7202257 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

東村山グルメ日記

PR

プロフィール


マサ@東村山

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

楽天カード

ニューストピックス

ランキング市場

2006年02月08日
XML
カテゴリ:そば
【過去のエントリーはこちら】
*エントリーNO.1「玉清」
*エントリーNO.2「八山庵」
*エントリーNO.3「巴屋」


 第4回目に取り上げるのは、東村山駅西口にある「喜作」というそば屋。奥まった住宅街にあるのだが、いつもお客さんで賑わっている不思議なお店だ。
 この日はカミさんと子供を連れて秩父方面へドライブしようということだったのだが、「その前に腹ごしらえ」というワケで、久しぶりにこのお店に来たのだ。私は「なべやきうどん」(980円)、カミさんは「天丼」(980円)を注文した。
 まずやってきたのはカミさんが頼んだ「天丼」。

天丼

 大ぶりのエビの天ぷらがドーンと乗った、懐かしいスタイルの天丼だ。それにしても、このエビ天はデカい。

天丼のアップ

 これだもん。たまんないねぇ。だけどカミさんはエビ天のほかに野菜の天ぷらがたくさん乗った天丼をイメージしていたらしく、ちょっと残念そうな表情をしている。「じゃあ、野菜天ぷらの盛り合わせでも頼むか」と、私は追加で頼んだ。そうすると途端に上機嫌。わかりやすい性格だ。

追加で頼んだ野菜天ぷらの盛り合わせ

 やって来た「野菜天ぷらの盛り合わせ」はまさに野菜てんこ盛り。うっかり値段を忘れてしまったが、確か600円しなかったと思う。「天丼」は、かかっているつゆの色の割には味はしつこくなく、「美味しい」とカミさん。「私が今までに食べた中でも上位に入るわ」とのこと。カミさんがそこまで褒めるのは珍しいから、今度来たら食べてみよう。

「なべやきうどん」はちょっと遅れて運ばれてきた。

鉄鍋で出てきた「なべやきうどん」

 土鍋ではなく鉄鍋に入っていて、木製のフタがしてあり、テーブルの上に置くと同時に店員さんがフタを取ってくれた。ふわ~っと立ち上る湯気の向こうには……。

なべやきうどん

 いやあ、旨そうだなぁ。何が旨そうって、この透明なつゆ! 西日本出身の私にはたまんないねぇ。その下に見えるうどんも、キレイにツヤツヤと光っている。いいじゃないの。それでは、いただきま~す。


【つゆ】★★★★
 これ、大好き。今までは鍋焼きうどんというと、なぜか甘めのつゆが多かったけど、これは甘さ控えめ。というか、甘さよりダシの旨さが引き立っている。優しい味わい。これはいいよ。

【具材】★★★
 エビの天ぷらにかまぼこ2枚、タケノコ、ホウレンソウ、ネギ、半熟玉子、そして麩。シイタケがないのが彩り的に寂しい気がするが、具材はどれも旨く、満足度は高い。
 鉄鍋だから取り分け用の器がついているのだと思うが、これはありがたい。この器に半熟玉子を移して黄身を崩し、そこに具材やうどんを付けて食べられるからだ。鉄鍋の中で崩してもいいのだが、つゆが旨い場合、あまり濁したくないから、こういう器が付いているとうれしい。

【うどん】★★★☆
 細くて柔らかいのに、決してブチブチ切れたりしない。ちゃんとコシがある。舌触りがよくて、ツルンとノド越しもいい。子供も美味しいのか、モリモリ食べていた。子供に分けながら食べたにもかかわらず、お腹いっぱいになったということは、かなり量はあると思う。

うどんのアップ

【値段】★★★☆
 ギリギリ1000円を割っているのは、やはりうれしい。肉類が入っていないものの、内容的にも量的にも満足できる。

【総合評価】★★★★
 いやあ、美味しかった。ここまでお腹いっぱいになって、1000円以下なら文句ないでしょう。


【DATA】
住所:東村山市野口町2-29-15
営業時間:午前11時~午後2時半
      午後5時~8時



【このお店に関する過去の記事】
2005年01月08日「住宅街にある繁盛そば屋」
2005年01月15日「うどんもイケる隠れ家そば屋」






最終更新日  2007年10月14日 21時54分06秒
コメント(14) | コメントを書く
[そば] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.