334694 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

東ヰンドの奇妙なブログ

PR

プロフィール


東ヰンドの奇跡の賢者

カテゴリ

サイド自由欄

歌手、初田悦子さんの大ファンです。
とにかくたくさんの人にシンガー初田悦子の歌を聴いてほしい!と心から願って生きています。

趣味はジャグリングで、ボールとデビルスティックを主に扱いますが、どちらも中途半端なレベルです。地味に地道に練習しています。

初めていらっしゃった方は
こちらをどうぞご覧下さい。

東ヰンドの奇妙なブログ&ブログ管理人である東ヰンドの奇跡の賢者についての紹介ページです。

Twitterアカウント:higashi_indo
公式HP『東ヰンドの奇怪な館』:
http://higashiindo.
soregashi.com/

コメント新着

ビアスキ@ Re:第1回日本ビール検定2級試験 全問掲載!(下)(02/08) 今年度ビール検定を受けるつもりの23歳学…
東ヰンドの奇跡の賢者@ Re[1]:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) >ぴんくまさん 管理人の東ヰンドの奇跡…
ぴんくま@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) 2014/09/21第3回びあけん3級受けてきまし…
東ヰンドの奇跡の賢者@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100) >もりやすさん ご活用ありがとうござい…
もりやす@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) ありがとうございます。素晴らしく理解で…
ツユダク@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) 何気なく閲覧した面白資格のページからび…
ホーリー@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) 私は3級を初めて受けました! 結果は合格…
東ヰンドの奇跡の賢者@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説 >ヤス次郎さん、おっくさん、ホーリーさ…
ホーリー@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説(問091-100)(01/16) とても試験前に役に立ち、活用させてもら…
びあけん@ Re:第1回びあけん3級試験解答&解説 リンク列挙(01/17) しかし、中国語の件は「それは流石、良か…

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全189件 (189件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

ジャグリング

2012.10.03
XML
カテゴリ:ジャグリング
おはようございます!

10月のキーワードは「再開」ですよ。

ワタクシは今月から、しばらく休んでいたジャグリングを再び始めることにいたしました。

クラブジャグリングに注力してみようと思っています。
クラブは随分前から持っているのですが、カスケードしかできません。(笑)

club_purple.jpg

去年4月の第1回門仲ジャグリングナイトで見た
FAFROTSKIESのパフォーマンスに、
特に、まだクラブジャグリングを始めて3ヶ月という
CHEEKY!さんの見事な修得ぶりに感銘を受けまして・・・という割には、
何のアクションも起こさずここまで来てしまうという、
この動き出しの遅さですが(笑)

東ヰンドの奇妙なブログに、また、ジャグリングの話題が躍ることになりますね。


皆さんも何かを「再開」してみてはいかがでしょうか?






最終更新日  2012.10.03 10:17:10
コメント(0) | コメントを書く
2012.05.31
カテゴリ:ジャグリング
昨日は錦糸町ジャグリング教室。


40分遅刻。ガーン。仕事のバカ野郎。

イレギュラーな第5水曜日ということで、通常時とは異なる鏡貼りの部屋での練習。

この日もボールのみプラクティス。

riverplace.jpg
※この写真はイメージです。錦糸町ではありません。念のため。


3ボールのスルーザサイド
4ボールの525。前回と同様。あとは両手2個ずつのパームロールあたりも。

525の練習をしていたら、
しんのすけ氏のたいへん印象的且つ効果的なアドバイスがあった。

要約すると、

・あなたの525のフォームはたいへんよろしくない。
 ほとんどテイクバックなく、しかもリバース気味に投げている感じ。

・ロシアンスタイルなのかアメリカンスタイルなのか、
 どちらで投げようと思っているのか?

・どちらでもいいけど自分の目指すスタイルを持て。



以前から、5が絡むトリックでは投げ上げるボールに違和感を感じていた。
うまく投げ続けられなかった。

525ではその傾向が顕著で、すぐにリズムが悪くなって
ドロップしてしまっていた。トリック自体の難易度はそれほど高いという
わけでもないと思うのに。

そんな矢先のしんのすけ氏の上記指導。

その後は教室の時間中、
仕事が忙しく肉体疲労がピークの状態だったにもかかわらず、
525に真剣に向き合って練習することができた。
この日たまたま周囲が鏡貼りだったのも、
集中力を保つことができた要因のひとつだった。

遅刻の余波でわずかな練習時間だったが、
それなりの向上が感じられて嬉しかった。

525をきちんとした形で修得することは、
5ボールにも大きく寄与するだろうし
これまで積極的に避けてきた4ボールの様々なトリックに
挑んでいくにあたって、非常に重要な基礎固めとなりそうだ。

だから525に関しては、ぜひパーフェクトを目指したい。
とその時、強く思った。

久しい感覚。

短期的な目標ができたことで、明らかにやる気が出た。
最近しばらくジャグリングに対する情熱を失っていたが、
この日のしんのすけ氏の言葉によってワタクシのジャグリング魂に火がついた。

次回までの期間、525に没頭して練習してみようと思う。
(ただし、初田悦子ライブレポートの執筆の合間を縫う形で。まずはそっちが優先。)


そんなこと言ってたら、次回はなんと6月6日。すなわち来週。

間近。

・・・マジか・・・







最終更新日  2012.06.02 01:20:51
コメント(0) | コメントを書く
2012.05.18
カテゴリ:ジャグリング
4月初頭にクビを痛めていた影響で

kubi_gurugurumaki.jpg

しばらく、ワタクシの趣味であるジャグリングの練習から遠ざかっていた。

ら、クビが直った後も、
ジャグリングに対するモチベーションが上がらない状態に陥ってしまった。


そのような忌々しき事態を何とかしなければならないという
気持ちがあったため、再び休みモードに入っていた、
しんのすけ氏の錦糸町ジャグリング教室に復帰した。

『ジャグリング教室』シリーズは
東ヰンドの奇妙なブログにおける重要なシリーズもの記事の一つであるが
実は今年の3月末に1回書くのをとばしたりしていて
どこまで書いたのか定かでなくなってしまったため、
リセットして、今回から『続続・ジャグリング教室』として
その1からカウントしていくことにする。

baanabasu.gif

「それもまたよいことだと思いますでございます。」



5月16日。

「非常にモチベーション低いです」と公言しつつ、
ジャグリング教室に。

わざわざ講座の申し込みをしてその場に居る割に、あまり乗り気でない自分。
一体どうしたことだろう。


3ボールジャグリング開始。

riverplace.jpg

最近全然練習していなかったため、体の動きがすこぶる鈍い。

で、ジャグリング経験上、こういうマイナーなマインドの時はむしろ、
普段あまり練習する気にならないような
自分にとって不得意なトリックの練習をする方がいいということをよく知っている。

この日は、ビハインドザバックスルーザサイドなど、
ボディースルー系のトリックの練習に時間を費やす。
苦手だ。ボディースルー系は。
でも、見た目のカッコよさを重視するなら、
これらのトリックはマスター必須だ。(今更だけどな!)

途中からは、しんのすけ氏の音頭により
教室受講者全員で、4ボールのトリック、525の練習。

つまるところ、右右左左右右左左・・・と2回連続で
片方の手から反対の手に放物線で投げることの繰り返し。

4ボールなど、投げるのはいつぶりか。
しかも、実はワタクシはこれまで525を練習したことがなかった。

実際、投げてみると、
左左の後に投げる右のボールがうまく投げられないことに気づく。
リズムが乱れる。

投げるタイミングが少し早いのと、
投げる高さがちょっと低くなってしまうことが原因。
その前に投げる左のボールが微妙に遅いのもその一因と思われる。
5ボールなどの基礎として重要な気がするので、
また、家でも練習しよう。(と、その時は思った。)

デビルスティックは持参せず、練習ナシ。
またやる気が復活するまで、当面、デビルステは封印だ。


次回は5月30日。
目下の課題は、トリックの修得や技術のうんぬんより
また家で練習する習慣を取り戻すことだな。






最終更新日  2012.05.27 21:07:44
コメント(0) | コメントを書く
2012.05.16
カテゴリ:ジャグリング
ジャグリングに対するモチベーションが上がらない。
ボールもさることながら、特にデビルスティックに関して。

devilstick_2011May.jpg
↑ワタクシの愛用デビルスティック


一時期、クビを痛めていた時に練習できなかったことで
練習の習慣が途絶えてしまったのが起因。

腰が重い。非常に重い。
ワタクシの伝統的ケイタイデンワで起動させるついっぷるよりも重い。

あゝ、陥ってしまった・・・。陥ってはいけない状況に。

こんな時は、どうすれば良いのかしら。






最終更新日  2012.05.17 01:07:39
コメント(0) | コメントを書く
2012.03.20
カテゴリ:ジャグリング
釧路に屈しろ!


こんばんは!!東ヰンドです!!


今日は祝日で休みということで、
午後の穏やかな陽気の下、スギ花粉の悲惨な飛散にめげず
1時間30分ほどデビルスティックを練習いたしました。

devilstick_2011May.jpg
↑ワタクシの愛用デビルスティック。
今はもう販売されていないデビルスティックプリズムの緑色。




練習内容は、主にハーフカールを中心に。

しかし、上手くならないと実に地道な趣味だな。
ジャグリングというものは。

ハーフカールの場合、ミスると
肩に当たったり、顔に当たったり、時にはメガネに強烈にヒットしたりで
そんな時には、つい気持ちが激昂してしまうこともある。

ただ、自分としては珍しく、
どういうわけかハーフカールに関しては
「パーフェクトな状態にしてから次のトリックに進めたい」
という気持ちになっているので、めげずに練習を続けていきたいと思う。

まだ片手(左手)しか練習していない状況だけどな。


今のところの最高記録は13回連続。
とりあえず、ハーフカールの当面の目標は30回連続!






最終更新日  2012.03.20 23:07:57
コメント(0) | コメントを書く
2012.03.17
カテゴリ:ジャグリング
さぁ苦しくなって参りました!
3月の毎日ブログ生活!!


日々、追い込まれております。苛(さいな)まれております。

(事の顛末)3月1日の日記『3月は毎日ブログ生活』
http://plaza.rakuten.co.jp/higashiindo/diary/201203010000/



このように困った時のジャグリングの話題。


ボールジャグリングの中では
ロメオズリベンジというトリックがワタクシのお気に入り。


『ボールジャグリング教本』にも

jugkyouhon.jpg


『ボールジャグリング百科』にも

j_hyakka.jpg


載っていない、どちらかといえばマイナーなトリック。

練習の際にはほぼ必ずと言っていいほど、
ウォーミングアップなどで取り入れるようにしている。

アクションの説明は難しいので、興味のある人は
「ロメオズリベンジ」「Romeo's Revenge」などで、ぜひ検索してみてほしいと思う。


他力本願だが、現状のワタクシには説明する術があまりない。


そして今般、このロメオズリベンジに関連して
ロメオズリベンジフェイク というトリックを新たに開発した!

「開発した!」と先駆者っぽく書いてみたが、
すでに他のジャグラーがトリックとして確立している可能性が高いが
ま、自分の中では新トリックなので勝手にそう宣言しておく。


一昨日あたり、深夜にちょこっとだけボール投げして
ミルズメス系のトリックを適当に投げていた時に偶然見つけた。

今日、多少の練習を経て、一応連続でできるようになった。
ロメオズリベンジを連続でやる時に間に挟むようなイメージ。

片手分の動作が終わった後、
逆の手の振り下ろしにいかず、少し動作を逆戻りさせて、また同じ手で振り下ろす。

言葉で書くとすれば、そんな感じ。分かりにくさの境地。


makurobeeta.gif

「こうなったら開き直るんだっ!東ヰンドっ!」



今度、ジャグリング教室の際にしんのすけ氏に見てもらおう。






最終更新日  2012.03.17 23:36:21
コメント(0) | コメントを書く
2012.03.11
カテゴリ:ジャグリング
おっと、しばらく日が空いてしまったが、
3月7日(水)の夜の錦糸町ジャグリング教室の話。


『ジャグリング教室』時代(全48回)も含めて、
このシリーズは、ボールとデビルステのイメージ写真を載せる以外は
いつも文字ばかりで既述していて、内容が伝わりにくい上に
万人に読み飛ばされる第一対象となっていたというウワサもあるので、
今回は、錦糸町ジャグリング教室の練習風景を写真を交えて紹介することを
主とした日記にしたいと思う。


jug_kyoushitsu_room.jpg
↑錦糸町ジャグリング教室が行われる部屋。
よみうりカルチャー錦糸町の一室。
本当は鏡張りの部屋の方がいいと思うが、
同じ時間に開講されている女性向けのダンス系教室に占拠されているため、叶わぬ夢。


jug_kyoushitsu_practice2.jpg
↑受講生に指導するしんのすけ氏。
(写真は、ハイローシャワーの上達のためにフィードの練習を促しているところ)


jug_kyoushitsu_practice1.jpg
↑受講生のみなさんに混じってボールを投げるしんのすけ氏。
(写真は、5ボールカスケードの最中)


jug_kyoushitsu_halfcarl.jpg
↑ハーフカールをワタクシに実演指導して下さっているしんのすけ氏。
デビルスティックは、このように実際にそのトリックをやっているところを
見ないと、アクションやコツの理解が非常に難しいので、
教室で実演を見られるのは、たいへん貴重な機会だ。



※ちなみに、上の写真にワタクシは写っていません。


こんな様子で和気藹々と練習している。ただし、やや地道。時にやや淡々。
ジャグリングだから、それもしょうがない。ジャグリングだから(笑)
読んでいる方は意外に思うかもしれないが、女性の方が多い。

他の受講者のみなさんはボール中心。ワタクシはボールとデビルステを半々。



ん?ワタクシの練習内容??

ボール→地味。
デビルステハーフカールでつまづき。「載せる」感覚がよく分からないまま。
過去の日記では「分かった!」と書いているが、そうでもなかったみたいで・・・)

以上。


次回は3月21日のEVENING。
それまでにハーフカールを何とかしたいが、たぶん無理。








最終更新日  2012.03.12 00:53:48
コメント(2) | コメントを書く
2012.03.07
カテゴリ:ジャグリング
wi_small.png

「さぁ、新たなマスコットが加わった感動も冷めやらぬ今この時だがなんと!
以前頓挫したプロジェクトを再始動させる衝動が沸き起こっている!」


baramosuburosu.gif

「何だギャン?」


wi_small.png

「おう!バラモスブロス野郎!」


baramosuburosu.gif

「ぬぅぅぅギャン。仕方ないとはいえ、やっぱりそう呼ばれると憤慨ギャン!」


wi_small.png

「ま、怒るなよ。バラモスブロス野郎♪」


baramosuburosu.gif

「ギャン♪・・・ってノってる場合じゃないギャン。」


wi_small.png

「もうだいたい想像つくだろう?新しいルーチン作りに再着手するんだよ!」


baramosuburosu.gif

「ギャン!?」


baanabasu.gif

「ご存知ない方々のために一応簡単に補足しておきますと、
“ルーチン”というのは、音楽に合わせたジャグリングの演目のことでございます。
『ルーティーン』とおっしゃる方も多いのでございますが、
古風な東ヰンド殿は『ルーチン』とお呼びになっているわけでございます。」


marinsuraimu.gif

「なるほどマリンス。さすがはバーナバス伯爵マリンス。」



で、以前(相当前)も書いたように、
東ヰンド流のルーチン用音楽になりうる条件は下記のとおり。


初田悦子さんが歌っている楽曲
→言うまでもなく。だってファンですから~♪

・ジャグリングにちょうど合うテンポ
→3ボールカスケードのスピードと合うとベスト

・ジャグリング向きのアレンジ
→曲の抑揚や流れがジャグリングとマッチするかどうか

・およそ3分
→東ヰンドの場合、1ルーチンの長さは3分が限界



ということで、すでに完成されている
『春ある国に生まれ来て』『天使のめがね』のルーチンに加え、
次なるルーチンのBGMには『虹の地球』をセレクト!


・・・して2010年の11月からルーチンの作成を始めたはずだったが、
途中で挫折してしまっていたことを最近思い出した。

これを再始動させる。

再始動と言っても、どういうルーチンを作っていたか
ほとんど覚えていないので(一応ルーチン譜は残っているけど)
実質的には、ほぼ1から。

再び名付けて“虹の地球プロジェクト”!


突然こうやってプロジェクトを始めるのには、訳がある。

最近のワタクシは
もっとジャグリング練習に向かう時間を増やすべきだ
という気持ちを持っている割に、
その時間が全然増えていない。


情けない。


時間は確保できるはずなんだが、
酒とかなんちゃらとか
そういうので時間を失くしてしまっているのが勿体無い。

家に帰るまでは
「今日はジャグリングを練習しよう」と思っているのに、
いざ家に帰り着くと、なかなか練習し始めないのが
何と言ってもよろしくない。

練習し始めれば、
すごく面白くて充実した(上達すれば、ね)時間なのに。

だから。
ストロングな目標を設定することで「課す」。自分に。


個人的な感じ方としては、
『虹の地球』はスタートからラストまで
流れるように曲が展開され、
また、初田さんのボーカルの魅力を最大限に生かしたアレンジや
コーラスも相まって、幻想的な世界感が作り出されている。



流れるよう、そして幻想的・・・



と聞いて頭に浮かぶのは、ジャグリングなら何と言ってもミルズメス
(たぶんこれはあまり異論は出ないだろう?)

そんなわけで、“虹の地球ルーチン”は、
ミルズメス系のトリックのみでルーチンを作ってみようと思う。すなわち、

ミルズメス
ウインドミル
バークスバラージ
ルーベンシュタインリベンジ
ロメオズリベンジ
スプリットバラージ
ミルズメスフェイク
リバースミルズメス
マイクスメス
ハーフメス
ボストンメス
ミルズメス423
ミルズメス441
ミルズメス531
スーパーバラージ(とワタクシが呼んでいるトリック)
(ミルズメス414)←ほとんどできない
(ミルズメス315)←できない
(エリックスエクステンション)←できない  等


このあたりのトリックだけを組み合わせて1曲分のルーチンを作る。
アイドリングの状態がカスケードではなく、すべてミルズメスになるんだな。

うわー、どう見ても面白そうだけどどう見ても難関!

3分間であればミルズメスonlyだったら
ドロップしないで続ける自信はあるけど・・・



ルーチン作りの流れは春あるプロジェクト2010年2月1日の日記参照)と同様で、
だいたいこんな感じ。


1. 『虹の地球』の歌詞をひらがなにしたペーパーを用意する。

nijinohoshi_paper.jpg nijinohoshi_kakudai.jpg
↑曲のイメージとのシンクロを重視し、フォントは明朝体を使用。


2. 実際に曲に合わせてトリックをやってみたりしながら、
とりあえずざっくりとルーチンを作ってみる。


3. 見栄えのパッとしないところ、曲の抑揚に合わないところ、
トリック~トリック間のつなぎで無理のあるところに改良を加えるなど、試行錯誤。


4. ルーチン完成。


5. あとはミス減らしや見栄えの向上のため、ひたすら練習あるのみ。



トリックのテーマを絞ってルーチンを作るというのも
なかなか面白いと思うんだけどな。
最低限、単調にならないように
気をつけてルーチンを作ってみよう。

ま、ミルズメス中心ならどう作ってもそんなに単調にはならないか。


3月中の完成を目指す。(敢えて短めに設定)
やがてどこかで披露する日が訪れることを願って。






最終更新日  2012.03.07 23:26:05
コメント(0) | コメントを書く
2012.03.02
カテゴリ:ジャグリング
一昨日の夜は2月の第五水曜日につき、錦糸町に出没。

その前日から当日にかけて、
ツイッターにおける素晴らしいつながりと広がりを体感し、
心に喜びを感じながらジャグリング教室の時間を迎えることとなった。

出席者は7名。

午前中、雪が降ったのが影響したのだろうか。
いや、しかしその時点では完全に止んでいたからな・・・


ボール。

riverplace.jpg

ふと思ったが、たまにはジャグリング教室中の練習風景の写真でも
載せるべきである。次回、そうしよう。


練習内容は、スリーインワンハンド(3 in 1 hand)と5ボールカスケード中心。

地味。

しんのすけ氏との会話もない。
いい汗かけるが、進歩はあまり無いと思われる。



デビルスティック。

devilstick_2011May.jpg

週末のちょいちょいとした練習の結果、
ハーフカールがようやく何回か連続で続けられるようになってきた。
といっても、せいぜい2-3回が関の山だが。

ハーフカールにトライし始めた当初は、
「こんなトリックどうやってやるんじゃい!?絶対無理だろ!」と思っていたが、
続けていると、いつの間にか少しずつできるようになってくるのね。

前回の教室の際に、
しんのすけさんから、手首の動かし方のコツを実演指導いただいたのが吉。

ハーフカールで把握する必要があるのは、
センタステにハンドステを「載せる」感覚
(センタステをハンドステで「回す」のではなく)
とクイッと返す手首の感覚。
そしてスピードをつけてセンタステに回転を加えるタイミングと方法。

まだタイミングが安定しないので毎回動きが固定しないが
この日も、上記のセンタステに回転を加えるタイミングについて
しんのすけさんからさらなるアドバイスをいただいたから
それをもとに練習を重ねていけば、きっとクリアされていくだろう。
目標は次回までに10回連続。10回できたら、壮観だろうなぁ。

ちなみに、しんのすけ氏曰く、
デビルステは、ハーフカールに限らずどのトリックをやるにしても、
センタステのセンター部分が同じ位置に留まっているのが理想
だという。

ぐわー、実に簡単におっしゃることで。(笑)

確かに、実際にジャグる側の立場からしても、見る側の立場からしても
その方がいいのはわかっているが、
そのレベルまで安定させる(=技術を高める)のはやはり極めて難しい。

鍛錬あるのみだな。
結局のところ、ジャグリングは「どれだけ練習したか」に尽きる。そういうこと。

ジャグリングはいつの日も地道。

その他、アンダーザレッグ系のトリックを綺麗に見せるための手段と練習方法、
あまり得意でないプロペラの改善(矯正)方法とかも伺った。

これらは、ウォーミングアップとして取り入れるのがいいということだが、
すでにウォーミングアップとして取り入れるべきと思われることが多く、飽和。

グファア!

センスがないとこうなるのね。ほんと。


次回は、なんと来週の水曜日である。暦の関係。







最終更新日  2012.03.03 22:52:33
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.22
カテゴリ:ジャグリング
riverplace.jpg
<湊町リバープレイスにて>


この写真を冒頭に載せると、
あたかも大阪にいるような気分になりますが
実際には東京で地味で地道な1日を過ごしている今日のワタクシです。


多くの人は読み飛ばしているという話も聞きますが、
敢えてジャグリングの話題を書きますと、
最近、スリーインワンハンド(片手で3つ)を練習しています。
最高では20キャッチくらいまで到達しましたが
まだまだ安定には程遠い感じです。

ある程度の高さ(ワタクシの部屋の天井ギリギリくらい)を保って
卵型の軌道を描きつつボールを投げ続けるのは
やはり一筋縄ではいかないもので、
現段階では、ボールが真上に上がってしまうことによって
次のボールが投げられなくなってしまうケースがほとんどです。

右腕の筋肉痛がなんだか新鮮です。
わずかながらでも感じられる練習&成長の証でもあるので、
やる気が出ていいですね。
(と、言いつつあまり練習していない・・・)

今夜もまた投げてみようと思います。


ところで、上の写真にも写っている、
黒のボールが見当たらなくなってしまいました。

どうやら、前回(2月15日)の錦糸町ジャグリング教室の際に、
忘れてきてしまったようです。

ボールはたくさん持っているので
それが無いと練習できないわけでもないのですが
キーカラーのボールがなくなってしまうと
どことなく寂しい気持ちになりますね。

なんとか探し出したいものです。

もし所在についての情報をご存知の方がいらっしゃいましたら、
コメントにて東ヰンドまでお知らせ下さい。






最終更新日  2012.02.22 12:18:33
コメント(0) | コメントを書く

全189件 (189件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.