000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

東村山グルメ日記

PR

プロフィール


マサ@東村山

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

楽天カード

ニューストピックス

2007年01月26日
XML
カテゴリ:グルメ外
 昨年、「東村山駅西口の再開発計画って変じゃないの? 見直した方がいいんじゃないの」ということで、皆さんに署名協力してもらい、市に住民投票をするよう求めました。結果はご存知の通り、12月20日の市議会での採決で、住民投票条例案は否決されました。
「やっぱりダメか」……多くの人がガッカリしたと思います。私もガッカリしました。

 でもよく考えると、私たちにはまだチャンスが残っています。
 それは市長選です。
 市議会で住民投票条例案に反対した自民党と公明党は、間違いなく東村山ヒルズ推進派の候補者を出すでしょう。
 ならば、東村山ヒルズ見直し派の候補者がでれば……そうです、まさに市長選が私たちの望んだ住民投票となるワケです。

 しかし、市長選を東村山ヒルズ見直しの住民投票に見立てるためには、見直し派の候補者に政党色があってはダメです。政党色が出た途端、「自民・公明党VS○○党」という別の対立構図が生まれ、「東村山ヒルズは見直して欲しいけど、○○党はちょっと……」と判断が鈍ってしまうからです。
 ということで、これまで住民投票を求めてきた市民グループ「みんなで決めよう!西口再開発」市民連絡会の有志が、「東村山ヒルズ見直し派の市長をつくろう」と集まり、新たな市民グループを結成しました。それが、

「トトロの里にふさわしい市長を!」東村山市民が市長をつくる会

です。そしてその結成集会を、

日時:1月27日(土)午後6時30分~

場所:市民センター別館2階


で開催します。その呼びかけ文は以下の通りです。ちょっと長いですが、読んでみてください。


 昨年12月、残念ながら西口再開発の是非を問う住民投票実現の夢は市議会で砕かれました。みんなで頑張り、みんなで輪を広げてきた約4カ月間を思うと、無念でなりません。
しかし短期間で市内全域に輪が広がり、1万8000名近い有効署名が集まり、市長及び市議会を震撼させたことはまぎれもない事実です。それは採決で賛否同数までもつれ込み、議長採決でかろうじて否決したことに率直に現れていると思います。
 市長はかねがねサイレントマジョリティーは当方にありと豪語し、再開発の見直しを要望する市民の声をまったく無視してきたわけですが、この画期的とも言える市民の「民意を問うて下さい」という大きなうねりの前に、なかば呆然とし自信を喪失したことは想像にかたくありません。4期目の市長選に意欲を持っていたと聞いていましたが、断念せざるを得なかった背景には、自らの市政運営に実質的な「NO」を突きつけられたことと無縁ではないと思われます。
 今回の西口再開発事業に象徴されますように、細渕市政12年は、表向き市民参加、パートナーシップを標榜していましたが、実際は市民に背を向け、都合の悪いことについては情報を流さず、事業をすすめ、あらゆる領域で市民に多大な負担をかけつづけてきました。その結果、税、福祉、医療、教育、基盤整備、まちづくり、環境等々において、市民の不満は沸点に達していました。議会においても一部良心的な議員、会派を除き、市民の代弁者と言う視点を忘れた議員がばっこし、市民不在の運営がなされてきました。
 その結果が737億円にもわたる借金を抱え、さらにこの西口整備現計画に58億円以上の市税を投入するなどというバカげたことが許されたのでした。今回の住民投票への全市的な広がりは、振り返ってみれば東村山市民のやむにやまれない怒りの表現であったと言えるのではないでしょうか。
 この4月、私たち市民が、これからの市政を託す市長と市議会議員を選ぶための選挙がいよいよ行われます。ふたたび市民の輪と力を結集して、本当の意味で市民の代表者、市民の声をまともに聞いてくれる市長を選出していきたいと考えています。
 そしてできましたら昨年の市民主体の活動を土台として、市民が中心となって市長候補を擁立していきたいと考え、現在もさまざまな領域で候補者の模索をしています。
 ぜひ皆さんのご協力をいただきたく、上記の要領で正式に市民の会を立ち上げ、4月に向けてしっかりした活動を開始する所存です。お知りあいも含めてたくさんの方をお誘いしてご参集下さいますよう、お願い申し上げます。




 東村山ヒルズの問題はすべての問題に通じます。
【情報公開】 ここまで問題がこじれたのは、市が市民に対して正確な情報を出していなかったからです。これは何も東村山ヒルズに限ったことではありません。

【財政再建】 東村山ヒルズではまだ内容の決まっていない公益施設をつくられようとしています。700億円以上の借金がある今は、あるものを上手く利用してムダ使いをやめるべき時。それほどの必要性のないモノに多額の税金を使い、住民サービスを低下させるのは本末転倒。

【まちづくりの理念】 約100メートルのビルは、東村山のイメージに全く合いません。それは昨年、『開運!なんでも鑑定団』や『出没!アド街ック天国』などのテレビ番組での取り上げられ方でもわかるハズ。東村山のいいところは、都心からわずか30分のところでありながら、田舎っぽさが残っている点です。それを生かすまちづくりを目指すべきです。

 市長選では必ず東村山ヒルズ問題が争点になるでしょう。いや、そうするためには東村山ヒルズの見直しを政策として掲げる市民派の市長候補者が必要となります。その候補者を擁立するための市民グループ結成集会、ぜひ皆さん、参加してください。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【東村山ヒルズ問題を簡単に知りたい人は】
こちらをクリック!


【東村山ヒルズ問題に関連するブログ】
「みんなで決めよう!東村山駅西口再開発」
「はてなのゆりさん」
「なんとかしようよ!東村山」
「テッタの日記」
「日常の非凡☆心理って!日記」
「東村山びっくり広場」
「スナネド地下」
「東村山・福田かづこのビックリ報告」



【東村山ヒルズに関する過去の記事はこちら】






最終更新日  2007年10月15日 00時55分04秒
コメント(6) | コメントを書く
[グルメ外] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.