000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

東ヰンドの奇妙なブログ

PR

プロフィール


東ヰンドの奇跡の賢者

カテゴリ

サイド自由欄

歌手、初田悦子さんの大ファンです。
とにかくたくさんの人にシンガー初田悦子の歌を聴いてほしい!と心から願って生きています。

趣味はジャグリングで、ボールとデビルスティックを主に扱いますが、どちらも中途半端なレベルです。地味に地道に練習しています。

初めていらっしゃった方は
こちらをどうぞご覧下さい。

東ヰンドの奇妙なブログ&ブログ管理人である東ヰンドの奇跡の賢者についての紹介ページです。

Twitterアカウント:higashi_indo
公式HP『東ヰンドの奇怪な館』:
http://higashiindo.
soregashi.com/

コメント新着

ビアスキ@ Re:第1回日本ビール検定2級試験 全問掲載!(下)(02/08) 今年度ビール検定を受けるつもりの23歳学…
東ヰンドの奇跡の賢者@ Re[1]:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) >ぴんくまさん 管理人の東ヰンドの奇跡…
ぴんくま@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) 2014/09/21第3回びあけん3級受けてきまし…
東ヰンドの奇跡の賢者@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100) >もりやすさん ご活用ありがとうござい…
もりやす@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) ありがとうございます。素晴らしく理解で…
ツユダク@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) 何気なく閲覧した面白資格のページからび…
ホーリー@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) 私は3級を初めて受けました! 結果は合格…
東ヰンドの奇跡の賢者@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説 >ヤス次郎さん、おっくさん、ホーリーさ…
ホーリー@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) とても試験前に役に立ち、活用させてもら…
びあけん@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説 リンク列挙(01/17) しかし、中国語の件は「それは流石、良か…

日記/記事の投稿

バックナンバー

2017.12
2017.11
2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010.06.21
XML
カテゴリ:初田悦子
東ヰンドでございます。

先週は全国的に“初田悦子ウィーク”でございました。

そのクライマックスは新宿でのライブだったのでございました。

もちろん、東ヰンドも出動したのでございました。

――――――――――――――――――――――――――――――
2010/06/19 「きっといつかどこかでだれかが」Vol.2 セットリスト
(初田悦子さんの出演セクション)
Place: 新宿SACT!


初田悦子ステージ (19:35-20:32)
1. A Whole New World (小寺可南子さんとのデュエット)
2. 星のピカリ☆
3. きみのママより
4. Rainy Blue
5. 僕らのラララ
(↓ここからは5人総出演)
6. 虹の地球
7. Birthday Blues
8. フィンガー5メドレー
――――――――――――――――――――――――――――――


気持ちに喝を入れるため、たまやでマヨ玉かぼちゃを食べてから出陣。


16:30には会場の新宿SACT!に到着。

100619eh_sact.jpg


8m四方程のライブハウス。
真ん中に3m×4mくらいのセンターステージが設けられていて、
その周りを囲むように所狭しと椅子が並べられていた。
(ステージというと、段差があって少し高くなっているのを想像するが、
むしろ観客席が少し高くなっていて、ステージを見下ろす感じ。)


100619eh_center_stage.jpg
↑会場全体が赤と青のスポットでライトアップ。
センターステージには、キーボードやギター、マイクや出演者用の椅子など。
キーボードには、恐竜の置物やピアニカ、6×6×6のルービックキューブが
オブジェとして置かれていた。



100619eh_rousokuchou.jpg
↑観客席には所々にロウソク調の照明が置かれ、シックな雰囲気を醸し出す。


考慮の結果、東ヰンドはキーボードの後ろの席に陣取った。
(結論から言うと、これはちょっと失敗。理由は後述。)

ライブの開始を待っていたら、
同じく初田悦子ファンのyoluko☆mamaさんにお声かけいただいて、
『ぽかぽか春の音楽会』以来のご挨拶&お話をすることができて
とても嬉しかったんだよね。(yoluko☆mamaさん!ありがとうございます!)


17:06、ライブがスタート。
今回は、各出演者が5曲くらいずつソロで歌った後
最後の1曲を次の出演者とデュエットで歌って、
次の出演者にバトンタッチしていく、という方式。(こんな説明でわかるかしら?)



本来ならば出演者各々のステージについてレビューを書くべきところですが、
本日は、東ヰンドの誇る未来を煌びやかに彩る最新鋭のテクノロジーで
初田さんの出演セクションまでワープいたしま~す。
揺れますのでお近くの手すりにお掴まり下さ~い。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

100619eh_hamatani.jpg
↑浜谷真理子さん。(17:06-17:40)
ライブで見るのは“Music is Magic”以来2回目。
曲間のつなぎをストーリー仕立てにする手法は前回見た時と同様。
声と歌い方は正直なところあまり好みではない。
途中から初田さんが会場の片隅でライブを鑑賞していた。(よく見ると写ってる)


100619eh_ishii.jpg
↑石井里佳さん。(17:34-18:11)
細身の体ながら、力強く語りかけるような歌声。
選曲もそれに合っててなかなか良かったと思う。
宇徳敬子の中期の楽曲(満月~Rhythm~の収録曲あたり)が合いそう。


100619eh_kaijouniiruhatsutasan.jpg
↑他の出演者のライブを鑑賞する初田さんの姿。


100619eh_kaneko.jpg
↑金子麻美さん。(18:11-18:50)
見るのは“魅惑のプラナなナイト”以来2回目。透明感のある歌声が特徴的。


100619eh_kotera.jpg
↑小寺可南子さん。(18:43-18:50、19:00-19:35)
以前も感じたことだが、歌上手いなぁ。
それだけじゃなく、振る舞いとか歌ってる時の素振りとか、トークとか、
エンターテイナーとしてスバラシイと感じる要素がたくさんあるねぇ。
まるごと素でやってるんだったらスゴイ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

は~い!無事にワープが完了いたしました~。初田さん出演セクションに到着で~す。


19:35、小寺さんに呼び込まれて初田さんがステージに登場。
白のワンピース!右頭部に花!(なんというぶっきらぼうな表現か・・・)

バトンタッチデュエット曲は『A Whole New World』
『アラジン』で使われている曲だね。

100619eh_hatsutatokotera.jpg
↑初田さんが男役。小寺さんが女役。見つめ合って歌う姿は
なんか不思議な感じがしたが、歌はまさに一級品。デュエットとしては最高!



2曲目『星のピカリ☆』からは初田さんのソロステージ。
最近のライブでは、定番化しつつあるこの曲。
赤紫のスポットが当たってとてもファンタジック。

3曲目は『きみのママより』。初田さんと言えばやっぱりこれだ。
何度聴いてもいいね。今回はセンターステージってこともあって、
距離が近くて歌ってる時に目が合ったりしちゃって・・・もう!(笑)
(ちなみに、初田さんご自身も人生初のセンターステージでのライブだったそうな。)

この後、“もっと上手く使ったらいいのに!という大阪弁”についてのトーク。
「アカン!」の言い方について実演を交えたレクチャーが行われた。

100619eh_etsukohatsutaA.jpg
↑「アカン♪」


・・・完全に言い方のニュアンスなので、
文字で伝えるのがジャグリングの説明並みに難しいけれども(笑)
まぁ要するに世の男性がキュンとなるような言い方をすべしってこと。
(どうやって書けばいいんでしょうか?初田さん!)


続く『Rainy Blue』はライブで聴くのは久しぶり
だが、YoutubeにUPされているので歌詞はほとんど覚えている。
バラードだ。ラブソングだ。「急いで駆け込んだ車の中で笑ってキスをしたよね」だ。(笑)

100619eh_etsukohatsutaB.jpg


「さぁ次の曲がやってきました!
なぜ汗をかいてドキドキしているかというと、次の曲が新曲だからです!」


ギターサポートとして浜谷さんが加わり、新曲『僕らのラララ』が披露された!

もちろん初めて聴く曲なので、歌詞も全部噛み締めたわけではないけど
ギター×2+キーボードの力強い演奏、初田さんの歌にも力が入ってて
聴くとなんだか勇気づけられる曲。6月24日のライブでもまた聴けるといいな。

100619eh_etsukohatsutaC.jpg
↑力いっぱい歌う初田さん。その声量にはただただ驚くばかり。
曲調に合わせてジェスチャーもたくさん。
ちなみに、キーボードはお馴染み鎌田雅人さん。写真右ギターは円山天使さん。



この後、首に色違いのストールをつけて、今回出演の5人がステージに全員そろって登場!

が、ここで由々しき自体が発生。カメラの充電が切れた・・・。

makurobeeta.gif

申し訳!!


ということで、ストールの色は写真を交えて伝えるべきところだが、文字のみにてご了承。
(初田さん-黒、小寺さん-赤、金子さん-青緑、石井さん-白、浜谷さん-桃)

そして、5人で輪になって『虹の地球』を熱唱。
初田さんがメインパート。他の4人はコーラス。
これがライトアップと相まって、本当に幻想的な世界が生み出されてて良かったんだなー。
東ヰンドの思う曲のイメージとぴったり合致する感じで。
(写真が無くて本当にゴメンナサイ!)


続いて、この日が誕生日だった小寺さんのサプライズ誕生祝い企画。

100619eh_all_members.jpg
↑強引にケイタイデンワで撮影。『Birthday Blues』。
4人が小寺さんへのお祝いメッセージを歌詞にして歌い継ぐ。


ラストに5人でのセッションタイム。
『フィンガー5メドレー』で観衆も巻き込んでライブ会場全体で盛り上がってライブが終了。


久しぶりに鎌田ファミリーでのライブ!センターステージも新感覚でよかったよ~。


以上、初田悦・・・・・・ん?まだ終わりじゃないだろって?


ああ、個性的活動?聞きたいの?じゃあ少しだけ・・・


「初田さん、今日は“今までで一番ステキなもの”を持って来ました。
が、先に言っておきます。今回こそ怒っていただいていいですか?」


という前置きの後、勝手にやっていいのかシリーズ第2弾に該当する(と思われる)
超が付くほどステキな東ヰンドオリジナルグッズを初田さんにプレゼント。
(でも、初田さんは怒ってなくて、喜んでくれてたよ。)

100619eh_sutekiAsutekiB.jpg
↑これ。ステキAとステキB。
中身は・・・初田さんに教えてもらおう!



なお、今回も『I Hug You』を購入したが、これは知人へのプレゼント用。
もう東ヰンド宛のサインは初田さんも書き飽きたことであろうし。(笑)


最後に、今回の教訓。
もっと地味にライブ鑑賞できる場所を選ぶべきだった。
地味推奨派の東ヰンドにとしては、あまりに目前は近すぎて良からぬ。
ま、センターステージ形式だとどこに座っても近いけどね。

以上、初田悦子ライブレポート第13弾---新感覚!初のセンターステージ でございました。


初田悦子ファンのミナサマ!感想コメントを待ってますよ!






最終更新日  2010.06.21 12:46:07
コメント(4) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.