7145824 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

東村山グルメ日記

PR

プロフィール


マサ@東村山

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

楽天カード

ニューストピックス

ランキング市場

2005年10月18日
XML
カテゴリ:中華料理
 第2回目に取り上げるのは、久米川駅北口の中華料理屋「新々飯店」の「カキフライライス」(850円)。全部カタカナで書いてあるから、最初は気づかなくて「あれぇ、ないなぁ」なんて思ってしまった。
 読者の方からの情報で来たのだが、まさか中華料理屋でカキフライが食べられるとは思わなかった。もっともこのお店の場合、カツ丼がウリだったりするから、カキフライも「アリ」なのだろう。

カキフライライス

 というワケで、出て来たのがコレ。カキフライにご飯と味噌汁、そして香の物。まさに王道の定食ラインナップだ。

カキフライのアップ

 コロモはこんがりではなく、軽~いキツネ色。見た目からは食感は想像しにくい。カキフライは全部で6個。お味の方はどうなんだろうか。早速、食べてみよう。

【コロモ】★★☆
 見た目、カリッとした感じはないが、揚げたてだからサクッとしているが、コロモ自体はそれほど厚くないし、味的な特徴もない。

【カキ】★★☆
 やや大きいが、大振りというほどではない。噛んだ瞬間、ジュワッとカキのエキスで出るような感じではないが、コロモが薄い分、カキの旨味が感じられる。

【ソース】★★☆
 タルタルソースはなし。付け合せのキャベツにマヨネーズが付いているから、これにソースをかけて簡単特製ソースを作ってみるのもいいかも。少しコロモがベチャっとなるけど、レモン汁だけをかけて食べると、なかなか旨かった。

【値段】★★★★
 カキフライが6個付いて850円なら文句はないでしょう。

【総合評価】★★☆
 オーソドックスなカキフライだと思う。私が「カキフライ」を想像した時に出てくる標準的なカキフライ。私にとっては今後このお店のカキフライが評価の基準になると思う。


【DATA】
住所:東村山市本町4-13-9
電話:042-395-1786


   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「新々飯店」は残念ながら2009年5月31日に閉店しました。






最終更新日  2009年06月01日 11時25分16秒
コメント(4) | コメントを書く
[中華料理] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.