291893 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

東ヰンドの奇妙なブログ

PR

プロフィール


東ヰンドの奇跡の賢者

カテゴリ

サイド自由欄

歌手、初田悦子さんの大ファンです。
とにかくたくさんの人にシンガー初田悦子の歌を聴いてほしい!と心から願って生きています。

趣味はジャグリングで、ボールとデビルスティックを主に扱いますが、どちらも中途半端なレベルです。地味に地道に練習しています。

初めていらっしゃった方は
こちらをどうぞご覧下さい。

東ヰンドの奇妙なブログ&ブログ管理人である東ヰンドの奇跡の賢者についての紹介ページです。

Twitterアカウント:higashi_indo
公式HP『東ヰンドの奇怪な館』:
http://higashiindo.
soregashi.com/

コメント新着

ビアスキ@ Re:第1回日本ビール検定2級試験 全問掲載!(下)(02/08) 今年度ビール検定を受けるつもりの23歳学…
東ヰンドの奇跡の賢者@ Re[1]:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) >ぴんくまさん 管理人の東ヰンドの奇跡…
ぴんくま@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) 2014/09/21第3回びあけん3級受けてきまし…
東ヰンドの奇跡の賢者@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100) >もりやすさん ご活用ありがとうござい…
もりやす@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) ありがとうございます。素晴らしく理解で…
ツユダク@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) 何気なく閲覧した面白資格のページからび…
ホーリー@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) 私は3級を初めて受けました! 結果は合格…
東ヰンドの奇跡の賢者@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説 >ヤス次郎さん、おっくさん、ホーリーさ…
ホーリー@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) とても試験前に役に立ち、活用させてもら…
びあけん@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説 リンク列挙(01/17) しかし、中国語の件は「それは流石、良か…

日記/記事の投稿

バックナンバー

2018.08
2018.07
2018.06
2018.05
2018.04
2018.03
2018.02
2018.01

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010.09.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
一部の方にとっては、去年の夏ごろにどこかで見たことのあるような
ニュアンスのタイトルだろうが、そういうことはあまり気にしてはいけない。


の書き出しで12回に渡ってお送りして参りました
“めんそーれの島で”も本日でフィナーレ。
島流しの日々を終え、ようやく郷里への帰還の日を迎えます。
ああ、感極まって涙が出ま・・・
(以降の言葉はご想像にお任せします。)


これまでのあらすじについては
第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話をどうぞ!

―――――――――――――――――――――――――――――――――

4日目 4月12日(月)PM

ヘビショーの真っ只中に襲い掛かってきた突然の衝撃から逃げるように
そそくさと○○○○ワールドを発ったワタクシたち(実話)
次に訪れた地にて、なんと4日間苦楽を共にしてきた鋼鉄の箱を没収され
その場に用意されていた別の細長い鋼鉄に強制的に乗せられてしまった。

このままいよいよこの世の果てへと連れて行かれるのか!?

という思いを抱いたかどうかは定かではないが
半刻ほどして、“ナハ”という名の広大な屋敷へと到着。


ここで思いもよらぬ言葉が役人の口から飛び出した。

それは「島流しの刑からの解放」であった。


まさか!?


待ち侘びていたはずのこの知らせ。
しかし、現実世界に戻らねばならないことがなぜか疎ましく思われた。


持っていた行李を剥ぎ取られたワタクシたちは
安息の地を求めて、この地特有のハンバーガー屋A&Wに入る。
ここで腹ごしらえをすると同時に、ルートビアを飲みまくる。

おかわり自由。(※)
嗚呼、なんという素晴らしいもてなしか。
どういうわけか写真を撮らなかったため、この嬉しさと臨場感が伝わらないのが残念だ。

(※)ルートビアが、ね。


そうこうしているうちに時が訪れた。
役人によってあらかじめ手配されていた不死鳥に乗せられ、いざ都へと飛び立つ。


飛び立つと程なくしてなぜかワタクシは意識を失った。

しまった!何者かによる陰謀か!?

と思ったら、心地よき眠りについていただけだったようだ。
「蓄積した疲労は人を惑わす」
身をもってそう実感した瞬間だった。



そしてワタクシたち一行は、追憶の地“ハネダ”に再び舞い戻った。

生還。どうでもいいこと、くだらないこと、様々な思いが胸に去来する。




意気揚々と凱旋し、南国気分で降り立ったワタクシの感想。


酷寒。


7℃ってなんじゃい!
こっちは半袖1枚で、上着ももう手元にはないんだよ!!
おまけに大粒の雨が容赦なく降り注いでいるじゃねーか!!!




4日間に渡った島流し体験はかくして終焉。






しかし、この後にワタクシを待ち受けていたのは、忘却の彼方にあった厳しい現実であった。
その帰途にすら会社に立ち寄って仕事をせねばならぬよもやの状況。

「こんなはずじゃなかった・・・」

悲歎に暮れ、冷たい雨に打たれながら道を行くワタクシであった。


(めんそーれの島で 完)

―――――――――――――――――――――――――――――――――

“めんそーれの島で”いかがだったでしょうか?
どのくらいの方が読んでいて下さったかわかりませんが
長きにわたりお付き合いいただきましてありがとうございました。




最後の最後に思うこと。

“めんそーれの島で”というタイトルで書き連ねてきたこの島流し記だが、
旅先で「めんそーれ」なんて言われたことは一度も無かった気がする・・・

まぁいいや。完。



なお、旅日記の本家 “ぼんじゅーるの国で” はこちら↓からご覧いただけます。
http://anosansyokudou.dtiblog.com/blog-entry-164.html






最終更新日  2010.09.07 15:47:37
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.