       という感覚に完全に変わってきました。

       

       そうすると 自分の創るヘアデザインに

       愛情みたいなものを乗せる事が出来るんだと 感じてきたの。

       だから、メッセージ性とか 想いとか 情緒的欲求とかを

       ヘアデザインに込めたいと想うんですよね。

    

      

 

       

 

       みんな 凄いなぁ~ って本当に想うんだよねぇ~

       素晴らしい人達ばかりなんだ。

       そんな方々に 僕はこれからも美容師として

       認められ

       信頼され

       支持され続けることが出来るだろうか?

         

                               頑張ります。

 

 

 

 

             長山1.jpg

             東京から長山さんが来てくれたよ。

             大手企業のバリバリのキャリアウーマンなんだ。

             仕事の実績が認められ、数年前から東京本社で

             セールスの仕事をしている。

             まさに 男勝りだ。(笑)

             と言うよりも 男よりも営業成績が格段にいい。

             

             

                  長山2.jpg

              だから、いつも眠たいんだ!(爆)

 

                長山5.jpg

               前向きで 明るく そしていつも真剣。

               だから 話も面白い。

               そして 素直だ。

               確固とした信念がある女性って

               俺は好きだなぁ~

 

              長山3.jpg       

                  長山4.jpg

                 このスタイルにシャープなスーツを着て

                 大都会東京のど真ん中で仕事をする

                 長山修子を想像してみて!(笑)

                 絶対カッコいいでしょー。

                 

                               長山! ステキだぞ!(笑)

 

 

 

 

 

 

            成熟した大人の自立していると女性と言うのは

            決してキツくは無いんだよ。

            むしろ優しいし 色気もあるね。

            要するに 魅力的だと言う事だね。

 

               めいちゃん.jpg    

               先日、来てくれた色彩コンサルタントの池田めいちゃん。

               この子のブログに良い事書いていたよ。 ↓

                  http://plaza.rakuten.co.jp/maplemelonpan/diary/200810260000/

               

               人間的資質を向上させ、成長していく。

               そして、成熟し自立して 

               多くの人から愛され、支持され、信頼される。

               そんな人には、ある共通点があるんだよね。

 

               店長が思うに、それはね、 「素直さ」だと思うんだな~

                

                そんな人達から出てくる言葉で

                「愚痴、妬み、批判、」は聞いた事が無い。

                だから、まだ30代くらいの若さで 毒舌な人はダメだね(笑)

                

                同姓にも異性にも 人気がある人って いいね。

 

                  湘南ビール.jpg

                 めいちゃんから湘南ビールが届きました。

                                 ありがとう。

 

 

 

 

             

                この人も 凄く感受性が豊かなんだ。

                ERIKO2.jpg

                ERIKOがね、インドに行ってきたんだって。

                世界中どこでも一人で行くんだから凄いよね(笑)

 

                 ERIKO3.jpg

                      これ インドのお土産

 

             

                   ERIKO1.jpg

                   これ 一緒に飲むのに買ってきた酒!(笑)

 

                   ERIKOは看護士さん。

                   ベテランだから部署ではリーダー的な

                   ポジションにいるんだ。

                   この人の話も面白いんだよ。

                   インドって凄く貧しいみたい。

                   貧富の差が激しいんだね。

                   旅でいろんな世界の情勢を見ると

                   いかに自分は恵まれていて 幸せなのかと

                   痛感するんだって。

 

                  感受性が豊かで、そしてバリバリ仕事をしている

                  そんな女性ってカッコよくて魅力的だね。

                  ERIKOは雰囲気がいいね。

                  飲みすぎだけどな!(笑)

 

 

 

 

 

          お客様に育てられるって事が何となくわかってきたかも・・・・・

                  

               みんなが今日も来てくれるから

               僕たちは 美容師でいられる。

               なんて ありがたい事だろう。

 

 

 

                                          店長

                        

             

                







最終更新日  2008/10/27 01:47:04 PM
コメント(10) | コメントを書く
2008/01/31
カテゴリ:想う

 

           続き 後編です。(笑)

 

  僕も数多くの素晴らしいお客様に支えられ30代に入りました。

  

  僕の親父は理容師で もし僕が釧路の実家で家業を継いでいれば

  何と4代100年続く理容室という事でしたが、親不孝な僕は美容に転進し

  そして札幌の中の島でハイファイピカソを立ち上げました。

  親父は9年前に亡くなりましたが 亡くなる直前まで仕事をしていました。

 

        親父.jpg 

        親父が釧路からお袋と一緒にハイファイピカソに来ました。

        右に写っているのは妊婦の時のミサオさんです。

        デブです。(笑)

 

        

        操さんが妊娠中は完全に仕事を休んで ハイファイピカソは

        従業員と営業をしていました。

 

    

 

 

      僕が31歳、操さんが35歳の時に娘が誕生しました。

 

        おふくろ.jpg 

        95年7月に娘の日向子が生まれ、スクスク育ちました。(笑)

        写真はうちのお袋です。

        お袋はまだ今も釧路で元気に生きています。(笑)

 

 

   僕も お客様のお陰様で子供ができて 親になる事が出来ました。

        親父2.jpg

        11年くらい前、親父が病気と戦いながら仕事をしているときです。

        お盆に釧路の実家行きました。

        もう親父は孫にメロメロです(笑)

 

        そして 実家の店で僕が娘の髪を切ってあげました。

         実家.jpg

         昔の床屋さんって感じのお店でしょ~

                   

 

 

 

 また この頃はハイファイピカソも業界から注目されるようになり

 美容師向けのセミナーや講演、講習やショーなどのオファーも来て

 積極的に外部の仕事をするようにもなりました。

              サツコレ.jpg

 そして遂には「サッポロコレクション97」のメインステージに立つ事になりました。

 Zeepサッポロで開催された業界向けのショーは立ち見が出るほどの大盛況でした。

 このメインステージに立てたのは プロデュースをした尊敬する先輩美容師の方々、

 そして各協力企業様のお陰でした。

 とても有り難い事です。         

 

   

        

 

    しかし、このころから僕は勘違い人生を歩む事になってしまった。

    業界で先生と呼ばれ始め 賞賛されると

    自分はレベルが高い美容師なのだと 心からそう思って疑わなくなるんです。

    実際は 大きな勘違いだったのですが

    少しの間 僕は人に教えるばかりでした。 それも偉そうにです。

    なので 自分の練習をほとんどしなくなっていました。

    そんな自分の感覚を改めさせてくれた 一つの大きな出逢いがあったのは

    この数年後ですが そこからは 大きなセミナーや講演は一切中止して

    また 前のように練習に没頭する生活に戻りました。

    今でも 練習は計画的に実行しています。 

       

  本当にお客様のための仕事をしようと本気になったのは 

  ここ数年のことかもしれない。

  この人の事を本気で考えてカットしようと心底思ってカットするのは

  最近の事かもしれない。

 

  今日来てくれた お客様一人一人のお陰様で 僕は今日も明日も

  美容師でいる事を許されるのだと 本当に痛感するんです。

 

 

         8年前1.jpg 

          これは8年前の釧路に行ったときの写真だな~  

                  8年前2.jpg   

                  

           

         これも8年前だ 

 8年前3.jpg   → → 8年前4.jpg  

                                   ↓

                                   ↓

            8年前5.jpg 

                                    大泣きです。(笑)

             しかし、バットは離しません。(爆)

 

 

 そして これも8年前

 お客さんの由美と海水浴に行きました。

 8年前6.jpg   

                      8年前7.jpg

   そして 後に由美はピカソの新年会で知り合った畑君と結婚しました。

 

             畑家.jpg

                         昨年の畑家です。

                      

 ハイファイピカソは 本当にお客さんと共に生きた店となりました。

 ハイファイピカソのパーティーで知り合い結婚したカップル。

 また 結婚パーティーをハイファイピカソで開催したカップル。

 そんなカップルは4組もいます。

 

 僕たちが今年16周年を迎え これからも大好きな仕事を思う存分にできるのは

 お客様が僕たちに心を向けてくれるから。

 

                    本当に本当に ありがとうございます。

 

 

 

 

                    16周年の年に 感謝を込めて

                                      店長

 

 

 

 

 







最終更新日  2008/01/31 03:40:09 PM
コメント(10) | コメントを書く
カテゴリ:想う

 

     日々のサロンワークを綴る「ハイファイピカソ店長日記」

     このブログはハイファイピカソの日常を書くものなので

     個人的な感情や想い等は、極力書かない様にしていますが、

     今回は16周年に想う僕の気持を書いてみます。

                        しかも 前編、後編に分けて。(ゴメンチャイ)

 

 

          

        今年僕は4月で44歳になります。

        そして ミサオさんは7月で48歳。

        娘の日向子(ヒナコ)はこの春に中学生になります。

 

        こうしてハイファイピカソと佐藤家が毎日幸せに過ごせるのは

        今日来てくださった お客様一人一人のお陰様です。

 

        僕は今年 理美容人生26周年ですが、

        最初は理容師として釧路で3年間住み込み修行をして

        21歳に札幌に来て2店目のサロンに就職しました。

        この頃は、コンテストに燃えていた時期です。

        釧路管内のコンテストで運よくたまたま新人賞を頂き、

        意気揚々と札幌の理容室に就職し 面接では社長に

        「コンテストでトップになりたいです」とハッキリ言っていました。

        社長はそんな生意気な僕に全面協力をしてくれて

        年に3回のコンテストに出場し続ける事が出来ました。

        しかし、現実は甘くなく、何度出ても勝てないんです。

        毎晩薬を飲みながら朝まで練習をしているのに

        何度出ても どうしても勝つ事ができない。

        22歳.jpg

        22年前、左が22歳の時の僕です。

        右はコンテストの練習モデルをしてくれていた当時高校生のT君。

  

   どうしても どうしても 勝てなかった。

   社長の奥さんは毎晩練習をしている僕に 深夜2時になると

   夜食を作ってくれました。

   毎日朝方まで練習して2時間くらい寝てまた仕事をするという毎日でした。

        

   この時期はコンテストに勝つ事に異常に執着していた。

   でも、何度出ても勝てない。

   いつも慰めてくれるのは 社長と奥さんだった。

   

   また、この時はコンテストの練習と同時に

   東京に美容の勉強のために毎月通っていました。

   毎月毎月、社長に給料の前借をして 全て練習のためにお金を使っていた。

 

   勝てないまま そんな生活が2年以上続いた24歳の時に

   隣の美容室に凄い店長がいる事を思い出しました。

   その店長さんは原宿で働いていて テレビCMのヘアメイクもこなし、

   さらに札幌に来た時には 普通の郊外の美容室を超繁盛店にまで

   成長させた凄い人でした。

   

   僕は 勝つためには この方にコンテストのモデルメイクをお願いするしかない

   と勇気を振絞ってお願いに上がりました。

   

   その凄い先輩がミサオさんです。

   そして 迎えた88年10月のコンテスト。

         24歳.jpg 24歳の僕です。

   この大会で勝てなかったら もう諦めようと思っていました。

   正直言って寝ないで練習を続けるには体力が限界だったから。

 

       24歳2.jpg

       結果発表の時に 遂に僕の名前が呼ばれました。

            内心諦めていた その時に

               遂に 自分の名前が呼ばれました。

 

           24歳3.jpg

                    嬉しかったな~

 

   

      そして 凄い先輩美容師(もの凄く恐かった)と翌年結婚しました。(笑)

           25歳.jpg

          僕が25歳、ミサオさんが29歳です。

          前年まで僕は家賃2万円のワンルームでテレビ無し、電話無し

          だったのに こんなソファーのある部屋に引っ越せました。(爆)

 

 

  それから3年間勤務して 僕が28歳、ミサオさんが32歳の時に

         28歳.jpg

             ハイファイピカソを創業する事ができました。

    

     当時は従業員がいました。(許可を得ていないので写真は載せません)

     

 28歳の若い自分が またもや意気揚々と自信満々で創業したんです。

 まさに身の程知らずとは当時の僕のことでした。

 当然 これまた世の中は甘くない。

 完全予約制のアトリエサロンは28歳の未熟者には無理だったのか

 お客さんが全く来てくれないんです。

 店の中は覗いてくれるんだけど 予約の電話が全く入らない。

 92年6月に創業し ハイファイピカソも幻か・・・ と覚悟しながら 

 とにかく今日の仕事を精一杯やろうと必死でした。

 

 そんな 死にそうなハイファイピカソを助けてくれたのは お客さんだった。

 お客さんが こんな未熟で下手くそな美容室の事を 

 大切なお友達、ご家族に宣伝をし始めてくれたんです。

 それも「カットが上手」って美容師にとっては一番嬉しい言葉で

 お客さんが僕たちの知らないところで 

 ハイファイピカソをセールスしてくれ始めたんです。

 

     一周年.jpg

     創業一周年記念パーティーの写真です。

     一年間ハイファイピカソをご愛顧いただいたお客様をご招待して

     「One Year's Memorial Presentation」を開催しました。

     このパーティーには 僕が7年間勤務していたKAWANOの

     河野社長も出席して下さりました。

     パーティーに来ていただいたお客様の中には 

     僕がKAWANO勤務時代からお世話になった方々も数名いました。

     河野社長はそのお客様方に対して「これからも佐藤を宜しくお願いします」と

     お一人お一人ビールを注いでいってくれました。

     そして 創業してからのお客様にも お一人お一人 ビールを注いで

     河野社長は「佐藤を可愛がってあげて下さい」と深々と頭を下げて周るんです。

     その河野社長の姿に 僕は涙がとまらなかった。

 

 

     今想うと その時の我々は本当にレベルが低かった。

     でも、ヘアデザインを創り出すことには 全身全霊をかけていました。

     余裕もお金もプライドも何もかも無かったけど 情熱はありました。

     カットと言うものに本気に取り組んでいた。

     創業時の苦難の時に支えてくれた方々がいるから

     僕たちは今日も大好きな美容師を続ける事が出来ていると

     本当に本当に心から想っています。

     言葉では意を尽くせないほどに 感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

    創業時は こんな感じでした。

    創業時.jpg 

    B&G、パロマ・ピカソ、フィオルッチなどを揃え

    「うちはその辺にある美容室とは違いますよ」みたいな表現をしていた。

    トレンドやカルチャーの最先端。そしてどこよりもクオリティーの高いカット。

    そんな意識がもの凄く強かった。

 

    16年後の今は こんな感じです。

    酒4.jpg   

   「お酒の品揃えは札幌のどこの美容室よりも豊富だよ」と言わんばかりです。

                   ↑ オイ!

 

      創業した時は僕は28歳。

      そして お客様に支えられ30代に入りました。

                    

                                        つづく 

     

       







最終更新日  2008/01/31 02:36:43 PM
コメント(3) | コメントを書く
2007/10/11
カテゴリ:想う

 

         こんにちは。 店長です!

 

       

日々のサロンワークを綴る「ハイファイピカソ店長日記」。

 観ていただいている方々は お客様と美容師だけです。(苦笑)

  写真を撮られたお客様は必ず観てます。(笑)

   そして日記にコメント書かないで 僕のパソコンや携帯にコメントが来ます!(爆)

    たまぁ~に電話も来ます(爆爆)

     

 

      美容師の人たちは 「楽しそうですね~、仕事!」って言います。

      さらに 「よくお客さん写真を撮らせてくれますね~」とも言います。

      でもね、実際に写真を撮ってブログにアップするのは

      一部のお客さんですからね~ 

      全員載せれる訳じゃないし、僕だって大多数のお客様には

      普通にきちんと接客していますって!

      客を客と思わないような対応だと思っているべ!

                                そういう時も確かにある。

                                      ゴメンチャイ。

 

 

     

店長日記によく出てくる ライ君とルラちゃん 知っていますかーっ?

                       ( ↑ アントニオ猪木風に)

 

         R2.jpg よく出てくるでしょ~

連休に家族でお父さんの親友がいる函館に行ってきたんだよ~。

函館にいる親友Nさんもご夫婦でカットに来てくれる。

創業以来のお客さんなんだ~。 Nさんに7月子供が生まれた。

アイリちゃんっていうんだよ。 

家族でアイリちゃんに会いに函館まで行ってきたんだって~。

 

  そのお土産がこれ!

  いかようかん1.jpg  いかようかん2.jpg  すごいべ!

 いかようかん!! 初めて知った! イカだよ! イカ!!

 わざわざ帰宅途中にハイファイピカソに寄ってくれたんだ~。

                                どうもありがとうね。

 

       ライとルラのお父さんもお母さんもカットに来てくれる。

 もともと お父さんのSさんと親友の函館にいるNさんが うちの創業時から

  来てくれていて、結婚したら奥さんも連れてきてくれたんだよ。

   そして子供が生まれたら子供も。

 

 

 

 これは13年前のハイファイピカソ2周年パーティーの風景。

 このときは僕は30歳だった。

 お客さんが150人来てくれたパーティーだったな~。 懐かしい!!

 2しゅうねん3.jpg

                         2周年1.jpg

 13年前だから みんな若いんだ~。 ヘアスタイルもファッションも13年前だ。

 ソウルのナンバーで踊りまくりの2周年パーティーだった。

 

             2周年2.jpg 

             中央が13年前のSさん。

                  左が13年前にNさん。 

                      (ご本人に無断で載せました。ホントごめん!)

 

 今のSさん。

 Sさん3.jpg 13年後!(笑)

 

 Sさん2.jpg Sさんの奥さん。

                              13年前は知りません。(笑)

 

 

     今のNさんは

     Nさんカット.jpg 13年後のNさん。(笑)

     Nさん夫婦.jpg 奥さんの13年前は知りません(笑)

 

 アイリちゃんに会えるのが楽しみだよー。

     札幌までは遠いからな~      心待ちにしていますよ。

 

ちなみにNさんの弟さんです。

 二木さん.jpg 小樽から来てくれるんですよ~

 のり や 削りぶし の会社に勤めているんで 最高級削りぶし いただいた!

  

                         SさんとNさんには 

                         許可を得ないで掲載しました。(爆)

                         懐かしいでしょ~ 13年前!(笑)

                                      ごめんね~

                                          許して!  

 

          昨年夏の「ハイピカナイト」の風景です。

        ハイピカナイト1.jpg 

        ハイピカナイト2jpg.jpg  

        大人ばかりのパーティーでした。(笑)

        13年前のパーティーは20代が90%以上だったな~。

        今は20代は30%くらい。(笑)

        30代がメインで 40代も50代もいます。

        大人でしょ~。

                            悪いか!!(爆)          

 

 

 

         

          多くの皆様に支えられて15年やって来れました。

          創業以来からきていただいているお客様は

          ハイファイピカソに今までお支払いいただいた金額は

          本当に大金です。

          また、多くの大切な友人知人をご紹介していただいている

          お客様も多数いらっしゃいます。

          そして、いつも お土産を持ってきてくださるお客様。

          多くの皆様に支えられてハイファイピカソが存続できる事に

          心から感謝しています。

 

 

         僕たちが大好きな美容師でいられるのは

         今日来てくださったお客様一人一人のお陰様。

 

              これからも頑張ります。

                  

                               感謝を込めて・・・・・・

                                  

                                          店長

 







最終更新日  2007/10/11 11:56:44 AM
コメント(10) | コメントを書く
2007/06/16
カテゴリ:想う

   今日は快晴。

     北海道神宮祭(札幌祭り)も今日が最終日なのかな~。

          本当に今日はいい天気だ。

 

  今日の店長日記はサロンワークではないよ。

    たまぁにね、今の想いを書いてみようかな~。

 

  皆様の温情を受けて13日にハイファイピカソは創業15周年を迎えました。

  本当に本当に有り難い事です。

  6月13日と言う 日にちは大々的には公表していないから

  それを知っているお客様は「ハイファイピカソ」存在意義の文章を

  きっとブログのトップページの最後の行に書かれているのを観たのだと思う。

  多くの方々からお祝いのメッセージなどををいただきました。

  こんなに僕たちは心を向けていただいているのかと

  本当に感激しています。

 

 小野様

はやい時期に戴いたO様からのお手紙。

O様との出会いは 僕の美容師としての考え方が根本から矯正されたものでした。

そして大好きなガラス絵作家の木村由紀子氏による15周年の作品。

Oさんはハイファイピカソの為にオーダーしてくださいました。

  ガラス絵.jpg 素晴らしいでしょ。

 

  保科さんより.jpg オープンから来ていただいているHさんより

  渡邊様より.jpg Wさんより  まだ3度のご来店だというのに・・・・

 ナオコから

そして ヒデくんとナオコから  ありがとう。

 

 

 めいちゃんより.jpg 東京のカラーコーディネーター芽生ちゃんから 

 うれしいよ。

 吉守くんより.jpg 今年オープンしたTAKETO.isからだ。

 

   そのほか 沢山の皆様からお祝いのメッセージをいただきました。

   これからも頑張ります。

   僕は想うの。

   本当に15年前にハイファイピカソを創業してよかったって・・・・・・・

   心からそう想う。

 

 

 僕には弟子がいます。

 それが TAKETO.is代表 吉守雄人。

     よしもり.jpg バカでしょーーーーーーーー

    本当にね~、アホな男なんですよ~~~~~~

  このTAKETOがね、今年の3月7日に札幌にサロンを創業しました。

 28歳です。

僕がハイファイピカソを創業した歳と同じなんです。

出会いは5年前の僕の美容師向けのセミナーに小樽から受講しに来たことでした。

その後、TAKETOは僕に電話をくれて小樽から会いに来たんです。

それから 僕の外部活動(セミナーやプロモーション)のアシスタントとして密着しました。

 

 

1年半前からは独立開業の為にハードなトレーニングを毎週消化してきた。

吉守練習風景

              吉守練習3.jpg

吉守練習2.jpg 真剣ですよ~ 練習の時は一切笑わない。

       吉守の顔.jpg オマエはチンピラか!!

 昨年の下半期の5ヶ月間でTAKETOとERIちゃんはトレーニングモデルを

なんと 延べ80人も入れたんです。

2日に1人以上の計算ですよ~~~  すごいですね~。

   本当に良くやった! 

     僕の容赦のない ハードトレーニングに見事耐えた!

      頑張ったよな~~~~   

          髪の毛はチジレて背は低いけど 本当に頑張った!

 

  そして 創業しましたよー! TAKETO.isです。

    サロンのネーミングはみんなから変だといわれても

     信念を突き通して TAKETO.is!(笑)

       これが今のサロンワークの吉守ですよー。

        吉守サロンワーク.jpg 僕と同じ歳 28歳の創業です。

 

 

    僕はね、想うの。

    店が無ければ 自分はサロンワークに打ち込む美容師でいれない。

    そのサロンを 自分のブランドとして立ち上げたというのだから

     本当に素晴らしい事だと思うんだよね~~~~。

     生まれて初めての 莫大な莫大な借金を背負い

     全くのゼロからのスタート。

     全ての責任を背負い 世の中に挑戦していく。 

     不安で不安で どうしょうも無い時もあっただろう。

     そんな時でも 側にはエリちゃんがいてくれた。

     そして 多くの方々が 時間も お金も 気持ちも 自分に向けてくれた。

     希望に満ちた輝かしい未来のスタートだね。

 

 本当に 美容師と言うのは 我々にとって 最高の自己表現だと想う。

 お客さん一人一人が 僕たちを生かせてくれているんだ。

 そして 僕たちの事を 大切な友人知人、家族に宣伝してくれる。

 今、この時間でも どこかで 僕の事を宣伝してくれているかもしれない。

 ありがたい。

 とても嬉しい。

 幸せなんだ~。

 

 

 

                               心から感謝を込めて・・・・・・・

                               ハイファイピカソ 店長

 

 

 

 







最終更新日  2007/06/16 02:51:08 PM
コメント(14) | コメントを書く
2007/05/03
カテゴリ:想う

              

     いよいよ5月突入です。

     ゴールデンウィークのど真ん中ですね~。

 

今日の札幌はすごく暖かかった~。 外を歩く人たちの表情も清々しいな~。

 

   ハイファイピカソは今年の6月13日で創業15周年です。

4月から日頃お世話になっているお客様に お礼のお手紙やご来店の際には粗品を

プレゼントしています。

            粗品.jpg

  独身のお客様には「アジアンアロマ香炉」を 結婚されている方には「入浴剤」です。

 

ハイファイピカソが今日まで存続し、そして毎日心から楽しく営業を続けて来れたのは

多くの素晴らしいお客様のお陰です。   本当にありがたい。

 

僕は まだ信じられないと想う事があるんです。

    僕たちのような美容師のこの店に 多くのお客様が足を運んでくださる。

    完全予約制でマンツーマンだから一日に担当できるお客様の数は少数です。

ハッキリ言って 僕たちの都合でお客様の方が時間を合わせてくれている。

   遠くから来てくださる方、何度も日時を調整して都合をつけてくださる方、

    多くのお知り合いにハイファイピカソをご紹介していただいている方、

     お一人お一人のお客様に支えられ ハイファイピカソは15周年を迎えます。

 

ハイファイピカソには お客さまからいただいたモノで店内は溢れています。

  お客様の作品や ご旅行の時のお土産、そのほか多くのモノが沢山あります。

そのモノには僕たちに向けていただいた 深く温かい真心が詰まっているから

  この空間はとても心地よく そして守られているのだと僕たちは思っています。

                                           感謝です。

 

4月から15周年のご挨拶をし始めたら

     多くのお客様から お祝いのメッセージをいただいています。

また、ご来店の時にお花を持ってきてくれる方や送ってくださった方、

    とても言葉では意を尽くせないほどに 有り難く想っています。

        保科さんより.jpg  美香ちゃんより.jpg

 

 

 

 

 

 数年前 僕にとって 大きな出逢いがありました。

   自分にとって 美容師としての今後における 決定的な精神的影響を受けた

     そんな大切な方との出逢いがありました。

      その出逢いは一通のお葉書だった。

         僕が担当したお二人のお客様のお母様からのお葉書でした。

 その内容は 当時の僕には 勿体無いほどの文面だった。

            僕にとっては かけがえのない出逢いでした。

 

そのOさんから 今年の6月13日の創業15周年に際してのメッセージとプレゼントが

先日届きました。

僕の大好きな小樽のガラス絵作家、木村由紀子氏http://imageglass.fc2web.com/ のハイファイピカソへの作品です。

実は数年前に次女のIちゃんが専門学校入学の時に僕が木村氏の作品をお祝いに

お送りしたのが きっかけで その作品に感激して 

今度は僕に 15周年の為に作品を制作依頼してくださったのです。

感激しました。 「招き猫」の絵です。 そして小判にはHi-FiPicasso 15と書かれている。 

             ガラス絵.jpgかわいいでしょ。

 

  同封のメッセージには 僕たちに向けてくれた深い温情が綴られていました。

小野様     泣きました。 

 

            僕たちは 多くのお客様に支えられている。

           借金の返済を月々出来るのも 

         好きなお酒を毎日飲めるのも

        家族が幸せに生活できるのも

      思う存分に勉強や練習できるのも

    そして自分たちの自己表現である 美容師として存在できるのも

            すべて 今日来てくださった お客様一人一人のお陰様です。

              こんな美容師に多くの方が心を向けてくださる事、

                 信じられません。  ありがたい。

 

 

 

今週も楽しくスタートできました。 

    それは 皆さんが ハイファイピカソに 来てくださるから・・・・・・・

     あやのちゃん.jpg             ながやまさん.jpg 

              ながなわさん.jpg

 

              これからも 美容に邁進します。

              今日よりも次回はもっともっと良い仕事が出来るように。

 

           僕たちの人生を支えてくれる 全てのお客様に

           心から感謝を込めて・・・・・・・・・・

 

            結婚式.jpg

 

 







最終更新日  2007/05/03 08:50:17 PM
コメント(10) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.